居酒屋ええ滑空鉄道。

このブログは一部フィクションがあり以下略。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そうだ、京都へ行こう。10月の旅。その1。

2006-11-05 | でんしゃ
京都のはずれ、叡山電車一乗寺駅近くに恵文社一乗寺店という本屋さんがあります。
この本屋さんは品揃え、センスの良さで有名でして、一度は見に行っておかなければならないと夏頃から恋い焦がれてというという柄でもございませんが、折り見て行こうと思っていたお店です。
過日、ついに今年最初で最後の夏休みを1日強奪してというかよこせこのバカ店長!というお話は置いておいて、連休を手に入れましたので行って参りました京都へ。
仕事を終えて家でシャワーを浴びてから高崎線に乗り込んで、目指すは東京駅のムーンライトながら。大宮駅のポイント故障で20分弱の遅れ。最後は車掌と殺伐とした応対をしつつ東京駅をダッシュした時は出発2分前。近頃JR東日本の乗務員応対、遅延等は眼に余るものがある。大いに苦言を呈しておく。
どうにも私は京都と相性が悪いのか、京都へ幾たびに体調を崩してみたりだのなんだのとろくなことが起きません。
まあ今週のハイライトは最終日だった訳ですが、すでにこのとき風邪と熱で意識が朦朧としておりました。

京都へ素直にいけば良いのですが、そこは哀しいけれどテツヲタの習性。この際名鉄のパノラマカーを見ておこう、と少し寄り道をする事にしました。
事前にネットサーフィンとかをして運用を調べてみたりとかしましたが、風邪にやられた頭ではメモを見ても理解できません。
とりあえず払暁の豊橋駅に降り、まあ名古屋に行けばどうにかなるべ、と重い頭で軽く考えて始発の名鉄特急にのったのは午前6時。名鉄特急の快走っぷりに目的を忘れるところを引き戻したのは途中で退避していたパノラマカー4連×2。いやあ、一気に目が覚めましたよ。

そしてついに対面したのは忘れもしません....何処の駅か忘れましたが、たぶん東岡崎。先ほどのパノラマカーは回送電車でここで4連にわけて始発の普通電車になったのでした。ええ、ハタチの良い大人ですが、先頭ダッシュしましたよ。もっともだいぶ余裕でしたが。

歴戦の疲れが隅に見えていましたが、その走りは名鉄特急としての誇りを感じる事ができました。
コメント (28)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

tripで撮った写真をtripした頭でtripの夢をtripしてみる。

2006-10-14 | くうそうのでんしゃ。
なにがtripしているかわかりませんな。

先日3度目の正直で銚子電鉄の旧型車に乗れました。
デハ801です。デハ701は笠上黒生に留置されてしまっていました。
このまま鳥葬になってしまうのでしょうか?

まあそれももったいない話なので、どうせ捨てるならオラが買うデスよ。
買ったら、そう、どこか静かな海の見える丘にでも置いて本屋さんをやり
たいですな。

そう、「ふたごのでんしゃ」をやりたいのですよ。あれの本屋ver。
車両は銚子の旧型車や江の電の300形。306Fとか302Fが理想だったの
ですが。あとは琴電の旧型。ただどうやって関東に持ってくるのか?
というかもう間に合いませんがな。315か27F欲しいなあ。


「ヒグラシの声が、遠く潮騒に呼びかける頃。
ぼくはひとり、木の床を踏みしめて本を読んでいた...」


さて今度こそ宝くじ貯金の1億5千万をおろさせて
くれないものだろうか...


オリンパスTrip35 コニカセンチュリアスーパー200@銚子駅
最近この800円カメラばかり使ってる気がする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

point of no return

2006-10-11 | 草子
あれから婆様もなくなりまして。
爺様が亡くなってほぼ1ヶ月でした。
危篤になるつい前日に飯を一緒にたべただけにホント驚きました。

集中治療室で話した時はしっかりしていただけに、それが最期になるとは
思いもしなかった訳でして。
なにしろ今年の1月に背骨骨折、このまま寝たきりになるか、というところ
から復活したり、近頃病気とはほとんど無縁な不屈の婆様だっただけに、
おもわず「婆様でも死ぬ事があるんだな」と親父殿に漏らしてしまった訳で。

そんなこんなで後の手続きだの体調崩したりだの松山千春みたいな先生に
気胸かもしれんね、とかいわれたりしていたら、秋風肌を刺す今日この頃。



6月からこちら、地獄をみてしまったので心が渇いておりましたが、
ホントにやりたい仕事にむけて準備開始しております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

えすにっくじょーく。僕にできないすべてを持っていた玉電(仮名)に心からの敬意を込めて。

2006-08-18 | くうそうのでんしゃ。
玉電(仮名)は、ホームページを最初にインターネットに送り込んだとき、ただ停車駅をきめただけでは串団子でモえることができないのを発見した。これでは串団子を書き連ねても役に立たない!
未来研究所(仮名)の技術者たちはこの問題に立ち向かうべく、10年の歳月と120億円の開発費(税抜・バナナ、ミルキー代含)をかけて研究を重ねた。
その結果ついに、性能曲線でも運転士のテクニックでも無人運転でも対運輸省(仮名)でも3000ページの乗入協定書でも、どんな状況下でもどんなストーリーをも書ける串団子を完成させた!!

一方、海岸軌道(仮名)は一枚の絵を描いた。


人の数だけ空想がある。答えが正しいと思う限り、間違えた答えは存在しない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一筆。

2006-08-09 | 草子
先日、爺様が亡くなった。86歳だった。
最期はおだやかなものだったようだ。
6月の時点でいつ心臓が止まってもおかしくないといわれていたので覚悟はしていたが、いざ連絡をもらうとやはりこたえるものだ。
丁度、前の店が閉店してその片付けがまさにおわったその日の昼だった。前日にまた危険だという連絡は貰っていたのだが、まあいつもよりは大丈夫そうだという事だったので帰らなかった。
爺様と最後に話したのは6月の頭になってしまった。
夕方、家にいくと爺様が寝ていた。病院に居たときよりよっぽど顔色がいい、そんな寝顔だった。

葬式にはいろいろな人が来てくれた。爺様が趣味が長じてはじめた鎌倉彫の会の方々に大いに助けていただいた。
右も左もわからぬまま、親父殿が葬儀屋と手はずを整えて行く中、なにもできぬまま葬式当日を迎えた。
小売・接客業とは因果なもので、通夜の受付を店のレジと同じにローテーションとか弔問客の接"客"を考えたりしてしまう。頭の片隅に違うだろ!とささやくものが居るのだが、体が接"客"をしてしまう。
何年ぶりかで妹に会った。まあかなりぶっ飛んだ奴なのでどんな格好でくるか、ワクワクテカテカ、ではなくハラハラドキドキしていたが、まあ激甘採点で合格?ではあった。他人様の式には間違っても出せないが。

爺様は昔トラックメーカーでミッションの設計とかやっていたとかいう話を数年前に話した事があった。
だから爺様はずっと機械屋だったと思っていた。でも葬式の時にあった爺様のいとこ筋の話を総合するとどうも戦前は近衛連隊にいたとかいないとか、馬をもらって帰ってきた事があるとか無いとか、俺様は爺様の若い時とそっくりとか違うとか、いろいろ爺様と話をしてみたかったこともできたわけで、これは杉田の墓でいろいろ聞くとしようか。
もっとも過去を語るは無用、聞くは無作法な不文律があるふいんきのうちのことて、誰も語らんだろうけど。

一段落がついた8月のある日、僕は高松へと旅立った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加