Humdrum++

ツリオヤジのメタシンな日々 ~ 沖釣りの他、お酒、Bグル、温泉、ロックなどノージャンルな話題でいかせてもらいます。

中層バトル、常磐スピニングマダイ

2010-05-22 15:38:15 | 釣りレポ 2010
スピニングマダイ(スピニングリールしゃくり、ひとつテンヤ)の流行はとどまるところを見せず、御宿、大原に端を発し、勝浦、行川、飯岡、日立久慈と拡大。さらに2010年になって鹿島、江見、東京湾、那珂湊でも開始となりました。

今回いった那珂湊は、スピニングマダイを始めた港の中ではもっとも新しい、かも?



ロッドはアルファタックルからの新製品、夢人テンヤ真鯛GAME255
スピニングマダイ用のロッドは、これまで気にいったものがなかなか見つからなかったんだけど、これは穂持ちの張りがあって私の好みにぴったりです(^^)。



テンヤはラバーテンヤ(マウステンヤ)。
餌は持参の花エビ、、、だったんですが。



なんと、船では活きエビが用意されていました^^;。
船長が自分で曳いて捕ってくるそうです。



今年は水温が低く、まだエビが小ぶりだそうです。
せっかくの活きエビなので、こちらも使いましょう^^;。

釣り場までは行程20分ほどの近場、水深は35m。
パラシュートアンカーを入れるスタイルです。

船長の指示棚は、海底から10m以上。
中層にいるマダイを狙います。
水深はあまり変わらないので、途中からは海面からの棚取りにしましたよ。洲ノ崎の手バネマダイみたいな釣り方です^^;。

最初の流しは活性も高く、底から棚を切っている5mでコツンとラバーを引っ張るようなアタリ。これは針ガカリせず。
さらに底から10mほどで誘っていると、カツンというアタリで針ガカリ。引きはマダイっぽくなく、途中で針外れ。たぶんハナダイでしょう(後ろの人がハナダイあげてた)。

朝の流しで800g-1kgのマダイが2枚上がったけど、その後は潮が弛んでマダイのアタリは遠くなりました。



海はこれ以上ないというくらい良い凪ですよ。

反応は10-15mの間にぽつぽつ出るようです。
しかし、潮が止まると反応あってもマダイは食わない。
これはエビタイでもコマセダイでも同じ、マダイの気難しいとこ。

まわりでメバル、カサゴ、アイナメが上がってます。
底を狙いたい誘惑にも駆られたけど、ここは辛抱。
待ち棚は絶対に底から10m以下にはせずに頑張ります。



しかし、潮は動かない、アタリはない。
そんなときはお弁当です^^;。
やっぱ茨城に来たら納豆だよねっ!(^^)

5mから誘い上げ、20mから落とし込み、止めて待つのは、10m, 11m, 12m...
いろいろな誘いを組み合わせて、ひたすらマダイからアタリを待ってると、底から15mでやっとアタリ!

こんだけ高いところで食ったんだから、絶対マダイだ。
と、思ったけどなんか引きが違う^^;。



クロソイでした。
底から15mも浮くんだねー。



釣り上げた直後、イワシやイカを吐き出しました。
中層のイワシの群れに突っ込んでいるんでしょう。

さらに高く高く、海底から20m(水面から15m)まで狙います。
そして底から15mでまたアタリ!
今度こそマダイだろう、と思ったけどこれも引きが怪しい。



ホウボウでした。
これもイワシを追って浮いてきたのかな。



ラバーテンヤの親針がっちり。
ちなみに重さは14g(4号相当)です。

そして沖上がり間際、やっと潮が動いてきて、トモでキロ半のマダイが上がりました。棚はやはり底から10mとのこと。
ここは最後のチャンス、誘いのパターンをすべて駆使し、アタリを待ちます。
が、マダイのアタリは来ないで沖上がり、残念!

この日のトップは3枚でしたが、スピニングマダイは初めて、貸し竿の人でした、テンヤも8号。
初めての人が有利なのは、ビシマはじめエビタイ全般に言えます^^;。



那珂湊のかもめ丸は、若船長が中乗りさんやってて初心者でも面倒みてくれます。
船長も人あたりがいいし、一見さんの私も気持ちよく釣りができました(^^)。

しかし、この日は大鯛は出なかったですが、けっこうでかいの釣っている船もあるようです。
漁師もいまがマダイの水揚げの盛期で、前夜の流し網量では300kgのマダイの水揚げがあったとのこと。この日も反応は広範囲にありました。
釣れているうちにもう一度行きたいな。

あ、そうそう。持って行った花エビが余ったので、若船長に「これどうぞ、今度新しく発売された頭のとれにくい冷凍エビです」とプレゼントしたところ、「あ、これうちでも注文しているんですよ」と、すでに活きエビのないときの餌として注文していました。
那珂湊でも花エビは注目されているようです(^^)。

[那珂湊港 かもめ丸]
http://www.mito.ne.jp/~kamome/
船付場↓に集合。信号から赤沢釣具店の向かい側あたりに港入口があります。


にほんブログ村 釣りブログ 船釣りへ
ジャンル:
モブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラーメン二郎 三田本店 | トップ | 大雨予報de残念中止フィッシング »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
行ったの? (てる)
2010-05-23 05:55:13
大貫丸?
てるさんゑ (calm)
2010-05-23 14:38:44
記事追記しました、那珂湊のかもめ丸です。
久慈の船と場所は同じなのか違うのかが興味あったとこですが、この日は一緒でしたね。
途中、大貫丸とも会いました(^^)。
マウステンヤ! (morrissey-ge)
2010-05-23 15:45:55
calmさん、こんにちは!
このマウステンヤっていうのはテンヤとラバジのイイトコドリみたいな形状ですね!
タイラバみたいに巻き上げの誘いでも使えるんですか?
幅広い層を探れるラバジの強みと、エビエサの強みが合わされば、強力なウェポンになるような気が…。
ボクもやってみたいです。
morrissey-ge) (calm)
2010-05-23 15:56:00
マウステンヤはオモリの形状に特徴があり、落とし込み(フォーリング^^;)の時にテンヤがスライドするような動きになってマダイを誘うことが特徴とされています。
(なんかわし営業担当みたいだな^^;)。

で、ラバージグみたいに一定速度で巻き上げて誘う釣りには、おそらくスペック上は対応してないと思います。

ただ、この日は底立ちを取る際に、わざとゆっくり巻いて、ラバージグみたいに動かしてみました。
結果、一回だけラバーを引っ張るようなアタリがありました。
針ガカリはしませんでした。
誘い上げのアピールはラバージグと同等にあると思うんですが、それに興味を示したマダイが一発で食い込んでくれるかどうかというところだと思います。
ラバージグみたいな振り分け式の針ではないので、アタリがあったあとの対応も変わってくるかもしれません。
まあ、いろいろやってみるのも面白いと思っています。

ちなみにラバージグについて書いたブログはこちら。
http://blog.goo.ne.jp/deep-runner/e/e3fceea5cd2db976a6c4b5eee2d53a9f

ところで、この海域のマダイ、相当に浮いていて棚も広いです。
ラバージグできる人、けっこう有利な気がします。
船長もラバージグやってました(^^)。
ぜひトライしてみてください。帰りには守谷二郎寄れるし^^;(守谷二郎の記事は追ってまた)。
なるほど… (morrissey-ge)
2010-05-23 16:36:34
迅速かつ丁寧なレス、ありがとうございます。
そうか、落とし込み時のアピール力の差が最大の武器なんですね!
でも全く新しい製品のようですし、使い方次第で新たな可能性が拡がるかもしれないですよね。

タナがそんなに広いのならラバージグで是非狙ってみたいですなあ…。帰りの寄り道も魅力的ですし…。
morrissey-geさんゑ (calm)
2010-05-24 06:19:08
昨日はたまたまPCの前でブログ更新してたもんでレスが早かったです(^^)。

不動丸ではマウステンヤで4.3kgが上がったようですね。
んー、グリーンに食ったか。
http://ameblo.jp/damiki-japan/entry-10539052204.html

鹿島も行きたいなぁ、、、。
ラバーちゃん・・・不発(>.<) (JIN(駐車場係))
2010-05-24 09:40:46
ほんと、テンヤマダイの勢いはスゴイですねっ、、
新しい釣り方の中にも昔ながらの技を織り交ぜてマダイとの戦いを繰りひろげられる、釣り人にはたまらん釣法ですよね!!(オイラも釣れているうちに・・・とはおもってるんですが)
それにしてもすっごいお腹がすいていたホウボウさんですねっ、、、(^.^)

そう言えば『花エビ』はまだ一般のお店では売ってないっすか??
JINさんゑ (calm)
2010-05-25 06:23:27
そうそう、昔ながらの釣りの要素はこの釣りでもけっこう大事かと思います。
棚を広く探るのは、鴨居の立て釣りと共通する要素だし、中層を狙うのは洲ノ崎の手バネに通じるものあります。

花エビは釣具ポイントや上州屋に入っているみたいですけど、店によって違うみたいです。
こないだ港南台ポイントを見にいったら置いてなかったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。