居酒屋ええ滑空鉄道。

このブログは一部フィクションがあり以下略。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

point of no return

2006-10-11 | 草子
あれから婆様もなくなりまして。
爺様が亡くなってほぼ1ヶ月でした。
危篤になるつい前日に飯を一緒にたべただけにホント驚きました。

集中治療室で話した時はしっかりしていただけに、それが最期になるとは
思いもしなかった訳でして。
なにしろ今年の1月に背骨骨折、このまま寝たきりになるか、というところ
から復活したり、近頃病気とはほとんど無縁な不屈の婆様だっただけに、
おもわず「婆様でも死ぬ事があるんだな」と親父殿に漏らしてしまった訳で。

そんなこんなで後の手続きだの体調崩したりだの松山千春みたいな先生に
気胸かもしれんね、とかいわれたりしていたら、秋風肌を刺す今日この頃。



6月からこちら、地獄をみてしまったので心が渇いておりましたが、
ホントにやりたい仕事にむけて準備開始しております。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« えすにっくじょーく。僕にで... | トップ | tripで撮った写真をtripした... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

草子」カテゴリの最新記事