ふわゆき絵巻

ねこと船と手作りと旅

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本百名山 月山の旅(6)

2016年10月09日 | My百名山 & 百名湯
湯殿山の鳥居のところから13:30の路線バスに乗り、14:45に鶴岡駅に戻りました。
そこからレンタカーで羽黒山へ。
昨日の朝、バスで立寄ったところにまた来ました。

ここには、三神合祭殿(さんじんごうさいでん)があり、月山、湯殿山、羽黒山を同時にお参りできる
すばらしいところです




出羽三山コンプリート!
三神合祭殿は平成12年に国の重要文化財に指定されたそうです。




お参りも済んで、ホッと一息。
ごへい茶屋でやまぶし団子をいただきました。
おいしかった~。


その後は、やまぶし温泉ゆぽかでさっぱり。
そして重たいリュックをコンビニから自宅に発送
居酒屋で夕飯を食べて23:15鶴岡第一ホテル前からバスに乗りました。

帰りのバスは疲れもあって、良く眠れました。
翌朝、5:55に上野駅着。
8時前に帰宅。
一大決心の山旅終了

天気にも恵まれて、ホントにいい旅でした。
しかし、その後三日間、太ももが強烈な筋肉痛で歩くのさえつらい
買物もネットスーパーにしてしまうヘタレぶり。
天国の後は地獄が待っていた

そうそう、夫の財布ですが、見つかりました!
きっと、出羽三山の神様のおかげです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本百名山 月山の旅(5)

2016年09月27日 | My百名山 & 百名湯
湯殿山を目指しての下山。
今日は下山だから、たいしたことないだろう。とタカをくくっていた私。
とんでもないです、山は下りが大変なのでした
下り始め、石がゴロゴロの急斜面です。
滑りそうでコワイ。肩に力が入ります。




景色はすばらしす。
今日も絶好の登山日和。




左の山肌に前を行く人たちが見えます。
のどかな風景

でも、実際にそこに行ったら細い道、しかも右手側は急斜面。
見てる方がよかったな




ここは、最大の難所。梯子降り。
梯子は一つだけかと思ったら、三つもありました。
うぇーん
荷物を背負いながら、登山靴で下りるのは怖かったよー。





小さな沢を下るところもありました。
カワイイ花もたくさん咲いていたけれど余裕なし。
なので、写真もナシ


11:30すぎ ようやく湯殿山神社に到着しました。


「湯殿山神社」

「語るなかれ」「聞くなかれ」修験道の霊地・湯殿山は、標高1,500m、月山南西山腹に連なる なだらかな稜線の山。
出羽三山の奥宮とされる湯殿山神社本宮は、写真撮影禁止、参拝は土足厳禁という厳しい戒めで知られる神社。
湯殿山神社には社殿がなく、ご神体は熱湯の湧き出る茶褐色の巨大な霊巌です。
江戸時代には、西の伊勢参りに対して、東の奥参りと称して、両方をお参りすることが「人生儀礼」の一つとされ
 全国からの参拝者で賑わいました。
※開山期間は、積雪のため6月1日より11月3日頃までとなります。
(積雪期は閉山、湯殿山開山祭/6月1日)

湯殿山神社には足湯があります。
足をつけると下山で緊張していた心と身体がホッとほぐされていきました。
神様のお湯ですわ。
前に観光に来た時に寄ったときとは、ありがたみが違う




到着~!!!

こちらは、神社から下ること徒歩15分の大鳥居です。
実は、M代は歩きませんでした。
参拝者用のバスで下りてきたのです。
湯殿山神社に着いた時点で、修行は終わりなのです
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本百名山 月山の旅(4)

2016年09月25日 | My百名山 & 百名湯
お風呂でよく暖まったおかげで、その晩はぐっすり。
翌朝、目を覚ますと辺りは妙に静かです。
窓から外を見ると



雲海
そうか、昨日は雲の上で寝てたんだ。

辺りの人たちは、御来光を見に外に出ている様子。
私も行こうかな。でも寒いな〜
ぐずぐずしていると
窓から陽が差し込んできました。




わーい!
御来光見えた〜
楽して見れた〜




6:00 朝食です。
山の朝は早い。
見た目、普通〜な朝食ですが、
これがまた美味
ガッサンダケのお味噌汁は、これを食べにまた行きたいくらい。




これは、小屋の裏にあった倉庫。
手前の荷物は、ヘリコプターで吊り下げて運んだもの。
トラック来られないですものね。
下界とは違う世界です。





7:00 
今日は湯殿山を目指して下山します。
月山神社と頂上小屋を背にして出発です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本百名山 月山の旅(3)

2016年09月21日 | My百名山 & 百名湯
弥陀ヶ原の天国を後にして、また歩き始めます。



あちこちに雪渓がありました。
月山は雪が深いんだそうです。




11時頃、佛生池小屋に到着。
お腹が空いてきたのでコーンスープをいただきました。
ここでは、佛生池小屋限定販売のモンベル社製月山Tシャツが売っています。
もう来ないかもしれないので、買っておきました




小屋の目の前にある、佛生池。
注連縄があります。
神様がおられるのかな。




12:45 やっと着いた~
今日、宿泊する月山頂上小屋です。

お昼ご飯は、外で携帯コンロでお湯を沸かしてカップ麺を食べました。

さあ、月山神社に参拝しましょう。
神社内は撮影禁止です。
入口でお祓いを受けてお参りをします。



御朱印をいただきました。




これは神社の外にあった石碑。
八紘一宇とは全世界を一つの家にするという意味だそうです。




月山の三角点から撮った月山神社。
頂に張り付いているようですね。




18:00 夕ごはんです。
いやー、山小屋の食事ってカレーかと思っていたのですが、
なんと揚げたての天ぷら
真ん中の長い天ぷらは名物のガッサンダケ(ネマガリダケ)です。
すっごーくおいしかった。
ご飯もおみそ汁も体にしみわたるような美味しさ
食堂で隣合わせた山ガールとの話も弾んで、楽しいひとときでした。




19時 日没。
おひさま今日一日ありがとうございました。


山小屋は多くの人で賑わっていました。
テレビもない、携帯も通じない、貴重な時間でした。
でも、そう思ったのは今になってから。
山の夜は寒かった。
一度体が冷えてしまうと暖まらない・・・
うーん、ちょっとつらいな・・

と思っていたら「お風呂どうぞ~」の声が聞こえました。
えっ?お風呂あるの?入れるの?
聞けば、300円で空いていれば入って良いとのこと。
長湯や洗髪はご遠慮ください。な感じでした。
そうですよね。水は貴重ですものね。

うれしいー
お風呂なんて、絶対入れないと思ってたよ。

お風呂は大きめの家族風呂でした。
汗を流して、暖まって最高!
毎日入っているけれど、お風呂ってこんなにありがたかったんだ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本百名山 月山の旅(2)

2016年09月21日 | My百名山 & 百名湯
八合目から10分ほどで、月山中の宮に到着です。
ここは、山頂にある月山神社本宮まで行かれない人のために作られたそうです。






うさぎちゃんがおりました。
狛犬ならぬ狛兎だそうです。


中の宮がある弥陀ヶ原は地塘(ちとう)と呼ばれる小さな池が点在している
なんとも美しいところです。






空が映っています。




天空にに続く道だ~。




月山は花の百名山とも呼ばれ、高山植物の宝庫だそうです。
この小さな黄色い花は「オゼコウホネ」
本州では尾瀬と月山にしかない貴重な花だそうです。
しかも、時間が経つと花は水の中に沈んでしまって、なかなか見られないとか。





美しすぎる



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本百名山 月山の旅(1)

2016年09月20日 | My百名山 & 百名湯
7月21日(木)~23日(土)まで山形県の月山に行ってきました。
あらら、もう二か月も前の話ですね
思い出記録になっているブログです。

そもそも、本格的な登山は初。
My百名山でなく本物の百名山。
山小屋に泊まり往復は夜行バスというスーパーハードな旅。
旅の間満足に眠れるのだろうか??
私には決死の覚悟で臨んだ山旅でした




7月21日(木)バスタ新宿 21:55発 

3列シートの夜行バスって初めてだったのですが、
カーテンでシート周りが囲まれて、プライベートスペースが確保できるのですよ。
トイレ付なのでサービスエリアで降りることもなく車内の照明も消えたまま。
うーん、昔乗ったスキーバスとは違うのね。
なかなか快適でした。眠れたし


7月22日(金)5:20 鶴岡着。
そこから路線バスで月山の八合目に向かいます。
バスを待っていると夫が何やらゴソゴソと荷物を探っています。
「何?どうかしたの?」
「俺、財布、落としたかも・・・」
「えーーーーっ!?」
あちこち探してもありません。
とりあえず、私の持っていたキャッシュカードで
コンビニでお金をおろして進むことにしました






ここは、途中の羽黒山。
出羽三山の案内図がありました。
ここは、前にさくらんぼ狩りのツアーで観光したことがあって
なんとなく見おぼえが。
奥に月山、湯殿山、羽黒山の三神合祭殿があります。






路線バスの中でサンドイッチの朝食を済ませ
8:00 月山八合目に到着。
素晴らしいお天気です。
さあ、登りますよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

伊豆大島 三原山 遠足

2016年07月26日 | My百名山 & 百名湯
6月19日(日)ご近所女子4人で横須賀市民クルーズに参加。
伊豆大島の三原山トレッキングに行ってきました。



9:30久里浜港を高速艇「虹」で出発。
高速艇の速度は70Km/h。
早ーい!しかも全然揺れません。
新幹線に乗ってるみたいな感じでした。




船内の様子です。
10:30には到着。
近ーい




11時トレッキング開始。
向こうに見える三原山を目指します。
島に降り立ったとたんにワイルドな風景が広がりました。
横須賀からたった1時間で別世界です。




トレッキング道のあちこちに避難シェルターがありました。
写真の右の空洞です。




パワースポット三原神社で参拝。
なんでも3度の噴火でも社殿が被災を免れたとか。
社殿を避けるように流れた溶岩が見えます。




ゴジラ岩と呼ばれる、撮影スポット




三原山の火口です。
残念ながら中までは見えず。




なかなかお目にかかれない風景ですね。
題して「天国へ続く道」





お昼は、大島の食材がいっぱいのお弁当。
あしたばの入ったまぜご飯。
美味しかった


トレッキング後は大島温泉ホテルで入浴。
露天風呂から見えるのは人工物の一切ない緑の大地
その先に三原山がそびえています。
緑のいい香りの風が吹き抜けて、なんともいえない心地よさ。
素晴らしいお風呂でした。


帰りは15:35分の高速艇で。
16:35久里浜港着。
17時には帰宅。

たくさん歩いて、たくさんおしゃべりして温泉入って
楽しい女子旅でした。
また行きたいな
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

箱根 金時山

2016年07月26日 | My百名山 & 百名湯
4月16日土曜日、ハイキング仲間と箱根の金時山へ行きました。
足柄山の金太郎の金時山です。

8:05にバスタ新宿から高速バスで金時神社入口へ。
10:20登山開始です。




公時神社。
金太郎のモデルになった坂田金時公を祭っています。




マサカリもあり





金時宿り石と呼ばれる大岩です。金太郎とその母である山姥が暮らしたという話があります。
小さな小枝で支えているような




12時ころに山頂に到着!
1212m




ランチはおいなりさんですよ。


下山後は仙石原温泉の南甫園へ。
大涌谷のお湯をひいているそうで、露天風呂は白いにごり湯でした。
汗を流してさっぱり
皆さんはビールで私はレモンスカッシュで一服して帰路に着きました。

帰りは仙石原バスセンターから横浜まで高速バス。
20時すぎに横須賀中央着。
駅前の日高屋で夕食でした。
遠足は楽しいね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蔵王 3

2016年07月26日 | My百名山 & 百名湯
ゴンドラ乗り換え駅では、こんなものがありました。



馬橇(ばそり)です。
昭和の初めから20年ごろまでバスが通らない冬の唯一の交通機関だったそうです。
表蔵王口から蔵王温泉まで2時間半かけて登ったそうです。
中に行火があり暖をとりながらのんびり行ったそうですが、寒かったでしょうね。
馬も人も大変でした。

ゴンドラで山を下りたら温泉へGo!




温泉街の共同浴場、上湯です。
大人は200円。入口の箱にお金をいれます。
中は湯船だけの木のお風呂。
かけ湯をして入りますが、熱い!!!
しかも強酸性。
お湯と戦う感じですわ。
上がったあとは体が真っ赤。
でも、身体の芯から温まりぽっかぽかです




こちらは共同浴場の下湯。
ここには足湯があります。
手前の大きな瓶からお湯が流れてきます。




こんな感じ。




足湯も熱い




これは蔵王名物の「稲花餅(いがもち)」です。
笹の葉の上に三つ小さめの白いお餅をおき、黄色く染めたお米の粒が飾ってあります。
色合いがカワイイ。
大きさは三センチくらい。
中に餡が入っていて、素朴な味わいです。




夕食は、山形牛しゃぶしゃぶ膳。
山形は肉も野菜もお米もみんな美味しい




宿「喜らく」さんのロビーにあった海水槽。
クマノミが7匹くらいいたかな、エビやハゼ類も。
なんでも女将さんがお世話してるとのことです。
こんなところで海水魚仲間に出会えるとは、なんともうれしい蔵王旅でありました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蔵王 2

2016年05月27日 | My百名山 & 百名湯
地蔵山からお釜までは1時間弱だそうです。
やっぱりお釜は観たいと思い、歩き始めました。




石畳のような登山道です。
でも、しばらく歩いたところで断念。
石が雪解け水で浮いているところがあり、スノーブーツの中で足が泳いでしまって危険だったし、風も強かったしね。
登山は、きちんとした装備でないといけません。

ロープウェイの地蔵山頂駅に戻って、お茶にしましょう(^。^)




雪山を観ながら、暖かい部屋でコーヒー
私はこちらの方がいいな。
おまけで付いてたビスケットが、美味しかったです。
さあ、お茶もしたし、下山して温泉だ!




下山途中、ロープウェイ乗換駅でこんな注意書きを発見。
スノーボーダーのためのものですが、7番を見て笑ってしまいましたよ。

「みずからの失敗による危険」

うーん(;^_^A
深いです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加