松岩寺伝道掲示板から 今月のことば(blog版)

ホームページ(shoganji.or.jp)では書ききれない「今月のことば」の背景です。一ヶ月にひとつの言葉を紹介します

死をわすれると……青山俊董

2014-08-08 | インポート

死を忘れると生がぼやけてくる

Img_5118七月下旬に夕立があって、一輪の蓮の花ビラが全部落ちてしまい、風もあったので吹き飛ばされてしまいました。翌朝、あちこちへ散らばった花びらを集めて、鉢の周囲にそれらしくまいたのですが、どうも綺麗にいかない。センスがないからだと言われてしまえば、それまでですが、作意があると美しくならないものです。冒頭に掲げた写真は、その数日後、作意なしに自然に落ちるところに落ちた花びらです。
落ちるところにおちるといえば、�輾(ホウ)居士の「好雪片片、別所におちず」を思い出します。この禅語の由来を書けば良いのですが、その気力を熊谷の暑さが奪ってしまう今日です。
さて、今月のことばは曹洞宗の青山俊董師のことばです。よく講演などで口にされることばのようです。著作にもあるのかもしれませんが、筆者はあまり熱心な読者ではないので不明です。
7月末から8月初旬にかけて衝撃的な事件と痛惜な自死が報道されて、このことばの重要性が増したのか、あるいは「ぼやけてきた」のか。その両方だと思うけれど、まったくなんとも言いようのない、炎暑の出来事です。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 法句経 160より | トップ | 『私の履歴書』より東大寺長... »
最近の画像もっと見る

インポート」カテゴリの最新記事