新橋の夜にウキウキ

新橋の飲み屋を全部行ってみたい!
そんなことから始まった
NPO E-OJISANのオフ会
新橋の夜を極める

その28回目は先週火曜日
7人のオジサンと1人の妙齢の美女

最初に選んだ店は
ビアキッチン・ラグ―



いわゆる洋食屋さん
(甘酢)ガリのせトマト
思いつかない組合せだが
これが旨い!



ねぎとろアボカド



これもトマトのベッドだったが
ハイボールにはもってこい



旧帝大生の就職支援をしているという
女性の話にオジサンたちはウンウンと聞きいる
東大の理系を卒業しても就職できない人がいる
彼らは修士課程に行き
それでも、就職できなければ博士課程に行く
学問をしたいというより
就職できないからという事情
だから、院生に声をかけると
退学して就職するという場合があるらしい

ともかく、彼女を中心に
オジサンのテンションもあがり
いつにない盛り上がりだ

3杯めの酒でいよいよラストスパート
子牛カツレツに海老クリームコロッケ
他にも色々注文





さすがに洋食屋だけに美味しい
@2,500円

2軒目は通りすがりに彼女が見つけた
「丸金」



ビール好きの彼女が「ギネスが飲みたい!」





立ち飲みだがおつまみはない
食べ物の持込みはOKだとか
雰囲気良しです
@500円

最後の1軒を残して1人2,000円の予算がある
ならばと、大人数が入れそうな店を物色して
おでんの「お多幸」にスペースが見つかった



各自が自由に2,000円内で注文
定番のおでんを頼んでお酒を2杯飲む人



高めの季節のおでん種を頼んでお酒を1杯で我慢する人



それぞれだったが久しぶりの出汁の色の濃い
関東炊きが旨いと意見が一致

無事、3軒で5,000円もクリアーして
いつになく、気持ちウキウキな新橋の夜でした

by よしの ふくすけ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 土筆 築地市場散歩 »


 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。