新橋の夜 余話

7月20日開催されたNPO E-OJISANの名物オフ会
「新橋の夜を極める」の顛末については
ヨ~そろりさんがブログでもアップされておられますので
http://blog.goo.ne.jp/e-ojisan-org/e/70c50b4ae9321e2614472fde92ec522c
ハイライト的にヨ~そろりさんが伝えてない?部分を書きます

まず、1軒目「居酒屋 B-1」
予約した時は気づかなかったが
ビルの前で気が付いた
ここは2013年3月に開催した28回目の「新橋の夜」の1軒目
「ビアキッチン・ラグー」さんだったところ
http://blog.goo.ne.jp/e-ojisan-org/e/6a2420f3b636b44fc59f82b9eeb3c60b

この時のブログを見かえして…こんな一捻りした美味しい料理を食べたんだ!と思いだした

いずれにしても、廃業?されたあとにB-1が入ったよう
入れ替わりも激しいのだから行き尽せないなぁ~

目玉は日替わりの10円刺身…顔がほころんでくる



でも、これだけで店を出ることは許されないみたい??



2軒目は「白木屋」
長く続いているモンテローザ系のチェーン店だが
お酒選びに迷った挙句、これが安い!と選んだのは
店の屋号がラベルついた「焼酎甲類乙類混和」



乙の香りがするかどうか議論になったが、やっぱり甲類

コースターはみなさんモンテローザのだが



小生のみ肝臓もカバーする?胃腸薬の宣伝



この日も、飲み過ごすであろう小生への警鐘を兼ねたPRと受け取った

3軒目は「富士そば」
1人1,500円という余裕の予算をもって入店
小生はハイボール、かつ煮、お浸し、冷やし肉そば





残金は少なくなったが、余裕の5,000円未満

冷やし肉そばは山形を想像したが
実際には韓国風でした



7人のオジサンがワイワイと話題も尽きず3店巡り歩き
次は9月ですよ!

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 「やきなす」... ガード下の名店 »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。