★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「鈍獣」

2009-05-27 03:38:06 | 映画(た行)
<T996/2009/A089/S043>

久しぶりの劇場鑑賞・・・といっても10日ぶりくらいだけど。
「消されたヘッドライン」にしようかと考えたけど、
社会派の崩れた体型のラッセル・クロウは最近ハズレてるのでパスっ。
やっぱりクドカン・ワールドを堪能したいなーーー。
2009年製作の殺人未遂系ブラック・コメディ、106分もの。

あらすじ・・・今回は「週刊シネママガジン」さんから引用させてもらいました。
25年前の事件。25年ぶりの出会い。
鈍すぎるアイツが「あのこと」を本に書いていた!?
すべてが相撲中心のおかしな田舎町、ときわ。そこに失踪した作家・凸やんこと凸川(浅野忠信)を探し、担当編集者の静(真木よう子)がたどり着く。町のホストクラブ“スーパーヘビー”で待ち受けていたのは、凸やんの同級生の、ナンバーワンではなくオンリーワンホスト江田(北村一輝)と、警察官・岡本(ユースケ・サンタマリア)、江田の愛人・順子ママ(南野陽子)に、ブリっこホステス・ノラ(佐津川愛美)の怪しすぎる面々。
実は数ヶ月前、江田と岡本は凸やんと再会していた。しかし自分たちの25年前の、絶対に知られてはいけない忌まわしい過去を、小説として連載していると知った二人は決心する。
「凸やんを殺(ポロ)す」と。
二人の殺意に鈍~い凸やんは全く気づかない。それどころか殺しても殺しても、ゼッタイに死なないのだ!なぜだ・・・!?そして物語は、驚愕の結末へとスリリングに加速していく。



ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
1.「鈍」と「純」って、一瞬と惑うひらりん。

2.「少年メリケンサック」に続いて、ユースケ・サンタマリアの乳揉みが炸裂っ・・・

前回は宮崎あおい、今回は真木よう子・・・

明らかにサイズアップですなーーーーー。
3.南野陽子の和服姿は「ハイカラさん~」以来では・・・。

4.相撲がはやってるからか、妙におデブが多い村・・・
スイーツ親方の芝田山親方もアイスクリーム食べまくりで目立ってたっ。

5.北村一輝演じる江田っちはガキ大将で・・・
第一回のちびっ子相撲のチャンピオン。
今も村の相撲協会のトップの座を目指してるのね。

6.そこに現れた浅野忠信演じる凸やんは、かつてのいじめられっ子。
雑誌連載の小説が好評・・・

内容は江田っちと岡本にいじめられてた実話系。
7.村でも評判となり、立場をなくした二人は、
殺鼠剤入りの酒を飲ませたり・・・
トリカブト入りの中華丼風ホットケーキ(不味そう)を食べさせたり・・・
クルマで轢いて山に埋めたり・・・
8.おっとこの辺で黒人演歌歌手のジェロが下っ端の役で登場してきたなーー。
何度も出てくる割にはセリフなし・・・BGMはジェロの歌声だったのかなっ。
9.最後はダンボール詰めにして線路に置き去り・・・
岡本は警官なので、拳銃で両足を銃撃して、逃げられなくして・・・
失踪した凸川を探しに村にやってきた雑誌編集者の静が乗った列車にはねられたのね。
10.でも死なず・・・なぜ不死身なのかは判らずじまいなのねーーーー。

●いじめや痛みや殺意に鈍い人間が鈍獣・・・じゃなくて、
人の苦しみや心情に気づかない鈍い人間=鈍獣・・・
という小説を主人公は書いてたのね。
●それにしても浅野忠信の「鈍感というか、無邪気というか」な演技・・・
セリフのほとんどが店に入る時の「もうおしまい???」って言うのが笑える。
●ぶりっ子ホステスのノラ・・・
おさる改めモンキッキーと結婚した山川恵里佳かと思いきや(古っ)、
ひらりん苦手のサトエリの「不抜けども~」に出てた佐津川愛美ちゃんらったろれーー。

●ひらりん的には意味不明なところも多少あったけど・・・
気にせず笑えるノリだったので、楽しかったなーーー。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
母べえ」の浅野忠信の演技も良かったなーー。
北村一輝はクドカンの「舞妓haaaan」にもちょろっと出てたね。
 


ということで今回は・・・
思いっきりDONケモノ度・・・
印税全部あげてでも親友になりたかった不死身でいたいけな凸やんだったのね。

●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様「{もうおしまい???}が口癖になりそう」なあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ビッグ・トラブル」 | トップ | 「図鑑に載ってない虫」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
鈍獣 (だらだら無気力ブログ)
宮藤官九郎が岸田國士戯曲賞を受賞した同名戯曲を自ら映画用に脚本を 書き上げたファンタジックミステリー。 失踪した作家を捜しに、編集者が作家の故郷を訪ねてくるが、そこで 編集者は作家に起きた衝撃の事実を知ることになる。。週刊誌に連載されていた小説『鈍獣』...
鈍獣 (LOVE Cinemas 調布)
『少年メリケンサック』の宮藤官九郎が脚本。元々は同名の戯曲を映画用にリライトした作品です。メイン出演者は浅野忠信、北村一輝、真木よう子、佐津川愛美、南野陽子そしてユースケ・サンタマリアの6人。監督は本作が映画デビュー作になる細野ひで晃。宮藤官九郎作品...
「鈍獣」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
基本的に、映画って、80パーセントの観客が満足しないと、個人的に認められない、エンターティメントの普遍性みたいなものが必要だと思っています。で、今回の「鈍獣」なんですけど、もう、ギャグを役者が喋るのですが、そのシーン一つ取っても、キレが全然無い。 「た...
鈍獣 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。宮藤官九郎脚本 細野ひで晃監督、浅野忠信、北村一輝、真木よう子、佐津川愛美、南野陽子、ユースケ・サンタマリア、芝田山康(元横綱大乃国)、ジェロ。タイトルの「鈍獣」にふさわしい身体的特徴を持った人物はいつもソフトクリームなめている理事長(芝田山康...
映画「鈍獣」  (またり、すばるくん。)
映画「鈍獣」観てきました。
映画「鈍獣」@GAGA試写室 (masalaの辛口映画館)
 今回は「Yahoo!映画/ユーザーレビュアー」を招いた試写会だ。客入りは8割ほど。映画上映後には細野ひで晃監督招いて観客とのティーチインが行われた。  映画の話 殺しても死なない鈍感な男、凸やん(浅野忠信)。とある事情により彼の殺害を目論む、自分のこ...
映画『鈍獣』 (健康への長い道)
兵庫・大阪は新型インフルエンザで、てんやわんやです。私の勤め先も多少影響を被っております。 街中はマスク姿の方が目立ちます。報道の通り、あちこちの薬局でマスクが売り切れているようです。 しかし、あれですね、気になると色々調べてみる性格なんですが、マ...
鈍獣 (うふふ・映画三昧。)
これの予告編。 これが相当、面白くてですね。 特に、北村一輝さんが「疲れたら疲れたって言うから!!」って逆ギレ風だった、その1シーンに予告ながらゲラゲラとウケてしまい、 腹抱えて笑っちまう映画を想像して、観に行ってしまいました(^^; 劇場で抱腹絶倒...
鈍獣 (そーれりぽーと)
この時勢、映画館は怖いけど我慢出来んよね。 殺しても殺しても死なない幼馴染。 クドカンによる脚本らしく、面白そうな設定の映画『鈍獣』を観てきました。 ★★★ コメディーと言うほど笑いを追及したものではなくて、ストーリー展開と登場人物が面白い映画です。 やっ...
「鈍獣」 2倍速ぐらいがちょうどいい (はらやんの映画徒然草)
主演の浅野忠信さんがいつもとは全く違うタイプのキャラクターである「凸やん」を演じ
『鈍獣』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「鈍獣」□監督 細野ひで晃 □脚本 宮藤官九郎 □キャスト 浅野忠信、北村一輝、ユースケ・サンタマリア 、真木よう子、南野陽子、佐津川愛美、ジェロ■鑑賞日 5月24日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5...
映画:鈍獣 (ぱたぱたぱ~だでグー!)
鈍獣 ←クリックでオフィシャルサイトへ 【コピー】 世界一鈍いアイツが、 俺たちの人生を壊しにやってくる。 【キャスト&スタッフ】 監督:細野ひで晃 脚本:宮藤官九郎 出演:浅野忠信、北村一輝、真木よう子、佐津川愛美、南野陽子、ユースケ・サンタマリア ...
鈍獣 (いとしこいし ーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー)
鈍獣 5/16(土)TOHOシネマズ 週刊誌記者の静は、失踪した作家、凸川(でこがわ)の行方を探りに、彼の故郷にやって来た。そこで待ち受けていたのは、凸川の同級生で町の実力者の江田、警察官の岡本、そして江田の愛人、純子とホステスのノラだった。静は、
*鈍獣* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 週刊誌記者の静は、失踪した作家、凸川(でこがわ)の行方を探りに、彼の故郷にやって来た。そこで待ち受けていたのは、凸川の同級生で町の実力者の江田、警察官の岡本、そして江田の愛人、純子とホステスのノラだった。静は、失踪する...
Don't think,feel!~「鈍獣」~ (ペパーミントの魔術師)
なんでブルースリーの名ぜりふ持ってくるんだ(笑) うちのPC「どん、けもの」って打たないと タイトル書けませんでした、あああ・・・。 さて。 なんでポロしてもポロしても死なないのか、 そこはもうわかんないまんま終わっちゃいます。 だって凸やんだから。(理由...
鈍獣 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
殺しても死なない、鈍い奴。田舎町、「ときわ」の駅に降り立つ一人の女性、週刊誌編集者の静。彼女は失踪した担当の作家、凸川(でこがわ)の作品「鈍獣」が文学賞候補になったため、手がかりをたどってこの町にやって来たのであった。静は早速、凸山の部屋にあったカード...
鈍獣 (Memoirs_of_dai)
死んだ男は芝田山 【Story】 失踪した小説家の凸川(浅野忠信)を捜すため、担当編集者の静(真木よう子)は彼の故郷を訪ねることに…。 ...
【映画感想】鈍獣(浅野忠信×北村一輝)[2009-128] (映画+小説+家族=MyLife)
宮藤官九郎が書き下ろした脚本を、浅野忠信・北村一輝・ユースケ・サンタマリア・南野陽子・真木よう子なんていう妙な出演者達で映画された『鈍獣』。 殺されても、殺されても、死なない。そんな強烈な役柄に浅野忠信さん大挑戦です。
浅野忠信 佐津川愛美 北村一輝 / 鈍獣 (中川ホメオパシー )
ワケもなく飲み会 どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの別れさせ屋担当、ブロッケンです。 宮藤官九郎原作・脚本の映画『...
泣く獣 (Akira's VOICE)
「鈍獣」 「なくもんか」 
映画評「鈍獣」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・細野ひで晃 ネタバレあり