自業自得の結腸癌

菌状息肉症と結腸癌、2つも癌を抱えちゃったけど、病気のおかげでかえって人生が豊かになった気がするよ。

横浜三溪園でリハビリ

2014-09-21 | 日記


19日金曜日の夜、仕事から帰って呼吸器内科を再受診。
ただの風邪なら、「治ってきたな~」と思えば通常自己判断で薬はやめる。
だけど、今回は十数年ぶりのひどい咳喘息。

シムビコートを1回吸入しただけで、7割がた咳は止まり、
漢方とテオドールの内服でほぼ100%咳は止まったけど、
シムビコートは「使い始めたら一生」みたいな情報がネットにはあり、
薬のやめ時がいつなのか、これはちゃんと専門家に相談しようと受診。


結果、「内服薬は全部ストップしてもいいけれど、吸入薬は少なくともあと3週間」と、
もう1本追加でシムビコートが処方された。
「ええ~、、、そんなに続けなくちゃいけないの~?」 と思ったけど、
再発は絶対イヤなので、ここは辛抱してきっちり処方通り続けることに。


連休明けの火、水の勤務は咳は出なくてもだるくてかなりキツかったけど、
木、金と徐々に楽になり、今日は本当に気持ちの良いお天気だったので、
午前中掃除などして、午後から夫と三溪園に出かけた。

年に1、2度は訪れるが、こんなに良いお天気なのに、
これまでの休日で一番空いていたような気がする。

のんびり歩いて、途中お団子屋さんで休憩したり、リフレッシュできた
正門ではなく、お隣の公園の駐車場に止めると、公園や中国庭園を通って裏門から入れる。
 
  


三溪園にも猫たちがいて迎えてくれる

 


アップダウンもある道なので、散歩といっても良い運動にもなる。
ちょっとした山の上にある三重塔や、展望台にも行ってみた。

 


売店で、お麩を買って、何するかというと・・・

池の鯉と亀にあげるの



明日から、また仕事がんばらないと・・・。
でも、今週はまた火曜日が休みなので嬉しい




 
 
 
 



コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

咳喘息の苦しみと薬の使い方

2014-09-14 | 体調・健康状態


苦しかった・・・この一週間。

この前の日曜日に喉に違和感があったんだけども、夕方買い物に出たり、普通に生活。
その夜から完全に喉が腫れて、「やられた~」という感じで、
漢方の桔梗湯(ツムラ138番)を服用し、
「明日は月曜だから仕事絶対休みたくないし」と祈るような気持ちで就寝。

月曜の明け方、あまりに喉が痛くて目が覚める。
隣で寝ているコッコに話しかけてみる。いかん、声がかすれて出とらん
もう潔く休むことに決め、メールで同僚3人に連絡する。
その一人から即座に「大丈夫。私たちが対応します。安心して休んで下さい。」と返信が来る。
感謝・・・


なんとか早く治したい、と薬箱を探りながらふと思う。
一昨年、抗がん剤治療中に風邪をひいたとき、抗生剤なしで桔梗湯だけで治した
今回も自分の治癒力を信じて、桔梗湯と安静と睡眠で治してみようかと。

・・・それが裏目に出た

月曜は、喉が腫れても熱はなく、夜には声も元通りになったので、
少し咳が出るけど、翌日マスクをして出勤した。
同僚たちが仕事を代わってくれて、この日も午後は休ませて貰った。
そしてこの夜から悪夢のような苦しみが始まった。

夜通し咳き込んで、ほとんど眠れなかったのだ。
でも、喉はもう痛くなくなったし、咳以外は何も症状がないので、
水曜日もマスクをして出勤したのだが、仕事中に咳が止まらなくなることがあったので、
この日も午後は休みを貰い、自宅近くで呼吸器内科を探し、受診した。


初めてかかったその医院は、とてもとても良いドクターだった
喘鳴がないので、「喘息」という診断には慎重になっているようで、
“桔梗石膏”という喉+咳に効く漢方、ツムラの“柴胡桂枝湯”(サイコケイシトウ)、
気管支拡張剤が少し入っているアストフィリン、
そしてやはり抗生剤で菌を殺した方が良いとクラリスを出してくれた。

やれやれ、と思い、その日の夜しっかり服薬して寝た。
・・・が、寝入りばなから咳が止まらず、夫に悪いからとリビングのソファに移動。
咳が止まりうとうとし始めるとまた激しく咳き込む。
体を横にしても咳き込むので、座って腕組みしたりして。
・・・・・一睡もできなかった

咳のし過ぎで頭痛もするし、背中から首がガッチガチに固まり、もうフラフラ。
木曜日も休みを貰った。
前日かかった呼吸器内科は木曜が定休日なので、ただただ自宅で休んでいるしかない。
昼間、少し眠れたらいいなと思ったけど、寝かかると咳き込むので眠れず。
その日の夜も私はリビングのソファに座り、腕組みをして(別に腕組みする理由はないけど)
うとうと→激しい咳き込み→猫びっくり→涙目で猫なでる→うとうと→咳き込み(以下、繰り返し)

金曜日も仕事を休んで、朝一番に呼吸器内科に。咳で眠れないことを訴えた
聴診ではやはり喘鳴なく、肺雑もなく。

そこで、喘息の診断法の一つである肺活量検査をすることになった。
普通の肺活量検査は、ゆっくり吐ききるので平気だったが、
肝心の努力性肺活量は、一気に息を吐くので、何度かやり直したけど咳き込んでダメ。

肺活量は、年齢平均をかなり上回り実年齢51歳だけど、「肺年齢42歳」だった(なにげに自慢)。

結局、「咳喘息かもしれないけど、どうかな。この薬が効いたら咳喘息だという治療的診断になっちゃうけど」と、
シムビコート吸入薬、テオドール、漢方の神秘湯を処方され、
帰宅後激しい咳き込みがまだ続いていたので、さっそくシムビコートを吸入した。

咳は止まった

そして金曜日の午後、何日かぶりに連続2時間眠れ、その夜もぐっすり眠れた。


抗生剤は副作用、耐性ができること、常在菌も殺してしまうこと、
いろいろ考えると服用しないにこしたことはないけど、
今回、最初喉に違和感を覚えた段階で服用していたら、咳喘息など起こさずに済んだのか、
もともとアレルギー性喘息があるから、風邪が引き金でどのみち喘息に至ったか?


ただ、これだけは言える。

「喘息もちは、風邪をひいてはならん」


にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村




コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

大腸がん美女会その3♪:新潟編

2014-08-24 | 日記



8月23日土曜日は夫の実家、新潟県柏崎市へ。
目的は2つあって、1つは具合が悪くて寝付いている義父のお見舞い。
そしてもう1つはなっちぃさん、ぷぷさんとのオフ会

なっちぃさんもぷぷさんも、私のブログにコメントを下さったことがご縁で、
最初は私が夫の実家が新潟だと書いたことから
なっちぃさんと「ひょっとして家が近いかも」という話になり、
そのやりとりを見ていたぷぷさんが「もしかしたら私も近いかも」と教えて下さり、
じゃあせっかくだからとなっちぃさんとぷぷさんの連絡先交換をお勧めして
(いや、私が勧めたんじゃなかったんだっけか・・・
とにかく去年、お二人はプチオフ会を実現

そして「アニーさんが新潟に来たらぜひ集まりましょう」とお誘いを頂いていた、
それが今回実現したの~

まあ、ちょっと義父のお見舞いを抜け出すのは嫁として・・・だけど、
夫が「いいじゃん、行って来れば。ションちゃん(夫は父をこう呼ぶ)なんて
10分も話せばそれ以上話すことなくなるし」と言うので、
私もあまりうしろめたく感じないで出かけられた。


集合したところは、柏崎市内の素敵な珈琲館
なっちぃさんとぷぷさんが決めてくれたんだけど、
そのお店のことを実家に来ていた義兄(夫の兄)と義姉(夫の姉)言ったら、
二人とも昔よく訪れたお店だとのことで、ひとしきり話が盛り上がった。

そして義姉が事前に行き方を詳しく教えてくれたので、
ナビがあっても心細いくらい方向音痴の私も、
夫の実家から30km、一人で運転して迷わず辿り着けた。


なっちぃさんとは昨年の秋、東京で開かれた大腸がんセミナーで会っていたけど、
ぷぷさんとは今回が初対面。なんというか、嬉しいドキドキ

本当に嬉しい対面だった。

天井の高い、素敵な珈琲館。
着席するなり、お二人から「アニーさん、糖質制限しているから、何にする?」
と聞かれ、実はそんなに糖質制限してない私はバツが悪かったけど、
正直に大好きなケーキを注文

 

もう、すぐに自然と大腸がん話が始まった。
3人とも化学療法を受けた(なっちぃさんは今もまだ治療中)。
その化学療法も三人三様。
それぞれの主治医が勧めた治療法が異なるのはなぜなんだろうねー、
などという話から、術後の苦しかった話(硬膜外麻酔で吐いたのは私だけじゃなかった)、
なっちぃさんの病院では術後数日で食事にトンカツが出たという話
もうあっという間に2時間以上が過ぎてしまい、お別れの時間に。

なっちぃさんは、大きなお嬢さんが二人もいるとは思えない、
少女のような雰囲気を残す物静かな話し方が魅力的な可愛い女性
そしてぷぷさんは、とても上品で美しい奥様という雰囲気の素敵な女性
お二人とも私より背が高いのだけど、私の夫や義姉も含め、
新潟の人はみな長身なのね。羨ましい。

そしてなっちぃさんに続いて、ぷぷさんともまたまた驚きの繋がりが
なんと!ぷぷさんと私の義兄夫婦が知り合いだった(子供同士が同級生や部活が同じで)。
夫の実家に戻って義兄に話したら、義兄もとても驚いていた。
今年の5月に義兄のお嫁さんとぷぷさんは会ったばかりとのこと。

発端は大腸がんとはいえ、なんだか嬉しい繋がりだ


夫の実家で夕食を食べて、8時ちょっと前には出発。
夜中12時過ぎて自宅に到着。
猫らもお利口さんにしていた模様。

 


もうすぐ8月も終わる。
今夏は美女会続きでパワーを貰い、
夏が苦手な私も概ね元気で乗り切れたという感じ

本当に皆さん、どうもありがとうございます。
感謝です

このブログにご訪問下さる方も多くいて下さり、
いつも勝手に皆様の温かな見守りを感じている私です。
ありがとうございます。



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村






コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

主治医の勘?

2014-08-19 | 診察


本日は3ヶ月に1回の診察なり。
先週の腹部エコーと血液検査の結果を聞くのが主な目的。

診察室に入ると、「お元気ですか?」と笑顔で問いかけてくる主治医に、
先を越されてはなんねぇ!とばかりに自ら「元気なんですが太っちゃって…」と言ったら、
「ですよねぇ」と言われ、顔が引きつったわ。


「この前の検査の結果ですよね。」と、優しい笑顔のままパソコンを操作。
「肝臓はなんでもな・・・え?・・・アレ?・・・」と電子カルテの画像に見入る主治医。

ドキドキドキドキ(・ω・;))((;・ω・)ドキドキドキ・・・

「ああ?脂肪肝?・・・あ、違った。なんでもない


という、一瞬冷や汗が出るような場面があったが、
エコーの結果は「異常なし」ということが確認できた。

血液検査は、腫瘍マーカーに言及するより先に
「あっはは~総コレステロールが高いですね」と笑われ、
さらに私の全身をチラ見して「うんうん、そうだよね」と。
・・・何を肯定?


そして、「2年と3ヶ月だ。」とつぶやきながら、
いつになく念入りに過去のカルテを見返して、
「僕ね、この手のタイプのガンは治るような気がするんだよね。」と言う。

「この手のタイプとは?」と、私はツッコミを禁じえず尋ねた。 すると、
「いや、確かにステージはⅢbなんだけど、腫瘍の浅さとか、リンパ節転移が1群だとか、
こういう人は案外大丈夫なような気がするんだ、経験的に。」

「まあ、“絶対”とは言っちゃいけないけど。」と付け加えられたが、
大腸がんの分野では経験豊かで権威ある医者のこの言葉は、
私にとってものすごく大きなエネルギーを与えてくれた気がした。


その後、主治医の方から「僕とアニーさんは同学年ですね」と言われ、
だから何だ、って話には別に展開しなかったけども、
菌状息肉症を珍しがって、いろいろと症状について聞かれたり、
私からも子宮ガンや卵巣ガンについて検診を受けた方が良いかとか尋ね、
私が今日最後の患者だったらしく、ちょっとした四方山話をして診察は終わった。



私のガンは治るタイプ?  

いやいや、でも「これで大丈夫」なんて油断をするつもりはない。
大腸がんが私にとっては2つ目のガンだったんだから、
転移・再発がなくても、3つ目のガンの発生がないとはいえない。

総コレステロール値258。まずはこれを改善させるべく、
明日からまた食事には気を付けていこう。
「今夜から」じゃないのは、このあとまた都内で深夜に及ぶ研究会議。
今夜の夕食は売っているお弁当なのだ



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村





コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

今回の腹部エコーで気になったこと

2014-08-12 | 検査


今日は朝一で採血と腹部エコー。

昨日、お昼にベトナム料理、夜はイタリア料理と美味しい物をたくさん食べて、
ちょっと血液検査の結果が気になるところだけど、来週の診察までわからない。


今日のエコーは、初めて会う男性の検査技師。
今日は、なぜか胃の辺りを重点的にヌリヌリとこすられ、
下腹部はほとんど触れず。して、初めて子宮筋腫も指摘されなかった。

最初、仰向けで、“ずいぶんと胃を丁寧に診てくれるんだな”と思い、
次に壁の方(すなわち技師さんとは逆側)を向き、右のわき腹をススーッとひとなで。
そしてまた仰向けで胃の辺りをヌリヌリと触られ、左わき腹をスーッと軽く。
して、また胃の辺りを。

ひょっとして、大腸がんではなく「胃がん」だと思われてる?

胃ではないところを軽くひとさすりしてはすぐにまた胃をヌリヌリ。
いつ下腹部を触るんだろうと思うや検査は終了してしまった。
私もいつになく予約時間より待たされたんだけど、
混んでいたからか、いつもより明らかに短時間で終了してしまった。


あれ? 前の時はどうだったかな~?
と、過去の腹部エコーの日記を見たら、そのときは「脇腹を入念に見られた」と書いてあった。
検査技師によって見る箇所が異なるのか、その都度主治医からリクエストがあるのか、
はたまた毎回テーマがあるのか・・・。
来週の診察で主治医に尋ねてみようと思う。(覚えてたら、だけど


さあ、今日は午後から出勤
曇っているけど、雨になるのかしら
ふうりんさんは、今ごろ横浜のどこを観光しているかな~



にほんブログ村 病気ブログ 大腸がんへ
にほんブログ村




コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加