髭を剃るとT字カミソリに詰まる 「髭人ブログ」

「口の周りに毛が生える」という呪いを受けたオッサンがファミコンレビューやら小説やら好きな事をほざくしょ―――もないブログ

「ヨッシーのクッキー」 レビュー (ファミコン)

2012-08-31 18:10:03 | ファミコンレビュー
任天堂のパズルゲーム
1992年11月21日発売

点数は70点

良い点
・簡単操作で奥深い

悪い点
・とくになし


良い点の解説
・簡単操作で奥深い
落ちものパズルと言えば落ちものパズルか・・・
「ヨッシーのたまご」同様にに落ちてくる物を操作することはできない。
画面は立方体で7×7である。
上と右からクッキーが降って来て端まで届いたらおしまい。
カーソルが出るのでAボタンを押しながら十字キーを押すと押したキーがずれる。
例として2段目を真ん中を右移動

□○△   □○△
123 → 312
○△□   ○△□

端のクッキーは反対側の端に来るという寸法だ。
これで縦横とクッキーを並べ変え消していくというわけだ。
消せる数は現在たまっている数で行か列の個数だ。
上の例であれば「3つ」同じのを揃えないと消せない。



当時はパズルゲームブームという所かなぁ?
自分はここ最近、買ったから対戦で熱くなるなんて事がなかった。
一人チクチクとやっていくより自分は対戦で盛り上がったほうが好きなんだよな。
後にスーパーファミコン版が出ている。
グラフィックや音楽が強化されているようだが出す必要あるのかな?
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ヨッシーのたまご」 レビュー ... | トップ | once in a blue moon »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL