FUCHISO(フウチソウ)

諸国の古い工芸/染織品をご紹介する小さなお店です。 東京都渋谷区神宮前3-7-4 2階/TEL 03-5474-7107

● 聖夜を想うもの / ヨーロッパ更紗 キルティングラグ

2017-12-15 | 古いもの


おこた(こたつ)が恋しいくらいの寒さ。

こんな日はこたつ敷きにはもちろん

夏になったらお昼寝マットにしても良さそうな、

ヨーロッパ更紗のキルティングラグを。


大きいモチーフの方の生地は所どころ生地が破れて中の綿が見えている箇所有り

継ぎ充てを愉しみながら、お直しをしていただける方に、現状で

¥10.000-(配送の場合は送料別途)ではいかがでしょうか?





大きいモチーフの銅板捺染の面

















小さいモチーフの銅板捺染の面

















● 聖夜を想うもの / ヨーロッパ更紗 キルティングラグ

19c末頃

銅板捺染更紗

約W160 ×L180 cm






色調とそれから暖かさのイメージから、聖夜を想うもの。



☆ 12/16(土)営業日、17(日)18(月)店休日、19(火)-21(木)営業日 となります。 

以降の、12月営業予定は下記リンク ★ よりご確認をいただけます、よろしくお願いいたします。









FUCHISO (フウチソウ)

〒150-0001 渋谷区神宮前3丁目7-4 和泉ビル201 / TEL・FAX 03-5474-7107


● OPEN 12:00-18:00頃 

*仕入れ・骨董市出店等により 不定休 での営業とさせて頂いております

お手数をお掛け致しますが等ブログ、もしくはお電話にて営業予定をご確認の上、お出掛け頂けましたなら幸いに存じます。


◎ 12月の営業予定ページはこちらです→
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

● 聖夜を想うもの / 金唐革 天使 紙入れ

2017-12-13 | 古いもの

澄み切った青空が心地よい、冬晴れの日。





蓋の部分には黒目がちな天使がふわり


蓋を開けると

正面内側には鶏頭手の花と果実をついばむフェニックスでしょうか

豊穣や生命力を思わせる図柄の金唐革が用いられています。


手縫いされた裏打ちはバーガンディ色の絹地(小さな内ポケットが2つ)

外ポケットの付いた背面も正面内側のモチーフ部分を贅沢にリフレインしています。


























モチーフも魅力の一つですが、

使い手や用途を限らないシンプルな仕立ても○


江戸から明治の袋物文化や袋物師があったからこそ、

ヨーロッパの金唐革文化の後はるばる海を超え

時を経ててこうして形として残って来たもの。



金唐革とは → 



● 聖夜を想うもの / 金唐革 天使 紙入れ

17 - 18c(仕立ては明治頃)

約W20.5 ×D3.5(内側上部のみ) ×H12.5 cm

*経年の革の擦れが所々に見られますが、破れなどは見当たりません。



☆ 12/14(木)店休日、15(金)16(土)営業日 となります。 

以降の、12月営業予定は下記リンク ★ よりご確認をいただけます、よろしくお願いいたします。









FUCHISO (フウチソウ)

〒150-0001 渋谷区神宮前3丁目7-4 和泉ビル201 / TEL・FAX 03-5474-7107


● OPEN 12:00-18:00頃 

*仕入れ・骨董市出店等により 不定休 での営業とさせて頂いております

お手数をお掛け致しますが等ブログ、もしくはお電話にて営業予定をご確認の上、お出掛け頂けましたなら幸いに存じます。


◎ 12月の営業予定ページはこちらです→
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

● 聖夜を想うもの / グレゴリアン・チャント ネウマ譜

2017-12-10 | 古いもの

3年ほど前だったか

小さな映画館で観た 大いなる沈黙へ 

暗い聖堂の中、キャンドルの光だけで照らされたネウマ譜

修道士たちが祈りを唄う厳かな時間

羊皮紙の譜面をめくる音までもが

神聖に感じたのを、思い出しました。


こちらは五線譜、ルネサンス期のグレゴリアン・チャントのネウマ譜の1ページ


2年ほど前にフランスで仕入れましたが、使用地は不明となります。








































● 聖夜を想うもの / グレゴリアン・チャント ネウマ譜

16 - 17c

パーチメント

約W39.5 ×L56 cm

* ご売約済みとなりました、ありがとうございます。



Wikipedia グレゴリア聖歌 → 








☆ 12/11(月)12(火)店休日、13(水)営業日、14(木)店休日、15(金)16(土)営業日 となります。 

以降の、12月営業予定は下記リンク ★ よりご確認をいただけます、よろしくお願いいたします。









FUCHISO (フウチソウ)

〒150-0001 渋谷区神宮前3丁目7-4 和泉ビル201 / TEL・FAX 03-5474-7107


● OPEN 12:00-18:00頃 

*仕入れ・骨董市出店等により 不定休 での営業とさせて頂いております

お手数をお掛け致しますが等ブログ、もしくはお電話にて営業予定をご確認の上、お出掛け頂けましたなら幸いに存じます。


◎ 12月の営業予定ページはこちらです→
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

● 聖夜を想うもの / 紅色のタッセル

2017-12-09 | 古いもの

冷えてます

目にも暖かな 燃えるような紅色

不揃いな粒の古手のビーズと

西洋ではステンドグラスの彩色などに用いられていたレジン(天然樹脂)の組み合わせのタッセルを。
























● 聖夜を想うもの / 紅色のタッセル

フランス

19 - 20c初頭

ガラスビーズ+レジン

約W6 ×L72 cm


光の通り方が違うので

窓辺に掛けて

陽が移ろうだけでも変化をお愉しみ頂けます。

 



聖夜のリースとしても◯




☆ 12/10(日)営業日、11(月)12(火)店休日、13(水)営業日となります。 


以降の、12月営業予定は下記リンク ★ よりご確認をいただけます、よろしくお願いいたします。








FUCHISO (フウチソウ)

〒150-0001 渋谷区神宮前3丁目7-4 和泉ビル201 / TEL・FAX 03-5474-7107


● OPEN 12:00-18:00頃 

*仕入れ・骨董市出店等により 不定休 での営業とさせて頂いております

お手数をお掛け致しますが等ブログ、もしくはお電話にて営業予定をご確認の上、お出掛け頂けましたなら幸いに存じます。


◎ 12月の営業予定ページはこちらです→
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

● 聖夜を想うもの / タピスリー 天使

2017-12-06 | 古いもの

今年の冬将軍は厳しいらしい、お手柔らかに願いたい。


せめても目には暖かい気持ちを

聖夜まで 聖夜を想うもの お届けして参ります。







石造りの城壁の門前

オリーブが生い茂り花々が咲き乱れ

泉のほとりで佇む天使

その左手に留まるのは鸚鵡。(キリスト教美術で鸚鵡は従順や忠実さの象徴とされるそう)

























本来、もっと大きなタピスリーだったものが

何らかの事情で(19c頃の金糸の手織りテープで縁取られ)フラグメントとなり裏打ちされて

いまに伝わったもの。














● 聖夜を想うもの / タピスリー 天使

フランドル地方

17c-18c

綴れ織

経 麻 
緯 羊毛(一部絹)

約W60 ×L76cm

・所々に補修が見受けられます。

・天使の左羽、腰衣、右膝付近の花畑?に経年で緯糸の切れている箇所が有りますが

裏打ちのおかげ、装飾時に影響はなさそうです。

・上下に綴れ織特有のスリットを接ぎ合わせた跡が有ります。


* ご売約済みとなりました、ありがとうございました。


タピスリー(タペストリー)について詳しくはwikipediaにリンクを貼ります → 





経年の退色により元の羊毛色(グレーや茶色)が表面に出て来て居ますが

綴れ織りによって描かれた祈りのモチーフ達からは退色した今も

生命力を感じます。











☆ 12/7(木)8(金)店休日、9(土)10(日)営業日となります。 


以降の、12月営業予定は下記リンク ★ よりご確認をいただけます、よろしくお願いいたします。








FUCHISO (フウチソウ)

〒150-0001 渋谷区神宮前3丁目7-4 和泉ビル201 / TEL・FAX 03-5474-7107


● OPEN 12:00-18:00頃 

*仕入れ・骨董市出店等により 不定休 での営業とさせて頂いております

お手数をお掛け致しますが等ブログ、もしくはお電話にて営業予定をご確認の上、お出掛け頂けましたなら幸いに存じます。


◎ 12月の営業予定ページはこちらです→
コメント
この記事をはてなブックマークに追加