季節の移ろいin絵手紙 Ⅱ

 絵手紙&水切り絵&パステルアートに日々の出来事を添えて・・・

サンタさんのサイン

2016-12-08 05:18:37 | 日記
 小5の孫娘が、昨年のクリスマスイヴの夜、
枕元に、サンタさん宛に(少し休んでいってください)と紅茶とクッキーを置き、
プレゼントのお礼を書き、最後に(サンタさんのサインがほしいです)と書いた手紙を置いたそうです。

 つい先日この話をしながら、
「サンタさん、凄く字が上手なんやけど、ボールペンのインクが出にくかったのか、
紙の裏に何回もかすれた(S)が書いてあったんよ」と」クスクス笑います。
 私は、息子やお嫁ちゃんの姿が思い浮かび、孫とは違った思いで笑いながら聞いていました。
 そして「今年は、いろいろ質問したいことがあるので・・・応えは英語かな~」
孫娘は夢見るように話します。
私は内心(小5でも、まだサンタクロースの存在を信じてるんや~)と驚きながらも、、
へぇ~ ほぉ~ とあいづちを打ちながら聞き続けました。

 今日の絵手紙です。
 

 ずっと昔、陶器市で買った立杭焼きのお地蔵様です。
 
 彩色はインスタントコーヒーを水で溶いて・・・
地味なので、左上に(上朱)と(金)色を重ねてスパッタリングを入れましたが、
やはりまだ地味でした^^
コメント (45)
この記事をはてなブックマークに追加

何かしら哀しい。。。

2016-12-04 09:22:07 | 日記
 先日、何気なく聞いていたラジオから次のような話題が流れてきました。

 あるマンションの総会で、若いお母さんが、
「わが子には、(知らない人に声をかけられると逃げなさい)と躾けしているのに、
このマンションでは、出会う人出会う人が(おはよう~)(こんにちは)と声をかけてくる。
これって子供が混乱するし、躾けの妨げになるので挨拶はやめてほしい」と発言されたそうです。
これに対して、年配の男性が「こちらが挨拶をしても、返事がない人がいて感じが悪いので今後挨拶は、やめましょう」との提案があり挨拶禁止になった。。。

 この話題に、吃驚するとともに切なくなってしまいました。

 私自身、同じマンションの方には(おはようございます)(こんにちは)と挨拶するし、
相手からもかえって来ます。
幼稚園、小学校のお子さんには(おかえりなさい)(いってらっしゃい)って声をかけていました。
 知らない者同士でもあいさつを交わすってのが躾けだと思うのですが、
時代が変われば・・・ 何かしら哀しい話題でした。

 晩秋にいただいた絵手紙の数々です
 
 


 私の絵手紙ですが、色づいた葉っぱが嬉しくて、楽しくて葉っぱで遊びすぎ(゜_゜>)
通常にアップするはずの絵手紙が大幅に遅れています。
ちょっと季節外れになりましたが・・・
 

 どちらも、とっくにおなかに収まり、投函もしました^^
コメント (51)
この記事をはてなブックマークに追加

今年最後のミニミニオフ会は・・・

2016-11-30 17:20:35 | 絵手紙
本当はね、ブログ友のなおちゃんと、書写山園教寺に紅葉狩りにいく予定にしていました。

 ところがが(紅葉情報)によりますと、(色あせから落葉に~)ですって!
今年は季節の進みが早いですね。

 やむなく、いつものようにランチ&喫茶
    (写真は、なおちゃんのブログでどうぞ^^)

 先日、結婚なさった次女ちゃんの結婚式の話や写真を見せてもらってはなやいだ気持ちになりました。
我が家は次男の結婚から12年もたってしまいました。

 大幅に年齢の違う二人ですが、共通点がいくつかあり、そのひとつに
(ギリギリ)とか(滑り込み)ってのが大の苦手です。というかできないのです。

 ですから、毎年年賀状も12月まで持ち越したくなく早くから準備に入ります。
私は、夫の分(これは手描きでなくプリント)の一言添えを残すのみです。
 早く書き終えていると、気分も軽く12月を過ごすことができます。
でもね、毎年のことですが、喪中のお知らせで6~7枚のロスが・・・(゜_゜>)

 そんなこんなで、気の早い私たちは、年賀状、クリスマスカード、、はたまたお雛様にこいのぼり・・・
何処まで行くんやろ~~
 ああしたら~ これ使ったら面白いのと違う? 等々話が尽きません。

 
 さてさて 今日の絵手紙です
 先日、京子さんと出会っていろいろアイディアをいただき、目からうろこもたくさん落ちましたので(笑)
 
 
 
 ↑ 2枚は、新聞の記事であったり、広告をもみじの形にカットし、ペタペタ張ったものです。
 本当は和紙でするつもりでしたが、京子さんから、
「あなたがいつも、水きり絵で使ってる新聞紙を使った方が、風合いがいいのでは~」とヒントをいただきました。

 次は、この秋あちこちで拾ってきたたくさんの美しい落ち葉。。。
捨てるに忍び難くハガキに閉じ込めました。
 

 

 

 


 さぁ、明日から12月。
心置きなく家事に励むことに・・・ ホントですとも~~^^

 なおちゃんのブログ  クリックしてね~
コメント (44)
この記事をはてなブックマークに追加

出逢いは宝物

2016-11-27 13:47:15 | 日記
 (どらえもんのポケット)の京子さんから、
「夫の同窓会でそちらに行くので、会いませんか」のお誘いがあってから、ワクワクしてこの日を待ちました。

 愛知県の京子さんと会うのは今回で3回目です。

 一回目は衝撃的で^^忘れっぽい私でも、この日のことはしっかりと脳裏に残っています^^
 京子さんが「10時にはホテルを経つのでそれまでに・・・」ということで、
私たちは、午前8時に某ホテルのロビーで待ち合わせ。。。
 外は年間を通しても珍しいらいのバケツをひっくり返したような大雨でした。

 私たちは初対面であったのに、ロビーのソファに並んで座り2時間話し込みました。

 あれから今回で3回目の出会いになります。
今日も土砂降り(笑)
私たちは、駅構内にある喫茶店に8時半に入りました。

 京子さんはご存知の方も多いと思いますが、
絵は勿論、字も素晴らしく、そして素敵なひらめきの持ち主です。
今回もいろんなアイデアを教わりました。

 ご主人との待ち合わせの11時まで、文字通り時のたつのも忘れて話し込み、次回の再会を約束して別れました。   あぁ~~楽しかった♬

 さてさて、明日は私の○○回目(多すぎて忘れました)の誕生日です。
今日までにいただいた、バースデーカード&絵手紙です。
 
 この両絵手紙は、たたむと表裏ともに千代紙で作られた美しい表紙になぅています。

 

 一輪のお花にも佛が宿るという意味でしょうか。

 これらの素晴らしい作品の次に私の絵手紙をアップしづらいのですが・・・
 
 これは葉拓です。
葉っぱに顔彩をつけてペタペタ。。。
数枚描いていましたが、取り込むのを忘れて投函してしまったようです(゜_゜>)
 

 ハガキの厚さくらいのブナ材のハガキです。
まったく水分を吸わないので、大弱りの一枚でした。

 どらえもんのポケットさんクリックしてくださいな。 素敵な絵や字に出会えますよ~
コメント (44)
この記事をはてなブックマークに追加

晩秋の大和路を訪ねて~

2016-11-22 19:58:40 | お出かけ、旅行
 友と私は、10時半近鉄奈良駅をスタートしました。
右手に奈良公園、左手には県庁。。。
 早速、鹿がお出迎え(?)
 

 県庁のあたりで、人力車のお兄さんから「乗りませんか?」と声がかかります。
「ごめんなさい。私たち今日一日は歩く予定で来ましたから・・・」と断ると
「どこに行く予定ですか?」と尋ねられました。
「大仏殿から大仏池を目指しています」と応えますと、
「そりゃぁ~いいですね。今日あたりは抜群でしょう。
だったら南大門から川に沿ってちょっと歩かれるといい紅葉に出会えますよ」と親切に私たちが持っていた地図に印を入れてくださいました。

 教えてもらった道をゆったりと歩きます。
 


 
 

 そこから東大寺大仏殿へ~

 このあたりで飛び交ってるのは、ほとんど中国語です。

 そこで拝観、ご朱印を受けた後、
三人のご僧侶が歩いてこられたので、大仏池に行き方を尋ねますと、
「回廊の裏手を行けばいいのですが、途中ちょっと上の道に行って御覧なさい。
きっと素敵な紅葉に出会えますよ。今日はいい日となりますよ」応えくださいました。

 実は、今にも降り出しそうなこの日、
(少しでも晴れてくれれば・・・)と恨めしく思いながらの散策だったのですが、
ご僧侶の「今日はいい日になりますよ」のお言葉に、
心はすっかり晴れ気分♬
 

 
 目指していた大仏池に着きました。

 目の前の幻想的な銀杏の木に息をのみました。
その時、一陣の風が・・・
黄色い葉が私たちを包むように舞います。
何とも不思議な想いにかられ佇みます。

 ここの、紅葉の色のあでやかなこと!

大仏殿の屋根が見えます。
 
 もうすっかり晩秋の佇まいですね。

 大仏池では1時間近く居たにもかかわらず、出会ったのは日本の方3~4人でした。

 少し遅い昼食のためにネットで調べていたお食事処に向かいます。
県庁近くの(天極堂と)いう吉野葛専門店です。
このお店でランチを食べながら、この↓大銀杏が見られるのです。

 こうして、景色にも、お食事にも大満足した私たちは駅方面に・・・
 

 街中でも奈良の街は、どこか趣が感じられます。

 電車の時間に間があったので、私たちは(ならまち)を通り、猿沢の池に出ます。
夕暮れの猿沢の池です。

 向こうに見える興福寺五重塔は、前日何者かが仏像に液体をかけたので、
この日は拝観禁止で柵がしてあり、何ともやるせない思いでした。

 感動の景色にたくさん写真を撮りすぎて、カットするのに難儀しましたが、
それでも長くなってしまいました。
 自身の忘備録でもありますので、お許しくださいね。

 吉野本葛 天極堂クリックしてね。
コメント (50)
この記事をはてなブックマークに追加