創価学会中心のハイテク兵器を使ったテロ「集団ストーカー」の告発

統合失調症に見せかけ自殺に追い込む凶悪テロ。テロ目的ならまさかと思う事をやるのが軍事的常識。被害者の言を疑えば思う壺です

集団ストーカーテロの根源的原因ー「軍事独裁体制」

2010年04月30日 | 創価学会分析(組織、北朝鮮疑惑分析)
今日記事もう一つ追加ですが、この理不尽極まりないテロの一番深遠の原因は何か考えて
いてふと思い至りました。それは「全体主義独裁体制」という政治体制こそ原因ではないか
ということです。北朝鮮も毛沢東時代の中国も現創価学会の体制も正に独裁体制ですね。

独裁体制というのは何か?というのは基本的に個人、もしくは少数の者の利益に基づき、
統治されるシステムです。個人の利益と言うのは常に全体の利益に相反します。そのため
に放置しておけば、国内で様々な矛盾や欠陥が生じて国民の不満が昂じ一揆や内乱が発生
する元になります。それを解決するために意図的に外敵を作り、国家システムそのものを
「軍隊組織化」するのです。これが「軍事独裁体制」です。軍隊と言うのは司令官がいて
部下は上官の命令に絶対服従し、速度を競って機械的に行動します。軍事独裁政権はトップ
が要は司令官な訳です。そして、軍事組織であるので日本の戦時中以上に従わない国民を大
義名分によって粛清、ホロコーストをしたりします。

独裁政治
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%AC%E8%A3%81%E6%94%BF%E6%B2%BB
先軍政治
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%88%E8%BB%8D%E6%80%9D%E6%83%B3
主体思想
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%BB%E4%BD%93%E6%80%9D%E6%83%B3


北朝鮮は韓国と国境を接し、常に一触即発であり更に共産圏諸国の中では最前線にいる訳
ですから、ソ連、中国の意向もあって国自体が軍事組織化され経済発展を徹底的に犠牲に
しながら、各国の経済支援で共産圏最前線の守備に当たったのでしょう。このような国家が
仮想敵国を持つと言うことは「侵略」を徹底的に肯定すると言うことです。その上、北朝鮮
国民は在日朝鮮人の方も含め、昔の日本のように異常な程の民族主義を植えつけられてるよう
ですね。「反日亡国論」や昨今の韓国同様「日本の~は朝鮮半島起源だ」とよく言ってるのを
考えればわかるように、他国の古代史まで自国文化として捏造し侵略に対するモチベーション
を高めています。

とにかく、政治や経済の機能を放棄して国全体が軍隊な訳ですから、一度侵略の目標を持
ったら達成するか、トップが方針転換するまで止まりません。北朝鮮は更に一党独裁でかつ
世襲の独裁国家ですので、トップの権力維持のためにも中々方針は撤回しないでしょう。
軍隊組織と言うのは機械的に動いていますので非常に融通が利かず、太平洋戦争時に日本陸
軍も小野田寛郎少尉みたいな終戦後20年も「停止命令が無いから」戦い続けた軍人が出たよ
うに一度動き出すと止まらないものです。しかも、小野田少尉は陸軍中野学校卒の諜報部員
であって、ハッキングのウィルスのようなスパイ工作員の層化信者と役割がほぼ同じですね。

北朝鮮や中国はこのような体制を一度作ってしまったので、徹底して軍事優先であり「政
治的、経済的視点」を中々持つことができず、国際環境が変わっても日本に対して「ハッ
キング」的な軍事侵略を執拗に続けているのでしょう。ちなみに、インターネットという
のは本来、アメリカ軍が冷戦時に軍隊内の情報システムとして開発したものであって、
「ハッキング」の行為そのものに共産圏諸国の軍事的な思想があると思われます。
中国は毛沢東以後、小平が権力を握り、このような国家体制の欠陥を徐々に改革してきました。
ソ連が崩壊したように、軍事独裁に基づく全体主義や計画経済に欠陥があるのを見抜いて
いたからです。まあ、文化大革命なんて経験してしまうと改革せざるを得ないと思いますが。

とにかく、層化のやってることは日本に対する「ハッキング」そのものであり、北朝鮮や
中国が日本国内に自国の体制そっくりの軍事組織を作ってるようなものです。そもそも、
政治的思想を持たない軍事組織なので、発想が全て「システム乗っ取り」から抜けられず、
暴力革命の手段として国民に対する無差別テロを重要課題にしてしまうのでしょう。
しかし、基本的に政治と言うのは目標に対する行動原理しか持たない軍事とは根本的に違い
ますので、日本のように同盟国が多くいざという時に相当な軍事力を発揮できる国に対しては
クーデター等行使できない以上、政治経済の思想を持たなければ、小野田寛郎少尉のように
ただのテロ部隊としてテロ行為に終始しそうです。日韓関係を必死に悪化させてるのも、
目的は「(基本的に)戦争を行わず」に叩き合いをさせて自滅させるためと思われます。

しかし、このシステムのジレンマは日本乗っ取りのための軍事思想を否定し、資本主義先
進国の政治経済体制を許容した時にシステム自体の存在意義が変質して自らの目標を放棄
する可能性が高いと言うことです。ソ連、中国はその道を辿りましたが、北朝鮮も市場開放
して民主化し、先進国に成長して欲しいですね。そして、成熟した経済思想によって
侵略を放棄した時に前線の軍隊も解体され、集団ストーカーと電磁波犯罪無差別テロは終了
すると思います。正に、創価学会は本来の仏教団体に戻り、「悟り」とか「解脱」の境地に
到達する感じでしょうか?一刻も早くその日が来ることを被害者は皆願っています。

※ちなみに、電磁波犯罪を実行している人間はほとんど10代~20代前半の若者ですが、正
に文化大革命で組織された紅衛兵のように教育されてると思われます。しかし、普通に考え
て現代社会なのにも関わらず、未だ飢饉なんかで多くの国民が餓死するような国にわざわ
ざ住みたいとは思わないでしょう。スターリングラード攻防戦なんか調べて見ると、ソ
連軍は前線から逃げ出そうとする自国の軍人を即射殺したみたいです。層化が脱会者に徹
底的に嫌がらせするというのは、そこに由来がありそうです。(しかし、電磁波犯罪実行犯
の中心人物は層化や北にかなりの忠誠心を持ってるようです。この連中の人間的レベルの低
さは日本の戦国時代の「足軽」の野蛮さみたいですが)

また、朝鮮系在日の方に帰国事業で待ってた過酷な現実って言うのは祖国に戻れば「白丁」
扱いされるということじゃないでしょうか?どう考えても祖国のために日本を破壊するよ
り、日本社会に適応した方がずっといい未来が待ってると思いますよ。それから、北朝鮮で
頻発してる飢饉と言うのは、日本でも江戸時代の天明の大飢饉が語り継がれてるように壮絶
な地獄です。先進国のホラー映画等比にならない程の恐怖ですよ。「人が人を食う世界」で
す。人間社会というのは考え次第で地獄にもできれば天国にもできるんですけどねえ。

白丁
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E4%B8%81
帰国運動
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E4%BA%BA%E3%81%AE%E5%B8%B0%E9%82%84%E4%BA%8B%E6%A5%AD
天明の大飢饉
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E6%98%8E%E3%81%AE%E5%A4%A7%E9%A3%A2%E9%A5%89
大躍進政策
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%BA%8D%E9%80%B2%E6%94%BF%E7%AD%96


<層化の裏に共産圏関連過去記事>
ユダヤ陰謀論の目的真相と毛沢東思想、反日亡国論ーそして日本占領が成功した暁には。
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/5cbec17f4180cf50ed51287316a95e03
論考「創価学会の裏に北朝鮮」 
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/1fbe542ceddde7cc5313a3bf0eeb8fb8
電磁波犯罪から見える共産ファシズムーマルクスの唯物弁証法
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/ab0d2d22d2a390d7727bc637d39813bf
層化の裏は共産圏だと思う(ユダヤ陰謀論に対する見解)。
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/7ccd46f2567c4a2bc862f122a3f0a14c
討論「日本と国際インテリジェンス戦争」ー層化は共産圏の謀略組織
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/3b2e07cdd6f067896b72dbdd2901edb4
創価学会広宣部の存在と創価学会員の語った奇怪な全体主義的思想
http://blog.goo.ne.jp/green5771/e/448ad01ed3014270a7fa41a65dc6a58c
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 近況報告と記事予告 | トップ | 集団ストーカーと電磁波犯罪... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL