ハマノヒロチカブログ

ピアノ弾き、ハマノヒロチカの雑記的ブログです。

ハマノヒロチカ スケジュール

2018年12月31日 23時59分59秒 | ライブ告知
▼ハマノヒロチカのこれまでのリリース・参加作品、プロフィール等は、こちらをご覧ください。
ハマノヒロチカウェブ

※このライブスケジュールは常にトップに掲載されています。最新記事は一つ下の記事になります。


ハマノヒロチカ ライブスケジュール
8月18日(土)~19日(日)
三重/豊津上野 海の家ええかげん
三重県津市河芸町中別保2333-1
キタムラリョウpresents「ミエフェス。vol.9」
開場 10:30 / 開演 12:00 / 終演 5:00
チャージ:投げ銭
出演:キタムラリョウ (f.大阪)、荒井光 (f.東京)、Nの集落 (f.和歌山)、斧出拓也 (f.大阪)、快賊guild+ (f.大阪)、片山詩野 (f.神戸)、閑那ゆうき (f.茨城)、聞間拓 (f.東京)、キタアカゴN (f.大阪)、くすり (f.愛知)、久保田和之 (f.大阪)、倉沢よしえ (f.東京)、栗原拓也 (f.大阪)、ゴトウケンジ (f.岐阜)、このあの楽団 (f.愛知)、小林未奈 (f.大阪)、坂上太一 (f.愛知)、佐々木菜津 (f.大阪)、武下直樹 (f.大阪)、タナカコウジ (f.神戸)、谷井大介 (f.茨城)、タマキング (f.東京)、テッペー (f.愛知)、815-ハチイチゴ- (f.東京)、ハマノヒロチカ (f.東京)、hopesign (f.北海道)、まえだけんた (f.神戸)、マサ・タケダ+森田チェリー (f.大阪)、まさとりょう (f.大阪)、マユカ (f.三重)、森香 (f.愛知)、山口土下座 (f.東京)、世憂子 (f.三重)、吉田文人 (f.大阪)

8月19日(日)
名古屋/築地港 夜空と月のピアス
愛知県名古屋市港区港栄4-2-1 築地口ビル地下1階
「MEGA MAX Vol.2」
チケット:各部共通、前売2000円/当日2500円(各部入場時D代500円要)
※1枚のチケットで各部入場可
〈第1部〉
OPEN 11:00 / START 11:40
出演:りさボルト&Hys、ワカメケイナ、鈴木大夢、KEiTA、かつら、オープニングMAX:ザ・青春シグナル
〈第2部〉
OPEN 16:30 / START 17:00
出演:ハマノヒロチカ、Nの集落、MAGENTA RODEO、ザ・青春シグナル、森島美玖、坂上太一、オープニングMAX:かつら
info. 夜空と月のピアス 052-654-5595

new! 8月24日(金)
東京/八王子 Groovingmamagon
東京都八王子市三崎町3-5 第五山西ビル3階
「音暖波」
開場19:30 / 開演20:00
チャージ ¥1,000(+ドリンク)
​出演:ハマノヒロチカ、中山八大(808)
info. Groovingmamagon 042-627-1001

new! 9月6日(木)
東京/学芸大学 APIA40
東京都目黒区碑文谷5-6-9 B1
「a Song ~この花は散らない~」
開場18:30 開演19:20
前/当¥2000/¥2300+drink
出演:島崎智子(vo,p)、ハマノヒロチカ(vo,p/ex.野狐禅)、高橋小一&サモン(vo,g/ba)、古田桂介(vo,g)
info. APIA40 03-3715-4010

new! 9月16日(日)
東京/西荻窪 ARTRION
東京都杉並区西荻南3-12-1 日伸西荻プラザB1F
平原食堂×山口土下座企画「ガハクカレーの逆襲!vol.4」
open18:00/start19:00
前売り3500円/当日4000円(別途1drink)
※ガハクカレー、ヒロチカレー、平原食堂カレー、食べ放題!
出演:山口土下座/ハマノヒロチカ/ぬまのかずし/平原謙吾(O.A)

new! 9月22日(土)
埼玉/南浦和 宮内家
埼玉県さいたま市南区南本町2-3-8 志賀パレスビルBF
開場18:30 / 開演19:30
¥2,500(+ドリンク)
​出演:ハマノヒロチカ、長津宏文
info. 宮内家 090-5443-7970

new! 9月23日(日)~24日(月)
新潟/岩室温泉 岩室観光施設いわむろや
新潟県新潟市西蒲区岩室温泉96-1
「いわむロックFESTIVAL2018」
OPEN 10:30/START 11:00/CLOSE 18:30
入場無料
​出演:音速ライン、琴音、岡村翼、杉本ラララ、もりきこ、岩船ひろき、シロとクロ、鈴木恵TRIO、GOOD BYE APRIL、Earls Court、TRY TRY NIICHE、GLIDER、andare、YKJ、ハマノヒロチカ、key:、the cheesecakes、原生真、吉井ミキ、真島梓、市川淳之介、まつうらゆか、無為の所為、前田大志、新谷隼平、小口美弥子、タカノトモノリ、小関峻、齋藤尚也、稲葉一良、遠田有平、灯台motor crisis

new! 10月20日(土)
名古屋/池下 GURU×GURU
愛知県名古屋市千種区池下1-4-23 アミュゾン池下1F
「GURUxGURU 10th PARTY!!」
詳細未定
​出演:ハマノヒロチカ、中野こーじ、ウエハラアツシ、ミザラシ、他
info. GURU×GURU 052-764-9696

new! 10月27日(土)
福島 Player's cafe
福島県福島市栄町12-29 グリーンタウン栄町4F
ハマノヒロチカ「Wonderful World」リリース記念「Going Wonderful tour」
OPEN 17:30 / START 18:00
前売¥2,000(1ドリンク別¥500)/当日¥2,500(1ドリンク別¥500)
チケット発売:2018/08/11(土)AM10:00~
​出演:ハマノヒロチカ、ミノノサトエ、他
info. U-ONE MUSIC 024-597-7202




ハマノヒロチカへのメッセージ、ライブやイベントのお誘い、チケット予約やお問い合わせ、その他面白そうな話などは、画面左のメッセージ送信欄からお問い合わせください!
コメント (22)

夏のカレー大感謝祭2018

2018年08月07日 23時23分23秒 | ヒロチカレー

 ライブでずーっと「11回目」って言ってたけど、秋から始まって季節ごとにやってんだから、夏のカレー大感謝祭は4の倍数にならないとおかしいですね。12回目でした。。。

 というわけで、今回のカレーは、梅しそチキンカレー!
 珍しいですが、梅の風味を生かしたカレーを作ってみました。

 梅のカレーは初めて食べた、という感想をたくさんいただきましたが、実は少ないながらも梅のカレーを出すお店はありまして、有名なのは初台の「たんどーる」ですね。もともと沼袋の名店として名を馳せたたんどーるですが、病からの休業を経て、2016年に初台に復活。その代名詞とも言うべき看板メニューが梅のカレーでした。
 たんどーるはカレーマニアにもファンが多く、影響を受けて梅のカレーにトライしてみたという話もちらほら。見よう見まねではありますが、僕も梅を生かしたカレーを作りたい!ということで完成したのが今回のカレーです。ポイントはトマト。梅の酸味を、うまくカレーに馴染ませてくれるパイプ役になってくれたように思います。

 そして今回、36°5スタッフとして厨房に入ってくれたユカさんは、以前日野でドードーというカレー屋さんで働いていたということで、初のコラボレーション!ユカさんが作ってくれたキーマカレーは、梅カレーと見事なコントラストを描いてくれて、相乗効果で本当にレベルの高いカレープレートにしてくれました。

 変わり種カレーに、初のコラボレーションということで、どうなることかと思ったりもしましたが、見事に大成功!美味しいカレーをごちそうさまでした。

 ライブは、いよいよサポートという域を脱してユニット感も出てきた、我らがグンジケンゴと。こちらも、いいライブになったんじゃないかと思います。こっちもいいコラボだったんじゃないかな!

 次回はいよいよ4年目突入、秋のカレー感謝祭!
 日程は11月18日を予定しております。次はどんなカレーにしようかな。要チェックですよ!
コメント

8月18日(土)~19日(日) キタムラリョウpresents「ミエフェス。vol.9」

2018年08月06日 23時20分07秒 | ライブ告知

 また今年も三重の熱い夜がやってきますね。
 我らがキタムラリョウ主催、ミエフェスに今年も参加させていただきます!
 全国津々浦々から集う錚々たる歌うたいの競演、今から楽しみなのと同時に、今年も体力が持つかどうか、戦々恐々としております。笑
 入場無料、投げ銭となっていますので、お近くの方はぜひふらっとお立ち寄りくださいな!
コメント

9月22日(土) 南浦和 宮内家

2018年08月03日 00時30分43秒 | ライブ告知

 札幌LOGより、我らが長津さんと、関東でのツーマンが決定しました!
 場所は初めましての宮内家。埼玉県もいろんなところでライブをさせてもらいましたが、南浦和は初めてですね。
 前回のツーマンのフライヤーとは異なり、今回は悪意の感じない写真が使われていて安心です!笑
 関東でもガチンコ勝負で臨みます!ぜひ応援お願いします!
コメント

レコ発ワンマンありがとうございました

2018年07月29日 01時16分47秒 | 日記

 ありがたいことに、無事にアルバムも発売されまして、各地から購入の知らせも届いております。
 いやもう、本当にお待たせしましたね。
 思えば、2013年に「最後の青春」を出したあと、2014年に「ヒカリ」を出して、2015年に「センチメンタル」を書いて、その頃からなんとなーく思い描き、2016年に「わらべうた」と「斜陽」が出来て、ああ、これで一気にアルバム作ってしまえる、なんて思いながら作り始めたセカンドアルバム。そこで一気に作ってしまえれば良かったのに‥‥いや、アルバムを作るのって時間かかるんですね。

 でも、時間をかけた甲斐あって、本当に良いアルバムになったんじゃないかと思っています。
 矢野絢子さんが書いてくれたコメントにあるように、歌唱力だけはまだまだ前途多難の様相を呈してはおりますが、そこを補ってなお、良いアルバムになったんじゃないかと思っています。


 レコ発ワンマンライブも、たくさん集まっていただいて本当にありがとうございました。
 ‥‥って、もう2か月以上も経って、何を言ってるんだって声が聴こえてくるようですが。笑
 当日はなんだかえらく緊張してしまって、言いたいことの1割も喋れなかったような記憶しかなく、その想いの丈をせめてブログにと思ったものの、その巡る想いはパソコンの前に座ってもなかなか形にならず、ひねもす言葉をこねくり回すのみ。

 数か月にわたるレコーディングにお付き合いいただいたAPIA40は、遡ればアンダーグラウンドの魔窟の入り口として渋谷のガード沿いに口を開けていた渋谷APIAであり、札幌LOGでそのライブに打ちのめされた遠藤ミチロウさんが根城としているライブハウスAPIAでありました。
 まだ野狐禅を結成して間もなかった頃、札幌LOGで長津さんのオーディションみたいなライブを何回かやっていた頃、ふらっとLOGに立ち寄ったときがたまたま遠藤ミチロウさんのライブで、「勉強になるから観ていきな」と勧められて初めて見たミチロウさんのライブ。そこで、それまでの「いわゆるライブ」の概念が崩れ去り、「いわゆるライブ」とはこういうライブを指すのかと衝撃を受けたという夜がありまして、そのミチロウさんの根城が、当時渋谷にあったAPIAでした。
 その後、野狐禅は東京に出てきて、渋谷APIAの門も叩いた。それほど回数は出演しなかったけれども、まだまだ若造だった僕らにとって、大きな試練だった。

 時を経て、ふとしたことから僕は碑文谷のAPIA40へ出入りするようになった。
 APIA40は、場所は変わっても、変わらずマスターの哲男さんの眼が光っていたが、野狐禅だとか、野狐禅じゃないとか関係なく、一人の表現者として迎えてくれたし、そのステージは、一人の表現者として、矜持や覚悟を問いかけてきた。
 自信が無かったことを見透かされるように、最初のライブは散々だった。こりゃダメだなと思った。
 何度か目のライブで初めて、APIA40のグランドピアノの音が、気持ちにシンクロしたような気がした。その日のライブはとても気持ち良かった。いつか、このピアノでワンマンライブをやりたいなと思った。


 思い入れが先走ってしまったんですね。
 お客さんありきのライブのステージで、自分の夢とか積年の想いなんて、本当はさほど重要じゃないのだけれど、ちょっと先走る気持ちに言葉がついていかなかったような、そんな気がしています。
 でも、なるべくその時の気持ちのままに、丁寧に、大胆に、迷うことなく、今のハマノヒロチカのライブが出来たんじゃないかと思っています。

 それだけだと、何かを果たすことだけが目的になってしまいそうで、心のどこかにピリオドが打たれそうで、何かが終わってしまうのが嫌で、あえて新曲「はじまりの唄」でライブを始めました。
 まだまだ、自分の気持ちだけ満たされてしまいそうだけど、客観的には何も始められちゃいない。ここからが勝負です。頑張ります。
コメント

7月14日(土) 熊谷MORTOR RECORDS「チャー絆&ハマノヒロチカ~ダブルリリース記念公演」

2018年05月27日 16時27分24秒 | 日記

 7月14日、熊谷モルタルレコードのライブのフライヤーが届きました。
 この日は、チャー絆「最後の声になるなら」と、僕の「Wonderful World」のダブルレコ発ということになっております。よく一緒にツアーも廻ったチャー絆と、この縁は嬉しいですね。
 そして、前回もご一緒させていただいた前田大志くんをはじめ、対バンも強力!楽しみです。
 ぜひぜひ、皆さまのお越しをお待ちしております!
コメント

7月1日(日) 吉祥寺 Star Pine's Cafe「ぐんじまつり」

2018年05月27日 15時38分23秒 | ライブ告知

 7月1日、吉祥寺Star Pine's Cafe「ぐんじまつり」のフライヤーが届きました。
 コロニー落としでは郡司総帥、そしてわたくしのソロでもパーカッションサポートでおなじみの郡司顕吾が、38歳の誕生日を迎えるこの7月、彼が参加する全バンドが参加するお祭りを開催します!
 もちろんわたくしも、ハマノヒロチカ&郡司顕吾のデュオと、そしてコロニー落としではハマノヒロチカ大尉として、ダブルヘッダーで臨みます!何気に、ソロとコロニー落としとの対バンは初めてかな?
 ファミコン音楽生演奏バンドとしても超絶楽しいライブをお約束、そしてデュオのほうもいつも通りに完全燃焼をお約束でございます。
 ぜひ、我らが郡司顕吾のお祭り、一緒にお祝いしましょうー!
コメント

6月10日(日) 小樽 A.LIVE「A.LIVE NIGHT vol.19」

2018年05月27日 14時44分16秒 | ライブ告知

 6月10日小樽ライブのフライヤーが届きました。
 野狐禅時代は、FMおたるで番組をやらせてもらっていたり、何かと想い出の多い小樽、ソロになってからもちょくちょくお邪魔していましたが、しっかりとライブさせていただくのは初めてですかね。おそらく初めてだと思います!以前、LOGでご一緒させていただいた高橋麻衣子さんに企画していただきました。
 アップライトピアノがあるお店だそうで、どんなピアノなのか、そしてどんなイベントになるのか、想いでも数多い場所なので楽しみです!
 皆さんのお越しをお待ちしております!
コメント

6月9日(土) 札幌 LOG「Going Wonderful Tour」札幌編

2018年05月05日 23時42分03秒 | ライブ告知

 6月9日(土) 札幌 LOG「Going Wonderful Tour」札幌編ということで、フライヤーを長津さんが作ってくださいました!
 いやぁ。。。こんな写真、なぜ残っていたんでしょうか。笑
 とはいえ、ススキノ時代のLOGの写真は懐かしいですね。
 長津さんとのツーマン、リリースツアーということで、長尺でやらせていただきます。ぜひ札幌のみなさんはチェックしてくださいませー!
コメント (1)

旅日記

2018年05月03日 23時31分54秒 | 日記

 ゴールデンウィークに入り、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

 僕はと言えば、ようやく完成したアルバムの全国発売とワンマンを控え、一足先に手売りを開始しまして、僕のひさびさのリリースツアー「Going Wonderful Tour」もスタートしました。
 ツアーと言っても、東京で仕事やらいろいろありまして、3~4本ほどのライブで区切りながら、何か月もかけて全国を廻るようなスタイルではありますが、でも、自分の名前やタイトルを冠にしたツアーとなると、気合もひとしおです。

 手売りの初日となった日野のSoulKをはじめ、各地でたくさんの皆さんにCDを買っていただき、早くも届き始めた感想にも、本当に力をいただいています。
 自信作です、なんて方々では言っていたけれども、あのアレンジが良かったとか、好きだったあの曲がようやく家で聴けるとか、そういう具体的なお話を訊けると、ようやく「自信作」という言葉にも血や肉がついたような気持ちになりますね。


 名古屋では、偶然にも?同じ日に名古屋でライブをしていた竹原ピストルと合流しまして、ひさびさのバカ話が盛大に咲き誇りました。おかげでツアー中だというのに、ずいぶん深酒してしまった。なんか、あんまり変わってなくて良かったです。笑
 松阪は、野狐禅以来、実に9年ぶりのM'AXAでライブでした。その野狐禅ラストツアーのときにスタッフとして働いていたというタナカコウジ君が組んでくれまして。
 松阪M'AXAは、全国にいろんなライブスポットがあるけれども、その中でも屈指のお気に入りスポットでして、これだけの機材と音響で、ゆったりと音楽が楽しめて、ミュージシャンを温かくも厳しく育てている場所は他には無い!と思える場所。それだけに、一人で行くのもちょっと覚悟が要りましたね。
 最終日の堺はPINEAPPLE EXPRESS。大阪府は何度となく足を運んでいますが、堺は初めてでしたね。サコウイサオさんがイベントを組んでくれたのですが、堺のイメージ通りでもあるような、イメージを大きく飛び越えるような、ファンキーなお店の雰囲気にすっかり虜になりました。楽しかったなぁ。

 相変わらずのスタイルでやってまして、「最後の青春」でお客さんがドン引きすることも相変わらず多いのですが、でも、僕の言葉や表現に応えてくれて、気に入ってくれるお客さんもちょっとずつ増えてきまして。
 そういう反応のひとつひとつに、本当に助けられていますし、パワーをもらっていますし、自分を作っていってくれているなと、最近はそんな風に思います。
 歌を始めた頃なんかは特にそうだったんですが、やっぱり、僕は自信がなくて、迷ったりブレたり、いろいろ見失ってしまいがちでした。でも、お客さんに認められることで、そういう迷いを振り払うことができるようになったし、自分を信じられるようになったし、それが自分のステージをより純粋なものにしていってくれて、好循環が始まっていると思っています。

 リリースツアー最初の遠征を、そんな気持ちで終えられて、来たるワンマンにも大きな弾みになりそうです。
 金曜日の夜、平日ということでスケジュールのやりくりも大変じゃないかとは思いますが、せっかくのグランドピアノでのワンマンステージですし、今すごく良い感じですから(笑)、ぜひ18日は学芸大学APIA40に足を運んでくださいましー!

コメント