二人のピアニストに思う

gooニュース、注目のトピックスで「フジ子ヘミングがNHK斬り」を見て自分でもブログを作り、発言したくなった。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

広島原爆60周年(2)

2005-08-07 16:13:49 | 独り言
終戦後60 年という事で連日マスメデイアに、終戦時の連合国側、日本側の終戦に向けての諸事情や、原爆開発の話が、新規資料に基づいて、多く報道されている。
日本に原爆を投下すべきか否かを巡る米国内の両論の息詰まる様な折衝過程など、今まで知られて居なかった話が多くて、従来も断片的に耳にして来た事も、諸事情を纏めて話を聞くと納得のいくことが多い。
前回の記事「広島原爆60周年(1)」に紹介した、変人キャズ氏の「人類滅亡論・3」の中のハイゼンベルグの手紙の話なども、1945/7/17のシラード達の運動の話との関連で理解出来るのである。


しかし、それで歴史の理解が進むかに就いては、私はまた非常に不安にも駆られる。
と言うのは、日米が闘ったことを知らぬ人が38%という現在の日本人の多くは戦後生まれ、でなくとも、戦争体験を大人の眼で見てきた人達ではない。
太平洋戦争の有った事は知っていても、身近な体験として承知している人は非常に少ないということだ。
おのずから、終戦時の報道を目にしても,実体験のある世代とは受取り方が異なるであろう。


部分的には正確な情報であっても、其れを目にする時に、体験的知識としてその時代背景を知っているのと、知らないのとでは、大差がある。

例えばイスラム社会では自爆テロが随分と頻発するが、最近40年ほどの間に、戦争は勿論のこと、政治腐敗を憤っての自爆テロなど、唯の一件も無かった日本の社会しか見ていない若者には、彼等の心情等全く理解出来ないであろう。(特攻隊志願「一戦中派の感慨」:http://blog.goo.ne.jp/gookyaz/e/2d2d4d858d1efbec5b059e1e0847f212 参照)

1970年頃の大学生でも既に、出来の悪い層は戦争中の社会を理解出来なくて、独善的な馬鹿げた発言をしていたことを、記事「一戦中派の感慨」に書いた。 それから更に30年以上経っているのだから戦争中の日本社会の背景の理解は困難であろう。
丁度、前回の記事「歴史認識」に書いたように、私より若い世代は最近の中国、韓国の対日姿勢に単純に立腹するが、戦中派の私等は大分受け止め方が違うのも同様である。


例えば、原爆など使わなくても日本は降伏するに決まっていたものを、云々、と言う議論を良く目にする。 戦争中を通過してきた私はこの様な議論には非常に懐疑的になる。

1945 年8 月15日に至っても尚、日本が降伏するかどうかは不明であったのを、私より若い人達は何処まで承知しているだろうか。
と言うよりも、説明を聞いても理解出来ないのではないか。
昭和天皇が大層心配して終戦の詔勅を録音し、其れをラヂオ放送する手筈を整えた後でも未だ、その録音盤を奪い取って放送を阻止し、場合に依っては天皇の首をスゲ変えてでも戦争を継続しようという動きがあった。  彼等がすんでの処で録音盤を奪取し損ねたために、終戦が実現したのである。
前線の狂信的な一部の軍人でない。千代田区の皇居内でこの様な活劇が現実に有ったのだ。


勿論、広島、長崎の原爆が投下された後の事である。
戦争の怖ろしさとは、こういうことである。
 

毎日新聞論説委員が1945/8/10 の時点で既に、終戦が決まったとの情報を入手していたとの話が2005/8/7の毎日新聞に掲載されている。 それは決して8/15の終戦を保障するものではなかった。 実は、ほぼ同時期8/11に私も同様な情報を得ていた。 田舎の一民間人にさえもその様な情報が漏れる状況の中で尚且つ、8/15の午前まで実際の終戦の行方が不確実であったのが現実である。
『風にそよぐ葦』を書いた石川達三は「葦をなぎ倒した風」を軍部ではなく、大衆世論だと考えていた。 原爆を使われても未だ、日本は降伏するに決まっていたのではなかった。
物の弾みでどの様なことが起るか分らぬ中で、天皇でさえ決死の覚悟で、終戦に持って行ったのだ。


日本にあっては、ソ連への仲介依頼による終戦だけが模索されていたことが不幸であった。  若しも、違ったルートでの終戦が選択されていたならば、旧満州の悲劇も、原爆の悲劇も無かったかも知れない、と思うと誠に残念である。

 ▲4/5 小磯内閣総辞職、鈴木貫太郎に組閣命令。戦艦大和に沖縄への水上特攻命令
 ▲5月:最高戦争指導会議はソ連に和平仲介の打診を申合わせ
 ▲6/8 御前会議(本土決戦の基本大綱)、重臣会議。木戸「対策(戦争終結)試案」作成開始
この辺の日程には、21世紀の現在に振返ってみると、本当に残念な判断ミスが続く。しかし、当時の権力派でない人人が精一杯頑張ってくれたことは分かる。
正直の所、私もソ連などをまともな相手と考えていた当時の指導者は迂闊すぎたと思う。
しかし、原爆の開発状況とか、ヤルタ、ポツダムの舞台裏とか、情報の欠如で仕方無かった部分も多かった。


繰返す。資料に依って歴史的事実が判明してくる事と、それを正しく理解する事との間には、可也大きな距離がある、と思うのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広島原爆60周年(1) | トップ | 広島原爆60周年(3) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
歴史的10日間 (Alps)
2005-08-15 21:41:15
1945年8月6日から9日を経て15日に到る10日間は将に日本にとって歴史的10日間と言える。

当時は松代大本営を築きつつあり、坑道は地下6キロに及ぶ。降伏を拒み、この施設を用いる機会が訪れたら日本列島は其の時屍の山を築いたであろう。

原爆投下が終戦への決定的要因となったのは終戦の詔勅の中にも明らかである。にも関わらず当時の雰囲気は、貴説の通りである事を知る人が少なくなりつつある。終戦の詔勅の一節には以下のような箇所がある。

「加之敵ハ新ニ残虐ナル爆弾ヲ使用シ惨害ノ及フ所真ニ測ルヘカラサルニ至ル而モ尚交戦ヲ継続セムカ終ニ我カ民族ノ滅亡ヲ招来スルノミナラス延テ人類ノ……」。

原爆の開発の経過に就いては大方の知る所であるが、投下側の倫理感に就いてのルーズベルトとトルーマンの相違は今度始めて知りました。根底的にはWASPの思想は当然あったであろうが、それにしてもトルーマンの出現は日本にとっては不幸な大統領の交代であった。

6,9,10日のサイレンの音を聞く時には、粛然として姿勢を正すが込み上げてくるものを抑える事が出来ない。



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

7 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
[49]「終戦日に想う」に思う (変人キャズ)
久々に今回は、旧記事の再録でなく、2005/8 の感想文である。 Cogito ergo sumu ブログ http://hyts-kwhs.cocolog-wbs.com/ の記事「終戦日に想う」に次の短歌を見た。
性悪説論者の弁(2) (佐久間象川)
性悪説論者の弁(2) ★先ず、一つの歴史的事実の話から出発する。養老孟司氏やY君のように大学紛争の時代に若手として大学の現場に居た人達が、現在でも当時の全共闘の連中を許していないことを以前に書いた(★「出逢いの問題(4)社会環境の運(続)」 )。
感度の有る人(3) 広島原爆関係者 (変人キャズ)
★ 昨年のこの時期には、「二人のピアニスト」君は、{広島原爆60周年(1) [A-14]:[2005/08/6]} 、{広島原爆60周年(2) [A-15]:[2005/08/7]}、{広島原爆60周年(3) [A-16]:[2005/08/8]}、などを書いた。
原子力の歴史 (二人のピアニストに思う)
「原子力」の歴史を語るのならば、本当はキューリ―の話から始めなければならない。 近頃では世間一般で日常的に用いられる用語になった放射能の単位はSI単位系のベクレル(Bq)だが、以前は実用単位のキュリー(Ci)を用いていた。 その名称は研究者の名前から来ていて、...
終戦秘話への推理 (佐久間象川)
8月15日、第67回終戦記念日の夜のテレビで、NHKスペシャルは、 「終戦、なぜ早く決められなかったのか」、を放送した。 従来全く知られていなかった新事実が含まれていた。 ロンドンの国立公文書館で、終戦直前に在外日本武官が発信した 電文が発見された、という...
浦島ブログの準備(8A) (佐久間象川)
浦島ブログの準備(8A ) ピアニスト・ブログの(15番目)の記事:       ★[A-15]:広島原爆60周年(2)  、である。
浦島ブログの準備(8B) (佐久間象川)
▲浦島ブログの準備(8A):[B-223]、に紹介されている、ピアニスト・ブログの(14番目)の記事:       ★[A-15]:  広島原爆60周年(2) 、 を新ブログの記事に相応しい形に改造する。