平尾台自然の郷野草勉強会

平尾台の自然と野草を見守り観察し
記録するボランティアのグループ。

平尾台自然の郷第4回野草勉強会開花調査

2017-06-23 | 野草の観察
下見で案じられた猛暑は一段落曇り雨予想も
曇り晴れに変り開花調査には最適な気温で出発。

6月になって要約参加が可能になりました。
山崎さんの記録より
10時に近いと言うのに開花していました。

スズサイコ



ヒメコウゾ  ツルマサキ  ハルタデ






コマツナギ



シオデ(雌花)  シオデ(蕾)



昆虫
ナナフシモドキ  スジコガネ



足を痛めて治療後の久しぶりの山歩きでした。



森 隆之の記録より

ヤブレガサ(蕾)




タイワンツバメシジミ?



ベニシジミ(夏型) ウツボグサ



椎間板ヘルニアの手術後のリハビリを兼ねて山歩きです。




鶴田(フ)さんお記録より
今年の初見です。

ムラサキニガナ




ホウライカズラ(蕾)  ヒメジョオン  ヒレアザミ





ノハナショウブ



ウツゴグサ  アマドコロ(実) オオチャバネセセリ



スミレは種子を遠くに飛ばすと思っていました。

アオイスミレ(サク果)




地表近くに種を落とし群生する。



今回は珍しい写真を撮って来ていました。



桃坂さんの記録より
Bコースは花が少なかったと昆虫を沢山記録していました。

メスグロヒョウモン♀




ベニシジミ  ツバミシジミ  オカトラノオ




ハナヤエムグラ




ノハナショウブ、 トウバナ  テリハノイバラ




シオデ(雌花)


セイヨウミヤコグサ  シオデ(雄花)  ニイニイゼミ




飛翔している不明の昆虫


メスグロヒョウモン初めて撮影に成功しました。
ラッキーでした。



撮影した写真をみんなで見ることによって
新たな発見、拡大して見ることで野草の不思議に触れ
次回はこんな撮影にチャレンジしてみようと一生懸命
観察をはじめます。興味も寛大してきます。楽しい時間を共有して
野草観察を終了しました。
雨が少なく花期命が短い。また立ち入り禁止のロープが張ってある
湿地に入って撮影している人が下見では目立ちました。

ラン類では、コバノトンボソウ、オオバノトンボソウ
マイサギソウ、カキランの開花が見られました。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平尾台自然の郷野草勉強会下見

2017-06-22 | 野草の観察
そんなに暑くないと思い出発
台上に上がった時はやはり山は涼しいと思い
今回は3人で歩き出しました。
昼前位から熱いと言うか蒸し暑さでクラクラ
もう一か所ぜひ見ておきたい所があると歩き出したのですが
帰りには頭がクラクラして帰れるのだろうかと不安でした。
それ位暑かったのです。
雨が少なく開花が心配されていました。

ノハナショウブ
ポツリポツリと咲き始めています。



白くて小さくて可憐な花

モウセンゴケ





ヌカボシソウ





オカトラノオ




山のアスパラガスと言われる。

シオデ




カキラン、マイサギソウ、コバノトンボソウ、オオバノトンボソウ
とラン類は開花し始めています。当日どれ位咲くか楽しみです。
とは言え例年に比べて花が少ないので種子を写していました。

コウゾリナの種子を飛ばす瞬間を待ちましたが飛んでくれません。


後日何処か良いところは無いかとウロウロ

ハスノハカズラ




ノラニンジン


あまりこれはと言うところは見つかりません
当日曇り雨予想、開花調査もあるので遠出は出来ないのです。
昨日の雨が台上を潤してくれることを祈っています。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平尾台自然の郷フォトクラブ華蓮ササユリ撮影

2017-06-19 | フォトクラブ
講師の健康不良のため暫く撮影旅行をお休みしていました。
お元気になられ退院されるとすぐに何処かへ撮影に行こうと
言われていましたが、あまり無理は出来ないので車で手軽に
行ける所をササユリの咲き始めた鹿野へ行くことにしました。

天神山公園では少し盛りを過ぎています。

ササユリ








公園ではカジ楓の花、種子が満開





長野山へ行く途中のコウゾリナの枯れた胞子が朝日に輝いて





コウゾリナ種子



何時も美しく撮影出来ない

コアジサイ








山頂では小さな赤いはな皆さん夢中です。

ナツハゼ




山を下りて昼食と花散策へ

ワタナベソウ




スイレン



ツルリンコンと可愛く跳ねた

ツルコケモモ





シライトソウ




次は山野草のエキ
ボランティアの人に守られているようです。

ホタルブクロ




宮司さんがお亡くなりになり寂しい神社へ

バイカツツジ





ヤマジグレ





ドクダミソウ(八重)





オダマキ



花好きの主の居なくなった神社に
さみし気に細々と生前丹精にされていた花が咲いています。
おおきな声で案内していただいた頃が懐かしい。
駆け足のブログアップでしたまだまだたくさんの花に出会い
撮影を堪能したツーリングでした。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平尾台自然の郷フォトクラブ華蓮花便り

2017-06-15 | フォトクラブ
残念な一日
本当は久住でミヤマ霧島とのラブデイト
昨夜可の方が腰の調子が可笑しい、痛いと言い出し
自分は下で待っていると。残念ながら急遽中止としました。
好天の恵まれた朝焼けを目の前に”PCの整理をしています。
月初めの写真のアップを忘れていました。
鮮やかな色彩を放っていました。

ツクシタツナミソウ




あたりを白く染めている大きな顎片

コガクウツギ




ウー待って急停車

ヤマゴボウ




お目当てのピンクです。

イナモリソウ




もう一枚可愛いのです。




探しているとこちらでは初めて見る

シロバナニガナ



ゆっくり探すと色んな花が目につきます。
クモキリソウも3株ここで見るのは初めてでした。
ラン科の植物はアップしていませんがもう終わり近くでした。
病因が終わってからの県境の山最初の場所には何も咲いてなくて
がっかりしながら此方へ回ってラッキーでした。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平尾台自然の郷野草勉強会花便り

2017-06-12 | 野草の観察
早めに病院の診察が終わりました。
県境の山へ気がかりな花の様子を見に行くことにします。
気になる山の貴婦人

オオヤマレンゲ


美しさに圧倒されます。
梢が揺れて上手く写せません。

一類の光に輝きを見せてくれました。



上る途中で辛さを慰めてくれます。

ツクシタツナミソウ



此方は遅いようですが踏み荒らされてました。

ツルアリドウシ



ラン系の花にも沢山出会いました。
上に登る程開花は遅れているようでした。
久し振りの急登に足腰の痛い事。日ごろの鍛錬が
足りませんネ><



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平尾台自然の郷野草勉強会花便り

2017-06-10 | 野草の観察
久し振りの県外です。
親の看病で県外活動を中止されている友人より
体調が安定してきたので一日位は散策が可能と連絡アリ
私にしては珍しい

ツクシカンアオイ




早いものでもう咲いていました。

ツクシガシワ



何時も見るのと少し様子が変ですが

ツクシマムシグサ



2週間も前から下調べした花は見当たらず
山の管理人へ聞くと(盗掘されるので2011年から切り取ってる)と言うのです
がっかりヤラ、悔しいやら疲れがド^っと広がります。
無念の退却です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平尾台自然の郷第6回野草勉強会

2017-06-07 | 野草の観察
梅雨入り前日曇り後晴れの予想に
安堵していましたが、家を出る時は小雨
台上への坂道を登りはじめると強い風雨。
観察ルート大幅に変更するしか無い。


久し振りに写真を頂きました。
伊規須さんの撮影より

小雨の小倉南区




ドクダミソウ  ツキヌキオトギリ  キダチニンドウ




まさかと思いましたが早くも

キヌガサダケ




此方も久しぶりのアップです
鎌田さんの撮影より

ヨメナ



キヌガサダケ  キツネノボタン  ウツボグサ




何時も沢山の写真を見せてくださるのですが
今回は雨で撮影が難しかったのでしょうか?
吉松さんの撮影より

キダチニンドウ



ツキヌキオトギリ  ケキツネノボタン





前回はお休みされていました。
鶴田(フ)さんの撮影より

ヤブヘビイチゴ



クリノキ  ネズミモチ  タンキリマメ





アレチギシギシ






前回に続いての提供です。
渡辺さんの撮影より

ウマノミツバ花のアップ


ウマノミツバ




ヤブムラサキ  コガクウツギ  ドキダミソウ






ツキヌキオトギリ





丁寧な撮影です。
桃坂さんの撮影より

ノハカタカラクサ



ドクダミ  ウマノミツバ  キヌガサダケ





テイカカズラ




ハンカイソウ




キダチニンドウ  キヌガサダケ





撮影風景



雨にも、風にも負けず、歩き観察する野草勉強会。
雨の日は雨露を含んだ撮影が楽しめます。 
前日の受診のの結果が良好久し振りの桜〇で嬉しかったので”自分に厳しく„と書いた前回のブログ
体調管理は自分に厳しくと言う意味でその検査結果がグ~でした。
その後つい気を緩めて自分にご褒美と甘いものをパクパク暑いと歩くのを止めて車でのみの移動。
これではいけません連日山歩きが続くと膝が痛み、呼吸はハアーフウー駄目ですね
毎日一万歩を歩く方、おやつは徹底して食べない方、やはり男性は意思が強いみたいです。 



次回は6/23日(金曜日)
平尾台自然の郷花工房9:30分発










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平尾台自然の郷野草勉強会下見

2017-06-05 | フォトクラブ
天気が続く毎日雨が欲しいと願いながら
1日の午後から少し近くを歩いてみる。
6/4日(日)センター野草観察会のボランティアに参加
翌日、早くより下見とし皆さんに呼びかける。
ポイントをチェックしながら歩き回る。
ツレサギソウがまだ見れるかもと岩場の間に差し掛かる。
咲いていました。すぐ近くにはヤマトキソウの姿も見ることが出来ました。



英彦山がクッキリ見えて暑くなるかと心配です。



岩場が好きなのはこの花もです。

ムラサキ
毎年沢山花を咲かせていたのですがこの頃
目につかないので探してみました目の良いYさんが一株見つけてくれました。



此れも又小さな花です開花しています。

ハマクサギのアップです。




山へ駆け上るMさんに何事

ネジキ
虫さんは下から蜜を探すのでなく蜜のあるっ場所を破っています。
どんな虫なのでしょう。痛々しい花さんですがそれも又可愛いです。




虫と言えばセンターボランティアで珍しい虫さんです。

セアカオサムシ

セアカオサムシ




前日の散策で見つけた賑やかな個体です。

ウリノキ
八重咲ノウリノキのようです。
翌日の下見ではもう見れませんでした。




帰りにふと見ると枯れた花の綿毛が可愛くて

どの花の花後だと思いますか?




岩に登って写しました。

ヤマガキの花




酸性土とアルカリ性土との境がしっかりわかる

ヤマツツジ
綺麗に咲き分けていますがだんだん増えてきているように思います。




ムラサキシジミの食草なのでしょう

クララ
まだきれいな姿をしていました。




絶滅危惧種だそうです。

キドイノモトソウ
好石灰岩植物




最後に小さな小さな瑠璃色の花

オオルリソウ



沢山の花で皆さんも大喜びと
満足して帰りました。連日の山歩きで大丈夫かなと
案じていましたが勉強会までは1日お休みがあるので大丈夫と
言い聞かせてシップを張ってやすみました。当日は曇り雨予想
安心です。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平尾台自然の郷フォトクラブ華蓮5月例会

2017-05-31 | フォトクラブ
5月華蓮例会報告
今月から新人さんが入られました。
増谷さん八幡西区からの参加です。無料体験教室に参加されて
4月から参加の予定でしたが、事務方の
手違いで5月からの参加になりました。

ホタルの写し方質疑応答の後滝の写し方の講座
参加者の持参された写真をプロゼクターで見ながら
講師の評価をみんなで質問しながら鑑賞。

野見山さんの写真より

今年のシランを写した写真です。
元写真では空が少し入っていたのを切り取りました。
次回写すときは空を入れるならもう少し多めにと言う注意でした。


元画像



大変良く写してるとの評価を頂いた写真。




渡辺さんの写真より

山口SLの写真
煙は途中までで良いから鉄橋を入れて何処を走ってるかわかるようにとの評価です。



元写真




一貫野のフジの花
大変良く写してる〇の評価を頂きました。





吉田さんの写真より

山口のSLの写真



元写真




沢山良い評価を頂きましたが花好きの吉田さんの
平尾台のジャケツイバラを




森隆さんの写真より

蝶の花に留まる瞬間を写した写真。
蝶の羽根の裏表が映り陽が差しているので良い写真と言う評価です。




桃坂さんの写真より

ツルアリドウシ
花にベストの状態を写している。

現地に移動して
撮影はホタルでしたので講座が終わって
カメラを持参して5時近くまで質疑応答。色んな疑問を
取説を取り出して試し撮り、設定をしてみました。
現地での長い待ち時間でしたが、撮影体験や次回どんな所へ
行くか等楽しい時間を過ごしました。

森隆さんの当日ホタルの写真より

平尾台行橋側のホタル



長い時間講師の先生も同行して頂きありがとうございました。
講師も皆さんの上達の速さに感心されていました。
増谷さん初めての参加で遅くまでご一緒頂きお疲れ様でした
次回からはいろんな所で撮影された写真を楽しみにしております。


次回6月28日(水曜日)
詳細はメールにてお知らせします。
森 ふさ恵



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平尾台自然の郷第5回野草勉強会

2017-05-26 | 野草の観察
下見の時とは変わって外気は冷たく台上の風邪は冷たく感じる。
時期的に体調を崩しやすいこの頃本日も参加者が少ない。
でも、長年続けて来た調査日頑張って行こう。


一班の参加者吉松さんの写真報告より。
下見の日より随分開花が進んでいます。
白く大きな花は美しさの代表的な花でしょう。

バイカウツギ



ニワセキショウ  コナスビ  カタバミ





ソクシンラン



ノアザミ  ガマズミ  ツチグリ




今月のメイン下見では蕾でした。日照りが続くこの頃
見れるのも数日だと思います。

オカウツボ(白)

小さく名もない・・見過ごされそうな花をよく見つけてくれます。
頼もしく、元気な方です。




2班吉田さんの写真報告です。

フナバラソウ



ヒレアザミ  ナルコユリ  ニワセキショウ




ヒメケフシグロ

野草が大好き、とても熱心に遠くから参加され一番若い参加者かな。




3班森隆之の写真報告より
上腕筋断裂の手術を受けまた今年椎間板ヘルニアの手術後一月、回復にためには
歩くことと、下見ともに毎回参加しています。最初は写真もブレばかりで
写せなかったのですが、少しずつ写せるようになりました。

フナバラソウ



コナスビ  アマドコロ  ナワシロイチゴ





ホオアカ


最初はハラハラでしたが、家にいるとどうしても万歩計の数が進みません
筋力を付けるしか健常にならないと医者は言う。自分に厳しく健康を取り戻してください。



三班桃坂さんの写真報告より
毎回メインとして地道に平尾台の花の調査に参加しています。
温厚な性格と美しい写真は皆さんの憧れです。

ウラジロマタタビ



ヒメケフシグロ  ノコギリソウ  イボタノキ




オオチドメ





ヤマキマダラヒカゲ




4班渡辺さんに写真報告より
車で無く公共の乗り物で参加されています。
時間がかかるので早めに帰宅され写真を頂く機会がありませんでした。

苦心して写真へ納めました。

ヤマカシュウ



バイカウツギ  ツクシイバラ  オオチドメ  



美しく撮れていましたのでトリミングしてみました。





ヒメケフシグロ  オカウツボ(白花)



コースのメイン初めて実のついたのを見ました




今回も貴重な花に出会え調査報告をすることが出来ました。
さらに暑くなります。体調に充分注意して毎回参加できるよう
御願いします。暑くなってからの参加はつい出そびれてしまいます。
日ごろから万歩計を持ち体力低下に注意しなくてはならないこの頃です。
自分に厳しく、他人に優しくと言う理想に向かって進む努力をして行きましょう。


次回は6月7日(第一水曜日)です
お間違いの無いよう参加お願いします。森 ふさ恵











コメント
この記事をはてなブックマークに追加