ジオベスト

環境にやさしい、人にやさしい環境配慮型商品や土系舗装のことが満載。

インターロッキングブロックの防草

2017-10-09 02:24:23 | うんちく・小ネタ
インターロッキングブロックから雑草が生えてくるので、ジオベストで何とかなりませんか?といった質問が寄せられています。
問合せが多いので、以前、このブログでも書いておりますが、くわしく説明させていただきます。
インターロッキングブロックの構造は、一般的に下の絵のような構造になっています。
雑草が生えてくるのは、ブロックとブロックの間の目地砂か、敷砂のいずれかに原因があります。雑草が生えてきたら面倒ですね。また、目地砂には、硅砂が使われることが多いのですが、硅砂はサラサラしていて隅々まで詰めることができるメリットがありますが、傾斜のあるところは流れてしまうといった問題も起きています。

では、下の写真の雑草が生えている原因は、目地砂か、敷砂のどちらでしょう。
明らかに敷砂がブロックの下で繋がっているので、敷砂に原因があると考えられます。一般的に敷砂には良質な砂が使用されていると思いますが、砂そのものに防草対策がされてないと、数年もするとこのような雑草が生えてくることがあります。

では、対策はどうすればいいのでしょうか?
実はジオベストは、酸化マグネシウム系土舗装固化材ですが、重金属類の不溶化にも役立っています。フッ素、ホウ素、六価クロム、鉛、シアン、砒素といった汚染土壌を不溶化(汚染物質を少なくすること)もすることができるのと同様に、土の中の養分を不溶化して植物が育ちにくい環境にすることができます。
よくわかる例として、植物が吸収できる「リン」と植物が吸収できない「リン」があることをご存知でしょうか?
つまり、ジオベストは、植物の栄養素を不溶化して雑草の抑止ができるわけです。


では、ジオベストを何%混ぜれば効果が出るのかというと、下の「添加量-不溶化率」のグラフのように10%程度混合することで雑草が生えるのを防ぐことができます。

ジオベストと目地砂である硅砂や敷砂に混合すると、固まるかというとコンクリートのようにカチカチにはなりません。硅砂や敷砂が流れない程度に時間をかけて固まる程度です。
硅砂は、シリカと反応して固まり、固化材の配合量を多くするとカチカチになります。
厚さ3cmの敷砂には、事前にジオベスト10%を混合し、表面を締め固め、レベルを均等にして仕上げます。
ブロックを並べた後、乾燥させた硅砂とジオベスト10%も同様に混合し、目地に入れ、きれいにほうきで掃きます。表面がきれいになったら、目地材が流れないように配慮しながら軽く散水します。散水することで敷砂も目地材も固まっていきます。
下の写真は、ジオベストと硅砂を混ぜて固めたものです。砂ですから透水します。もちろん、敷砂も透水しますので、雨水を地中に浸透させることで雨水の流失を抑制できます。
そのためには、路盤そのものが透水する材料であることが欠かせません。
インターロッキングブロックの雑草防止は、目地砂と敷砂に注意することが大切ということになります。

ちなみに、ジオベスト10%とは、1㎥当り163kgになります。敷砂が3cmの場合、1㎡当り4.89kg
使用する必要があります。ジオベストは20kg入りなので、1袋で約4㎡施工できることになります。
尚、ジオベストの色ですが、天然のものなので真白ではありません。
元々が土舗装用にブレンドされているので、わずかですが、色がついております。
ブレンドの方法で真白にすることは可能です。
色の要望につきましては、すべての方にお応えするという具合にはいきませんが、施工後では遅いので、事前にご確認いただきますよう、お願いします。

下の写真は、オーストリッチレンガを並べて、硅砂とジオベスト10%を混合したものを、ブラシやホウキを使用して目地に入れようとしているところです。

下の写真は、目地に目地材を埋めたところです。

下の写真は散水したところのものです。最初は固化材が流れないように散水は噴霧で。二回目は時間をおいてレンガの表面をきれいにしながら散水をします。インターロッキングブロックも種類はいろいろあり、ブロックの表面に目地材がこびりついて取りにくいケースもありますので、事前にご確認ください.

ジオベストの防草効果については、大阪府の緑豊かな都市環境をつくりながら土砂災害防止を目指す「生駒山系グリーンベルト整備事業」の事例写真でご確認をお願いします。
施工時は真砂土で覆われていましたが、5年7ヶ月経過すると、対策をしたところとそうでないところの差が出ております。

■ジオベストのお問合せは
ジオサプライ合同会社 http://www.geosupply.jp/
広島082-299-0681 神戸078-843-2561 名古屋052-766-6419 福岡092-518-3537

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古墳と古代人の英知 | トップ | 公園園路の土舗装 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

うんちく・小ネタ」カテゴリの最新記事