プリンストンに暮らす

ドイツ&アメリカでの駐妻生活を終えて帰国しました!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

セラピードッグの新天地

2007年12月17日 | セラピードッグ
イラクでの戦争が長引く中、過酷な任務や負傷、長期派遣による家族との関係破綻などにより
米兵の自殺率が過去最高となるなど、兵士の精神的ストレスが問題となっていましたが、
この度、2匹のセラピードッグがイラクへ赴任することになりました。(Ref: USA TODAY)

これまで、軍用犬として働く犬達は派遣されていましたが、兵士を癒すための犬の派遣は
これが初めて。おそらく、世界初なのではないでしょうか。

派遣される犬は、NYの America's Vet Dogs という目が不自由になった退役軍人の方
のために盲導犬を育成する協会で訓練を受けた黒ラブのBoe&Badgeです。



2匹は、米兵二人のハンドラーと共に、今月末テキサスからまずクウェートへ軍用機で
飛びますが、特別にクレートに入らず、ハンドラーと機内で過ごすことができるそうです。

また、長期派遣を待つ家族の深刻なストレスを癒すため、サンディエゴなどの基地内で
活躍するセラピードッグの数も増えているそうです。

この春、サンディエゴ旅行で出会った訓練中のセラピードッグも、今頃活躍しているかもしれません。

セラピードッグの新たな活躍は嬉しいですが、何よりもこのような戦争が早く終わってほしいと思います。

←Please Click!!
ジャンル:
海外
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリスマスのパエリア | トップ | 今年最後の訪問 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵なクリスマスプレゼントになりそう。 (danmama)
2007-12-19 11:50:11
本当は、戦地に赴くような事のない平和な世界が理想ですが、現実は難しいですね...犬達が人間の心の不安を取り除いてくれるのは事実です。
我が家の癌患者もマロンのお陰で明るくなりました。

今も階下から明るい笑い声が聞こえてきます。(^-^)
戦争のない世界に (アレン)
2007-12-19 13:49:44
私は沖縄のアメリカ軍の射撃場近くに住んでいます 朝六時前から訓練したり 夜10時すぎても 飛行機が通っていきます? イラク国内が早く落ち着いてほしい、人々が犠牲になる大義名分なんかないと叫びたいです うちは二匹のラブと雑種の三匹がいま~す 沖縄から世界の平和を祈ってまーす???
笑い声 (frauyamada★danmamaさま)
2007-12-20 10:56:04
この自然に笑うということが、精神的にも身体的にも効果がある
そうですから、笑いをもたらしてくれるの犬の存在は大きいですね。
世界の平和 (frauyamada★アレンさま)
2007-12-20 11:02:13
米軍の飛行機は、低空を飛ぶのでかなりうるさいかと思いますが、
朝早くからとは困りものですね。
私も、息子に世界平和を説くことしかできませんが、早く戦争が
なくなることを願っております。
3匹の犬に囲まれた生活うらやまし~い!! 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。