luster lake(ラスターレイク)のファンブログ

luster lake(ラスターレイク)のファンブログ

音楽アーティストといって真っ先に思い浮かべるのは

2017-09-05 | 日記
音楽アーティスト、という言葉で真っ先に連想するのは、私の場合はアンドレス・セゴヴィア(Andres Segovia, 1893〜1987年)です。彼はクラシック・ギターにおいて現代的奏法を確立させた人であり、生前も十分な評価があったし、没後も更なる名声を得ていると言って良いでしょう。

彼は常にギター奏者としての自分自身を高めるために、技巧・音楽性・レパートリーの拡充・楽器の質向上に努めてきた人でした。今もって彼の高みを見るギター奏者は存在しない、としても過言ではないでしょう。一番の功績は、田舎の大衆楽器に過ぎなかったギターを、ピアノやヴァイオリンにひけを取らない、コンサート楽器に仕立て上げたことです。同世代の作曲家がギターに注目し始め、セゴヴィア自身に献呈した作品を多数残しています。また教育者としても優秀で、世界中に優れたギター奏者を多数輩出しています。

私は専門家が高く評価する個人に注目したい、と思っています。つまりプロが超一流と認める存在を重視するということです。その意味では、今日のギター奏者がこぞって尊敬するギター奏者にセゴヴィアの名を挙げるというのは重要です。音楽アーティストとしては至高の存在です。

ギターという楽器は、構造上は非常に簡素な楽器です。しかしその音の変化の幅はおそらく楽器の中でも最も大きいと言えるのではないでしょうか。現代音楽の黛敏郎は、パリでセゴヴィアの演奏に接した時、ギターの音があのように千変万化するなどとは考えてもいなかった、という意味のコメントを残しています。また同じくセゴヴィアの演奏に接したストラヴィンスキーは、(あの豊かな音は)どこから聴こえてくるのだろう、という感想を漏らしたとされています。

セゴヴィアはこの千変万化する音を自由自在に操り、彼の演奏におけるアイディアを活かし、また選曲の絶妙さと類い稀な音楽性を発揮した優れた演奏を多数残しています。CDの時代になって体系的に編集がなされたアルバムも発表されていますが、残念ながらとぎれとぎれになったりしていて最良の作品がいつでも入手できるという訳ではありません。レコード会社にはこの偉大な芸術を次代に残す責務を果たしてもらいたいと切に期待します。

この記事をはてなブックマークに追加

日本国内音楽アーティストによるCD売上ランキング

2017-08-31 | 日記
過去、日本の音楽アーティストで最も多くのCDを売り上げたのはB'zで、これまでにシングルとアルバムを合わせて累計約8200万枚以上を売り上げています。

B'zは1988年にデビューして以来、数多くのヒット曲を輩出、1993年発売のシングル「愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない」は200万枚上の大ヒットとなったほか、1998年発売のアルバム「B'z The Best ""Pleasure""」は500万枚以上を売り上げるなど、CD全盛期にあった音楽アーティストの中でも、常に上位を維持してきました。

CD売上ランキングの2位はMr.Childrenで、約5900万枚です。1992のデビュー当初はさほど話題になっていませんでしたが、ドラマの主題歌やCMソングとのタイアップにより急激に知名度が向上、1994年発売のシングル「Tomorrow never knows」が約280万枚を売り上げたほか、同年発売のアルバム「Atomic Heart」は約340万枚の大ヒットを記録しました。

3位は、約5200万枚を売り上げている浜崎あゆみです。キッズモデルから女優やアイドルとして芸能活動に携わった後、1998年に歌手デビュー、ファーストアルバムの「A Song for xx」がいきなり約150万枚を売り上げる大ヒットとなり、2001年発売のアルバム「A BEST」は彼女自身キャリアハイとなる約429万枚を記録しています。

2001年から2003年までは、「Dearest」「Voyage」「No way to say」の3曲で3年連続日本レコード大賞を受賞するなど金字塔を打ち立て、一世を風靡しました。

4位はサザンオールスターズで、累計約4800万枚となっています。2000年に発売した「TSUNAMI」は約300万枚を売り上げ、「およげたいやきくん」や「女のみち」に次ぐ邦楽史上でもシングル第3位にランクインしています。

5位はAKB48の約4500万枚で、2013年発売のシングル「さよならクロール」が約196万枚を売り上げました。

このほか、DREAMS COME TRUEが6位、アルバム「First Love」で約765万枚の大ヒットを記録した宇多田ヒカルが11位となっています。

この記事をはてなブックマークに追加

音楽アーティストのBOOWYについて

2017-08-27 | 日記
音楽アーティストのBOOWYは日本を代表するロックバンドで、解散して30年になる今でも大きな影響を与えています。

人気絶頂となる、1987年のクリスマスイブに行われたライブで解散宣言をしました。

特に最後のライブになったLASTGIGSでは、チケットを購入するための電話がパンクする事態も起こり、社会現象となりました。

当時はあまりテレビなどのメディアには出ないことで有名で、BOOWYを見るためにはライブに行くしかありませんでした。

特にボーカルの氷室京介やギターの布袋寅泰はカリスマ的な人気を得ており、女性からだけではなく、男性からも支持を得ています。

BOOWYを結成したきっかけは、上京してプロデビューをしていた氷室京介が上手くいかず、地元の群馬に帰ろうとしたときに見ていたRCサクセションのライブを見て、改めてバンドを組もうと布袋寅泰に電話をしたことです。

群馬時代には、コンテストなどでライバル関係にある存在でした。

布袋は不良で有名な氷室に殴られると思っていて、六本木で待ち合わせをしていたところ、見た目が群馬時代と比べてニューウェーブ風に変化していたことに驚いていました

その他に同じ群馬出身であるベースの松井常松とギター、ドラム、サックスを加えた6人編成で暴威というバンドを結成したのです。

その後に3人のメンバーの脱退や、ドラムの高橋まことの加入を経て、BOOWYになったのです。

解散した理由は、氷室と布袋に不仲説などが噂されているのですが、本当はどれなのか大きな謎になっています。

どのメンバーも一位になったら解散しようという話もあり、アルバムのJUSTAHEROやBEATEMOTIONの商業的な成功もあって、本格的に解散を意識するようになりました。

日本のロックではBOOWY以前、以後と区切られているほどで、BOOWYの存在が出てきてから音楽シーン自体も変わっていて、多くの音楽アーティストからフォロワーも生んでいます。

この記事をはてなブックマークに追加

音楽アーティストの強みと生き残りにかける思い

2017-08-23 | 日記
第一線で活躍している、音楽アーティストの方というのは、その類まれなる才能で、常に、過酷な生存競争の中を勝ち抜いている人々でもあります。

音楽の流行は、いつの時代も、流れが速く、聴衆の関心は、流動的であることから、何十年にもわたって、音楽活動を継続している音楽アーティストの方は、ごく一部の方々です。アーティストの方が、アイドルのように、ルックスを一番の売りにしたタイプの方であった場合、アーティスト本人の結婚や、熱愛報道など、プライベート事情に、人気が影響されやすく、歌唱曲も、量産型の、万人受けする歌が多いことから、人気が不安定になりがちです。一方、アーティスト性をアピールしている音楽アーティストの場合、アイドル性を前面に押し出していないため、アーティスト本人の私生活面での、結婚を始めとする、環境の変化による影響が少なく、独自性のある音楽性やファッション性で、固定ファンがついているケースがほとんどであり、安定した人気があります。

どちらのタイプのアーティストも、本人に魅力があるからこそ、人々の関心を集めているのであり、それは、人に誇るべき才能の持ち主だということを示しています。所属レーベルや芸能事務所などの意向に沿って活動する、アイドル形式の方は、特筆すべきルックスや、ファッション性があることでも、多くの若者の人気を得ていますし、アーティスト性の強い方であれば、特異なミュージックセンスや、生活スタイルなどで、聴衆の支持を集めます。

そうしたアーティストの方々が、何十年単位で活動し続けるためには、歌唱力や、歌詞、楽曲、演奏テクニック、マイクパフォーマンス、ダンステクニックなど、その人にしかない、オリジナル性を、根気よく表現していくことや、時世に応じて、活動スタイルを変化させていくことが大事です。長年、活躍している方の場合、オリジナル性と、時代の流れを巧みに融合させて、活動されていることが多くあります。

この記事をはてなブックマークに追加

テイラー・スウィフトは現在最も人気のある音楽アーティスト

2017-08-17 | 日記
テイラー・スウィフトは、現在最も有名な音楽アーティストで、世界中で人気があります。日本でも人気があって、現在洋楽のアルバムが売れにくくなっている状況の中で、例外的に売り上げを伸ばしているアーティストの一人です。

テイラーは、カントリーの音楽アーティストとして出発しました。デビューしたのは10代という早い時期で、ファーストアルバムからかなりの注目を集めました。デビューした頃の作品は、十代の女の子の気持ちが巧みに表現されており、同世代の少年少女の共感を集めました。特に斬新な歌詞ではないのですが、普通の女の子の恋する気持ちなどが描かれており、特に女性にアピールする面が大きかったです。女性の音楽アーティストの場合は、男性の間で人気が高まることが多いのですが、テイラーの場合は、女性からも絶大な人気を得ています。

セカンドアルバムやサードアルバムは売上を伸ばし、テイラー・スウィフトはアメリカを代表するアーティストになっていきます。セカンドアルバムでは、グラミー賞を受賞し、評論家の間での評価も高くなりました。これはグラミー賞の最年少の受賞で、彼女の才能の素晴らしさを裏付けるものです。

セカンドアルバムやサードアルバムは、カントリーに分類されますが、彼女は次第にポップの方へ移行していきます。カントリーはアメリカでは人気のある音楽の分野ですが、ポップにくらべると、聴く人は少なくなっています。カントリーから出発しながら、ポップに移っていたのは、テイラー・スウィフトの野心の反映でしょう。幅広いオーディエンスに受け入れられたい考えるのは、アーティストとして自然な感情です。またカントリーの分野を続けていたら、曲のパターンが似てくる恐れもあります。彼女はミュージシャンとしての良心を強く持っており、同じパターンの作品を作り続けることはありません。

5枚目のアルバムである「1989」から彼女は、完全にポップに移行しました。この変化を受け入れたファンは多く、その前のアルバムの売り上げを短期間で上回りました。

この記事をはてなブックマークに追加