ハマノヒロチカブログ

ピアノ弾き、ハマノヒロチカの雑記的ブログです。

ハマノヒロチカ スケジュール

2017年12月31日 23時59分59秒 | ライブ告知
▼ハマノヒロチカのこれまでのリリース・参加作品、プロフィール等は、こちらをご覧ください。
ハマノヒロチカウェブ

※このライブスケジュールは常にトップに掲載されています。最新記事は一つ下の記事になります。


ハマノヒロチカ ライブスケジュール
6月25日(日)
東京/幡ヶ谷 36°5
東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-1 平沼ビル2F
水野裕志誕生日企画「誰かの為の愛の唄」
OPEN 18:00 / START 18:30
チャージ ¥2,000-(別途1ドリンク¥500)
出演:浦林くるみ、染谷芽依、まっと、ハマノヒロチカ、水野裕志
info. 36°5 03-5351-3605

7月6日(木)
東京/学芸大学 APIA40
東京都目黒区碑文谷5-6-9 サンワホームズB1
「風としっぽ~詩人たちはまるでトカゲのようだ、いつだって風立ちぬ~」
開場18:30 / 開演19:20
前/当 ¥2000/¥2300+drink
出演:あべあいこ(vo,g)、ハマノヒロチカ(vo,p/ex.野狐禅)、kuku(vo,p)、麻倉洋一(vo,g)
info. APIA40 03-3715-4010

new! 7月9日(日)
東京/八王子 ぐるまま
東京都八王子市三崎町3-5 第五山西ビル3階
「酔いどれキュンキュン熱帯夜」
¥1000(+2オーダー)
18時半オープン
出演:下駄箱にラブレター、ハマノヒロチカ、今野大輔
info. ぐるまま 042-627-1001

new! 8月5日(土)
東京/日野 SoulK
東京都日野市大坂上1-30-26 Lapport Bild.4F
詳細未定
info. SoulK 042-584-4144

new! 8月6日(日)
東京/幡ヶ谷 36°5
東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-1 平沼ビル2F
36°5&ハマノヒロチカ共同企画「夏のカレー大感謝祭2017」
詳細未定
出演:ハマノヒロチカ、井上ヤスオバーガー、タマキング
※夏のハマノヒロチカレー販売します!
info. 36°5 03-5351-3605

new! 8月20日(日)
名古屋/築地口 夜空と月のピアス
愛知県名古屋市港区港栄4丁目2−1
開場18:00 / 開演18:30
¥1800(+D代500円)
出演:大貫永晴、ザ・カレーが食べたいズ、花綠青、久田いずみ、北川千夏、ハマノヒロチカ
info. 夜空と月のピアス 052-654-5595

new! 9月10日(日)
札幌 LOG
北海道札幌市北区北14条西3丁目 ゼウスビル地下
「log30th記念ツーマンライブ」
OPEN 19:30/START 20:00
チャージ¥2,500+ドリンクオーダー
info. LOG 011-737-5388


ハマノヒロチカへのメッセージ、ライブやイベントのお誘い、チケット予約やお問い合わせ、その他面白そうな話などは、画面左のメッセージ送信欄からお問い合わせください!
コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

レコーディング日誌

2017年04月23日 23時30分32秒 | 日記

 全国で、いろんな場所で、ライブやレコーディングに参加させていただいておりますので、ピアノも、全国さまざまなお店やスタジオのピアノに出会います。
 なかなかツワモノで弾きこなせないようなものもあれば、弾けば弾くほど心地よい音を返してくれるものもあれば、チューニングなどがなかなかファンキーで味わい深くなっているものもあれば、本当にアコースティック楽器なので、千差万別です。
 僕がこれまで出会ってきたピアノの中でも、お気に入りはいくつかあるのですが、そのうちの1つが、学芸大学のAPIA40のグランドピアノです。
 確か、一番最初は、ちょっと鍵盤の重さが合わなくて苦戦した記憶があります。
 しかし、何度となく通わせていただいているうちに鳴らし方も覚えてきて、そこからは、ガツンと叩いた時に返してくれるガツンとした音がとても気持ちよく、大好きなピアノとなりました。
 今回、セカンドアルバムをレコーディングするにあたり、ピアノは大好きなこの音で録りたい!という想いがあり、APIA40さんにお願いしたところ、快くOKのお返事をいただきました!ありがたい!

 先日、記念すべきピアノレコーディングを行ってきました。
 大好きとは言え、最初に苦戦したイメージも生々しく残っているピアノ。
 ライブでは気合一発、ドカンと弾き倒していますが、果たしてレコーディングとなるとどうなるだろうか、まぁ2~3曲録れれば御の字だろうか、なんて考えていたのですが、思いのほか気持ちがうまく乗り、サクサクサクっと録り進め、気づけば一気に5曲も録り終えてしまいました。さすが惚れ込んだピアノ!素晴らしい!
 今回は、レコーディングエンジニアにAPIA40のマリエさんをお迎えしました。
 前回の「最後の青春」や、その他自主制作で発表したシングルなど、基本的にはセルフプロデュースで、エンジニアリングも自分でこなしておりました。それはそれで、新しい試みでもあったし、より自由に何でも決められるというメリットもあったのですが、時には第三者の視点も必要で、そんなときに途方に暮れてしまうスタイルでもありました。
 マリエさんは、そういう意味でも大変心強く、プロフェッショナルなエンジニアリングに加えて、極めて的確にジャッジを下してくれます。素晴らしい!

 最高のピアノと、最高のエンジニアという二大“素晴らしい”をお迎えして、ガツガツとレコーディングは進みます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年04月01日 00時50分06秒 | 日記

 まだまだ寒い日はあるとは言え、だんだん寒さも和らいできたように思う今日この頃、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 花が咲き、草木が生き生きとし始める春、好きな季節だったんですが、、、どうもこのところ非常に調子が悪い。鼻の皮膚はティッシュで擦り切れそうになり、耳の後ろはマスク負けして痛くなり、耳抜きのしすぎで話し声もまともに聞こえず、どうやら、わたくし40歳にして、ついに花粉症を発症してしまったようです。。。
 まだまだ花粉症ルーキーなので、今日は花粉が多いとか少ないとか、そういう感覚はまだ持ち合わせておりません。が、その域に達するのも時間の問題なのでしょう。今はただただ、夏を待ち焦がれながら、近所のドラッグストアのティッシュの安売りを待つ身です。

 この春、長男が小学校を卒業しました。
 担任の先生がとても頭が回る、頼もしい先生でして。ウチのコも知らないうちにずいぶん自分の世界を広げていましたし、クラスの仲間たちもみんな良い顔をしていました。
 立派なスーツに身を包み、校長先生から卒業証書を受け取る姿、いろんな思いが交錯して、もうわかっちゃいたけどビショビショです。花粉症って言い訳ができてホント助かった。
 次男、三男もどんどん立派になってきて、父親として本当に誇らしく思うと同時に、彼らにとっても誇らしい父親でなくてはいけないなと、決意を新たにしました。


 アルバムのレコーディングは一旦休んで、シングル「センチメンタル」を録りながら、次回作に向けての準備をいろいろと整えていたのですが、それも一件落着し、いよいよ4月から、ピアノとボーカルの録音を再開します。
 エンジニアさんやサポートミュージシャンの調整も順調に進んでいます。
 やはり、他の人を巻き込み始めると、一気に事は動きますね。
 この春、また新しく宿った決意とともに、胸を張ってお届けできる音源を作ります。
 どうか、もう少々お待ちくださいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大創業祭ありがとうございました!

2017年03月09日 00時59分22秒 | 日記

 もう2週間も経ってしまいましたが、わたくしの40歳の誕生日記念ワンマンライブ「大創業祭」、たくさんの方々にお越しいただき、本当にありがとうございました!

 弾き語りあり、井上大地と郡司顕吾の「コロニー落とし」サポートもあり、ざざっと26曲!気づけば3時間のロングステージとなっておりました。長かったかなあという気持ちもありつつ、好評の声もたくさんいただきまして、本当に嬉しく思います。
 いや、昔からカラオケは好きだったけど、人前で歌うことなんてずっと嫌で嫌で仕方なかったのに、こんなにも歌いたい人になるもんだなと、人って変わるもんなんだなぁ、という気もします。笑

 今年で4回目となった「大創業祭」ですが、今年は40歳の節目ということもあり、ちょっとした総括的な意味合いも自分の中ではあったなぁ、と思います。そして、この音楽人生を今総括するなら、テーマはやっぱり、支えてくれた様々な人たちへの感謝ということに尽きるなぁ、と思います。
 楽器もロクに弾けない、歌も歌えない、というところから、思い上がりと、類稀な才能を持つ相棒と、幾らかの運でもって始まったこの音楽人生。野狐禅にはいろんな景色を見させてもらいました。
 一人になってから、紆余曲折ありながらも、どうにか歌うたいとしての第二の音楽人生が動き始めていますが、この第二の音楽人生のスタートラインに立てたのも、また走り出せたのも、いろんな人たちの励ましや期待やサポートがあってこそのものだな、と心から思います。
 ライブに呼んでくれたり、サポートで使ってくれたり、ツアーに連れてってくれたり、写真をブログやツイッタに載せてくれたり、「ハマノと飲んだ」ってどっかで言ってくれたり、カレーを食べたときに思い出してくれたり、もうホントにいろんなことが、こうしてライブで歌っていられる今に繋がっていると思います。
 今回は、そういう感謝の気持ちとともに、もう迷わずに、40代も自分で決めた生き方を全うするぞと、そう自信をもってお客さんに伝えたいと、そういうライブをしたかったし、100%かどうかはわからないけど、形にできたんじゃないかな、という自負もあります。

 ただ、悔いというほどではないですが、反省点もやっぱりいっぱいあって、40だろうが何十だろうがまだまだ未熟なヒヨッコ、越えなくちゃいけない山は無数にあるなと、初心も忘れずに、これからも精進したいと思います。


 いやー、でも楽しかったな!
 前回のブログであんなこと書いたけど、でもまたやりたいな、と思いました。
 ありがたいことにお祝いの言葉やお花やプレゼントもたくさんいただきまして、本当に幸せな誕生日を今年も過ごすことができました。皆さん、本当にありがとうございました!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

4月22日 幡ヶ谷36°5「心模様と音模様〜文学の調べ〜」

2017年03月02日 23時22分26秒 | ライブ告知

 4月22日 幡ヶ谷36°5「心模様と音模様〜文学の調べ〜」のフライヤーも届きました。
 「文学」をキーワードに企画されたこのイベントに呼んでいただき、本当に光栄です。大切に書いた歌詞を、大切に歌わせていただきます。
 ぜひぜひ、みなさんよろしくお願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月10日 尼崎tora「AMAGASAKI is music movement vol.3」

2017年03月02日 23時12分00秒 | ライブ告知

 3月10日 尼崎tora「AMAGASAKI is music movement vol.3」のフライヤーが届きました。
 昨年末の「語り詩final」からいただいたご縁、尼崎へ再び赴きます。
 関西圏は去年、一昨年あたり、ちょっとご無沙汰しておりましたが、今年はぜひ足繁く通わせてもらえたらいいなあと思っております。
 大阪、兵庫の皆さん、ぜひ遊びにいらしてくださいませ!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大創業祭まであと1か月!新CDも発売します!

2017年01月24日 02時10分40秒 | 日記

 わたくしのワンマンライブ「大創業祭」まで、あと1か月となりました!

 なんだかんだでもう4回目、だんだん定番となってきました、わたくしの誕生日ワンマン。
 今年は、そうは言っても40歳の節目の誕生日ということで、これまでのわたくしの集大成という意気込みはそのままに、わいわいと楽しくお祭り気分でやりたくもあり、今回はゲストに井上大地&郡司顕吾というコロニー落としメンバーをお招きしました!
 大地くんとは、もはや盟友と呼んでも差し支えないくらい、ソロになってからのわたくしの活動を語る上で欠かせない重要人物ですね。コロニー落としとしても、ミュージシャンとしても、歌うたいとしても、いろんなステージを一緒にやらせてもらいました。去年のチカチカバンドでも、素晴らしくカッコいいギターを聴かせてくれましたし、今回も本当に楽しみです!
 郡司顕吾とも、本当に長い長いおつきあい。野狐禅のローディーとしても、コロニー落としのリーダーとしても、本当に日本中あちこちでお世話になりました。そんな日々を経て一緒に鳴らす音楽のグルーヴは、前回のカレー感謝祭でお墨付き。こちらも非常に楽しみです!
 3人でもわいわいと楽しみつつ、1人でもじっくりと楽しみつつ。最高のライブにするべく、着々と準備を進めています!

 歌に対する取り組み方のあれやこれやは、何度かこのブログでも書かせてもらいましたが、まあさすが不惑というべきか、最初の頃は、ああでもないこうでもないと御託を並べては迷ってばかりだったような気がしますが、そうした時期も乗り越えたのか、最近はずいぶんと落ち着いてはきました。それもまあ良し悪しで、代わりに失ってしまったものも少なからずあるような気はします。でも、それも含めて、今はすごくいい状態で、いい距離感で、歌に対して向き合えているように思えます。
 テクニック的なところは、まだまだ未熟も未熟、いろいろ足りないなあとは思うけれども、なんというか、ちょっとずついい感じに炊き上がってきている気はします。笑
 売れるとか売れないとか、流行じゃないとか好みじゃないとか、そういうのもいろいろあるだろうし、今までは音楽と関わるにあたって、そういうところも重要なファクターでは確実にあったんですが、今はそういう考え方はあんまりしてなくって、でも逆に、今自分にものすごくフィットしている感じがすごくします。
 でも、歌詞とかメロディーとか、そういう部分は今も変わらず、凄く良いものが書けているという自負はあります。
 ぜひ、みんなに観て欲しいなあ。よろしくお願いします!

 それと、レコーディングも今年は一気にやっちゃいます。
 アルバムの構想もしっかりあるのだけれども、それに先立って、ひさびさに新しいシングルを作ります!
 今やライブでは定番曲になった「センチメンタル」を表題曲にしたシングルを発売することにいたしました。すでにレコーディングは佳境に入っていて、いいものをお届けできそうです。こちらも、どうぞ楽しみにしてください!


 大創業祭は、なんか、こんな感じでライフワークになってゆくのもいいかもしれないけど、ちょっとマンネリかなぁ、と思うときもあって、何より、自分で自分の誕生日を祝う恥ずかしさも、さすがに4年連続となると無視できなくなりつつあります。笑
 しかしまあ、最後にします、なんて言ってしまうと、また1年後、ワンマンをやりたくなってしまったときに困ってしまったりもしそうで怖いんですが。笑
 なんにせよ、この大きな節目のワンマンライブ、この日はこの日だけですから、悔いのないよう、思いっきりすべてをぶつけます!
 ご予約もおかげさまでたくさんいただいておりますが、もうホントにこの日は、本当にみなさんに観ていただきたいです。どうか、ぜひぜひよろしくお願いいたします!
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

冬のカレー大感謝祭2017

2017年01月20日 00時17分51秒 | 日記

 日曜日は恒例のカレー感謝祭の日でした!
 今回のランチライブということで、朝早くからの仕込み、仕込み!今回は初めて、オープン時間に間に合わず、ご迷惑をおかけ致しました。。。朝11時半オープンはなかなか大変ですね。改めて、世の中のカレー屋さんの凄さを実感した次第です。

 今回のカレーは、1年前の冬のカレー感謝祭で作った「冬の根菜カレー」をアレンジした、「おでん風根菜カレー」。お正月の暴飲暴食で疲れた胃袋にも優しいカレーという部分は残しつつ、大根、人参といった根菜をメインに、こんにゃくとがんもどきを加え、トッピングにカシューナッツをふりかけて、いろんな具材の食感も楽しめるようにいたしました。和風だしを効かせつつも、スパイスはしっかりと効かせたので、和風ながら意外にパンチのあるカレーになったのではないかと思います。
 おでんカレーは、昔、心斎橋に「CUE」というお店があったんですが、そこで出されていたおでんカレーに衝撃を受けて、自己流にアレンジしてみました。フレンチ出身のシェフだったかと思いますが、カレーにこんにゃくというアイデアもそこで得たものです。そう言えば、大阪でたこ焼きを食べたときにも、こんにゃくが入っていて驚いたことがありました。こんにゃくってオールマイティーなんですねー。

 ライブでは、パーカッションに郡司顕吾を迎えたスタイルでの初ライブでした。
 郡司とは、コロニー落としではもちろんのこと、遡れば2004年、野狐禅の「塊オンザフォーク」ツアーのときからのおつきあい。オーガスタを辞めて独立してからも、何かあったら助けてくれたのが郡司でした。事あるたびに、何かにつけては泪橋のサビで踊らせていたのも思い出します。笑
 コロニー落としのドラムとしても、10年来の付き合いになりますが、意外や意外、パーカッションとしては初絡みになるんですね。
 長年、いろいろと苦楽を分かち合ってきた(主にこちらからですが。笑)だけに、さすが、僕が好きなポイントもよくわかってくれていて、今回も本当に気持ちよくライブを後押ししてくれました。
 大創業祭では、さらに井上大地君のギターも加わって、さらに世界をぐっと広げてくれることでしょう。今から本当に楽しみです!

 カレー感謝祭も6回目ということで、おかげさまでイベント自体のファンだと言ってくださる方も増えてきました。毎回、カレーとライブと、2重のプレッシャーですが、こうして喜んでいただけるのは本当にありがたい限りです。
 次回、春のカレー感謝祭2017は、5月14日のお昼に決定しました!
 今度はどんなカレーにしようかな。どうぞお楽しみに!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年もお世話になりました

2016年12月31日 22時57分14秒 | 日記

 今年もどうにかこうにか、とりあえず仕事が終わりました。
 やー、もう、こうも毎年毎年、いろいろ追われて、年も無理やり越しているような人生を送ってると、こうやってあわあわしているうちに、やべー、あれやるの忘れたー!って言って死んでいくんだろうか、なんて気にもなってしまいますね。

 2016年は、なんというか、充実していたような気もするし、いろいろ心残りもあるような、そんな複雑な気分の大晦日です。
 大きな流れで考えると、やっぱりレコーディングがなかなか進まなく、またしても年越しになってしまったのがツラい。もう曲は出揃っているだけに、あとは録音するだけという状況だけに、もどかしい思いが一際大きいです。
 時間の使い方も、もっと上手にならないとなぁと、なんか去年もそんなことを書いていたような記憶がありますが、もうホントに、常に目の前のものでいっぱいいっぱいになってしまうようなのは、いい加減終わりにしたいですね。。。これでは、もう40になるというのに、まったく不惑感がありません。バッタバタです。

 しかしまあ、こう、ツワモノ揃いの音楽業界で、僕にピアノを弾いてほしい、僕に曲を書いてほしい、ライブに来てほしい、そんなオファーをいただけるのは、本当にありがたいことです。

 ライブの本数も少し今年は減ったでしょうか。
 でも、1本1本の取り組み方は、どんどん濃くできていってる気がします。
 人生、どこまで続くかはわからないですが、しかし、ターニングポイントには確実に足を踏み入れたような気はしまして、急にリアリティをもって感じられるようになってきた人生の残りの時間を思うと、未来をどう描いていくかということが第一だったものが、今現在をどう描いていくということが第一に変わってきました。そういうところが、1本1本のライブ、はたまたいろんな現場に取り組むにあたっても、大きく影響しているように思います。

 でも、やっぱりライブはたくさんやりたいですね。
 ツアーも、今年は全然行けませんでした。
 北海道も、ついに今年は1度も帰れなかった。これは、東京に出てきて16年間で初めてのことです。これは由々しいことです。来年こそは必ずや!


 さてさて、いよいよ来年は40歳です。
 果たしてどんな景色が見られるのか。楽しみです。


※写真は本文と全然関係ありません!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう今年も終わりですね

2016年12月13日 00時26分52秒 | 日記

 こんにしわっす!師走ですね。

 相変わらず、秋から年末にかけては、なんやかんやとサポートやらセッションやらが多く、慌ただしくしているうちに、もうこんな時期という、もうテンプレートみたいな一年の終わりを過ごしております。
 年々、物覚えも悪くなっているのか、新しい曲や新しい現場に、ついていくのが大変です。笑

 夏が終わり、秋らしい乾いた空気と高い空、朝晩が少しひんやりと引き締まる季節が、昔は大好きだったんですが、ここ数年は、この暮れゆく季節の侘しさに心をすっかりやられてしまって、どうにもネガティブというか、鬱々とした気分に陥ってしまうことが多く、あんまり好きな季節じゃなくなってきました。
 夜が長くなって、じっくりと本や音楽、あるいはノートと向き合うのが醍醐味だったんですけどね。

 と、そんな秋もすっかり終わり、ここ最近の冷え込み方は、すっかり冬のそれですね。
 そういえば、今年は東京では50年以上ぶりだかに、11月に雪を観測したそうで、東京の空に雪が舞う景色は、やっぱりどうしてもワクワクしてしまいました。

 いつかは北海道に帰りたいなあ。

 僕は濱埜家の長男なので、漠然と、いずれは家に帰るつもりではいるのですが、実際問題、旭川に帰ってもやることもないし、子供たちや家族のこともあるし、でも故郷を捨てるつもりもないし。。。
 でも、北海道の、雪とともにある暮らし、どこまでも白い景色、静寂、寂しさ、そういった自分の原風景を、きっといくつになっても欲してしまうんだろうな、そういった場所が、たとえ何もなくても、自分の帰る場所なんだろうな、なんてことを思います。
 大好きな雪景色なら、いくらでも思い出せる。
 小学校の頃の近所のちびっこ広場、やけに遠かった中学校までの通学路、高校の近くの無人駅にやってくる雪をかぶった汽車、大学に入って、流氷の町紋別の雪景色は、旭川のそれとはまた違った寂しさと厳しさがあった。旭川までの130km、雪山を越える峠道を何往復もした。野狐禅を組んで、札幌の雪景色は煌びやかだった。

 雪の歌、冬の歌はいろいろあるけれども、僕が冬、雪に抱く、綺麗なだけじゃない、雄大だなんて穏やかなものじゃない、怖さ、悲しさ、虚しさ、そういったものも描いた、そんな冬の歌を作りたいな。いつか作りたい。


 そんなことを思いつつ、年の瀬も忙しく過ごしています。
 もうあっという間に終わっちゃいますね。
 来年になったらもう40歳!迫りくる大台に若干引いてしまってますが、でも30代のどんな時期よりも、なんだか落ち着いて新年を迎えられそうな気もしています。慌ててもしょうがない、相変わらず日々必死に暮らして、音楽にも友人にも家族にも向き合って、毎日立派に生きているのだから。

 つれづれ話を失礼しました。
 写真はとあるリハーサルの風景。アコーディオンはじめました。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加