ハマノヒロチカブログ

ピアノ弾き、ハマノヒロチカの雑記的ブログです。

ハマノヒロチカ スケジュール

2016年12月31日 23時59分59秒 | ライブ告知
▼ハマノヒロチカのこれまでのリリース・参加作品、プロフィール等は、こちらをご覧ください。
ハマノヒロチカウェブ

※このライブスケジュールは常にトップに掲載されています。最新記事は一つ下の記事になります。


ハマノヒロチカ ライブスケジュール
7月30日(土)
東京/八王子 ぐるまま
東京都八王子市三崎町3-5 第五山西ビル3階
「熱帯夜」
OPEN 19:30 / START 20:00
出演:ハマノヒロチカ、HARCO
info. ぐるまま 042-627-1001

オススメ! 7月31日(日)
東京/幡ヶ谷 36°5
東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-1 平沼ビル2F
36°5&ハマノヒロチカ共同企画「夏のカレー感謝祭」
OPEN 18:30 / START 19:00
チャージ 2,000円(+1ドリンク¥500)
出演:ハマノヒロチカ、シケモク風太、篠木晋也、みゅーおおやま
※「夏のヒロチカレー」販売します!
info. 36°5 03-5351-3605

new! 8月13日(土)
神奈川/相模大野 アコースティック・パフォーマンス・コレクション
神奈川県相模原市南区相模大野5-27-4和興ビル2F
詳細未定
info. アコパ 070-5070-7079

new! 9月4日(日)
埼玉/熊谷 モルタルレコード
埼玉県熊谷市筑波1-165
モルタル&戸谷光共同企画「待ち合わせは熊谷でVol.1」
OPEN 17:30 / START 18:00
出演:戸谷光、ハマノヒロチカ、ノグチサトシ、三上隼、前田大志
info. モルタルレコード 048-526-6869


ハマノヒロチカへのメッセージ、ライブやイベントのお誘い、チケット予約やお問い合わせ、その他面白そうな話などは、画面左のメッセージ送信欄からお問い合わせください!
コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

9月4日 熊谷モルタルレコード「待ち合わせは熊谷で」

2016年07月28日 00時13分23秒 | ライブ告知

 9月4日、熊谷モルタルレコード「待ち合わせは熊谷で」のフライヤーが届きました。
 去年のソングオブヘブンで知り合った、戸谷光くんの企画にお誘いいただきました。「また一緒にやりましょう、熊谷にぜひ来てください、僕が企画します!」って熱く誘ってくれた、その言葉が実現する、とても嬉しい夜になることでしょう!
 強力な対バンも含めて、とても楽しみです。
 今年は北関東でのライブがちらほらと入ってきて嬉しいですね。ぜひ、お近くの皆さん、遊びにいらしていただけたら!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最後の青春 全曲レビュー#11 朝がまた来る

2016年07月04日 00時47分39秒 | レビュー

 「朝がまた来る」という歌の景色というのが僕の中には明確にあって、この歌が産声をあげたのは、宮古島の朝の市場通りの風景なんですね。
 この歌を書いたのは2010年。この年、僕は宮古島のミュージックコンベンションに出させていただきました。当時よく一緒にやっていた、バイオリンのMiccaさん、そして本夛マキさんの力を借りて、3人のユニットという変則的な形態でした。
 こんな感想ばっかりになってしまうけど、やっぱりあの時も必死だった。
 ミュージックコンベンションは、最初の立ち上げのときから野狐禅として参加させてもらっていて、そんな縁もあってということで、ゲンタ兄貴に甘えて出させてもらったけれども、今思うと、時期尚早だったなぁという気がする。いろんなものの差が歴然で、悔しさしか残っていなかった。
 一方、もちろんピストルも出ていて、そりゃもう素晴らしいライブを繰り広げていて、まあかなうはずも無いんだけど、それでもやっぱり悔しくてね。
 何やってんだ俺、という気持ちでした。

 そんなこんなで終わった宮古島のビッグイベント。
 とは言えここは宮古島。東洋一と言われる美しい砂浜が広がる前浜ビーチ、穏やかな海に沈む夕陽と暮れなずむ風景をいつまでも観ていられるパイナガマビーチ、打ち上げに行けば、名だたるミュージシャンの皆さんがオトーリを繰り広げている。街を歩けば、お世話になったお店もいっぱい。Islaに行けば、まだまだ熱い音楽の世界は続いている。
 でも、そういう世界が自分と乖離しているようで、どうにも居たたまれない、どこにも居場所がないような気持ちがありました。
 正確には、そんな気持ちは、以前からちょっとあったようにも思うんです。ミュージックコンベンションは、一流のミュージシャンのみが許される世界。そんな中に今まで居られたのは、野狐禅の看板があったからなんじゃないかな。
 その看板はもう下ろしてしまった。そりゃ、居場所はないよね。

 じゃあ、僕の居場所はどこなんだろう?と問えば、それは、自分で居場所を作ることに他ならない。
 当たり前の話だけど、でも、僕がこの場所に来ているということは、少なからず、元・野狐禅という甘えがあったんじゃないか、ということに、改めて気づいた夜だったのです。
 ハマノヒロチカとして、相応しい居場所、相応しい立ち位置に居なくてはいけない。ハマノヒロチカ(ex.野狐禅)じゃダメなんだ。一緒に宮古島まで来てくれたマキさん、Miccaさんにも申し訳ないし、ゲンタ兄貴にも、何よりお客さんにも、申し訳ないではないか。


 悔しい、しょっぱい夜を、その後どう過ごしたかはよく覚えていないのですが、翌朝、ホテルを出て、市場通りを散歩したことは覚えています。意外にすっきりしていたと思うので、それほど深酒はしなかったのでしょう。
 ミュージックコンベンションの時期の宮古島は、ちょうど梅雨の中休みに当たることが多く、この日も清々しい晴れの朝でした。3日間の大イベントが終わった朝は、昨日までより少し穏やかで、人も少ないような気がしました。
 僕は一人。
 今日からは、もっと本当の意味で一人になって、“自分”をしっかりやろう。
 でも、なんだか晴れやかな、清々しい気持ちだったのは、それでも1年ほど、一人で活動をしてきたというところがあったのかな。

「届かないこの手を伸ばしたときに気づいたの。掴むべきものは未来にしかないって。喜び、シアワセ、上を向いたつもりでも、なんだか笑えないのは過去にとらわれていたからだ。」
「自分を変えてゆくのは、いつだってこれからなんだ。朝がまた来る」

 そんな一人の散歩の途中、生まれてきたのがこの歌でした。


 サウンド的には、これはもう新しい朝が来るという歌ですから、もうエバーグリーンなポップスをやりたいなと、そういう想いがありまして、こんな曲になりました。
 デイ・ドリーム・ビリーバーは、意識したわけじゃないですが、とは言っても信じてもらえないですね。笑
 もうびっくりするぐらいスムーズにアレンジも決まりました。
 ギターは哲郎、ドラムは元アカツキの渡辺芳樹、ベースは稲葉一良、そしてコーラスには、この曲にはどうしても入って欲しかった、本夛マキさんを迎えております。どのパートも申し分なし、バッキングのギターやフレーズの美味しさ、ベースの絶妙な動き、軽快なグルーヴを生んでくれたドラム、そして贅沢なマキさんのコーラス!どれも大好きです!
 アウトロのベースの攻め攻めなリフは、初代ハマノヒロチカバンドのヒロムの置き土産ですね。笑
 アルバムバージョンでは、ボーカルやベースなど、一部をリテイクしています。バッキングにストリングスも入っていますね。

 あと、個人的には、Fというキーで作った初めての曲だったりします。笑
 このキーが、全然慣れなくてね、この曲メロディも難しくて、なんで俺こんな曲作ったんだろう、って自分を恨んでたりしてました。笑

 それと、はじめてミュージックビデオを作ったという想い出もありますね。
 今「サーチン・フォー・マイ・フューチャー」で全国巡業中の松本卓也監督の渾身の一作!
 踊る女子高生!それまでの野狐禅のイメージを豪快に払拭してくれた、このビデオも大変気に入っています。
https://www.youtube.com/watch?v=XTG5z-8xZCk


 2011年に、自身初のCD作品として、この曲をタイトル曲にしてシングルを制作しました。
 この曲で最初の作品を創れて良かった。
 心からそう思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歩く歩く

2016年06月17日 10時39分48秒 | 日記
5月も6月も、とても有意義な旅だった。

書き留めておきたいことは山ほどあるけど、ゆっくり書きたいと思っているうちに、何ヵ月も経ってしまういつものパターン。
強い想いは消えることはないけれど、そう思いながらも小さなところは忘れていったりするんだろうか。

5月のシュンフェス、山とケ足利レコ発、相模大野アコパ、長津さんと大地くんとのぺろ八、今月のぐるまま、山形となりのカフェ、仙台cafe B.B.、いわきバロウズ。
すべて自分の中でも、またお客さんに届いたという意味でも、たいへん充実したライブでした。
お客さんも、お店や対バンの皆さんも、ありがとうございましたー!


また週末はコロニー落とし、日野ライブ、さらに来週は新宿で映画の上映もありますね。
まだまだ溜め続ける日々になっちゃいそうですが、充実し続けていけるよう頑張ります!



写真は、我らが楽天イーグルスの本拠地・コボスタ宮城に今年できた観覧車!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日記みたいなもの

2016年06月02日 00時10分13秒 | 日記

 昨日は渋谷の七面鳥にて、キナコちゃんのライブにゲストとして2曲参加してきました。
 キナコちゃんは、去年知り合ったんですが、“歌がパワフル”という表現が野暮ったいぐらいに、歌のみならず、ギターもドラムも企画も生き様もすべてがパワフルなシンガーなのです。そんなキナコちゃんから、もう直前も直前、4日前ぐらいに急遽誘われたもんで、相変わらず無茶ぶりな人だ!と思いつつ、これまた滅多にないチャンスということで、参加した次第なのです。

 男女ボーカルのデュエット曲と、ピアノとキナコちゃんの歌のみのバラードの2曲入魂。
 いやー、楽しかったな。

 なんだか、あんな感じで、どっぷりとピアノを弾くライブというのも久々だった気がする。
 なんと言うか、自分で言うのはなんですが、ああ、俺ってピアニストだったんだなー、って思いました。笑
 キナコちゃんが作る歌の世界もやっぱりパワフルで、生命力に満ち満ちていて、その世界の中にピアノだけで飛び込んでいったときに、なんだかすごくその世界に根を張れたような気がして、ステージでしっかりとガチンコ勝負ができたような気がします。
 ひとまず、みんな喜んでくれて、ほっとしました。笑

 もともと誘ってくれたきっかけが、キナコちゃんが書いたデュエット曲の相方に、歌心のあるピアノ弾きが良い!ということで選んでくれたということで、なんとも嬉しいじゃないですか!
 そのデュエット曲のほうは、慣れない英語詞があったりで、むちゃくちゃ緊張しましたが、はてさて果たして一体どうだったのか。。。まだまだ、課題は山積という気がしますな。。。

 これをきっかけに、またもっといろんな形で共演できたらいいなと思ってます。ぜひチェックしてくださいな!

 写真は、対バンの井上大地君もまじえて楽屋にて。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

New Order観てきました

2016年05月28日 00時31分17秒 | 日記

 新木場でNew Orderを観てきました。

 いやあ、めちゃくちゃカッコ良かったなぁ。。。
 オープニングから石野卓球がDJをするという俺垂涎モノの3時間ちょいでした。
 還暦過ぎたって、あんなにキラキラとカッコいいライブが出来るんだなー。
 あー、New Orderみたいなバンドやりたい!笑

 僕が一番好きな名曲「Regret」は水曜日にやっていたのに、今日はやらなかった。でも、代わりに「Ceremony」が聴けたから良いか。「Regret」は、また29年後に来日したらやってもらおう!

 しかし、かなり前の方に行けたんだけど、人の波にもみくちゃにされて、3時間立ちっぱなしで踊っていたら、足腰がガタガタになってしまった。
 よくDJやってた頃は、夜中じゅうフロアにいても平気だったのになぁ。。。これが歳なのか!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日記みたいなもの

2016年05月12日 23時52分14秒 | 日記

 今年もゴールデンウィークが終わっちゃいましたねぇ。
 皆さんはゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?ちゃんとゴールデンでした?

 連休の最初の土日、30日と1日は、ひさびさの遠征でした。
 浜松窓枠と名古屋GURU×GURU。もう何度となく通わせてもらってるこのルート。
 しばらく遠征は控えていたもので、ホントにひさびさの旅に、もう数日前から心が躍って、遠足を待ちわびる子供のそれでした。
 感覚は鈍ることなく、それでいて新鮮で、すごく味わい深い旅になったと思う。電車に乗って車窓を眺めたり、見知らぬ街の銭湯に入ってみたり、そんな小さなイベントひとつひとつが、すごく楽しい時間だった。いつまでも続けていたかったなぁ。

 5日はコロニー落としのワンマン、ゴールデンウィーク作戦。
 コロニー落としも気づけば10周年。なんと、野狐禅のキャリアをとうとう超えてしまったのは、些か複雑ではありますが(笑)、このバンドも10年積み重ねて、なんだかある種の貫禄が出てきたようにも思います。良いのか悪いのかは別として(笑)。

 8日は、おひさしぶりの学芸大学APIA40さんにて、グランドピアノ弾き語り。
 APIA40のグランドピアノがとても好きで、こちらも待ちわびた一日。日曜日ということもあって、この日もたくさん散歩してからお店に向かいました。いい一日だったなぁ。

 ここのところのライブもとても良い感じで出来ていて、浜松も、名古屋も、東京も、お客さんの反応、お店の人たちの言葉、ひとつひとつがすごく嬉しいもので、すべてが心の栄養になっていきました。
 ずっと自信が持てなかったものに、今はしっかり血が通っている感じがする。
 胸を張って歩く道は、こんなに明るいんだね。知らなかったよ。

 ライブを見てくれた皆さん、お言葉をいただいた皆さん、本当にありがとうございます!
 6月以降も、ちょっとずつですが、遠征を入れています。良かったら、ぜひライブを見にきてください。なんなら、ライブ前のカレー屋さんも一緒に行きましょうよ。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒロチカレー列伝「福島Player's cafe」

2016年04月10日 22時44分13秒 | ヒロチカレー

 2015年10月10日の福島Player's Cafe「ヒロチカレーと愉快な仲間たち2015」で作った、キノコたっぷり豚キーマカレーです。
 福島Player's Cafeさんでのカレーライブは2012年の秋にも実施していまして、そのときはノーマルなバターチキンカレーだったと思いますが、第2弾ということで、少し趣向を変えて、季節感も取り入れてみました。
 ライスはターメリックライス。色合いのコントラストがなかなかグウですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒロチカレー列伝「下北沢BAR CCO」

2016年04月06日 00時25分03秒 | ヒロチカレー

 2015年11月27日、下北沢BAR CCOでのカワサキプロ企画「元カレー?今カレー?未来カレー!!」にてお届けしました、キーマヒロチカレー。
 スタンダードな牛豚合いびき肉と、フルーティーでスパイシーなキーマカレーにしました。飴色玉ねぎとトマトの甘さもありつつ、クローブの香りも効かせたオトナな味。そして、カシューナッツのふりかけが、食感にもバリエーションを持たせてくれています。
 この日はツーマンライブ&カレー対決ということで、そちらも大変楽しみだったのだけど、終演後、バタバタとしているうちに、カワサキプロのカレーを食べるのをすっかり忘れていたのだった。
 このキーマカレーは、好評だったので、ぜひまた作りたいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春のカレー感謝祭

2016年04月05日 00時27分39秒 | ヒロチカレー

 週末は幡ヶ谷36°5にて、お店とわたくしの共同企画「春のカレー感謝祭」でした。
 昨年10月の秋のカレー感謝祭、今年1月の冬のカレー感謝祭に続いて、幡ヶ谷でカレーを作るのも3回目。だんだん業務用のコンロの扱いも慣れてまいりました。笑
 ライブは大盛況、みなさま素晴らしいライブでして、こういうときに気負いすぎると空回りするのが僕の悪い癖。ちょっとスタートにつまづいてしまった気がする。でも、どうにか立て直せたと思います。まだまだ場数が足りない。

 カレーは、春が旬のタケノコをメイン食材に、春キャベツとひき肉のスープカレーにしてみました。サラッとしたカレーは、もんじゃ焼きみたいにライスで土手を作って、その中に盛り付けています。さわやかにスパイスが香る、すっきり辛口カレーでした。
 そう言えば、僕が作るカレーも、いろんなバリエーションが出てきたので、せっかくなのでブログに残しておこうと思いまして、新たに「ヒロチカレー」カテゴリを作成しました。過去のカレーイベントのカレーも、写真が残っているものについては、記録のためにアップしたいと思います。まあ、ほとんど自己満足のためですが、良かったら観て、ああ、美味しそうだなと思ってください。笑

 僕は料理人の修行を積んだことは無いですが、趣味が高じて作り始めたカレーも、こうしてイベントでみなさんに喜んでいただけたりするのは嬉しいですね。
 ただただ自分の満足のために始めたカレー食べ歩きも、全国各地で出会った珍しい食材や調理法などのアイデアを、こうして自分のカレーでみなさんに還元できるというところに繋がるのは、何だか続けてきて良かったなと思いますね。笑

 次回のカレー感謝祭は、7月31日に決定しました。
 夏のカレー感謝祭、夏はカレーが一番美味しくなる季節ですからね、今からどんなカレーにしようか、自分でも楽しみです。ぜひ遊びにきてくださいね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加