グラフィックディレクター 大里早苗 ブログ

東京港区のデザイン会社、グラフィックメイトの代表を務める大里早苗のブログです。

広報誌の制作ポイント3

2012-04-03 11:46:17 | 中小企業の広報誌制作
東京港区のデザイン会社 グラフィックメイトの大里早苗です。
広報誌の制作ポイント3では引き続き「原稿作成」ついてお伝えします。
広報誌の制作ポイント2で「座談会やインタビュー、寄稿を上手に組み合わせて」と書きました。予算や時間の関係で使い分けるのもひとつですが、誌面構成の中での使い分けも有効です。

座談会
社会的、業界的に知名度の高い方にご参加いただく。
自社の製品や事業と関わりのある内容で座談会を開催すると「広報」として効果的。

インタビュー
社会的、あるいは業界的な著名人に登場いただくと読者の興味をひきやすい。

寄稿
会社内、業界内の一般的な方々から寄稿を募ると「知り合いが載ってる」という親近感を持って読んでもらいやすい。


読者には、「有名人だから読みたい」という部分と、「知り合いだから読んでみよう」という部分があります。広報誌の内容や目的にあわせて誌面の構成を考えていきましょう。




good life ☆ good design ☆ graphicmate
広報誌・社内報の制作ならグラフィックメイトへご相談ください。
http://www.gmate.jp/ Tel 03-3401-7310
『デザイン』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広報誌の制作ポイント 2 | トップ | さんかくお屋根 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。