ハマノヒロチカブログ

ピアノ弾き、ハマノヒロチカの雑記的ブログです。

ハマノヒロチカ スケジュール

2019年12月31日 23時59分59秒 | ライブ告知
▼ハマノヒロチカのこれまでのリリース・参加作品、プロフィール等は、こちらをご覧ください。
ハマノヒロチカウェブ

※このライブスケジュールは常にトップに掲載されています。最新記事は一つ下の記事になります。


ハマノヒロチカ ライブスケジュール
2月24日(日)
東京/西荻窪 ARTRION
東京都杉並区西荻南3-12-1 日伸西荻プラザB1F
ハマノヒロチカ生誕42周年&芸能生活10周年記念「大創業祭」
開場 17:00 / 開演 18:00
前売 ¥2,500(早期予約特典:「Going Wonderful Tour」ワンマンライブ@APIA40 2018.5.18 ライブ映像DVDプレゼント!)
出演:ハマノヒロチカ、郡司顕吾(perc)、井上大地(g)、タンク佐々木(g)

new! 3月6日(水)
東京/町田 Coffee&bar ivy
東京都町田市原町田3丁目4-4
OPEN 19:00/START 20:00
¥2000(D別 要オーダー)
出演:ハマノヒロチカ、山本慎太郎、キタムラリョウ、マサ・タケダ
info. ivy 042-860-7041

3月10日(日)
東京/日野 SoulK
東京都日野市大坂上1-30-26 Lapport Bild.4F
Open 18:30
Charge ¥1,500(+オーダー)
出演:19:00~田中康乃進 / 19:50~ハマノヒロチカ / 20:40~ KASSY!
info. SoulK 042-584-4144

new! 3月15日(金)
札幌 LOG
北海道札幌市北区北14条西3丁目 ゼウスビル地下
「はらぺこカレー教室デラックス 十杯目」
開場:19:00 / 開演:19:30
料金:¥1,500-(1dr)+カレー 先着粗品進呈      
出演:長津宏文、ハマノヒロチカ、my&jennie、仔羊亭たいよう、シューイチ・ヴィシャス、misaki姫、射らんぴゅ〜。
info. LOG 011-737-5388

3月16日(土)
札幌 LOG
北海道札幌市北区北14条西3丁目 ゼウスビル地下
「ハマノヒロチカ ソロライブ」
チャージ:3000円(1d付き)
開場 19:30/開演 20:00
予約特典「Going Wonderful Tour」ワンマンライブDVDプレゼント!
出演:ハマノヒロチカ
info. LOG 011-737-5388

new! 3月30日(土)
東京/幡ヶ谷 36°5
東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-1 平沼ビル2F
らぁめん×水野共同企画『ガヤ殿 第三回』
OPEN 16:30 / START 17:00
CHARGE¥2500- (別途1ドリンク¥600)
出演:【越谷】東京ペッパーズ・HACO・マツセヒロシ
【幡ヶ谷】水野裕志・ハマノヒロチカ・みゅーおおやま・杉本惠祐
info. 36°5 03-5351-3605

new! 4月21日(日)
東京/幡ヶ谷 36°5
東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-1 平沼ビル2F
36゚5&川上紘史共同企画『寄り添える場所 第18夜』
OPEN 18:30 / START 19:00
CHARGE\2500-(別途1ドリンク¥600)
出演:川上紘史・滝千奈美・ハマノヒロチカ・RYOJIROCK
info. 36°5 03-5351-3605

new! 5月4日(土)
東京/幡ヶ谷 36°5
東京都渋谷区幡ヶ谷2-13-1 平沼ビル2F
幡ヶ谷36゚5 11周年ウィーク4日目昼の部「春のカレー!スーパー感謝祭ワンマンライブ!!」
OPEN 11:30 / START 12:30
前売¥2500/当日¥3000(別途1ドリンク¥600)
出演:ハマノヒロチカ
※春の11周年おめでとうヒロチカレー販売します!
info. 36°5 03-5351-3605


ハマノヒロチカへのメッセージ、ライブやイベントのお誘い、チケット予約やお問い合わせ、その他面白そうな話などは、画面左のメッセージ送信欄からお問い合わせください!
コメント (22)

高知ワンマン&ツアーありがとうございました

2019年02月15日 00時37分39秒 | 日記

 先週末は、高知でのワンマンをはじめ、香川、大阪と3ヶ所を廻るツアーでした。
 初めての東京以外でのワンマンということで、果たしてどうなることかとドキドキしておりましたが、満員御礼、本当に熱く盛り上げてくださって、本当に嬉しかったです。ありがとうございました!
 そして、香川は高松BEATLESでのスリーマン、大阪は京橋セブンデイズではパーカッションの那有多くんとのデュオ編成と、今回はなかなかに盛りだくさんで目まぐるしい遠征だったなと思いますが、どの会場もしっかり全部出し切ってきましたし、熱い声援もたくさんいただきましたし、嬉しいお言葉もたくさんいただきました。控えめに言っても大充実の3日間でした!

 野狐禅時代からのお客さんも多くて、それはそれでありがたいことでもあり、でも正直、複雑な気持ちもあるのも事実です。僕の中ではとっくの昔に終わっていることでもあるし、みなさんの中で今も生き続けていることがあるのなら、それは本当にありがたいことでもあります。
 ただ、どういうきっかけであったとしても、自分のライブをやって、それに対して嬉しい反応があったなら、それこそが自分の求めるものだし、自分の礎になっていくものだと思います。
 そういう意味でも、今回のツアーは、自分にとってしっかり手ごたえのあるものになったなと思いました。

 とかなんとか、毎回ツアーのたびに能書きも、もういいですね。
 ハマノヒロチカが、良いライブやってると、突き詰めるのはそれだけです。
 弾き語りも、リズムを入れた編成も、どんどん経験を積んで、やればやるだけ研ぎ澄まして、すべては良いステージをやるため、それだけです。

 大創業祭も近づいてきました。
 そしてその先には、札幌での初ワンマンや、幡ヶ谷でのステージも。
 ハマノヒロチカが、良いライブやってると、ひたすらそこに突き進んで行きたいと思います。
 うーん、また年甲斐もなくギラついてるな!笑
コメント

「Wonderful World」全曲レビュー#2 夏にサヨナラ

2019年02月03日 00時50分03秒 | レビュー

 「夏にサヨナラ」は、2014年に「ヒカリ」をシングルでリリースした際に、カップリング曲向けに書き下ろした曲ですね。
 「ヒカリ」の対比になるような、かつ、いかにもカップリング曲らしいテイストを狙って書きました。
 歌詞のテーマは「夏の恋」ってんで、僕の作品の中では珍しいテーマかもしれません。ちょっと青くて淡い感じを狙って書きました。

 ちょうどこの曲を書いたころ、チャー絆との対バンがけっこう多くって、チャー絆のサウンドとか世界観って大好きなんですね。なので、そのあたりもちょっと歌詞とかメロディに出ているのかもしれません。

 シングル「ヒカリ」でレコーディングしたときは、バンドサウンドをイメージしつつも、ドラムやベースなどは打ち込みで、シンセオルガンをフィーチャーして、ちょっと90年代っぽくもあるような歌謡曲テイストなサウンドにしておりましたが、アルバムレコーディングでは、仙台のバンドマン達の力を借りて、完全なバンドサウンドのレコーディングを仙台のスタジオで敢行しました!
 ギターのタンク佐々木君は、野狐禅時代から僕のライブをずっと見てきてくれていて、好きなミュージシャンや好きな作家さんなどの趣味も合うので、仙台に行くとよく遊んでもらってました。
 シングルバージョンの「夏にサヨナラ」はギターレスだったので、ギターアレンジはなかなか難しいところだったんじゃないかなと思うのですが、タンクさん節と言いますか、僕らが大好きなあの頃の雰囲気をふんだんに取り入れた、骨太でポップさもあるいい塩梅のギターを弾いてくれました。
 ベースのあきのりとドラムのかずきも、仙台ではよく一緒にライブをさせてもらった仲。シングルバージョンのフレーズも踏襲しながら、バンドとしてのグルーヴやギターとの絡みをしっかり生かしてくれて、すごくゴキゲンなサウンドになりました。
 そういえば、この曲をこのメンバーで録ろう!と決めたのも、ライブがきっかけだったな。仙台ハマノヒロチカバンドで、2日間だけだけどツアーもやって、1曲目をこの曲にしてて、このポップに元気よく始まる感じが忘れられなくて、ぜひこのアルバムに入れたいと思ったのでした。

 レコーディングは仙台のケーズスタジオにて。エンジニアをやってくれたヒロオ君含めて、みんなであれやこれやと試しながらのレコーディングは本当に楽しかった!このメンバーでもっといろいろレコーディングをしたいものね。
 タンクさんとあきのりは、今度の大創業祭にも来てくれるということで、ひさびさに音を合わせてみるのが楽しみです!
コメント

ベストムービーセレクション開催されます

2019年01月20日 23時48分52秒 | 日記

 我らがシネマ健康会主催「ベストムービーセレクション」が、1月26日(土)、27日(日)に開催されます。
 わたくしが音楽を制作・監修した「サーチン・フォー・マイ・フューチャー」が両日、「マイ・ツイート・メモリー」が27日に上映されます!
 「サーチン・フォー・マイ・フューチャー」のユミコ役の山本真由美さんは、最近「カメラを止めるな!」で一躍脚光を浴びておりますね。ぜひその勢いで、「サーチン~」もヒットに導いてもらいたい!笑
 ひさびさの劇場公開、ぜひチェックしてください!


■ベストムービーセレクション
2019年1月26日(土)・27日(土)

場所:新宿アットシアター
新宿区新宿5-4-1 新宿QフラットビルB1
JR 新宿駅 徒歩10分/地下鉄 新宿三丁目駅 徒歩3分

詳細はシネマ健康会のサイトにて!
http://shineken-yotei.seesaa.net/article/463587904.html
コメント

冬のカレー大感謝祭2019

2019年01月15日 01時04分17秒 | ヒロチカレー

 日曜日は恒例、冬のカレー大感謝祭2019でございました。
 今回のカレーは「ほうれん草とトマトのサグチキンヒロチカレー」と題しまして、インド料理の定番ですね、ほうれん草たっぷりのサグチキンカレーをご用意させていただきました。
 今回は、家にフードプロセッサーが無かったもので、ほうれん草ペーストを試作することができず、なんと、ぶっつけ本番という大胆な試みでございました。笑
 思ったよりもほうれん草の量が足りず(1キロ用意したのに!)、インド料理屋さんでよく見るような鮮やかな緑色のカレーにはなりませんでしたが、それでもほうれん草の甘味はしっかり出ておりまして、トマトの酸味、チキンの旨みとも相まって、スパイシーかつ口当たりの優しい、すごく良いバランスの美味しいカレーになったと思います!
 トッピングとしまして、これまたインド料理の定番、サグパニールをイメージした、チーズ味のスナックをつけてみました。食感的にも、味わい的にも、すごく良い仕事をしてくれたんじゃないかなと思います。
 ちなみに、サグは「ほうれん草」、パニールは「チーズ」という意味ですね。
 今回のカレーは会心の一作だったなぁ。おかげさまで打ち上げを待たずして完売しちゃいまして、こっそり残しておいてくれた超ミニサイズ分しか食べられませんでした。今度家でも作ってみよう!

 ライブは全6組と特大感謝祭サイズのメンツでしたが、みんなのライブもすごくステキで良い夜でした。
 まっと君のライブでは「世界中が歌えば」を飛び入りで、それからチャー絆があきちゃん産休中のため今月からソロで歌い始めたユウスケのライブには「もうひとつの涙」「馬の骨」の2曲にピアノで参加と、ライブのほうも大忙しな夜でした。
 個人的な思い入れもいろいろあったけど、どちらもすごく楽しかったし、良かったんじゃないかなあと思います。ぜひまたやりたいね!
 そしてわたくしは、もう欠かせない大事な相棒となったパーカッション、郡司顕吾を迎えての渾身の5曲。疲れとか気合とか、いろいろあったけど、全部出し切ったライブができたんじゃないかと思います。

 もうカレーのレパートリーはネタ切れしてきたなーと思いつつ、ここへきてまた新しいレパートリーが増えました。また一歩、カレー屋に近づいてしまった気がします。笑
 次も渾身のカレーとライブで、いいイベントをお約束しますよ!ぜひチェックしてください!
コメント

コンビニ

2019年01月13日 01時53分34秒 | 日記

 最近のコンビニは、もう外国人の店員さんばっかりになっちゃいましたね。
 慣れない異国の地で、コンビニバイトなんて、ホントに大変だろうなーと思います。
 コンビニバイトなんて、簡単そうに見えて、あれ実は覚えることがめちゃくちゃいっぱいあるんですよね。僕も昔(大学生の頃なんで、もう20年以上前ですが)コンビニバイトやってたんですが、当時でも宅急便の取り扱いとか、公共料金の支払いとか、写真の現像(懐かしい!)の取り扱いとかが、たまにしか来ないからなかなか覚えられないんですよね。今はAmazonとかの荷物の受け取りや、チケットの発券とかもあって、レジ横のスナックも充実してるし、コーヒーも売らなきゃいけないし、ホント大変だと思います。

 が、疲れてたり、急いでたりするときなんか、ホント良くないんですが、やけに待たされたり、返事が無かったりすると、イライラしちゃったりしてね。
 あとでふと立ち返って、自己嫌悪しちゃったりしちゃう。
 なんか、弱者に強く当たるみたいな、卑怯で醜い心を、いつの間にか俺は毎日ぶら下げて生きてるんだなーって、悲しくなってしまった。
 弱きを助け強きをくじく、そんな生き方に憧れてたはずなのに。

 行きつけのコンビニのタバコの番号はもう覚えてしまった。
 例えば192番のタバコを1個だけ買って、袋はいりませんよって告げたときに、ぺろっとタバコにシールを貼る、そんなのを微笑ましいと思えるような、そんな毎日を生きていたいですな。
 商品もいっぱいあるし、こういう時はこうするって覚えきれないよね。がんばれ、がんばれ。

 でもラッキーストライクって、このロゴがいいのよ。次はバーコードのところに貼ってね。
コメント

暮れのご挨拶

2018年12月31日 17時44分30秒 | 日記

 今年もあっという間に年末でございますわね。
 なんだか、年末感をついぞ感じることのないまま、この年の瀬を迎えてしまった気もします。

 おかげさまで12月も本当に忙しく過ごさせてもらいまして、ライブやら何やらに奔走しながら駆け抜けました。今年はアルバムの発売もできたし、全国あちこちにツアーで歌いに行ったし、まあ間違いなく充実した一年だったと言えるでしょう。
 毎年毎年、年末にその年を振り返りながらブログを書き連ねて、それだけ僕の唄うたいとしての旅も年月を重ねているわけですが、まあ凡庸な言い方ではあるけれど、毎年ちゃんと前進し続けられているなと感じられていることは、本当に幸せなことだなと思います。まあ視点を変えると、あんまりやってることは変わってないというようにも言えるけれども、心の中では大きく変わっている部分があるし、客観的に見ても、前よりも良くなっている部分もちゃんとあると思う。
 で、そんなことを言いつつも、たぶんそんなものは些細なことで、なかなか変わらない世界と、大きく変わっていく世界を両方感じながら、その狭間で、どちらにも振り落とされないように必死に過ごす毎日を生きていくんだろう。

 ただ、二枚目のアルバムを出して、そのツアーを廻ってという中で、自分の歩みが、より自分らしい歩みになったのかなと、それは本当に良いことだなと思っています。

 全国いろんなところに行って、いろんな人に助けてもらったり、支えてもらったり、そういうご縁にも本当に感謝の尽きない一年でした。ライブのひとつひとつ、対バンのひとつひとつ、客席のひとつひとつ、どれをとっても、ああ今日このためにスケジュールあわせてくれて、練習してくれて、楽しみにしてくれて、期待してくれて、そうして今日この空間を一緒に過ごしているんだなと、そんなこんなが本当にありがたい。矢野さんのコメントじゃないけど、歌もへったくそだし、ピアノだってうまくもないし、そんなオッサンの弾き語りを、楽しく嬉しく大切な夜に変えてくれる皆さんの愛情に心より感謝いたします。


 この年になると、毎年毎年、そう新しい目標はできないけど、その代わりに、毎年毎年、ずっと見ていたものがどんどん確かになってくる。
 そこへ向かって、来年も変わらず精進精進の積み重ねだと思います。


 ひさびさにゆっくりと休みと言うことで散歩しましたが、天気はいいけど東京は日陰ばかりでねぇ。ゆっくり日向を歩きたいな。
 今年はいろいろあって年末帰省の予定がなくなって、まあそれはそれ、のんびりと正月を過ごします。
 みなさん、良いお年をお迎えくださいね。
コメント (1)

1月31日(水) 新井薬師前 ナカノステレオ「生きるって素晴らしい #1」

2018年12月27日 23時50分06秒 | ライブ告知

 1月31日(水) 新井薬師前 ナカノステレオ「生きるって素晴らしい #1」のフライヤーが届きました。
 来年、渋谷DUOにてワンマンを行う陣内和生さんの応援イベントということですが、僕のワンマンも応援していただけるように頑張りますよ!笑
 もちろん熱い皆さんのライブもそうですし、アップライトピアノが弾けるのも楽しみです!ぜひお集まりくださいませー!
コメント

「Wonderful World」全曲レビュー#1 流れ星

2018年12月02日 16時34分14秒 | レビュー

 今年リリースのセカンドアルバム「Wonderful World」も、リリースから半年が経ち、今年の遠征もほぼ終わりまして、まだ廻れていないところはありつつも、ある程度は全国の皆さんの手にも行き渡ったのかな、なんて思っております。
 ライブ会場ではありがたいことにコンスタントに売れ続けておりまして、本当にありがたい限り。
 ただ、中にはもう半年以上前に手に取ってるし、まあ最初は聴いたけども、最近は新鮮味の無くなってきているし、新しいCDもいっぱい出てるし、そろそろブックオフに……という方もいらっしゃるかもしれません。
 ……ちょっと待った!!
 そんなアナタのために、また新鮮な気持ちでアルバムを聴くことができるかもしれない、全曲セルフレビューをお届けしたいと思います!……という、最後の青春のときと同じ導入でスイマセン。


 まず1曲目は「流れ星」。

 ライブでも導入で歌うことが多いですが、本当に流れ星が降ってきたかのように、イメージが急に湧いて出てきたような歌です。1番だけで終わってしまうのも良い。
 この曲を書いたのは、歌詞にもある通り、本当にちょっと疲れているときだったのですが、それを無理にどうこうすることなく、そのときの気持ちが素直に歌詞になったような気がしています。何を訴えるとか、誰かを助けるとかではなく、ただただ、寄り添うだけ。でも、ただ寄り添うだけだからこそ、そんな存在にできることがある。そんな歌なんじゃないかなと思います。

 今回はAPIA40でレコーディングさせていただきましたが、その最大のメリットは、なんといってもグランドピアノをちゃんとプロのエンジニアさんに録ってもらえるということ。なので、なるべくピアノだけで十分なところはピアノだけで、弾き語りの一発録りで録音したい、と思っていました。
 ……「最後の青春」のときは、絶対やりたくなかったんですけどね、弾き語りの一発録り。
 歌がうまくなったとか、自信がついたとか、そういうのは多少はありつつも、蝸牛の歩みだな、とは思います。ただ、前回「最後の青春」で、どうにか自分の歌をあれやこれやレコーディングしてみて、やっぱり弾き語りでしか表現できないものもあると再認識しましたし、一発録りの修正なしのそのまんまの説得力というのも再認識しました。
 腐ってもピアノ弾き語りの端くれとして、今回は、そういうものをちゃんと表現しよう、曲がりなりにもこれで歌い続けてきて作るアルバムなんだから、そのままが良いものはそのままを出そう、というのを心に決めて取り掛かりました。
 「最後の青春」では、ミックスなども自分一人で決めてやりましたが、そのままが良いのかどうか、という部分では、ついぞ自分では最適解がわからないままでした。今回、エンジニアをお願いしたマリエさんは、APIA40での僕のライブも何回も見てくれて、僕が好きな音ややりたい表現も理解してくれていたので、その部分のジャッジも、ずいぶん頼ってしまいました。でもその分、信頼している人のジャッジなので、僕も思い切ってやりきることが出来て、この選択は正しかったなと思っています。

 シンプルにピアノと歌だけで、たった2分間の流れ星。
 すごくイメージ通りに、夜空を流れるように録音できたと思います。
 自分の弾き語りの音源で、初めて気に入ったものが作れたかもしれない。大切にしたい歌です。
コメント

秋のカレー特大感謝祭2018

2018年11月27日 00時47分51秒 | 日記

 ちょっと時間が経ってしまいましたが、11月18日は恒例のカレー企画、秋のカレー特大感謝祭でした。

 なんだかんだで、大変だとかなんとかブツブツ言いながらも、気づけばまるっと3周年。ということで、オープニングでは、これまでのカレー感謝祭を水野店長と一緒に振り返るフリートーク。ホントに、並べてみるとなかなかですね。定番と変わり種メニューのバランスもなかなか良く、このままカレー屋さんのメニューにしちゃいたいぐらいでした。笑

 そして今回のカレーは「Sチキンカレー」。ここで一旦原点に立ち返り、1回目に作ったスタンダードなヒロチカレーを、もっと美味しくというコンセプトで作り直した、スペシャルでスペリオールでサティスファクションな、セカンドチキンカレーでした。当日は「S」の意味を明かさず(というか考えていなかった)、みんなに「想像してください」などと投げてしまったので、サディスティックとかサレンダーとかいろいろ言われてましたが。笑
 そして、さらにスペシャルなカレーコラボ、グンジケンゴの中華風カレーと、スタッフゆかさんのアチャールも非常に美味でした!つけあわせが美味いと、カレーは何倍も美味しくなるね。本当に極上のカレープレートにしていただきました!

 ライブのほうは、グンジケンゴの強力なパーカッションに加えて、井上大地のギターに煌びやかに彩ってもらい、本当に心から楽しいライブができました。この3人で僕の曲をやるのは、いつぞやの大創業祭以来ですかね。もっともっといろんな曲をやりたかったなぁ。
 グンジケンゴとは、これまでもたくさん一緒にやってきたし、大創業祭でも手伝ってくれることが決まっているし、大地くんとは、12月も1月も対バンの機会があるし、はたまたコロニー落としでもスケジュールが決まっているしで、まだまだいろんな機会があるけれども、この3人でやるハマノヒロチカの音ってのも、二人とも呼吸とか気持ちを理解してくれていて、たまらないセッションになりますね。

 無事に3周年を迎えて、4年目もまだまだやっていきます!
 次回は1月13日に14回目のカレー感謝祭が決定しています。ぜひチェックして、カレーを食べに、ライブを楽しみに来てくださいね!
コメント