エルダーBP

登山、スキー、ゴルフ、旅行、写真、無線、音楽鑑賞と多趣味です。
岡崎シニア山岳会のブログもよろしく

トヨタとスズキ提携を模索の巻

2016-10-14 | 日記
昨日の新聞で、トヨタとスズキの提携のことが報じられましたので、少し調べました。
スズキの世界シェアーは10位、BMWやベンツより上です。
(もちろん売り上げ金額ではもっと下)
トヨタとしては、インド等新興国で強いスズキに魅力を感じているはずです。
そして私の感想ですが、カリスマ経営者の修氏が今だ実権を握っていることに疑問を感じます。
先日の燃費問題で責任を取り、経営のフロントから降りると宣言した後のことです。
しかしそのくらい重要な意思決定をしたということは理解します。
(将来ダイハツのような運命をたどる可能性もある)
両社の思惑;トヨタは世界1位の座を安泰なものに、スズキはGM、VWとの連携に失敗し、新たな提携先としてトヨタを選んだのです。
またトヨタはハイブリット車と燃料電池車で世界をリードしていますが、これを世界標準にしたいという願望があり、少しでも仲間を増やしたいと思っています。
そしてスズキもこれらの技術が必要で、自動運転技術は単独では対応できないのです。
これを書く段階で自動車の世界シェアーを調べると、韓国車はビッグ2が提携し世界4位に、中国の会社の乱立と伸長が目覚ましいことを知りました。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巫女の舞い練習開始の巻 | トップ | ボブ・ディラン ノーベル文学... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。