松岩寺伝道掲示板から 今月のことば(blog版)

ホームページ(shoganji.or.jp)では書ききれない「今月のことば」の背景です。一ヶ月にひとつの言葉を紹介します

過去は変えられないけれど、

2017-12-01 | インポート

過去は変えられないけれど、過去の捉え方で今と未来は変えられる   入江杏

忙しい現代です。何でも早ければ好いとおもって、年忌法要などを本当のお命日より一ヶ月も早くする人がおられるのですよ。いろいろと都合があるのでしょうが、やはり正当にちかい日の方がよいと思います。「あの時は、紅葉が色づいていて悲しかったな」とか「寒かった」「暑かった」などなど、故人を思い出すには背景も重要です。
 というわけで、12月のことばも前から用意していたのでは臨場感がない。やはり、12月1日に考えなくては。なんていうのはなまけ者の言い訳で、単に遅れただけですが。
遅れたおかげで、ホカホカの言葉をお届けします。平成29年12月1日付け日経新聞・「私見卓見」欄に寄せられていた、文筆家・入江杏さんの記事です。
全文を文末にコピーしましたので、お読みください。
 今月のことばに拝借した「過去は変えられないけれど、過去の捉え方で今と未来は変えられる」は記事の最終部分にでてきます。この言葉を目にして思い出したのは宮沢賢治の詩「永訣の朝」です。全部で56行にもなる長い詩ですが、冒頭を紹介します。

けふのうちに
とほくへいつてしまふわたくしのいもうとよ
みぞれがふつておもてはへんにあかるいのだ
(あめゆじゆとてちてけんじや)
うすあかくいつそう陰惨な雲から
みぞれはびちよびちよふつてくる
(あめゆじゆとてちてけんじや)
青い蓴菜(じゅんさい)のもやうのついた
これらふたつのかけた陶椀に
おまへがたべるあめゆきをとらうとして
わたくしはまがつたてつばうだまのやうに
このくらいみぞれのなかに飛びだした

 宮沢賢治は妹のとし子を二四歳で亡くします。亡くなろうとしている朝、とし子が「雪がたべたい」という。賢治は模様のついたかけたお椀をもって鉄砲玉のように、外へかけだしていく。亡くなろうとしている病人の枕元に集まった家族は何もすることができない。何もできない家族を思いははかって、妹は「雪が食べたいと」と言ったのではないか、と賢治は思う。「ああしてやれば好かった」「こうも出来たであろうに」と後悔するのではなく、最後に「食べたいという雪をとってきてあげられた」と、少しばかりの温かい気持ちを家族に遺すために。「過去は変えられないけれど、過去の捉え方で今と未来は変えられる」ように。だから、賢治は詩のなかで書きます。「ありがとうわたくしのけなげないもうとよ/わたしもまつすぐにすすんでいくから」
「まっすぐにすすんでいくから」と誓ったけれど、その後半年あまり、賢治は詩をかいていない。
 日経新聞「私見卓見」欄の入江さんにしても、「過去は変えられないけれど、過去の捉え方で今と未来は変えられる」と思いいたるには長い時間が必要だったのではないだろうか。、賢治の詩のなかの言葉を借りれば「おもてはへんにあかるい」本年最後のことばとします。


日経新聞H29.12.1朝刊〈私見卓見〉入江杏
 私は2000年12月、隣家に住む幼い姪や甥を含む妹一家4人を殺害された。いまだ解決していない世田谷一家殺害事件から17年間、遺族として1日も早い事件解決を願わない日はない。その一方、悲しみを抱えた人が悲しみを安心して吐露できる場が必要だと感じ、実践もしてきた。その歩みと気づきをここで共有したい。
 東日本大震災が起きた11年に亡くなった母は生前、殺人事件に巻き込まれたことを恥だとして「決して世間に知られてはならない」と私に言い含めた。実際、母は愛する娘も孫も殺されてしまった悲しみを最期まで公にできなかった。「涙も出ない。(娘一家とは)夢でも会いたいのに、夢にさえかわいい孫たちが出てこない」と嘆き続けた母。最晩年には失明した。
 悲しみを封じ込めてしまった苦悩が母から目の光を奪ったのではないか?弱い立場に置かれた人が自分の悲しみを語り出すにはどれほどの逡巡(しゅんじゅん)を抱えるかを母から教えられた。
 心に悲しみを抱えた人が「悲しんでもいいんだ」と思える場を作りたいと願い、事件が起きた12月に毎年開催してきた「ミシュカの森」という追悼の集いが今年で11回目を迎える。被害者遺族も一般の方々も垣根がないこの集いは当初は異色といわれた。従来の犯罪被害者や遺族の会合には弁護士や支援団体、メディア関係者ばかりが集まっていた。特異な事件の悲しみとしてではなく、日常の悲しみとして共有できるはずの一般の方々に開かれたものにしたかった。
 犯罪被害と関わりがない方々に私たちが抱える「愛する人を失う悲しみ」の意味を一緒に考えてもらいたい。愛する人は2度と帰ってこない。でも人は死んだら終わりではない。遺された者が亡き人の想いに応え、過去を捉え直す。亡き人との「出逢(あ)い直し」により、悲しみを生きる力に変えていける。「悲しみ」は「愛(かな)しみ」だと気づかされる瞬間があると私は信じている。
 集いを支えているのは亡夫の「過去は変えられないけれど、過去の捉え方で今と未来は変えられる」という言葉だ。今年は慶応大学で12月9日午後2時から小児科医で文筆家の細谷亮太先生をお迎えして開催する。悲しみに縁がない日常を送っていると感じている方々にもぜひ来ていただきたい。「悲しみの種」は「愛しみの種」なのだから。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

あかあかや あかあかあかや あかあかや あかあかあかや あかあかや月

2017-11-01 | インポート

あかあかや あかあかあかや あかあかや あかあかあかや あかあかや月  明恵上人

 

寝る前に読む 一句、二句。 - クスリと笑える、17音の物語 -
夏井 いつき,ローゼン千津
ワニブックス

関東地方ではTBSテレビで木曜夜7時からはじまる、「プレバト」を見ています。ぜったいに見るかというと、そうではなくて、その時にテレビをつけていたら見る程度のファンです。なんて言っちゃって、テレビなんてあまり見ないけれど、見るときもあるんでよー、と少しばかり斜にかまえたりして。
プレバトの何を見るかというと、夏井いつき先生の俳句の添削に「さすがー」と思いながら、ビールをのんでいます。
今回、これを書くために夏井先生の略歴を調べたら、愛媛県の南宇和島郡の出身なんですね。愛媛県は俳人の宝庫です。ご存じのとおり正岡子規は松山だし、河東碧梧桐は子規より六歳下で松山藩の朱子学者の家に生まれてます。現代でいえば、坪内稔典なんて俳人もいる。ついでに言うと、俳人ではないけれど、昭和50年代に大徳寺派の管長をつとめられた中村祖順老師は西宇和郡三崎町の出身です。八幡浜市を中心にして五十キロ半径の円を描いてみれば、偉人変人俳人の宝庫ではないのか。
さて、今月の言葉は明恵上人(1173~1232)の和歌です。明恵は鎌倉時代初期の華厳宗の高僧です。五七五七七で俳句ではないけれど、もしかして夏井先生が添削したら何というだろうか、とにんまりしてみます。
明恵は月の歌人といわれるくらいで、月を詠んだものが多くあるようです。たとえば、
「山の端に/われも入りなむ/月も入れ/夜な夜なこどに/また友とせむ」
 でも、やっぱり「あかあかや」の句は出色ですね。上人の人柄そのもののよう。
 明恵上人って不思議で面白い人だから、逸話も面白いものがたくさんあります。たとえば、毎晩見る夢を丹念に書き残していたとか(『夢記』)。
あるいは、釈尊の生まれ育ったインドへの渡航を計画するが、それがかなわぬと知ると、住職していた栂尾・高山寺の山中の各所に、インドの仏跡の名をつけ、そこを巡るのを晩年の日課としたなど。
「あかあかや」の句は本当ならば十月に掲載するべきでしょう。でも、十月には伊集院静の小説の文句がタイムリーだった。それに、十月は雨ばかりで月もほとんど見えなかったから、十一月にしたという、後から考えた言い訳です。


この記事をはてなブックマークに追加

善を成すに、それをあからさまにするは己のための善であり、真の善にあらず

2017-09-30 | インポート

善を成すに、それをあからさまにするは己のための善であり、真の善にあらず
                                        伊集院靜『琥珀の夢』より

 

琥珀の夢 上 小説 鳥井信治郎
伊集院 静
集英社

 今月のテーマは、陰徳です。陰徳なんてきくとそれだけで、拒絶反応をしめす方も多いでしょう。私だって、「どこから引っぱってきたのよ。論語?」なんて思ってしまうけれど、論語ではなさそうです。『史記』や『漢書』など中国の古典にしばしば「陰徳」は登場します。仏教経典のにもあります。『(漢訳)法句経』にもあるし、『大慧武庫』『虚堂和尚語録』にもあるから、禅も好んだ言葉のようです。だから、手あかがついて鮮度がおちています。
 鮮度がおちた品物に、ふたたび活力を与えるにはどうすればよいか。2017年9月末現在の、政治状況を見れば明かです。名前を変えて、人気者が語れば同じ品物でも鮮度がよみがえります。
 どこかで聞いたことのあるような冒頭のことばも同じです。なにしろ、語ったのは当代きっての人気小説家ですから、使い古された言葉も高圧洗浄機で洗い流され新品同様にリサイクルされてしまいました。しかも、リサイクル現場が「日経新聞」朝刊の連載小説というのですから今日的です。
 まわりくどい言い方はやめて端的にいえば、小説家の伊集院靜氏が一年以上にわたり日経紙上に連載してきた小説、『琥珀の夢』が9月5日に了わりました。小説はサントリーの創業者・鳥井信治郎の一代記です。「善を成すには」で始まる冒頭の言葉は終了間近の8月31日に掲載されました。
 サントリーにはよくお世話になっているし(毎晩呑んでいるだけのこと)、昨年7月の連載当初から読み続けていました。確かに大阪船場の旦那さんの一代記ですから面白い。でも、成功者の一代記だけならば、『男の流儀』に反するのではないだろうか。と、不審に思っていた最終盤でこのフレーズに出会いました。「いい言葉だな。今度、伝道掲示版に使ってやろう」くらいの軽い気分で一節を緑色のマーカーで囲み、新聞紙ごとファイルにいれて保存しました。
 しかし、このフレーズを書くために小説家は、一年間の連載を続けてきたと知ったのは連載が終わって5日後でした。「一葉の写真」という記事で伊集院靜氏が次のように告白しています。


 一葉の古い写真が私の仙台の仕事場にある。茶褐色に色あせた写真には、一人の老人と、隣りに二人の少年が兄弟のように肩を組み笑っている。小春日和の陽が差す縁側で、老人と孫がおさまつている姿はいかにもほほえ微笑ましい。
 昭和二、三十年代、日本のどこの家にでもあった冬の風景である。私がその写真を仕事場に置いていたのは、私が東京で何かにつけて世話になり、相談にのってもらっていた人の写真だったからだ。写真を入手して数ケ月後、私と家族は仙台の自宅で東北大震災に見舞われた。家屋は半壊し、仕事場も無慚な状態となった。蝋燭の灯りの下で、日々起こっていることを記録し続ける三ヶ月が続いた。地元紙に連載中の小説も中断し、仕事のこともそうだが、これだけの死者と行方不明者がいる中で、生きることへの不安と、この先、日本はどうなるのかと、自身をふくめて日本人を見つめざるをえなかった。やがて大勢のボランティアが東北に集まってくれ、救難物資、義援金の多さに私は日本人の根底にある、手を差しのべる強さを感じた。
 ようやく上京し、あの写真の人物にも無事を報告し、届けられた水や食料の礼を述べた。その夜ひさしぶりに銀座のバーへ行った。話題は、震災のこととともに或る企業家が何千億の義援金を発表したとか、ニュースキャスターが億の金を出したことだった。
 隣りにいた友人が言った。「たしかに素晴らしい行為ですが、なぜあんな大々的に発表をするんですかね?」「どうしてそう思うんですか?」「よくは知りませんが、あなたの友人が経営する会社も震災直後、すぐに相当な額の現金を三県の知事に届けているはずです」「本当かね? 新聞記事では見なかったな」「それがあの会社の創業以来のやり方なんです。陰徳ですね」。陰徳なる言葉は知っていたが、実践している人、または企業は知らなかった。正直、驚いた。それを実践した人が、写真の人物、企業であったからだ。なんとも善き先輩と知己を得たことと、今は第二の故郷である東北にそうしてくれたことに頭が下がった。
 帰仙し仕事場をたてなおした。あの写真も崩れた書棚の底から見つかった。それを眺め返していた時、好々爺としてしか映っていなかった老人の表情と、はっきりした目鼻立ちが視界の中でふぐらんだ。陰徳を百年守らせるこの創業者はいったいどんな人物であったのか。どんな生涯を送ったのか。俄然、興味が湧いた……。大阪船場で丁稚奉公からはじめて、二十歳そこそこで店を持ち、今は世界でも有数の企業となっているサントリー初代、創業者、鳥井信治郎なる人物のことを少しずつ紐解いてみた。しかしその時点でも、私はこれを小説として執筆することは念頭になかった。(2017年9月10日付け、日経日曜文化欄)


 まだ、続くのですが後を読みたい方は(https://www.nikkei.com/article/DGKKZO20922330Y7A900C1BC8000/ )  をどうぞ。
 というわけで、同じ言葉でもそれを語る人の魅力で新鮮にもなるし腐りもするから困ったものです。
 さて、少し前に「僧侶がうまく仏教を説明できていない」という批判を読みました。うまく説明する要素のひとつとして、言葉の新鮮さがあると思うのですが。2017年10月の新鮮なことばでいえば、それは「リセット」というのかもしれません

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

一大事と申すは今日只今の心也 正受老人

2017-09-01 | インポート

 

一大事と申すは今日只今の心也。それをおろそかにして翌日あることなし

 

9月のことばを何にしようか迷いました。いつも迷うのですが、過去の記録をみても最近の傾向として、やはり仏教者の言葉が少ない。そこで、七月に続いて正受老人の『一日暮し』の後半部の一節が冒頭の言葉です。
「一大事と申すは」なぞと大上段にかまえた物言いですが、この言葉の前で次のように茶化しています。
「一日一日と思えば、退屈はあるまじ。一日一日とつとむれば百年千年もつとめやすし。何卒一生と思ふからにたいそうである」
これって、金剛經の「三世心不可得(過去をあてにしてはならない。未来をあてにしてはならない。現在をあてにしてはならない)」と同じではないの!
よくよく考えれば、金剛経の正受老人訳だったのではないか。
7月にもかきましたが、正受老人は臨済宗中興の祖と仰がれる白隠禅師(一六八五~一七六八)のお師匠さんです。中興の祖の師匠ですから、大きな寺に住して、あまたの修行僧を指導したかというと、そんなことはない。信州飯山の正受庵で母親と孤高に暮らします。母親は、真田守信の側室だったといいます。守信の父親は平成二十六年のNHK大河ドラマ「真田丸」で大泉洋さんが演じた真田信之です。つまり、慧端禅師の父親は松代藩主であるから、それなりに大事に育てられたようだけど、今風にいえばシングルマザーの母親と生涯ともに暮らしたわけです。
ここで、正受老人の周辺を少しばかり勉強していたら、書棚に師父が遺した陸川堆雲著『考證白隠和尚詳傳』(山喜房仏書林)という単行本をみつけました。昭和三十八年刊行です。陸川氏は鎌倉円覚寺で長きにわたって坐禅した居士です。著作の中で次のような疑問をしめします。
「白隠は元来実に筆まめで、且つ偈頌好きであるが、正受の訃に接して追悼の偈を作ったとか」がないというのです。あるいは「白隠が正受庵を辞したのは、二十四歳であったがその後再び訪れることがなかったのはなぜか」
言われてみれば不思議なんですね。
現代白隠研究の第一人者の芳澤勝弘氏が何かそのことに書いているかなぁ-、と思って探しているのですが、見つからない。
さて、手もとにある『考證白隠和尚詳傳』ですが、Amazonでは古書で8万円もしていた。これは少し法外だとしてもけっこう高値がついている本になっていました。売らないよ!


この記事をはてなブックマークに追加

人びとがみんなきっとすみきった心を持てますように

2017-08-01 | インポート

〈もとの経文〉
願以此功徳(げんにすくくんてい)普及於一切(ふぎゅうおーいしい)
我等与衆生(ごてんいしゅんさん)皆共成仏道(かいきゅうじんぶどう)


〈和訳〉
願くはこの功徳を以て、普く一切に及ぼし、
我らと衆生と皆ともに、
仏道を成ぜんことを。


〈超訳〉
人びとがみんなきっとすみきった心を持てますように

開甘露門の世界―お盆と彼岸の供養
野口 善敬
禅文化研究所


八月は月遅れのお盆です。七月十五日が正式なお盆の月日ですが、俳句歳時記
はお盆を秋の季語に分類しています。旧暦と新暦と入り乱れて訳がわからなく
なってしまった。訳がわからなくなってしまったけれど、一ヶ月遅れのお盆の
方が雰囲気がでます。
そのお盆のことばを何にするか少し悩みました。去年が『子ども俳句歳時記』
からの一首で、一昨年も池田澄子句集から。その前の年は青山俊董師の寸言。
というわけですから、今年は経文の超訳にしました。お盆によまれることが多
い『開甘露門』というお経があります。よくよまれるということは、その意味
を解けば、仏教がお盆をどう考えているかがわかります。
『開甘露門』の結句に普回向とよばれる漢字五字四行の一節があります。冒頭
に掲げた〈もとの経文〉です。これを普通は書き下して〈和訳〉とします。
〈和訳〉の漢文書き下しても何となくわかるのですが、何となくわからないの
は「功徳」という言葉と「仏道」です。これをもう少しかみ砕かないと、つま
らない。経文の〈超訳〉といえば半年前に紹介した伊藤比呂美さんがうまい。
というわけで、調べてみたのですが、比呂美訳「普回向」はなさそうです。
で、しょうがないから比呂美訳「観音経」で「仏道」を、「きっとすみきった
心」と訳していたので、それを拝借して「願以此功徳普及於一切我等与衆生皆
共成仏道」を「人びとがみんなきっとすみきった心を持てますように」と訳し
たわけです。
「I love youは「月がきれいね」とでも訳しておけばいいんだよ」と言ったの
は夏目漱石だったとか。そんな『開甘露門』訳をだれか早く出してくれないか
なぁー、と思うお盆です。


この記事をはてなブックマークに追加