折々の記

日常生活の中でのさりげない出来事、情景などを写真と五・七・五ないしは五・七・五・七・七で綴るブログ。

写真&俳句VOL1081~えぇ、こんな場所に!

2017-06-27 | 写真&俳句
ゴルフ場の天井に取り付けられた監視カメラに作られた巣には、子ツバメが元気に育っていた。



巣作りや     場所を選ばぬ     ツバメかな



梅雨の晴れ間、今月最後のゴルフに行ってきた。

場所は車で20分ほどのところにある、いつもの河川敷のゴルフ場である。

この時期になるとツバメたちが集まってきて、このゴルフ場のあちこちに巣をかけ、子育てをするのが名物になっている。

前回に行って時も本ブログで紹介したが、今回は何と天井に設置されている監視カメラに巣を作っていて、大勢のゴルファーたちが見上げる中、親鳥がせっせと餌を運んでいた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真&俳句VOL1080~大仕事

2017-06-24 | 写真&俳句
今年収穫した梅。10キログラム弱あったが、梅干しに使えたのは8キロ弱だった。


梅捥ぎや     梅雨の晴れ間の     大仕事



長崎に行っていたこともあり、今年の梅捥ぎ作業は例年より少し遅れてしまった。

そこで、梅雨の晴れ間を見計らって大急ぎで作業に取り掛かった。

時を同じくしてお隣さんも作業を開始。

作業に入る前に声をかけると、「今年は雨が少なかったせいか、量も少ないし、身も小さいね」とご主人。

我が家の梅も同様で、脚立を使ったり、木に登って窮屈な格好で梅を捥ぐの重労働であるが、大仕事の割には、収穫量は10キログラム弱と昨年に続いて不作であった。

小生の作業は終わったが、これからはかみさんが、収穫した梅を「梅干し」にする行程が残されている。

これは小生の梅捥ぎ作業より格段に大変の大仕事である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真&俳句VOL1079~一期一会

2017-06-22 | 写真&俳句




親と子の 一期一会の 旅なれば 過ごせし時や 値千金


息子の転勤とかみさんの古希とが重なったことで、思ってもみなかった長崎の旅が実現した。

今回の旅は2泊3日という限られた日程ではあったが、この間、濃密な時を過ごすことができた。

振り返ってみればこれまで3日間も「親子水入らず」で過ごすことなど全く記憶にないし、多分これから先もないかも知れない。

その意味では、「一期一会」の旅と言えるかもしれない。

何とも心に残る、うれしい、楽しいひと時であったと感謝の思いでいっぱいである。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真&俳句VOL1078~新三大夜景

2017-06-21 | 写真&俳句
長崎の夜景は2012年に開催された「夜景サミット2012 in 長崎」において、香港、モナコと共に「世界新三大夜景」に選ばれ、また、2015年には、神戸、札幌と共に「日本新三大夜景」にも選ばれたとのこと。

稲佐山の展望台には、夜景を見ようと多くの人が集まっていた。



長崎や    銀河舞い降る     夜景かな



長崎は昼の観光も見どころが多いが、夜の観光も魅力的である。

その一つが、標高333mの稲佐山の頂上から眺める夜景である。

ロープウェイに乗ること5分、展望台にあるレストランで早めの夕食を食べ、暗くなるのを待つ。

8時ごろになってようやく夜のとばりが降り始めると展望台は満員の状態で写真を撮るのもままならない。

それにしても、夜の長崎市内に瞬く明かりは、まるで銀河が舞い降りたようで、ため息が出るほどの美しさであった。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

写真&俳句VOL1077~路面電車

2017-06-20 | 写真&俳句
路面電車は5系統もあり、料金は一律120円と格安で、観光の主要スポットを案内してくれる。




長崎や     路面電車で     巡る旅


長崎の名所めぐり、暑さのこともあり当初は個人タクシーによる観光を考えていたのだが、長崎独特の路面電車があり、「このほうがいいんじゃない」ということになり急遽路面電車に変更、日がな一日のんびりとあちこちを巡った次第である。



路面電車でめぐった主な観光名所



大浦天主堂 大浦天主堂下駅下車徒歩7分


グラバー園 大浦天主堂下駅下車徒歩5分

平和公園 松山町下車徒歩2分

浦上天主堂 松山町下車徒歩5分

オランダ坂 市民病院前下車徒歩4分

眼鏡橋 公会堂前駅下車徒歩5分











コメント
この記事をはてなブックマークに追加