WEB-ROAD

From Hiron to many NetWalkers♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

WILD LIFE@横浜アリーナ '10.12.9.

2011年01月29日 22時11分37秒 | Hikki
昨夜起こったことがまるで嘘のように、いたって普通に迎えた朝。子ども達を学校へ送り出し、朝の家事を済ませて仕事へ向かう。けれど、いつもと同じなのはここまでで、午後からは夫と共にライブに参戦です☆

◆9日(木)

14時。今日は夫の運転で、いざ横浜へ!横浜アリーナだったらすぐに分かるだろうとカーナビの設定もせずに高速道路を走っていたら、目的地を華麗にスルー☆夫はいつもはこんな鮮やかに道を間違える人ではないのですが、約4年振りにHikkiに会えるということで、気持ちばかりが焦ってしまった模様☆結局予定より30分程遅れて、会場に到着した時には17時近くになっていました。ロビー付近には既にファンサイト仲間達が集まっていました。今日は更にコスプレをする人も増え、travelingPVのHikkiコスや、くまの着ぐるみ姿の人、おにぎりを被っちゃう人などが加わり、昨日を上回る熱気に包まれていました。
開演間近になり、そろそろ中に入ろうかとした時のこと。私達の目の前に1台のタクシーが止まったので何とはなしに見ていると、中から何とミラクルひかるさんが出て来ました!彼女は今日は1人のHikkiファンとしてここに来たということで、付近にいた私達に気さくに話しかけてきてくれました。ミラクルさんとお話したのは2年振りくらいでしたが、その美女っぷりと甘い香水の香りにはクラクラさせられました~。ちなみにその日のことは、彼女のブログにもアップされています。

◇ミラクルひかるオフィシャルブログ 『ぴゅるぴゅるぴゅ~ん』
参照: http://ameblo.jp/miraclehikaru/day-20101212.html

今回の座席も夫を含めたファンサイト仲間と4人で横並びでした。アリーナ席だったのでステージからは遠いだろうと思っていたら実質8列目で、1段高くなっている分視界を遮るものが無く、ステージ全体を見渡せる位置でした。花道は左手側にあり、昨日とは反対側からステージを見ることになります。更に数列後方にもファンサイト仲間がいて、何とも心強く思いました。

開演時間になり、会場が暗転すると、みんなの意識がステージ上へと集中します。そしてスクリーンに映し出される、スーパークマン号。今日初めてそれを目にしたらしい観客の反応が昨日の自分といちいち同じだったのがまた楽しかった☆ここから先のセットリストは昨日と同じなのですが、やはりライブは生きたもの。昨日はちょっとだけ感じられた硬さも今日は感じられなかったし、バンドメンバーの紹介などのMCも今日はスムーズで、「ぼんじゅ~る!!」コールも1発で決めてしまいました。この部分は公式HPでお年玉着ボイスとして無料でダウンロードが可能ですね♪完成度としては昨日とは比べ物にならないかもしれないけれど、そんなところに妙に寂しさを感じてしまったのも事実でした。

曲と曲の合間にステージの中のHikkiに向けて、声を限りに叫んでみる。「Hikki~~!!」「ありがとう~~!!」もちろんHikkiが反応してくれたら嬉しい。だけど、聞こえているならそれでいい。聞こえてなくても、声に出すことがいい。Hikkiに向かって、名前を呼べるなんて、今しか出来ないことなんだから、、、。

本編が終わり一旦暗転するステージ。「アンコール!」と手拍子をしながら叫ぶ声があちこちで起きる。バラバラだったそれは時々全体でリズムがあってみたり、会場がひとつになったかと思えばまたばらけてきたりしました。アンコール!の代わりに「ぼんじゅーる!」と手拍子をしていた私達に気付いた周囲の人に、ぼんじゅーる!コールが広がったりして、そんな些細なことでさえも忘れられない思い出です。
そしてとうとうラスト。ステージをゆっくり歩いて、場内を隅々まで見渡すHikki。大きく手を振り、お辞儀をする。手にしていたマイクをその場に置くと、そのまま花道へと歩き出しました。いつの間に置かれていたのか、花道の途中にあったくまのぬいぐるみを拾い上げたHikki。ふと、ヒカルの5の初日でも、ステージに上げられた花束を何の躊躇もなく拾い上げていたHikkiを思い出しました。一瞬だけ心配になりましたが、野暮なことは言いますまい。最後に会場を振り返ったHikkiは、しばらくの間場内を見つめると深く頭を下げ、笑顔で去って行ったのでした。

エンディングとして『嵐の女神』が流れたのは嬉しいサプライズでした。これは昨日は無かった演出。これが歌われず、披露されることもなかったことが昨日唯一残念なことだったのですが、本当のラストで聴けて、しばらく動けなくなってしまいました。



昨日は1階の入り口からの入場だったので見れなかったのですが、2階からの入場だった今日は、関係者やファンなどから贈られた沢山の花輪を見ることが出来ました。スペースいっぱいにずらりと並べられた色とりどりの花輪たち。その中で1つ、お客さんたちに囲まれて写真撮影されまくっている花輪がありました。それはHikkiの私設ファンサイト”NHW”と”共和国”名義で贈られた、くまの形の花輪です。これについてはHikkiからも感謝のツイートがされました。



◇宇多田ヒカル (utadahikaru) on Twitterよりコピペ

今回、色々な方から沢山素敵なお花を頂きましたが、インパクトとクオリティーの両面において、こちらのお花がひと際輝いておりました →  http://twitpic.com/3efrwc 6:23 PM Dec 12th, 2010 webから



会場を出ると、感極まって盛り上がっているみんなで大集合して記念撮影をしました。Hikki、ありがとう。みんな、ありがとう。もう、ありがとうという言葉しか出てこない。こんなに柔らかで強いHikkiは見たことがなかったよ。Hikkiの気持ちを受け取りたくて、そしてHikkiに気持ちを受け取ってもらいたくて、それぞれがそれぞれのカタチで気持ちを表すことが出来たWILD LIFE。頭で考えるばかりじゃなくて言葉に出すこと。言葉にするばかりじゃなくて行動すること。シンプルだけどとても勇気のいる行為こそが生きているを活かすことなんだと思いました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

WILD LIFE@横浜アリーナ '10.12.8.

2011年01月23日 23時05分49秒 | Hikki
先行抽選にも一般抽選にもペプシネックスの抽選にもシンコレ2の抽選にも外れてしまった私でしたが、twitterでの私の嘆きを見たHikkiファン仲間からお誘いいただき、幸運にも8日と9日の両日にライブ参戦することが出来ました。まずは、8日のレポートから書いてみようと思います☆



◆8日(水)

先の週末にファンサイト仲間が横浜アリーナを訪れ、会場付近の詳細な情報をブログなどにアップしてくれたおかげで、当日は方向音痴な私でも全く迷うことなく会場に辿り着くことが出来ました。会場前に続く階段を降りて時間を確認すると15時をちょっと過ぎたところ。ロビー前に出来ていた列を横目に知った顔が無いか歩いていくと、早速ファンサイト仲間と遭遇しました。聞けばこの列はグッズを購入する為に並んでいるとのことで、前方には既に数人のファンサイト仲間が並んでいました。待ち合わせしている人がいたのですが、まだ時間があったので、私もその列に加わることに。待っている間にも次々と仲間を見つけ、列が隣同士になる度に話したりして、気が付けば順番が回ってきていました。テーブルいっぱいに並べられたグッズはどれもシンプルな作りでありながらしっかりしていて、老若男女を問わず誰が持っていてもおかしくないデザイン。ひとつひとつのグッズにデザインを監修したHikkiの愛が感じられて、思わず「全部下さい!」と言いそうになりました☆



ところでところてん。待ち合わせをしていた人というのはtwitterでHikkiへのメッセージを募集していたファン仲間で、私は持参したメッセージを渡しました。そして同じくファンサイトを中心に呼びかけていた寄せ書きにもメッセージを書かせていただきました。それぞれに手作りされたメッセージの台紙は渾身の出来栄えで、Hikkiへの愛無くしては作ることの出来ないものでした。情熱にお値段付けられない♪とは、まさにこのこと。メッセージ企画はmixiでも呼びかけがあり、こちらはテレビ取材もされていたようです。



17時頃になると、続々とファンサイト仲間が集まってきました。ペプシネックスCMのドレスHikkiコス、同CMのカマトトHikkiコス、ペプシマン、ムビオンHikkiコス、エヴァキャラコスに気志團コスに海賊コス、、、そして私はちゃっかりアンミラメイドコスしてましたが、、、GBHPVをパロってパペットを持っている人など実に色とりどりの生物の舞♪状態でございました。



開場時間になり、立見席やペプシ招待枠だった仲間は早々に会場入りしていきました。私は開演ギリギリまで普段会えない仲間達との交流を楽しみました。流石にもう席に着かなきゃということで会場に入り、席を探すと、まだまだ先、、、まだまだ先、、、まだま、、、え?何と2列目でした!ちょうど目線の先にはステージの四方に立つ鉄柱があり、少々邪魔ではあったものの距離は近い。何より注目すべきは、そのステージの位置でした。会場のど真ん中にステージがあり、Hikkiはそこから会場内をぐるりと見渡せるという訳です。ファンサイト仲間4人での並びで、みんなで得体の知れない緊張感でテンションがおかしくなっていると、不意に会場が暗転。いよいよ開演です!



ステージ上にあるスクリーンに映し出される、宇宙船スーパークマン号。パイロットは、ギガントくまちゃん。くまちゃんは初めて目にする地球の美しさに瞳を輝かせるも、隕石がスーパークマン号を直撃!絶体絶命の中、何とか体勢を立て直そうと奮闘するくまちゃん!だけどそこはくまのご加護に救われて、無事地球に不時着すると、くまちゃんはおもむろに顔を外します。何と中には人がいたのです。その人の顔は、、、、!

このスクリーンでの演出の愛らしさに、会場内は笑い声と拍手で包まれていました。今回シンコレ2の新曲の中の歌詞にも何度か出てきた「帰る」という言葉が、もしかしたらテーマだったのかな?果てしない宇宙の中、固い殻に閉じこもり身を守りながら漂っていた私が、帰るべき場所を見つけ、どんどん殻を脱ぎ去り素の自分に戻っていく。「私に帰ろう」ということだったのかしら?



セットリストは割愛させていただきますが、本編20曲、アンコール3曲を歌い上げ、Hikkiはステージを後にしました。中でも嬉しかったのは「ぼくはくま」をHikkiと一緒に合唱出来たこと!やっぱりこの歌を歌う時のHikkiは瞳の輝きが倍違う。「あ~、疲れちゃったなぁ」とピアノにへたるところもとっても可愛らしくて、改めて彼女には大人っぽいクールな美しさと、子どもっぽい無防備な可愛らしさの両方を兼ね備えた魅力を感じました。「traveling」では「横浜アリーナ~♪」と歌詞を差し替えて歌い、会場はどよめきながら大いに沸きました。「光」では白いハートがいくつもいくつも宙を舞い降りて来て、何人もの人が受け取っていました。これにはどこか、GBHPVで最後にHikkiに纏わり付いていた光景が微笑ましかった平和の象徴である白い鳩(=白いハート)を連想させられました。'06のウタユナでは聴くことの出来なかった「BLUE」がまさかここで聴けるなんて思わなかったし、Hikkiのピアノやギターによる弾き語りもとても素晴らしかった。Hikkiが楽器を演奏しながら歌を披露するのは'10の北米・ロンドンツアーからではないかと思いますが、そのシアトルでのライブに参戦してきて思うことは、ウタユナ以前のHikkiとはまるで違う雰囲気を持ったなということでした。緊張とか不安とか、怒りに似たような棘とげしたものがまるで無く、ライブ慣れしていないアーティストと言われてきたのはこの人のことなのかと思う程でした。その時の雰囲気が、ライブが楽しい!みんなの前で歌いたい!という雰囲気が、そのままに横浜アリーナでも表れていました。今の素のHikkiの気持ちがあのライブなのだということでしょう。



ステージの上からHikkiは、会場のひとりひとりを見渡していました。確かめるように、噛み締めるように頷き、笑顔を見せるHikki。大きくお辞儀をして、精一杯手を振って。そして最後にステージから降りて花道を歩き始める姿を見て驚きました。映画「ローマの休日」では報道陣が作った花道の前を、アーニャはアンになる為に歩いていきますが、この日Hikkiは、ヒカルから光になる為に、観客が見守る花道の中を歩いていったのでした。



終演を告げるアナウンスが流れると、シンデレラな私は最終バスに間に合わせる為に、余韻に浸る間もなく会場を後にしました。早歩きのままこの日同席した仲間達に別れを告げ、新横浜駅へ向かいました。新幹線の切符を前もって買っておいて良かった☆駅構内での混乱に巻き込まれることなく新幹線に乗り込んで間もなく、東京駅へと向かい発車しました。心だけが、置いていかれる感覚でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2代目 パトリック

2010年09月10日 13時56分38秒 | moblog
6年前に購入して以来、ほぼ毎日履き続けてきたパトリックのスニーカー。
流石にくったくたになってしまったので、新しいスニーカーを購入しました!…全く同じ色、デザインのものを(笑)
可愛い色が沢山あってかなり目移りしながらも、結局は定番のものに落ち着くところは、やっぱり長女ならではなのでしょうか☆
義姉のスニーカーとかぶってるんですけど、義姉もやっぱり長女だからなのか何なのか。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

【妻のヘルメット】

2010年09月09日 13時47分56秒 | moblog
って、やっぱり『COLORS』の仮タイトルだったんだろうかと、ひっくり返したジャケットを見て思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おひとりさま

2010年08月20日 15時13分40秒 | moblog
去年に引き続き、今年も市の無料検診を受けてきた。今まで仕事や育児の忙しさもあり、ついこういことは億劫になっていたけれど、自分で自分の身体を気遣うことって大事だなと思う。
娘2人が昨日から、ジュニアバレーの合宿に行っている。今頃は七宝焼きのキーホルダーを作っている筈。お迎えの時間まで、私はお気に入りのお店で遅めのランチをいただきながらゆっくり過ごす。
私が子どもの頃から、もしかしたらもっと前から、ずーっとある古いレストラン。正確には“レストラン”じゃなくて“談話室”。私は買い物の間や通院後の休憩、そしてちょっとだけ“おひとりさま”でいたい時に来る、秘密の談話室。
といっても年に数回しか来ないんだけど☆
でも、いつ来てもいつも同じ。…不思議なくらいに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇多田光さま

2010年08月09日 23時30分55秒 | moblog
待ってます、Hikki。
ひとつだけ言わせて。
「前を向いてれば、また会えますか?」

今思うと、今年初めにシアトルでのUtadaのライブで最新の彼女を見て、つい先日横浜中華街でデビュー当時に彼女が書き置いたサインを目にしたことに、何か深い繋がりというか、縁をしみじみと感じます。
いや、たまたまだったんだろうけど、このタイミングがね。

それにしてもHikki、すごく優しいね。
Hikkiがツイッター宣言するなんて、らしいというか、らしくないというか、ビックリだよ。

あなたが元気でいてくれるなら、それでいい。
いくらだって待ってやんよ!
だけどメッセは読みたいデス☆

Hironより
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏休み子ども会遠足で、

2010年08月07日 13時21分48秒 | moblog
横浜中華街に来ています♪
そして早速、Hikkiのサイン発見!!
やっと…やっと僕達出会えたんだねっ(≧∇≦)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

良い歯のコンクール

2010年08月05日 18時38分04秒 | moblog
図画部門で、ひかるが準優秀賞をいただきました!
ただいま、地元公民館のホールにて、各部門毎に受賞作品が展示されています♪

何でも図工の授業で絵を描いていて、クラスで一番早く終わった人に作品を描いてもらうという話になってたのだとか。
それでたまたま一番早く終わったひかるが描くことになったという、けっこうテケトーな経緯でコンクールにエントリーした訳です☆

学校の授業を抜け出して親子で授賞式に参加してきたのですが、トロフィーまでいただいてしまいました♪
(来賓紹介の“歯科医師会”の響きに見事にツボったのは内緒です)
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ベーチェット病

2010年07月15日 06時48分38秒 | moblog
病気について原因が解明したとの記事が、今朝の新聞に載っていました!
今までは不治の病とされていたこの難病も、これからは完治に向けての治療に変わっていくでしょう。
1日も早い新薬の開発を、願っています。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

脱力系

2010年07月10日 19時44分55秒 | moblog
『とろけるよ~』
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お日さまのにおい

2010年07月10日 19時40分19秒 | moblog
『まくらさん!まくらさん!まくらさんっ!』
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイトル【砂漠の夜明け】

2010年07月10日 09時20分31秒 | moblog
「くくちゃん、今日はいいお天気だから干…、日向ぼっこしたら気持ちいいよ?」

『でもさぁ ぼくさぁ 日焼けしちゃうんじゃないかなぁ?こんがりキツネ色になっちゃうよ?くまなのに キツネになっちゃうよ』
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

破DVD届きました〓

2010年05月25日 21時04分20秒 | moblog
初回特典フィルムは、序の時はシンジ、そして今回はアスカでした
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雨の日の遠足

2010年05月20日 06時50分17秒 | moblog
今日はハヤトが校外学習で街並み探検に行くのですが、生憎の雨模様でございますな☆
ルナも陸上部の大会に応援に行く予定だったのが、雨の為に延期です。
お弁当、1度に2人分作れちゃえば楽だったのにな(笑)←

ちなみに、kotoraさんに教えてもらった“カボチャのサラダ”のレシピを試してみたら、簡単なのに美味しくて、また是非リピートしようと思います
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

母の日

2010年05月10日 08時50分30秒 | moblog
昨日は母の日ということで、実母と義母にカーネーションを贈りました
そして私は、子ども達からこんなメッセージをいただきました。

“ママへ
いままで育ててくれて、ありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。
ハヤト”

“~ママの物語~
いつもふざけたりしてると…(たとえばケンカ)
ママはちゃんと理由をきいて、おこってくれます。
家族のたんじょう日の時には、
ケーキを買ったりプレゼントをくれます。
私たちの知らないところで、
せんたくのたたみをやったり、皿洗いしたりご飯作ったりしてくれています。
それにママはとってもやさしいママ!大好きありがとう!
ルナ”

という訳で、“ママとしての合格金メダル”なるものもいただきました(笑)
多分に点数稼ぎしてるなぁと感じられる面も見受けられますが(笑)、それでももし心にも無いことであれば、こんなメッセージを贈ろうとは思わない筈。
優しい子達なんだなぁと、改めて思いました。
「こちらこそ、今までありがとう!これからもよろしくお願いします。」と言うと、照れ笑いしながら頷いていました

感動の場面で寝てしまっていたひかるは一人タイミングを逃し、照れ隠しの為か、私と格闘技ごっこへともつれ込んだのでありました…。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加