グラフィックディレクター 大里早苗 ブログ

東京港区のデザイン会社、グラフィックメイトの代表を務める大里早苗のブログです。

広報誌の制作ポイント 2

2012-03-29 17:34:32 | 中小企業の広報誌制作
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
広報誌の制作ポイント1では「読者、発信情報、イメージ形成」ということを書きました。これらは創刊時に考えておかねばならないポイントですが、継続して発行していくときにポイントとなるのは「原稿作成」でしょう。
座談会  インタビュー  寄稿
などは、広報誌や社内報でよくとられる手法です。それぞれの特長を簡単にご説明します。

座談会
時間や予算に余裕のある場合におすすめ。
参加者の人選、スケジューリング、人数によっては会場探しなど。
当日は座談会中の写真撮影、音声録音などが必要。
会場費や喫茶代、お車代(交通費)などが発生。
原稿としてまとめたものを参加者の確認を経て掲載。

インタビュー
スケジュールを押さえ、先方の都合のよい場所で話を聞く。
特別な会場は必要なく、写真もインタビュー後の撮影でOK。
原稿確認も比較的スムーズ。

寄稿
テーマを決めて原稿を書いてもらうスタイル。
費用・手間はあまりかからないが、原稿があがってこないということも多々ある。
本人から写真を提供してもらえるとベター。


これらを予算や時間によって上手に組み合わせて自社のメッセージを発信し、読んでもらえる広報誌を制作しましょう。
グラフィックメイトでは座談会設営、取材・写真撮影、音声おこし、原稿作成、デザイン・レイアウトとトータルなサポートが可能です。もちろん部分的なお手伝いもいたします。




good life ☆ good design ☆ graphicmate
広報誌・社内報の制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
http://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
『デザイン』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 唐揚げ弁当(愛父弁当) | トップ | 広報誌の制作ポイント3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。