FUCHISO(フウチソウ)

諸国の古い工芸/染織品をご紹介する小さなお店です。 東京都渋谷区神宮前3-7-4 2階/TEL 03-5474-7107

● 朝顔

2016-08-25 | 古いもの


活動時間帯が遅いからでしょうか

咲いている姿を見られなくなり、いつの日からか遠い存在になってしまった

朝顔。



夏という季節の中の一瞬の儚さを捉えて表したかのような、明治の染織布

元々は浴衣地?後に布団皮に仕立て直され今の姿になったのでしょうか。






絞りの部分が水色と白に染め分けられて立体感があります





ところどころに有る、丁寧に繕われた箇所。









こちらの朝顔ならば

いつでも気が向いた時に眺められますね。





明治時代

木綿絞り染め

朝顔

約 W99 L180cm

¥28.000-







FUCHISO (フウチソウ)

〒150-0001 渋谷区神宮前3丁目-7-4 和泉ビル201 / TEL 03-5474-7107


● OPEN 12:00-18:00頃 *仕入れ・骨董市出店等により 不定休 での営業とさせて頂いております ↓

● お問い合わせはメールアドレス fuchiso☆tbr.t-com.ne.jp    ← ☆を@にかえてお送り下さいませ。

● 8月の営業予定はこちらです→


お手数をお掛け致しますがご確認の上、お出掛け頂けましたなら幸いと存じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

● 金魚玉 其の2

2016-08-24 | 古いもの

雷がゴロゴロ言ってます

又、来るか。






今日は左側の金魚玉を。


















昨日の小さいのに比べるとガラスの色も質感もクリア

宙吹きの際に入り込んだ大きな気泡が数カ所に(写真では見えにくいかも知れません)







金魚玉 其の2

φ15.5 ×H11.5 cm

¥15.000-



水を張ると周辺の景色が球体に映り込み

又違った見え方に。










FUCHISO (フウチソウ)

〒150-0001 渋谷区神宮前3丁目-7-4 和泉ビル201 / TEL 03-5474-7107


● OPEN 12:00-18:00頃 *仕入れ・骨董市出店等により 不定休 での営業とさせて頂いております ↓

● お問い合わせはメールアドレス fuchiso☆tbr.t-com.ne.jp    ← ☆を@にかえてお送り下さいませ。

● 8月の営業予定はこちらです→


お手数をお掛け致しますがご確認の上、お出掛け頂けましたなら幸いと存じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

● 金魚玉 其の1

2016-08-23 | 古いもの

日曜日は市場に出かけ

布と器を売りました

テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ テュリャ テュリャリャ
テュリャ テュリャ テュリャ
テュリャ リャ


月曜日は台風直撃

と言う訳で

今日は店の営業日です。


先ずは日曜日、蒸し暑いさなかの大江戸骨董市へのご来場

当店へお立ち寄りお買い上げを頂きました方、誠にありがとうございました、

あまりの暑さに諸々がダウンしブログの更新もままならず失礼をいたしました。




さて、まだまだ残暑続くようです

涼やかなガラスの工芸品、金魚玉を。






今日は右側の方から

サイズはまま見かけるもの、珍しく紐が残っていました。


黄色い光で撮った画像では判りにくいですが薄すら緑掛かったソーダガラス

気泡たっぷり。

















買った金魚を持ち帰るための(昨今の縁日のビニール袋代わり)ガラス玉

このままでは金魚は飼えませんが、一時的に軒先きに吊るし涼を取ったのだそう、

江戸の時代からそんな風習が始まり昭和の初めころまでは

風鈴職人さんが作っていたものなんだとか。




金魚玉 其の1

φ10.3 ×H6.5 cm

¥10.000-



涼やかで儚い工芸品。







FUCHISO (フウチソウ)

〒150-0001 渋谷区神宮前3丁目-7-4 和泉ビル201 / TEL 03-5474-7107


● OPEN 12:00-18:00頃 *仕入れ・骨董市出店等により 不定休 での営業とさせて頂いております ↓

● お問い合わせはメールアドレス fuchiso☆tbr.t-com.ne.jp    ← ☆を@にかえてお送り下さいませ。

● 8月の営業予定はこちらです→


お手数をお掛け致しますがご確認の上、お出掛け頂けましたなら幸いと存じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

● カラスの濡羽色 ミャオ族プリーツ / 夏鞄 + カードケース

2016-08-20 | Fuchiso's Bag


カードケースの前にもう一つだけバッグのご紹介を、

カラスの濡羽色のような色味が美しい

プリーツスカートだった古布を用いました。









◯ FB016 巾着ポシェット(紐を調節して片方の肩に掛けても、斜めショルダーにしても )

古布/ ミャオ族 藍染木綿プリーツスカート地(20c中頃)

外寸(最大部):W32 D8 H35 cm (紐約140cm)

仕様:口元マグネット/外側背面ポケット/裏地付き

牛革 / 黒

MADE IN JAPAN

¥25.000+TAX * 在庫数 1 


別の生地ですが、着用イメージはこちら→


* 使用する古布により、お値段は異なります。






カードケースは、出し入れの多い外側にレザーが来るようにし

生地は傷みにくくするために内側に配しています。

2つ口の方には普段ならば使われることのない革の耳の部分を用いています

これが案外取り出しやすかったりも。


今なら藍染系のミャオ族古布バージョン、充実しています。










◯ FL001 カードケース( 名刺・ショップカード・PASMO入れなどに )

古布/ ミャオ族 藍染衣装古布各種(20c中頃)

外寸(折りたたみ時): 8×12cm 

仕様:ポケット2つ口/1つ口

牛革 / 黒・焦げ茶

MADE IN JAPAN

¥3.500+Tax


贈り物にも。



*明日は国際フォーラムにて開催予定の 大江戸骨董市 へ出店するため、店舗の営業はお休みとさせていただきます、蒸し暑そうです。

(天候不順などで骨董市が中止の場合は、店舗にて通常営業いたします。)開催情報は主催社HPにてご確認頂けます→ 大江戸骨董市






FUCHISO (フウチソウ)

〒150-0001 渋谷区神宮前3丁目-7-4 和泉ビル201 / TEL 03-5474-7107


● OPEN 12:00-18:00頃 *仕入れ・骨董市出店等により 不定休 での営業とさせて頂いております ↓

● お問い合わせはメールアドレス fuchiso☆tbr.t-com.ne.jp    ← ☆を@にかえてお送り下さいませ。

● 8月の営業予定はこちらです→


お手数をお掛け致しますがご確認の上、お出掛け頂けましたなら幸いと存じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

● スコール ミャオ族ろうけつ染 / 夏鞄

2016-08-18 | Fuchiso's Bag

空が暗くなって来ました

この湿度はスコール、来そう。

来た。



ここの所ご紹介して来ました新作の夏鞄

と言いましてもいずれも藍ベースの古裂に本革を合わせています

夏だけと言わず是非通年でイメージしてみて下さい。



ざっくりとした手紡ぎ麻の質感の生地に

竹ヒゴ等を用いた繊細なろうけつ染が魅力のミャオ族の染織布。









右側 バケツトート S

底の接ぎ合わせをエンベロップ型にすることで

中味次第でしなやかに鞄の形が変わるようにデザインしています。












着用イメージ前後










◯ バケツトート S (FB018-S)

古布/ミャオ族 手紡ぎ手織り麻 ろうけつ染(20c中頃)


外寸(最大部):W27 D24 H23 cm

仕様:内ポケット×2/裏地付き/マグネットボタン

牛革 / 黒

MADE IN JAPAN

¥30.000+TAX * 在庫数 1 








左側 ボヘミアンオーバルポシェット(2way)











紐の通し方を変えて2ショルダーにすると








◯ FB021 ボヘミアンオーバルポシェット(2way)


古布/ ミャオ族 手紡ぎ手織り麻 ろうけつ染(20c中頃)

外寸(最大部):W22 D12 H26 cm (紐約150cm)

仕様:口元革ひも開閉/裏地付き/紐の通し方次第で2ショルダーにも 

牛革 / こげ茶

MADE IN JAPAN

¥26.000+TAX * 在庫数 1 


* 使用する古布により、お値段は異なります。



夏鞄も明日のカードケースが最後のご紹介となります。






FUCHISO (フウチソウ)

〒150-0001 渋谷区神宮前3丁目-7-4 和泉ビル201 / TEL 03-5474-7107


● OPEN 12:00-18:00頃 *仕入れ・骨董市出店等により 不定休 での営業とさせて頂いております ↓

● お問い合わせはメールアドレス fuchiso☆tbr.t-com.ne.jp    ← ☆を@にかえてお送り下さいませ。

● 8月の営業予定はこちらです→


お手数をお掛け致しますがご確認の上、お出掛け頂けましたなら幸いと存じます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加