★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「カールじいさんの空飛ぶ家」

2009-12-09 02:38:17 | 映画(か行)
<T1126/2009/A211/S097>

今週の平日休みは・・・
寝坊してしまったので一本のみの鑑賞・・・
しかも、上映開始時間を見て無かったので、
予定に反して吹き替え版の3Dを観る事に。
原題は「UP」・・・意外にシンプルなので、邦題は長くなってるのかな・・・
それともジブリの「ハウルの動く城」を意識してるのか???
2009年製作のじいさん系ファミリー・アドベンチャー・コメディ、103分もの。

あらすじ・・・今回はMovieWalkerさんから引用させてもらいました。
78歳のカールじいさん(声:エド・アズナー)は、最愛の妻エリー(声:エリー・ドクター)を亡くしてから、小さな家でひっそりと暮らしていた。そこは、幼いときに出会ったカールとエリーの思い出が詰まった大切な家。だが、妻の思い出に固執するあまり、今や家に引きこもり、自ら決めた日課や規則正しい生活を繰り返すだけの、意固地な老人になっていた。開発地区に指定された家の周囲では大規模な工事が始まり、カールも家もすっかり取り残された存在。やがてカールにも立ち退き要求が。大切な家や生活、全てを失いそうになったとき、彼は人生最初で最後の旅を決意する。その方法は、家に無数の風船をつけ、家ごと大空に飛び立つというものだった。目的地は、地球上で最も美しいといわれる南米にある伝説の滝“パラダイス・フォール”。そこは子供の頃、カールがエリーといつか一緒に行こうと誓いながら、果たせなかった約束の場所だった。さらに、この旅には思わぬ同行者がついてきた。それは、飛び立つとき偶然乗り合わせた、好奇心旺盛な近所の少年ラッセル(声:ジョーダン・ナガイ)。こうして、ラッセルを連れたカールは、空飛ぶ家で想像を超えた冒険の旅に出ることとなった……。


    

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●今回は日本語吹き替え版だったけど、
タレントとか使ってないし、完璧な吹き替えだった。
●3Dも申し分なし・・・今年は沢山3D作品を観たけど、彩色が鮮やかで、
一番観やすかったし、アドベンチャーのどきどき感も3Dならでは。
●前半の奥さんとの馴れ初めや回想部分だけで充分だった・・・
なんて宮崎駿監督のコメントを見かけたけど、
ホント無口な主人公カールと、キャサリン・キーナーみたいな奥さんの生涯は、
ほのぼのシーンで目が潤む。
●アドベンチャーシーンはパラダイスの滝の見える所まで、結構あっさり到着しちゃったね。

しかし目的地到着にはまだまだ・・・
巨大で色鮮やかな鳥(アルファ?ケヴィン?)がラッセルになついちゃうし(チョコあげたおかげで)・・

その鳥を狙って襲ってきた犬たちの一匹がカールじいさんに何故かなついちゃうし・・
しかし、その犬たちに追い詰められて連れてこられた先には飛行船が・・・
そうこの鳥こそ、カールが少年時代から英雄視してた冒険家ムンツが追い求めてた鳥だったのね。
事情を察知して逃亡するが、
途中で風船で空に浮いてる家は崖や岩にぶつかりボロボロ・・・
追っ手に追いつかれた所では燃やされそうになるし・・・で、鳥は囚われの身。
●目的を達してパラダイスの滝に到着したけど・・・それ以外は何も残ってなーーい。
ラッセル少年も助けるべく、家財道具を家からほっぽり出し、
軽くして再び空へと飛び出し、飛行船を追いかける事にするカールじいさん・・・
見事に鳥とラッセルを奪還・・・鳥は子供の待つ巣へ戻し、
ムンツは振り落としちゃったので、飛行船をゲットしてアメリカ帰り・・・
思い出の家は、そのままパラダイスの滝の上に残ってたのでした。。。
というようなお話。

★上手い・・・さすが、ディズニー・ピクサー、ホロっともできて、
ワクワク感もでてて、満足の出来。
★気になる点といえば・・・
◎旅のお供をする子供が孫とかじゃなくて、見ず知らずの子。
片親みたいだったけど、巻き込みすぎでは・・・
◎妻との約束の地に行こうと考えるところは、
小沢健二の曲の「ぼくらが旅に出る理由」のメロディがよぎって
まあいいとしても・・・
ちょっと無計画だよーーー、着いてその後どうするの????????
まっ、作り話だからいいんだけど。
◎鳥は出てきた段階で冒険家ムンツの狙ってるモノとわかったけど、
まさか、ムンツ本人が生存してて、犬の指揮を執ってるとは・・・
カールが5歳くらいの時に既にいい大人だったので、
カールじいさんが78歳ならば、
ムンツはNHK広島放送局製作の「 百歳バンザイ!」に出演できるぞっ。

◎ムンツが飼いならしてる犬たちは、バウリンガルみたいな機器を首に着けてて、
変な声で喋ったり、GPSが付いてたりして、なかなか便利。
◎今回、作品の宣伝マンに指名されたのが楽天球団前監督の野村克也氏。
サッチーは元気モリモリだけど、あの世に行ったら、
「ワシも旅に出るんじゃ」とかいって欲しいね。
その前に旅番組に、バンバン出演しちゃったりして・・・。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この作品の関連作は・・・
製作総指揮のジョン・ラセター系の作品は・・・
カーズ」と「Mr.インクレディブル」がお気に入り。
 

という事で今回は・・・
じいさん度・・・
大きなお世話ですが、この後カールじいさんは飛行船暮らし???

●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様、「絵が綺麗で3Dも映えてた」と思ったあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」


追伸
最近ひらりんもツイッターを始めました。
映画の事以外もつぶやいてるので、
ちょっと覗いてみてね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (110)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「デイブは宇宙船」 | トップ | 「ミート・ザ・ジェンキンス」 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そうなんすよね (sakurai)
2009-12-10 08:40:40
とってもいい映画で、すばらしい出来だったとは思うんですが、いくら作り話とはいえ、あまりに無理が多すぎて、その無茶ぶりについていけないとこもしばしば。
もうちょっと無理ない脚本にしてくれると、もっと入り込めたような気がします。
あのスーパー爺さんは、森の中で何十年もどうやって暮らしてたんでしょうね??
おとぎばなし (たいむ)
2009-12-11 17:13:13
こんにちは。

>この後カールじいさんは飛行船暮らし???
すっかりスーパーじいさんの何もかもを奪った感じですよね。
動力は?燃料は?なんてつっ込んではいけない物語と思いますがw
TBありがとうございます (TOSHI)
2009-12-12 22:48:53
TBありがとうございます!
まだ映画観れてないですが、
はやくほのぼのしたいです!!
私は泣きました! (vic)
2009-12-14 22:34:26
ちょうど凹んでいた所にピタッとはまったというカンジ。
もーーーーーーーー恐ろしいほど泣きました。
今も思い出して泣いてます。
困っています。

やっぱり年とると、こういう年とって最愛の人をなくして天涯孤独になるって、人ごとじゃないのかも。
本職は安心 (メビウス)
2009-12-29 18:34:38
ひらりんさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

ピクサーは毎回良質な作品ばかりですから内容はもう心配ないものの、それでも一抹の懸念をこれまた毎回抱くのがタレント声優さんの存在なんですよねぇ・・。いくら良い作品でも声を演じてる人が凄いダメダメだと作品自体もダメにしますから心配だったのですが、今回はちゃんと本職の方が担当していたので安心できた所がありました♪
ストーリーも相変わらず良かったですねぇ。冒頭でこんなにも感動させるピクサーアニメも珍しいのではないでしょうか?アカデミー賞のアニメーション部門では、またまた不動の最優秀となりそうな気がしますw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

110 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
カールじいさんの空飛ぶ家 (LOVE Cinemas 調布)
『ウォーリー』、『ボルト』のディズニーピクサーが贈るフル3DCGアニメーション。亡き妻との約束を果たすため、思い出の家に大量の風船をつけ旅立つカールじいさんと、偶然にも一緒に付いてきてしまったラッセル少年の大冒険を描く。監督は『モンスターズ・インク』...
カールじいさんの空飛ぶ家 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛する妻が死にました─ だから私は旅に出ます。』  コチラの「カールじいさんの空飛ぶ家」は、クオリティの高いアニメーション映画を世に送り出し続けているディズニー・ピクサーが記念すべき10作目にして、初めて人間を主人公にした12/5公開のハートウォーミン...
カールじいさんの空飛ぶ家 (Akira's VOICE)
喪失と再生の優しい人間ドラマ。  
カールじいさんの空飛ぶ家 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:UP。ピート・ドクター監督、声:エド・アズナー、クリストファー・プラマー 。これはどう見ても日本の風船おじさんこと鈴木嘉和氏が1992年に起こした「ファンタジー号事件」をヒントにしたとしか思えない。
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP  & 晴れ ときどき くもり (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ピクサー映画で一番好きなのは「モンスターズ・インク」{/heart_orange/} その監督、ピート・ドクターの最新作!ということでかなり期待してました! いよい...
『カールじいさんの空飛ぶ家』夢の映像化はリアリズムから (新・よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
こちらのブログへお引っ越しして初めての新作鑑賞です。で、今回は鑑賞『前』と『後』の二本の記事に分けてお届けしますね。
『カールじいさんの空飛ぶ家』鑑賞後ver./実はすごく意味深 (新・よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
邦題はいかにもお子様ファミリー向けっぽいですが、原題と中身を考え合わせるとかなり深いものがあります。読めば読むほど、娯楽作とはほど遠いテーマ。
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (みんなシネマいいのに!)
 我が家に大量の風船をつけて旅立つ老人! 目指すは亡き妻との約束の場所だ! 予告
カールじいさんの空飛ぶ家(3D日本語吹替版) (映画通信みるみる)
「パラダイスの滝よ。伝説の場所って言われてるんだ…… あなたが飛行船で連れてって。ぜったい約束ね。」 解説:『モンスターズ・イン...
カールじいさんの空飛ぶ家 東京厚生年金会館 2009.11.26 (◆JOY◆ 〜つれづれ日記〜)
試写会で観てきました あらすじ:78歳のカールは、一人暮らしの孤独な老人。彼には、「いつか叶えよう」と亡き妻と誓ったまま、諦めかけていた夢があった。それは、二人で冒険の旅に出ること。妻の思い出でいっぱいの家から引き離されそうになった時、...
映画レビュー「カールじいさんの空飛ぶ家」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
カールじいさんの空飛ぶ家 (竹書房文庫)◆プチレビュー◆ディズニー/ピクサー初の3D作品。計算されつくした映像と完璧な物語に圧倒される秀作アニメ。 【80点】 主人公・カールじいさんは、決してヒーローではない。だが、彼が繰り広げる冒険物語は、驚くほどの感動...
『カールじいさんの空飛ぶ家』・・・“冒険はそこにある!” (SOARのパストラーレ♪)
不機嫌そうなしかめ面の老人とどこか抜けてるマイペースな少年。およそアクション・アドベンチャーのヒーローにはほど遠いこのコンビが、大空でそして伝説の地で繰り広げる大冒険。ピクサー10作目は擬人化した昆虫でも魚でもおもちゃでもクルマでもなく、“人間”二人をど...
『カールじいさんの空飛ぶ家』 (Up in Disney Digital 3D) (Mooovingな日々)
妻を亡くし、一人暮らしの78歳の老人カール・フレデリクセンはある日ついに彼の生涯の夢を成し遂げた。それは思い出が詰まった我が家に、何千もの風船をくくりつけて、南アメリカの荒野に向けて大空を旅するというものだった。しかし彼はそこで最大の悪夢を見つける。楽...
映画「カールじいさんの空飛ぶ家」@TOHOシネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 客入りは1〜2列目以外満席。お子さんを含む女性客が多い。川崎観客は相変わらず上映中に袋菓子をガシャガシャと大きな音を立てて食べるのでうるさい。   カールじいさんの空飛ぶ家 映画の話 いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻...
No477『カールじいさんの空飛ぶ家』〜じいさんの変わりぶりにほろり〜 (パラパラ映画手帖)
若冲からアニメということで、 早速、この冬一番のアニメ映画のご紹介。 原題は『UP』 冒頭数分はまるで無声映画、というか実際、無声映画です。 セリフもなく、音楽と映像だけで、 じいさんと妻エリーとがこの家と出会い、 どんなふうに暮らしてきたか、 その半生が描か...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D (そーれりぽーと)
ディズニー・ピクサー最新作で、ピクサーとしては初のDisney Digital 3-D作品『カールじいさんの空飛ぶ家 3D』字幕版を観てきました。 ★★★★ こないだの『ボルト』は同じディズニー3DCG映画でジョン・ラセターが携わってても非ピクサー作品。 今回はピクサー純正、本...
カールじいさんの空飛ぶ家 (だらだら無気力ブログ)
多くの傑作を生みだしてきたディズニー・ピクサーが頑固な老人がある出来事 から冒険にでる姿を描いたアドベンチャーアニメーション。『ウォーリー』や 『モンスターズ・インク』等の多くの原案者であるピート・ドクターが監督を 努める。周りが開発ラッシュでビルが建...
カールじいさんの空飛ぶ家 (セガール気分で逢いましょう)
今年もディズニー/ピクサーの最新作がやってくる。頑固じいさん孫三人、じゃなかった、『カールじいさんの空飛ぶ家』の冒頭10分間に、滂沱の涙が流れた理由―。
カールじいさんの空飛ぶ家 (銅版画制作の日々)
 原題:UP 愛する妻が死にました──だから私は旅に出ます。 原題はUPというシンプルなタイトル。公開初日に鑑賞しました。フリ―パスポートも後10日を切りました。さて残すところどれだけ観れるか・・・?ところで、クリスマスキャロルは3Dの場合、吹き替えしかな...
カールじいさんの空飛ぶ家と少年朝青龍関。 (inuneko)
吹き替え、3D版。 さすがのピクサー、一分の隙もありません。 中身に何の文句もありません。 ただロビーで3D版ならではの悲劇を見かけました。 頭が大きくて3Dメガネが入らないとモギリの女の子にすごい文句いうてる人がいて、どんな頭やねんと思ったら、大学柔道部無差...
UP(アップ)(DisneyDigital3D)(2009) (犬連れ国際結婚)
PIXAR(ピクサー)が制作しDISNEY(ディズニー)が配給したコンピューター・アニメーション・アドヴェンチャー映画『UP』(アップ)は、2009年のカンヌ映画祭で、初のアニメーション映画としてプレミアを飾った。プレビューを映画館で観てから、私達は、子供みたいに....
[映画』『カールじいさんの空飛ぶ家・3D』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆夜、皆で観る約束になっていたのだが、他の作品を観ようと行った<MOVIX昭島>で、つい、この作品のチケットを買ってしまった。  『レミーのおいしいレストラン』以降(『WALL・E/ウォーリー』含む)、その完成度は認めるも、いまいち、心にグッとこなくなってし...
カールじいさんの空飛ぶ家 (5125年映画の旅)
冒険家に憧れていたカール少年はある時、同じ夢を持つ少女エリーと出会い、後に結婚した。幸せは数十年続いたが、エリーはカールを残して先に旅立ってしまう。孤独に打ちひしがれるカールじいさんは、エリーとの約束を果たすために南米にあるパラダイスの滝を目指して...
劇場鑑賞「カールじいさんの空飛ぶ家」 (日々“是”精進!)
カールじいさんの空飛ぶ家「カールじいさんの空飛ぶ家」を鑑賞してきました3D吹き替え版を。WMCでは3D作品が+300円で観られるようになりました〜!「ウォーリー」のディズニー・ピクサーが贈る感動のアドベンチャー・アニメーション。偏屈で孤独なガンコ老人が...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D 吹替え版 (映画道)
冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。 幼い日の思い出がつまった廃屋を買い取り居心地のいい我が家に改築する。 喜びも悲しみも分かち合い、つつましく生きてきた2人にも、やがて悲しい別れが訪れる。 ひとり残され偏屈な老人...
「カールじいさんの空飛ぶ家」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
まだ公開が12月と先なので、ネタバレは無しで・・・。 一番私が良かったのは最初の15分間位の回想シーンでした。
カールじいさんの空飛ぶ家 (迷宮映画館)
カールじいさんの引っ張る家だったような・・・。
【カールじいさんの空飛ぶ家 3D】 (日々のつぶやき)
愛する妻が死にました―  だから私は旅に出ます。 甥っ子初の3Dに連れていってきましたー ストーリーは勿論、3Dの立体感に甥っ子ったら始終ワクワク興奮しっぱなしでしたー♪ 私は・・ 冒頭やられてしまいました! カールとエリーが出会った恋に落ちて、哀し
カールじいさんの空飛ぶ家 (マー坊君の映画ぶろぐ)
「カールじいさんの空飛ぶ家」監督:ピート・ドクター(『ウォーリー』『モンスターズ・インク』)声の出演:エド・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー配給:ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン概....
カールじいさんの空飛ぶ家 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
最近お気に入りの3Dで鑑賞(吹き替えです)―【story】最愛の妻を亡くしたカールは、数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。偶然居合わせた8才の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出発するが―     監督 : ピート・ドクター 『モンスターズ・イン...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D字幕版/エドワード・アズナー (カノンな日々)
日本の3D映画元年とも言われる2009年。年末には大本命とも言える実写モノの『アバター』が控えてますが3Dアニメーションではトリを飾るのはこの作品ですね(まだ他にあったっけ?)。『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・...
カールじいさんの空飛ぶ家 (とりあえず、コメントです)
ディズニー&ピクサーの最新アニメです。 長年連れ添った妻を亡くして家に引き篭もっていたカールじいさんと 父親の愛情を求めている少年ラッセルの冒険は ディズニー&ピクサーらしくとっても楽しい物語でした(^^)
カールじいさんの空飛ぶ家3D日本語吹き替え版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
長年連れ添った妻を亡くして孤独になり、思い出がいっぱい詰まった家が再開発で立ち退きを求められたとき、老人が奇想天外な方法で旅に出る物語だ。カールじいさんは愛する妻がいる間は幸福だったけど、一人きりになって世間の人を寄せ付けなくなる。孤独に凝り固まった老...
『カールじいさんの空飛ぶ家』(3D・字幕版) (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【Up】 2009年/ディズニー/103分 【オフィシャルサイト】 監督:ピート・ドクター 出演:エド・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー、チャールズ・ムンツ、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフト、エリー・ドクター...
カールじいさんの空飛ぶ家 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:UP公開:2009/12/05製作国:アメリカ上映時間:103分監督:ピート・ドクター声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマーStory:いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡く...
カールじいさんの空飛ぶ家 (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
カールじいさんの空飛ぶ家’09:米 ◆原題:UP◆監督: ピート・ドクター「モンスターズ・インク」 ◆STORY◆冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。幼い日の思い出がつまった廃屋を買い取り居心地のいい我が家に改築する。喜...
冒険しようよ〜『カールじいさんの空飛ぶ家』【3D・吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 UP  幼い頃から「冒険家精神」を共有してきた妻エリーを亡くし、ひとりぼっちに なったカール。彼は亡き妻との夢を叶えるべく、自...
『カールじいさんの空飛ぶ家』 ('09初鑑賞179・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 12月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:40の回を鑑賞。 日本語吹き替え版、2Dでの鑑賞です。
『カールじいさんの空飛ぶ家』 (めでぃあみっくす)
スタジオジブリの後継者はここにいる。この映画を見るとジブリの鈴木敏夫プロデューサーがそう感想を述べた気持ちが凄くよく分かります。ジブリ的な展開とキャラクターに、ピクサーならではの言葉要らずの演出が加わった、まさに「大人のための映画」です。特に独身者より...
カールじいさんの空飛ぶ家<字幕> (りらの感想日記♪)
【カールじいさんの空飛ぶ家<字幕>】 ★★★★☆  映画(36)ストーリー 古いけれど手入れの行き届いた一軒家に暮らす老人カール・フレドリク
カールじいさんの空飛ぶ家 【幸福も 心も愛も 形無き】 (猫の毛玉 映画館)
『カールじいさんの空飛ぶ家』 UP 2009年・アメリカ ディズニー×ピクサーのお爺ちゃんアドベンチャー・アニメ。 2Dの字幕版を鑑賞。  予...
カールじいさんの空飛ぶ家・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ピクサー・アニメーションスタジオの、記念すべき長編10作品目は、「モンスターズ・インク」のピート・ドクターによる8年ぶりの監督作「カー...
【映画評】<!-- かーるじいさんのそらとぶいえ -->カールじいさんの空飛ぶ家 (未完の映画評)
愛する妻に先立たれたカールじいさんが、風船で家ごと空に飛び出していく、ハートウォーミングな冒険活劇。
カールじいさんの空飛ぶ家【2009アメリカ】 (ピョンスケさんの徒然blog)
原題:UP(2009年アメリカ)監督:ピート・ドクター声の出演:エドワード・アズ
「カールじいさんの空飛ぶ家」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「カールじいさんの空飛ぶ家」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *Disney、PIXAR *キャラクター(声優):カール・フレドリクセン(エドワード・アズナー/飯塚昭三)、ラッセル(ジョーダン・ナガイ)、チャールズ・F・マンツ(クリストファー・プラ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★[4/5] 字幕版の3Dを初体験!
「カールじいさんの空飛ぶ家」みた。 (たいむのひとりごと)
3Dに限らず、2Dでも字幕上映が無いのは何故?ガックリだ[E:despair] ・・となればいずれも吹替版なのだし、気を取り直して3Dにしようかと迷ったが、上映時刻の関係から2Dで鑑賞。それでも、映像
「カールじいさんの空飛ぶ家」:西日暮里五丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ビルメンテナンス・・・カールじいさんの家もメンテナンスしてくれないかな。 {/hiyo_en2/}冒険の旅でボロボロになっちゃったもんね。 {/kaeru_en4/}いまはなき愛妻の夢をかなえようと、自宅に風船をいっぱいつけて南米の滝をめざすじいさんのア二メーショ...
【映画】カールじいさんの空飛ぶ家 (しづのをだまき)
2009年 米 監督・脚本・原案 ピート・ドクター/ボブ・ピーターソン 鑑賞@松江SATY東宝 妻に先立たれた78歳老人が、頑固に家に留まるも、開発が進み追い出されそうになり、子供の頃、妻と共に抱いた夢を思い出して、南米に向かって家ごと旅立つ。「素晴しい風船旅行...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 3Dを見据えたピクサーの取り組み (はらやんの映画徒然草)
先日、3Dアニメーション映画「Disney's クリスマス・キャロル」を観たとき
カールじいさんの空飛ぶ家 (原題:UP) (yanajunのイラスト・まんが道)
『カールじいさんの空飛ぶ家』は、『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務めた3Dアニメ映画です。ピクサー初であるディズニーデジタル3D版を鑑賞しました。 ●導入部のあらすじと感想
カールじいさんの空飛ぶ家☆独り言 (黒猫のうたた寝)
PIXARの新作は主役がおじいさん。んーーーっと、どうなんだろうって思ってましたが冒頭10分くらいの、カールがエリーと出会ってからの現在までの追憶映像が、すごくいい。出会い、成人し、結婚して、叶わない夢があって、でも愛する人といつまでも一緒に楽しく暮らせたら...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (首都クロム)
 宮崎監督の皮肉なコメントが腑に落ちた作品でした。あの追憶の場面は本当に素晴らしく感動的で、ピクサーが過去に作った短編作品(発想が素敵で、思わず見入ってしまう!)の流れを汲むものだったと思います。それだけに、後半のアドベンチャーを語りたいがための追憶、...
カールじいさんの空飛ぶ家 (Memoirs_of_dai)
どうにかほしい本作のバウリンガル 【Story】 いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡くなってしまい、...
映画鑑賞記「カールじいさんの空飛ぶ家」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:09.12.11 鑑賞場所:シネマイクスピアリ いくつになっても、旅に出る理由はある。 <ストーリー> (Cinemacafeより一部引用)  最愛の妻に先立たれ一人暮らしとなった孤独な老人・カールじいさんはある日、“驚くべき方法”で冒険の旅に出発する...
カールじいさんの空飛ぶ家 (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★★ 爺の帰還 妻が死んでから家に閉じこもって、心も閉ざしてしまったじいさん。 過去の出来事や思い出に囚われて、ただの偏...
カールじいさんの空飛ぶ家 (Diarydiary! )
《カールじいさんの空飛ぶ家》 2009年 アメリカ映画 − 原題 − UP 愛す
カールじいさんの空飛ぶ家  (You got a movie)
監督    ピート・ドクター 製作総指揮 ジョン・ラセター        アンドリュー・スタントン   ディズニー&ピクサースタジオでは初めての3Dデジタルアニメ。とてもカラフルな映像で見ていて楽しく、笑えるところ、泣けるところがふんだんな冒険もの。主人...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (古今東西座)
泣けそうな映画だよなぁと予測していたので、いかにも観客の少なそうな日曜日の最終回というタイミングを狙って劇場へ。「これなら映画が終わってメソメソしていても、あまり他人から見られなくて済むので恥ずかしくないかも」という目論見は外れ、3Dメガネを受け取って...
UP カールじいさんの空飛ぶ家 予想をはるか越え奇想天外、かつハートウオーミング、とは 凄くないか (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
ゴテゴテした日本語タイトルとは裏腹に、アメリカの原題タイトルは極めてシンプル。 そのロゴの映画上の登場も、過去になくさりげなく短く表示。 さて、その中身は?! 全く予想してなかったことだが、 家が空を飛ぶだけではすまされない、かなり奇想天外!な展開に驚嘆...
字幕版を観るべし!『カールじいさんの空飛ぶ家』 (水曜日のシネマ日記)
妻に先立たれた老人が子供の頃からの憧れの地へ旅をする物語です。
カールじいさんの空飛ぶ家 (シネマDVD・映画情報館)
モンスターズ・インクのピート・ドクターとファインディング・ニモの脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務める3Dアニメ。冒険家への夢をあきらめ切れずにいる78歳の老人に、驚きの出来事が巻き起こる冒険ロード・ムービー。カールじいさんの声をアパッチ砦・ブロンク...
カールじいさんの空飛ぶ家 (Blossom)
カールじいさんの空飛ぶ家 UP 監督 ピート・ドクター アメリカ 2009
『カールじいさんの空飛ぶ家』:宮崎ばあさん、ピクサーじいさんの心意気 @3Dシネコン (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
しばらくぶりの劇場鑑賞。満を持しての3D体験。 原題「UP!」と同様、気持ちは上昇気分でした。
カールじいさんの空飛ぶ家/Up (いい加減社長の映画日記)
これも1週間遅れのレビュー記事。ピクサーの新作アニメということで、期待して「カールじいさんの空飛ぶ家」を鑑賞。「UCとしまえん」は、少なめかなぁ。「カールじいさんの空飛ぶ家」は、大きめのスクリーンで、4割程度か。【ストーリー】冒険好きな少年と少女だった...
映画 ■■カールじいさんの空飛ぶ家■■ (Playing the Piano is ME.)
見る前からヤバイな、と思っていたけど もう、涙腺決壊。 泣いた泣いた。 体中の水分が全部涙になったと思うくらい泣きました。
「カールじいさんの空飛ぶ家」3D吹替版☆鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
大人が観るべき映画。親の離婚で居場所を失った子供。子供は納得出来ずに元の家に行ってみると、子供の部屋だった場所は新しい奥さんの連れ子に占領されていた。父親は新しい奥さんにベタ惚れだ。邪険に子供は追い払われた(というのは実話だが、同じような境遇の子供が出...
カールじいさんの空飛ぶ家 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
ディズニー&ピクサーの冒険アニメです。原題は『UP』。邦題はそのまんまですが、わかりやすい。鑑賞したのは2D字幕版です。109シネマズのポイントで、エグゼクティブシートで観ました。冒険家チャールズ・マンツに憧れるカールとエリーは1軒のあばら家で出会い、結....
TAKE 100 「カールじいさんの空飛ぶ家」(3D) (映画回顧録〜揺さぶられる心〜)
いや〜気がつけばとうとう100回目の投稿です。 ブログ開設から約3年半が経ちました。 あっという間というか、もう3年半か〜というか。 記念すべき第100回目は「カールじいさんの空飛ぶ家」(3D)です。 この作品はピクサー初のDisney Digital 3-D版...
カールじいさんの空飛ぶ家 (日々緩々。)
『カールじいさんの空飛ぶ家』観て来ました〜 あらすじ(allcinemaより)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -...
♯55 「カールじいさんの空飛ぶ家」 (cocowacoco)
映画アニメ 「カールじいさんの空飛ぶ家」 UP (日本語吹替版)を観ました          ピート・ドクター監督 (Pixarアニメ) 2009年 アメリカ 面白かったのですが、ちょっと期待しすぎたかな〜。 それと映画を観るそのときの精神状態で、自分は楽しむ度...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 Up  (俺の明日はどっちだ)
冒険はそこにある 妻に先立たれた偏屈で孤独なガンコ老人が、亡き妻との約束を果たすべく2人の思い出が詰まった我が家に大量の風船をつけ、たまたま居合わせた少年とともに冒険に繰り出す姿を描いたご存知ピクサーの最新作。 オープニングの冒頭10分で描かれるフレド...
『カールじいさんの空飛ぶ家(字幕版)』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「カールじいさんの空飛ぶ家」□監督 ピート・ドクター □脚本 ボブ・ピーターソン □キャスト(声) エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフト...
「カールじいさんの空飛ぶ家」飛びます!飛びます!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[カールじいさんの空飛ぶ家] ブログ村キーワード  ピクサー・アニメの最新作。「カールじいさんの空飛ぶ家」(ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン)。ロボットとか車、それにネズミが主役なんてのも、過去のピクサー作品にはご...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:UP)冒頭の十数分間で“勝負あった”という感じだ。主人公のカールじいさん(声:エドワード・アズナー)が幼い頃に後に妻となる女の子と知り合い、長じて一緒になり、子供は出来なかったけどそれなりに幸福な生活を送り、やがて病気で彼女を亡くすまでが簡潔...
カールじいさんの空飛ぶ家 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:UP) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) ピクサー映画の10作目にして、初の3Dアニメーション。 偏屈で孤独なガンコ老人が亡き妻との約束を果たすべく、我が家に大量の風船をつけて大冒険に出発するアドベンチャー映画。 1930年代。伝説的な冒険家チ...
映画「カールじいさんの空飛ぶ家」  (Andre's Review)
up アメリカ 2009 09年12月公開 劇場鑑賞 このところ忙しく、鑑賞から10日以上経過してしまいましたが、ようやく感想を書けました。 ピクサーの新作、ディズニーファンとしては見逃せません☆ 個人的には吹替え版には抵抗ありまくりなため、3D字幕版を観ようかな...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D (映画君の毎日)
<<ストーリー>>いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡くなってしまい、夢をかなえるには年を取り過ぎている。しかし、何と数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。カールは8歳の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出...
カールじいさんの空飛ぶ家 (映画情報良いとこ撮り!)
カールじいさんの空飛ぶ家 妻に先立たれた78歳にカールじいさん。 そこで冒険に出ることを思い出す。 そんな中とある少年が、カールを尋ねてきた。 そしてその少年とともにカールじいさんは、家ごと風船でたびだった。 目的のものを見つけることが出来るのだろ...
「カールじいさんの空飛ぶ家」キネカ大森にて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
12月末まで有効の東京テアトル鑑賞券を2枚持ってるんだけど、せっかく昼間の試写会で新橋まで出てきたから、ちょっと足をのばしてキネカ大森で一気に2本観ることにしました初めて入る映画館だけど、駅からほど近いし、小さいながらも3劇場あるので、ちょっとしたシネ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (映画大好き!)
ディズニー・PIXAR映画、カールじいさんの空飛ぶ家(3D)を見てきました。モン
『カールじいさんの空飛ぶ家』 (みゆみゆの徒然日記)
 予告だけで泣けてくる・・・と気になっていた作品です。3Dか通常2Dかで迷いましたが、通常版(吹替しかなかったので吹替)で鑑賞しました。9日に鑑賞。 【あらすじ】カールじいさんの空飛ぶ家 - goo 映画より引用。 冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語...
カールじいさんの空飛ぶ家 (ルナのシネマ缶)
ピクサー作品は、幸せな気持ちにさせてくれるから大好きです。 ホントは、3Dで観ようと思ったのですが、吹替しかやっていなかったので、 2Dで鑑賞しましたが、充分に美しい映像でした。 いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。 最愛の妻は亡...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (It's a wonderful cinema)
 2009年/アメリカ  監督/ピーター・ドクター  ピクサー最新作。ちなみに原題は「UP」。そのまんまだけど、なんともシンプルな・・・。  最愛の妻エリーを亡くし、意固地な老人になってしまったカールじいさんは、エリーとの想い出が詰まった家を手放さなけ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (C note)
毎回良質なCGアニメーションを届けてくれるピクサーの新作。 最近、元気なお年寄り
カールじいさんの空飛ぶ家 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
君との約束を守るため僕は今から旅に出る__この冬、ディズニー/ピクサーが贈る最新作は、風船のついた家で空へ飛び立ったガンコじいさんの物語。 ラブストーリー、アドベンチャー、アクション、ヒューマンドラマ、すべての要素がここに詰まっています。 物語:幼...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D / 77点 / UP (ゆるーく映画好きなんす!)
前半はむちゃくちゃ素晴らしいんやけど、後半はほとんど記憶に残らない・・・ 『 カールじいさんの空飛ぶ家 3D 吹替え版 / 77点 / UP 3D 』 2009年 アメリカ 103分 監督 : ピート・ドクター 脚本 : ボブ・ピーターソン、トーマス・マッカーシ 【
やっと明日公開 UP カールじいさんの空飛ぶ家 予想外のぶっ飛び加速に感じる、また一皮むけたピクサー (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
今年のナンバー.1映画の本命「グラントリノ」以来、「まいりました」となった「UP カールじいさんの空飛ぶ家 」。 <どうみても、今後思いつくままに、ファンタジックな「あのシーン」「このシーン」を <繰り返し観ることになるだろう。。。。 その通りで、あれから何...
カールじいさんの空飛ぶ家 (映画的・絵画的・音楽的)
 アニメ「カールじいさんの空飛ぶ家」をTOHO日劇で見てきました。  少し前に同じデズニー映画の「クリスマス・キャロル」を見たばかりですが、その時は「パフォーマンス・キャプチャー」の方に目が行ってしまいがちだったので、もっと純粋のアニメで3Dを見たらどうだろ...
映画<カールじいさんの空飛ぶ家> (美味−BIMI−)
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの...
『カールじいさんの空飛ぶ家』 (ラムの大通り)
「いやあ、やはり映画は観てみないと分からないね」 ----えっ。どういうこと? この映画、気に入らなかったの? 「いや、そうじゃなくて、思っていたのと、少し、いやかなりかな、 自分の受けた印象が違ったってこと」 ----そうニャの? これって、おばあさんを先に亡くし...
映画『カールじいさんの空飛ぶ家<デジタル3D/日本語吹替版>』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、ピート=ドクター、ボブ=ピーターソン。脚本、ボブ=ピーターソン、ロニー=デ
『カールじいさんの空飛ぶ家 (3D版) 』 (2009) (よーじっくのここちいい空間)
去年の今頃はWALL・E/ウォーリーを観た時期。つい、そのレベルの作品を期待してしまいます。予告編もかなり印象が良かったし、心に残る作品なんじゃないかと、想像していました。冒頭の追想シーンは、 あの加藤久仁生監督の『つみきのいえ』を髣髴とさせる
カールじいさんの空飛ぶ家(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ピート・ドクター 【声の出演】エドワード・アズナー/ジョーダン・ナガイ/ボブ・ピーターソン/ジョン・ラッツェンバーガー/エリー...
カールじいさんの空飛ぶ家3D★★★★+劇場3本目:小ネタがいっ... (kaoritalyたる所以)
レビューを半分書いたところでPCフリーズ!また書き直しです^^;どうやら、ネットにも接続が・・出来ません。もう一度接続をし直して、一旦切って、また接続して何とか復活したようなので、改めて・・。同じ事は書けないので、気分を変えて書きますね。解説等はいつも...
カールじいさんの空飛ぶ家(’09) (Something Impressive(KYOKO?))
一昨年末見た「WALL・E/ウォーリー」に続くピクサー作品、今回3D字幕版で見ました。監督は「WALL・E・・」脚本担当だったピート・ドクター、共同監督が犬のダグ・アルファ役声優もしたボブ・ピーターソン、主人公カール、共に旅するラッセル少年の声優はエド・アズナー、...
『カールじいさんの空飛ぶ家(字幕版)』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「カールじいさんの空飛ぶ家」□監督 ピート・ドクター □脚本 ボブ・ピーターソン □キャスト(声) エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフ...
見逃さなくて良かった 「カールじいさんの空飛ぶ家」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ−映画編−)
妻を亡くしたカールじいさんは、思い出の詰まった家に大量の風船をつけ、妻と夢見た地へ向かって飛び立つが…… 監督:ピート・ドクター  
カールじいさんの空飛ぶ家 (2ちゃんねる映画ブログ)
【ピクサー】カールじいさんの空飛ぶ家【UP】 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1239669035/ 1 :名無シネマ@上映中:2009/04/14(火) 09:30:35 ID:PHNMrLyI ディズニー デジタル 3-DTM版同時公開
【映画】カールじいさんの空飛ぶ家…2010年映画観賞記録やっと始動! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日の北部九州地方は晴天です{/kaeru_fine/} 晴天過ぎてどっかに遊びに行きたい気持ちなのですが、嫁さんがお仕事ですし、近場にそんなに都合に良いプレイスポットもありません。もう夕方だしね{/face_ase2/}…せっかく買ったカメラ{/m_0068/}の撮影にも行きたいんですけ...
『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
愛する妻が死にました――  だから私は旅に出ます。 というコピーから想像していたのとは全然違う作品でした。 序盤は確かにその雰囲気通り。 冒険家のチャールズ・マンツに憧れるカール少年は、ある日空き家で冒険好きの女の子エリーと出会って意気投合。そして...
カールじいさんの空飛ぶ家 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:カールじいさんの空飛ぶ家 制作:2009年・アメリカ 監督: ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン 出演:エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョン・ラッツェンバーガー、ジョーダン・ナガイほか あらすじ:冒険に憧れる少年カール...
カールじいさんの空飛ぶ家  UP (映画の話でコーヒーブレイク)
休み明け、旅行後、間があくと文章を書く気力が萎えてしまう私です{/dogeza/} あれやこれや書きかけであと少し手を加えればアップできるのに・・・チンタラ{/hiyo_shock1/} おしゃべりは好きだけれど、元々筆不精なんです。 そんな気持ちを上げようと、「カールじいさん...
カールじいさんの空飛ぶ家 (こんな映画見ました〜)
『カールじいさんの空飛ぶ家』 ---UP--- 2009年(アメリカ) 監督:ピート・ドクター 声の出演: エドワード・アズナー カール・フレドリクセン ジョーダン・ナガイ ラッセル ボブ・ピーターソン ダグ/アルファ クリストファー・プラマー チャールズ・マンツ ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (mama)
UP 2009年:アメリカ 監督:ピート・ドクター 声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー、デルロイ・リンドー カール・フレドリクセンは78歳。風船売りの仕事も引退し、亡き妻エリーとの思い出が詰まっ...
映画評「カールじいさんの空飛ぶ家」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督ピート・ドクター ネタバレあり
カールじいさんの空飛ぶ家 (RISING STEEL)
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP 愛妻エリーに先立たれて以来、すっかり頑固者になってしまった老人カール。 しつこい立ち退き勧告に痺れを切らした彼は家に無数の風船をくくりつけて大空に飛びたって...
カールじいさんの空飛ぶ家 (のほほん便り)
私、大いに勘違いしてました。タイトルと、パッと見のイメージから、クライマックスに家に風船つけて、ふわふわ飛び上がる、きわめてメルヘンチックな、のんびり話だと思ってたら、さにあらず 最初から「想い出つまった家を連れて旅に出る」思いっきり冒険活劇なオハナ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (銀幕大帝α)
UP/09年/米/96分/アドベンチャー・コメディ/劇場公開 監督:ピート・ドクター 共同監督:ボブ・ピーターソン 製作総指揮:ジョン・ラセター 原案:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン、トーマス・マッカーシー 脚本:ボブ・ピーターソン、ピート・ドクター ....
「カールじいさんの空飛ぶ家」(2009年、アメ... (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「カールじいさんの空飛ぶ家」(原題:Up)は、2009年公開のピクサー・アニメーション・スタジオが製作したアメリカのアニメ映画です。勇敢な冒険家チャールズ・マンツに憧れる少年カ...