季節の移ろいin絵手紙 Ⅱ

 絵手紙&水切り絵&パステルアートに日々の出来事を添えて・・・

君と歩いた青春・2017

2017-09-17 10:31:50 | お出かけ、旅行
 大型台風18号が接近していますが、嵐の前の静けさでしょうか~
穏やかな日曜日です。

 さて昨日雨降りしきる中、夫と大阪城ホールに向かいました。
 一年に一度だけ、しかも大阪でしか催されないというイベント 
ライヴ(君と歩いた青春)に行ったのです。
 今年で9回目と言うこのコンサート、
私は、昨年行けなくて、2年ぶり3回目です。

 レギュラーメンバーは、
伊勢正三さんプロデゥース、南こうせつさん、杉田二郎さん、姫野達也さん、尾崎亜美さん、
太田裕美さん、イルカさん
 それに、たまたま近くを通りかかったので立ち寄った(笑)という毎回出演のギターリスト 押尾コータローさん
 そして、歩いていてたまたま出会ったので誘ったという(笑)杉山清貴さん
本当のシークレットゲストは、べーやんこと、堀内孝雄さん
 懐かしい面々でしょう~

 オープニングは、正三さんとこうせつさんの(夏の少女)
一人一人のコーナーでは、
尾崎亜美さん (オリビアを聴きながら)(天使のウィンク)松田聖子さんへの提供曲
太田裕美さん (九月の雨) (木綿のハンカチーフ)
 そうそう、今の朝ドラ(私はあまり見ていないのでわからなかったのですが)
みね子とヒデの会話のバックに流れているのは、裕美さんの挿入歌だそうです。
 イルカさんは、(海岸通り)
そして、正三さんとの(なごり雪)は心に染み入りました。
 二郎さんは、心に残る言葉として、
(親が子を想う情はいつも片思い、
それが片思いでなくなった時、親はもうこの世にはいない。 。。。。。)
と話され(息子よ)を熱唱されました。
 こうせつさんはなんといっても(神田川)。。。

 そうそう今、伊勢正三、南こうせつ 二人で(姫風)というユニットを組み、昔のかぐや姫時代の歌を歌っておられるそうです。
 二人で歌われた(22歳のわかれ)今聞いても新鮮で素敵でした。

 (かぐや姫)の   正三さん こうせつさん
 (ジローズ)の   二郎さん
 (チューリップ)の 姫野さん
 (アリス)の    堀内さん
 皆一時代を築いたメンバーです。

 この5人が「最初はコピーだったよね~」
と(風にふかれて)  (花は何処に行った)等々をギターを弾きはじめられると
会場からも、「しょおやぁ~ん!」「こうせつ!」と男性からの掛け声が上がり
(この会場は、いつも男性が多く、掛け声も男性ばかり^^)
会場からも歌声が・・・

 コータローさんは、40歳代、清貴さんは50歳代だと思いますが、
レギュラーメンバー最年長の二郎さんは、71歳
一番若い 尾崎亜美さんでさえ「私、今年還暦です」と言われ(@_@;)

 イルカちゃんにいたっては、
「この間、還暦だと言ってたのに、古希に近い年齢になりました。
孫が19歳で来年成人式。 孫が着る前に私が着ちゃいました!」とお振袖で登場~
 正三さんとこうせつさんは
「♪ 22本のロウソクを立て 17本からは一緒に灯をつけた~♪だけど、
66歳になった我々のローソクは・・・」で会場は爆笑。

 自分の歳を棚に上げ、
こうして歌手の方々の年齢を改めて聞くと驚いてしまいます。

 PM4時から始まったこのライヴのアンコールも鳴りやまず数曲を皆で歌い
堀内さんの(今はもうだれも)と出場者全員の(風)で4時間にわたる宴は幕を下ろしました。
 ライヴに行ったというより、同窓会に参加した気分で家路につきました。

 君と歩いた青春  ←クリックしてね


全部映しきれませんでした(゜_゜>)
 長くなりごめんなさい  忘備録でもありますのであしからず
コメント (39)
この記事をはてなブックマークに追加

こおつと

2017-09-12 05:42:03 | 思い出
 遠い昔の話です(以前も記事にしたような気もしますが・・・)

 祖母は何か探し物をしたり、考え事をするとき決まって(こおつと)と言っていました。
小学生だった私はある時「なんと言う意味?」と聞いてみました。
「そうやなぁ~おまじないかな~」と祖母は笑いながら応えました。

 祖母の従弟に、親戚の中で(講釈師)とあだ名されている叔父がいました。
叔父は博学で話がうまく、中でも歴史に精通してて、サラリーマンでありながら、
時々は何かの集いに講演を頼まれたりもしていたそうです。
 叔父の話の中で「太田はんがなぁ・・・」とか「織田はんが言うには・・・」とよく出てきて、何処の太田さんで、何処の織田さんかと思いきや、
太田道灌であり、織田信長であったと知り、子どもながらに面白くも、あきれもしたものです。
 その叔父が「(こおつと)の語源は、(こおおつと)つまり(甲乙と)であり、
(甲にするか乙にするか)迷った時、思案するときに発する言葉やで」と教えてくれました。
 小学生だった私は妙に納得した事でした。

 それから数十年。。。
このことは、すっかり忘れてしまっていました。

 つい5~6年前のことです。
聞くともなく聞いていたラジオから、
「私の祖母が、昔よく(こおつと、こおつと)と言っていました。。。」と。
驚いた私は、ラジオに走りよりボリュームを上げました。
 京都出身の男性パーソナリティーは、語り続けています。
「どちらかに決めかねていたときや、どこに片付けたのか探しあぐねている時など、
こおつと、こおつとと言っていたのが懐かしく思い出されます」。。。

 私は、もしかしたらとネットで検索してみました。
そこには、兵庫県の言葉とあり、京言葉ともありました。

 おばあちゃんがよく言っていた言葉は、市民権を得ていた言葉なんだと、
改めて驚いた次第です。


 今日の絵手紙です。

 ブドウを前に置き、見て描いたものですが、
パステルアート風にテンプレートを作り描くと、どうもリアル感がありません(゜_゜>)
 
コメント (50)
この記事をはてなブックマークに追加

展示会&・・・

2017-09-07 16:16:30 | お出かけ、旅行
 今日から、ブログ友の(ささゆり日記)なおちゃんの絵手紙の個展が兵庫県の北部のある展示場で催されます。
 早速、夫とともに車で出かけました。
家から2時間ほどで到着です。
 田園風景の広がる中に、可愛いおしゃれなカフェ&ギャラリー(紗蔵)さんの2Fが展示会場です。
 
 お話が決まってから1年ですべてを描き終えたのですから若いってすごい!
 

 

 
 

 
 次は、彼女が教えてる教室の生徒さんたちの絵手紙です。
 
 右下の横並び6枚は、なおちゃんの次女ちゃん。
今月 ママになられます。(つまり、なおちゃんはお婆ちゃんです^^)
 とっても可愛い美人さんでした(^^♪

 そして ブログ友さんから(応援絵手紙)が届いていました。
凄いベテランさんたちばかりで圧巻です\(◎o◎)/!
 


 本当はもっとたくさん撮ったのですが、手振れや、重なりがありこれだけアップします。
最後に、なおちゃんのブログにリンクします。
展示会は24日までありますので、本人さんがが追々アップされます。
そこで楽しんでくださいね~

 さてさて、この日私はもう一つの楽しみがあったのです。
この会場で、私の長年の友人で山寺の尼僧さんと会うことになっていました。
 二人の友を紹介する目的もあったのです(二人は近隣なのです)

 絵手紙を見ながら、1Fの喫茶室でコーヒーを飲みながら夫も交えて話は尽きません。

 そして、なおちゃんと別れ、友と直売所に行き(何処に行っても直売所は行きます^^)
お蕎麦屋さんに~
 
 

 チリメン山椒おろし蕎麦。。。美味しかったあぁ~

 本当はお蕎麦を食べながら、竹田城跡が見られるのが、ここの売りなのですが、あいにくの雨で・・・><
 でも実りの田を見ながらも素敵でしたよ。

 ささゆり日記←クリックしてくださいね
 会期、詳しい案内等は、↑ でご覧くださいね。

 昨夜遅く気づきました。
同じ写真が2枚・・・(゜_゜>) 以前差し替えて記事全部を描書きえなくてはいけなくなったことがありますのでこのままに^^    あしからず
コメント (38)
この記事をはてなブックマークに追加

2017・夏にサヨナラ

2017-09-01 05:16:36 | 日記
身の置き処がないくらい暑い、暑い夏が終わりをつげ、
涼風が経ち始めると毎年決まって、同じ想いが湧いてきます。
夏と言う季節に取り戻せない大きな忘れ物をしてきたような言いようのない寂しさです。
若いころから、毎年決まってしかもこの夏と秋のはざまのこの時季限定(笑)なのです。

 あなたはどのような2017年の夏をお過ごしでしたか?

 毎年の恒例行事だった息子たち家族10人と行く(夏の家族旅行)は孫たちが中学生、高校生となると、塾や部活等々で皆がそろわずついに消えてしまいました。

 この夏、ブログ友さんお二人に出会うことができました。
お一人は、東京からのshinoさん。
そして愛知の京子さんには,なおちゃんとともに出会うことができました。

 日帰りのプチ旅は、高野山に展望列車&ケーブルカーで行ったことくらい。。。
神戸港開港150周年のイベントで、メリケン波止場にも足を運び楽しいひと時を過ごしました。

 殆どの夏の日々は、小6、小2の孫たちを預かってて、
トランプの(セブンブリッジ)を教えたら、二人ともすっかりのめりこみ、
宿題が終わると点数表を作り「今日は何回出来るかな~」と4人で繰り返し、繰り返し・・・^^

 この暑い日々もたくさんの素敵な(夏便り)をいただきました。
お楽しみくださいね。
 
 

  
 私の絵手紙は。。。
孫を相手に、今までは自分が習ってきたパステルアートを思いつくままに教えていましたが、
せっかく日数があるのだからと、テキストを買ってきて(笑)一緒に色遊びをしました。
孫たちへのお手本(゜_゜>)として描いた数枚です。
 
コメント (50)
この記事をはてなブックマークに追加

心地よい余韻に浸りながら・・・

2017-08-26 19:22:24 | お出かけ、旅行
 今日は、愛知から(どら絵もんのポケットⅡ)の京子さんが、ご主人との旅行中
足を延ばしてくださり、姫路で会うことが実現しました。

 私は4度目の出会いになりますが、なおちゃんは初めて~
会いたい!会いたい!と言っていた念願の人です。

 後から思うとランチ、お茶をはさみながら
4時間余り、工作絵手紙を教そわったのです。

 さて、こんな具合に講習が始まりました。
 
 まずは、クリスマスカード
 

 そして、ハロウィーンも
「私もお友達から教わったのよ」と言いながら、私たちにも教えてくださり・・・
有り難いことです。
 
 そして、そして来年用のお雛様、鯉のぼり、母の日のカーネーション
 


一枚の紙(A4)で、ハサミを入れずに作れる封筒等々

 まさに(どらえもんのポケット)の名のごとく、
大きなバッグの中からは、さまざまな色の紙、可愛い型紙、道具が出てきて息つく暇もないくらいです。
 なおちゃんと私は、まるで園児のように、
「わぁ~」「へぇ~」「ほぉ~」と感嘆し、感動し・・・

 来年の5月くらいまでの工作絵手紙を習いましたが、
覚えてるかどうか、 できるかどうかが大きな問題です(゜_゜>)

 苦手なモノはたくさんありますが、中でも工作系統は苦手中の苦手!
随分 腰が引けながら臨んだのですが、とても楽しく心地よい一日でした♪

 

 今日の絵手紙です。
 桃を見るとパステルで描きたくなり・・・
 
 このお花は、ジンジャーリリーです。 ブルーのペンの書きです。
 

 
コメント (44)
この記事をはてなブックマークに追加