luster lake(ラスターレイク)のファンブログ

luster lake(ラスターレイク)のファンブログ

音楽アーティストが使う機材にはどんな物があるのか

2017-07-31 | 日記
音楽アーティストは理想の音作りの為に日々研究を続けていて、それぞれに愛用する機材が異なります。ただし、数多くある機材もある程度はカテゴリにわけて分類する事が可能です。

例えば、現代のギタリストが全員使っていると言っても過言ではない機材にオーバードライブとディストーションがあります。どちらも、音を歪ませて現代的な音作りをするのに欠かせない機材となります。音が歪むという表現は、馴染みがないかもしれません。簡単に言えば、アコースティックギターの素朴な音をエレクトリック・ギターの激しいサウンドに変身する機材になります。

エレクトリック・ギターもオーバードライブやディストーションを使わなければ、アコースティックギターのような素朴な音がするものです。格好良い音楽アーティストのギターサウンドの多くは、これらの機材を使って作り出しているものです。また、ボーカリストやベーシストもオーバードライブを用いる事があり、現代音楽に無くてはならない重要な機材となっています。

また、ノイズリダクションという機材も使われる事が多いものです。オーバードライブやディストーションを使って音作りをすると、どうしてもホワイトノイズと呼ばれるノイズが発生してしまいます。音を徐々に弱くしていく時などは特に目立つので、ノイズを消さなければ曲を演奏できません。ノイズリダクションはこれを取り除く機材で、現代音楽の必需品と言えるでしょう。

ギタリストの機材としては、ピッチシフターも使われる事の多い物です。その名の通り、ギターの音色の音程を上げたり下げたりを自由自在にできます。ペダル式のピッチシフターを使った音程操作は、ギターの操作だけでは実現しにくいものです。ギタリストによっては演奏技術の1つに組み合わさっていて、独特の世界観を持つ演奏に繋がっています。

ここで上げた機材は全体のほんの一部であり、音作りに重要な機材は他にも沢山あります。それらの機材を使いこなして音作りを追求していくには、音楽アーティストだけでなく専門技術を持つスタッフの役割も重要です。

この記事をはてなブックマークに追加

音楽アーティストが愛用するオベーションのギター

2017-07-27 | 日記
オベーションは現代の音楽アーティストが愛用してやまない、エレクトリック・アコースティックギターを開発した会社です。オベーションのギターは他のアコースティックギターとルックスも音も全く違い、それでいて上質なものとなっています。現代の音楽アーティストがライブやレコーディングで愛用するギターの1つであり、様々な音源で聞こえるアコースティックサウンドの中にもこのオベーションのギターの音が多くあります。

そもそものルーツが他のギターメーカーと異なっており、ヘリのローターを製造する会社が母体となっています。オベーションが誕生した当時の社長が無類のギター好きであり、ギタリストであるというユニークな人物でした。会社が製造するヘリのローターに使われるグラスファイバーの技術があり、この技術を応用したギターを作ったのがオベーションの始まりです。

単に革新的な素材を使ったというだけでなく、その形状も音響を徹底的に研究した洗練されたものでした。伝統的なアコースティックギターの外観は、大きなサウンドホールに角ばったボディ形状です。オベーションのギターはサウンドホールが小さくネックの近くに集中しており、ボディ形状も曲線を描いてます。サウンドホールもボディ形状も音響を研究し尽した結果、最も効率が良いと結論づけられたものです。独特の美観は機能美とも言えるものとなっています。

上質な音と独特のルックスは、登場当時は斬新過ぎて音楽アーティストから受け入れられる事の少ないものでした。しかし、それほど長い年月を待たない内にオベーションのギターは高く評価されるようになり、以降は国内外の有名アーティストが愛器として用いるようになりました。現代のアコースティックサウンドとギターのデザインに大きな影響を与えたメーカーの1つであり、今もなお愛用してやまない音楽アーティストは少なくありません。

これらのように、オベーションのギターは音楽アーティストから多大な支持を受ける、優れたエレクトリック・アコースティック・ギターとなっています。

この記事をはてなブックマークに追加

音楽アーティストのギターを模したシグネチャーモデル

2017-07-22 | 日記
音楽アーティストには、ギターメーカーと契約を結んでサポートを受けている方が少なくありません。ギターメーカーはアーティストの為に改造を施し、音楽アーティストの名を冠したシグネチャーモデルを作ります。このシグネチャーモデルは一般に販売される場合もある物です。

シグネチャーモデルと一口に言っても、意外に種類が豊富にあります。音楽アーティストが使っている物と全く同じ物を販売するメーカーがある一方、仕様を簡素化して購入しやすいように仕上げているメーカーもあります。

音楽アーティストが使っている物と同一のシグネチャーモデルは、使われている木材から電子機器に至るまで何もかも同じ仕様です。値段はかなり高く、数十万円する物が普通にあります。シグネチャーモデルの中には同じ外観を作るものが難しいものもあり、文字通りに一品物として購入する形になる場合もあるものです。

仕様を簡素化してある物は、使われる木材が異なったり電子機器の仕様が違っていたりします。例えば、本来のシグネチャーモデルの指板に使われている物が黒檀である所を、ローズウッドという代替の木材を使っている等です。電子機器の場合はシグネチャーモデルに搭載されている物よりグレードを下げてあったり、機能が少なくなっていたりします。

シグネチャーモデルを簡素化したモデル自体にも、グレードの違いがある場合があります。全ての仕様が本物と同じ仕様のシグネチャーモデルの下に仕様する木材を変えたグレードがあり、その下に木材と使用機器をリーズナブルな物にしたグレードがあるといった具合です。

シグネチャーモデルは音楽アーティストが使っている実物と、外観や仕様が全く同じです。簡素化したグレードであっても見た目は酷似しているので、憧れのギタリストが使っているギターを自分でも所有して弾く事ができるでしょう。音楽の入口の1つは憧れで、そこから演奏が上手になっていった方も少なくありません。ギター選びで悩んでいる方は、憧れのギタリストのシグネチャーモデルを選ぶのも悪くない選択になるでしょう。

この記事をはてなブックマークに追加

音楽アーティストSogdiana Fedorinskaya 

2017-07-17 | 日記
ウズベキスタンは正式名称はウズベキスタン共和国で中央アジア、アラル海に接しカスピ海の東に位置する旧ソビエト連邦の共和国で首都はTashkent、人口は約2955万人の国です。

音楽アーティストSogdiana Fedorinskayaはウズベキスタンの歌手で女優です。1984年2月17日にTashkentで生まれウクライナ出身の歌手とされています。ジャンルはフォーク、ポップ、ポップフォーク、伝統音楽で2000年から活動しています。

2005年ブルガリアのVarnaで開催された国際音楽祭に招待され、ある歌手のベスト編曲者として指名され、ベストシンガーとしてもノミネートされました。

2005年に2作目となるMening Shahzodam(私の王子様)アルバムがウズベキスタン、Tashkentで発売されました。

2006年には映画Hodzha Nasreddin – game beginsでジャスミン役で出演しました。

2006年からロシアとCIS諸都市でStar-6 Factoryというツアーを開始しました。Fringes Yakubov監督の映画Sogdianaの主役で一時的なキャリアも開始しました。Heart Magnetの曲は20週間ラジオのチャートを維持しました。

2007年4月にインド人の商人と結婚し式はマレーシアのインドの寺院で行われ2007年10月には息子を出産しました。

ミュージックビデオでは2004年 Ovora Bo'lma、Mening Shahzodam、2005年Sen Kelma、 Yurak Mahzun、Serdce-Magnit 、2006年Orzularim、Meny Esla、2007年 Sinee Nebo、2008年Razletelis' Oblaka 、・・・2014年Molniyaなどがあり2017年にはベストソングも発表しています。

音楽アーティストSogdiana Fedorinskaya は安定感のある魅力的な若手歌手です。

自分自身は無口で恥ずかしがり屋として説明していますが、訓練を受けた声は力強く安定しているとされていま
す。彼女がモデルとしたのはホイットニー・ヒューストンでありマライア・キャリーであってソウルフルとされています。

ロシア語やウクライナ語、ウズベク語、フランス語やチェチェン語、英語で歌い歌のいくつかは自作の曲とされています。結婚歴が2回あり子供が2人います。 

この記事をはてなブックマークに追加

過去の音楽アーティストの情報を調べる方法

2017-07-13 | 日記
かつて活躍していた過去の音楽アーティストの情報を調べる際は、現代のアーティストの情報を調べる方法とは少し違った形になります。現代のアーティストの過去の情報を調べるのにも役立つ方法なので、覚えておくと良いでしょう。

まず、インターネット上のコミュニティを探す事です。音楽アーティストには根強いファンが多いので、ファン同士のコミュニティに参加することで情報を得やすくなります。過去ログを参照すれば、メディアでは触れられない貴重な情報を得られる事もあるでしょう。膨大な過去ログでも緻密な調査をしていく事が大切です。

インターネット上のコミュニティを調べる際は、既に閉鎖されたサイトを探す事も役立ちます。昔のサイトは管理人がサイト構築の勉強をしてオリジナリティのあるサイトを作っているという特徴があります。掲載されている情報も貴重な物が含まれている場合があるので、サイトへのリンクが発見できたらアーカイブ等を利用して辿ってみましょう。

古本屋を当たってみるのも、過去の音楽アーティストの情報を調べる良い方法になります。お目当ての人物が登場している雑誌を調べていけば、インタビュー記事等も発見できるでしょう。インターネットや書籍で紹介されている情報は全体の一部ですから、ファン同士のコミュニティでも話題になる事がない貴重な情報が見つかる事もあります。

古本屋を探す時は、実店舗だけでなくインターネットを利用するのも重要です。多くの古本屋がインターネット上で在庫を公表しているので、お目当ての書籍があったら早めに入手しておきましょう。古本には在庫が1冊だけという事が多いので、貴重な書籍はすぐ売れてしまう傾向があります。

希少価値の高い書籍は、プレミア価格が付いている事もあるので注意しましょう。ネットオークション等を利用するのも入手の機会になりますが、高騰化する事もあるので予算は事前に決めておくべきです。ただし、ネットオークションは運よく良品を安く手に入れる事ができる機会もありますので、こまめにチェックしておくようにしましょう。

この記事をはてなブックマークに追加