京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『告白』

2010-06-19 00:06:19 | 邦画

 


□作品オフィシャルサイト 「告白
□監督・脚本 中島哲也
□原作 湊かなえ
□キャスト 松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、下村直樹、橋本愛

■鑑賞日 6月13日(日)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>


 このわずか数秒のラストシーンの、主人公森口悠子の表情に、松たか子の女優としての執念を観た。
 それはあたかも松たか子に森口悠子の怨念がそのまま乗り移ったかのようだった。
 そして、その一瞬の表情の中に、森口悠子の心情全てがまさに全身全霊を込めて表現されていたに違いない。
 その松たか子の表情には、まさに歌舞伎俳優を父に持つそのDNAがこの映画で全開し、成就した瞬間を観た想いだった。
 もしかしたら、深読みかもしれないが、そこまで中島監督が女優松たか子のこの演技力を
 予め読んでいたのだとすれば、監督自身も素晴らしい“千里眼”を持った監督だったと言えるだろう。
 
 この映画は原作(
「告白」/湊かなえ)を先に読んでいて(しかもかなりの勢いで読んでしまったが)、
 映画の進行そのものも、ほぼ原作に忠実に沿って進められており、独特の中島監督色は最小限に塗り加えられていただけだと思えた。
 ただ、やはり中島監督自身はどこかに遊び心を抑えられないのか、「嫌われ松子」テイストな味付けも忘れずあったりして(笑)

 もう一つの楽しみは殺人犯の母親・下村優子を演じる木村佳乃。
 原作の殺人犯の母親よりは線が細いのではと思って観ていたのだが、どっこいかなりこの役にのめり込んでいたようだ。
 鬼気として、溺愛する息子に対する一方的な母親の愛情を演じる反面、娘を殺められた母と
 その逆で殺めた息子を持つ母の直接的であり、間接的な、その微妙な距離感を上手く出していたし、
 ある意味、現代の家族関係や学校教育の現場に一歩踏み込んだ中島監督の主張も織り込んでいたように思う。

 残念なのは、新人教師のウェルテル(寺田良輝)役を演じた岡田将生と、
 下村直樹を演じる藤原薫が原作の同者とやや違和感があったところかな・・・。

 原作を読んだ人はわかると思うのだが、これは主人公森口悠子の淡々とした語り口が大半を占める作品で、
 先ほども書いたが、その点を重視してこの役に松たか子をキャスティングしたことに、
 そして彼女から語らせる最愛の娘を殺められた母親の、自問自答を繰り返しながら、
 もっとも短く最大限に効果のある加害者に対しての長い宿題を与えた“結果”だったと言えよう。

  改めて現在の少年法を考え直してみる機会となった映画だった。

  そして松たか子、僕の今年の主演女優賞にかなり近づいたかも(笑)


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (129)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横須賀しょうぶ園②/2010初夏 | トップ | 『アイアンマン2』 »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (koyuko)
2010-06-19 09:46:07
先日、わが町の映画館で同時に封切り。
「孤高のメス」と「告白」同時間なので迷い、「孤高のメス」を見ました。
貴方の批評を拝見して、是非「告白」も見に行きたいと思いました。近いうちに・・・
見ようかどうしようか・・・ (うさみ)
2010-06-19 19:54:03
原作を読んで、すごい小説だとは思ったのですが、悪意の押収に救いがないのが、不快な読後感となりました。
松たか子の演技がすごく褒められているので、見たい気もするのですが、見終わって小説と同じ感じだといやだなあと思って見に行っていません。どうしようかな・・・
Unknown (みみ)
2010-06-19 19:57:42
松さんは以前ミュージカルにでていたとき、ミスサイゴンとモーツァルトでナマをみました。華があるというか、舞台でも人の目を引き寄せる力があると思います。
 きっと映画の代表作になるのでしょうね。評判がいいのでぜひみたいとおもいます。

 ダッツ、夏の期間限定がでました。私はハニーミルクを味わいましたが…。夫はラムレーズンでした。感想をお聞かせください。
松さんの演技~ (cyaz)
2010-06-20 08:26:22
koyukoさん、コメントありがとうございますm(__)m

>先日、わが町の映画館で同時に封切り。「孤高のメス」と「告白」同時間なので迷い、「孤高のメス」を見ました。
そうでしたか^^
僕も同じ日に『孤高のメス』も観ました!
このあとアップしますね^^

>貴方の批評を拝見して、是非「告白」も見に行きたいと思いました。近いうちに・・・
これは観ておいて損はないと思います!
特に松さんの演技を^^
ぜひ~ (cyaz)
2010-06-20 08:27:40
うさみさん、コメントありがとうございますm(__)m

>原作を読んで、すごい小説だとは思ったのですが、悪意の押収に救いがないのが、不快な読後感となりました。
確かに不快感は残るかもしれませんね。

>松たか子の演技がすごく褒められているので、見たい気もするのですが、見終わって小説と同じ感じだといやだなあと思って見に行っていません。どうしようかな・・・
でもこれはこれで映画としては素晴らしい作品だと思いますのでぜひ^^
ぜひぜひ~ (cyaz)
2010-06-20 08:29:51
みみさん、コメントありがとうございますm(__)m

>松さんは以前ミュージカルにでていたとき、ミスサイゴンとモーツァルトでナマをみました。華があるというか、舞台でも人の目を引き寄せる力があると思います。
そう、舞台経験はこの役にきっと役立ったことでしょう!

>きっと映画の代表作になるのでしょうね。評判がいいのでぜひみたいとおもいます。
そうですね! ぜひぜひ~

>ダッツ、夏の期間限定がでました。私はハニーミルクを味わいましたが…。夫はラムレーズンでした。感想をお聞かせください。
はい、僕ら夫婦もハーゲンダッツ好きなので今度感想を~♪
価値あり作品 (sacchimoni)
2010-06-20 17:19:37
cyazさん、こんにちは。

先週みてきました。
邦画に興味がないボスが珍しく、みたい!っていうので・・・。
(どちらかというとあたしはみなくもよいかも派だったので)
でもみる価値のある作品で、見終わった後はよかったと思ってます。
ふれておくべき作品・・・だなと思いました。
中島テイストも捨てがたいし、子どもたちの心の闇とかダークな部分とか、少年法とか・・・考えるべき“宿題”がたくさん盛り込まれてた気がしますし。
原作に限りなく忠実でしたし。
みてよかったです。
Unknown (Ageha)
2010-06-20 21:23:06
原作レビューを書いた時、不謹慎だけど面白かった、ページをめくる手が止まらなかったと言うてしまいました。
映画見終わってすぐは
凹む固まる気分最悪とまで言いながら
今年ここまでに見た映画のダントツ1位なのよね。
いやもう複雑な気持ち。スゴい映画作ってくれたよなと。
単純に中島監督作品がすきだからっていうひいき目もあるでしょうが…

松たか子はマジで年末コレであちこちの賞からお呼びがかかりそうな気がします。
中島テイスト~ (cyaz)
2010-06-21 08:44:25
sacchimoniさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>邦画に興味がないボスが珍しく、みたい!っていうので・・・。(どちらかというとあたしはみなくもよいかも派だったので)
そうなんですか(笑)? 松たか子派なんですか、もしかして?

>でもみる価値のある作品で、見終わった後はよかったと思ってます。ふれておくべき作品・・・だなと思いました。
そのとおりですね!
内容については原作を含め様々な問題提起をしているようですしね^^

>中島テイストも捨てがたいし、子どもたちの心の闇とかダークな部分とか、少年法とか・・・考えるべき“宿題”がたくさん盛り込まれてた気がしますし。原作に限りなく忠実でしたし。
みてよかったです。
今の子供たちのネットワークがああいう形で反映されているのは、よりリアル感がありました。
みんな“つぶやいて”いるのでしょうね(笑)
中島フリーク~ (cyaz)
2010-06-21 08:48:10
Agehaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>原作レビューを書いた時、不謹慎だけど面白かった、ページをめくる手が止まらなかったと言うてしまいました。
それは皆さん同じだと思いますが(笑)

>映画見終わってすぐは凹む固まる気分最悪とまで言いながら今年ここまでに見た映画のダントツ1位なのよね。
ま、前半戦はこれはという邦画が少なかったような気がしましたしねぇ><

>単純に中島監督作品がすきだからっていうひいき目もあるでしょうが…
なるほど、あの中島ワールドがね(笑)

>松たか子はマジで年末コレであちこちの賞からお呼びがかかりそうな気がします。
『ヴィヨンの妻』よりは絶対いいと僕は思いましたが^^
TBありがとうございます (きぐるまん)
2010-06-23 23:57:42
>もう一つの楽しみは殺人犯の母親・下村優子を演じる木村佳乃。
 原作の殺人犯の母親よりは線が細いのではと思って観ていたのだが、どっこいかなりこの役にのめり込んでいたようだ。

木村佳乃嬢は今ノッてる女優のひとりですね。
演技に自信を深めているというか。
結婚が近いせいもあるのかな(笑)。
結婚~ (cyaz)
2010-06-24 08:03:09
きぐるまんさん、コメントありがとうございますm(__)m

>木村佳乃嬢は今ノッてる女優のひとりですね。演技に自信を深めているというか。
御本人にお会いしたことがありますが、気さくな人ですよ^^

>結婚が近いせいもあるのかな(笑)
幸せになってほしいですね^^
Unknown (じゅぼん)
2010-06-24 23:19:27
映画良かったですよね。
原作ファンとしては、どう映像になるか?って所も注目でしたが、
裏切らなかった。
リアルでした。

ブログの記事にも書きましたが、
映画の前に奥様連中がうるさくて、イライラしてました。
でも映画を観終わった後、彼女達は原作を知らないから
衝撃が半端なかったようで、もう面食らっていました。

松さんはピッタリの役でしたね。
私、木村さんは少年Aの母親だと思ったんです。
そしたら少年Bだったんですね。
映画館にあったパネルで思わず
クラス写真の中から主要メンバーを探したのは言うまでもありません。
的~ (cyaz)
2010-06-25 08:38:22
じゅぼんさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>原作ファンとしては、どう映像になるか?って所も注目でしたが、裏切らなかった。リアルでした。
ホント、そうでしたね^^
原作を読み、映画を観て、2度楽しめました!

>でも映画を観終わった後、彼女達は原作を知らないから衝撃が半端なかったようで、もう面食らっていました。
内容知らないと、きっとそうなったかもしれませんね。
最近、映画館を茶の間だと勘違いしている人たちが増えていて困ります。

>松さんはピッタリの役でしたね。私、木村さんは少年Aの母親だと思ったんです。そしたら少年Bだったんですね。
あらら・・・。

>映画館にあったパネルで思わずクラス写真の中から主要メンバーを探したのは言うまでもありません。
なるほど。
でも非常に的が絞れていてわかりやすかったですけどね~
Unknown (かからないエンジン)
2010-07-04 19:50:39
TBありがとうございます。
松さんはあまり好きな女優ではなかったのですが、今作でグンと高感度が上がりました。
いいですねー、あの「なーんてね」
なーんてね~ (cyaz)
2010-07-05 12:29:08
かからないエンジンさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>松さんはあまり好きな女優ではなかったのですが、今作でグンと高感度が上がりました。
そうですか^^
僕は結構シンガーとしての彼女が好きですが、
女優としてもこの映画で更に成長した彼女が見れて嬉しいです。

>いいですねー、あの「なーんてね」
長さんのとは違いますけどね(笑)、『踊る3~』が公開中ですが(笑)
松たか子 (クマネズミ)
2010-07-20 05:51:26
cyazさん、私にブログの方にわざわざコメントをいただき、誠にありがとうございます。
同じgooブログであり、また私の方は何も「禁止ワード」を設定しておりませんが、cyazさんからのTBがうまく反映できずに申し訳ありません!
この映画は、何でいきなり森口先生の「告白」なのかというところを乗り越えてしまえば、後は実に素晴らしい作品だと思っています。
特に、cyazさんがおっしゃるように、森口先生を演ずる松たか子は、「森口悠子の怨念がそのまま乗り移ったかのよう」で素晴らしい演技だと思います。
加えて「歌舞伎俳優を父に持つそのDNAがこの映画で全開し、成就した瞬間を観た想い」とありますが、まさにその点をこそ評価すべきであって、井筒和幸氏のように「あり得ないような担任教師」という批判は、“リアル”の意味を取り違えたうそ寒過ぎる物言いだと思っています。
ありえない世界~ (cyaz)
2010-07-20 08:21:51
クマネズミさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>同じgooブログであり、また私の方は何も「禁止ワード」を設定しておりませんが、cyazさんからのTBがうまく反映できずに申し訳ありません!
いえいえ、こちらこそ。
なかなか同じgooブログでも難しいこともあるんですね(笑)

>この映画は、何でいきなり森口先生の「告白」なのかというところを乗り越えてしまえば、後は実に素晴らしい作品だと思っています。
そうですね^^

>特に、cyazさんがおっしゃるように、森口先生を演ずる松たか子は、「森口悠子の怨念がそのまま乗り移ったかのよう」で素晴らしい演技だと思います。
素晴らしい演技でしたね!

>加えて「歌舞伎俳優を父に持つそのDNAがこの映画で全開し、成就した瞬間を観た想い」とありますが、まさにその点をこそ評価すべきであって、井筒和幸氏のように「あり得ないような担任教師」という批判は、“リアル”の意味を取り違えたうそ寒過ぎる物言いだと思っています。
井筒監督、最近毒舌にキレがありませんね(笑)
所詮、実話でないところから発しているもので、
それは書籍や映画の世界で「ありえない」と一言で片付けてしまえば、
全てがありえなくなってしまいますよね(笑)
お久しぶりです。 (hyoutan2005)
2010-08-04 21:32:44
確かに松たか子さん、渾身の演技でしたね。
1度彼女の舞台を観劇したことがありますが、その時にも彼女の演技力を感じました。
今後が楽しみな女優さんです。
作品には圧倒されました。
機会があれば~ (cyaz)
2010-08-04 22:16:05
hyoutan2005さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>確かに松たか子さん、渾身の演技でしたね。
そうでしたね^^

>1度彼女の舞台を観劇したことがありますが、その時にも彼女の演技力を感じました。
今後が楽しみな女優さんです。
本当にそうですね!
舞台は観たことがないのですが、機会があればぜひ観てみたいと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

129 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
告白 (LOVE Cinemas 調布)
2009年の本屋大賞・湊かなえの同名ベストセラー小説を映画化。自分の教え子に愛娘を殺されたとある中学校の女教師がそれをクラスで発表し徐々に復讐をを始める…。主演は『ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~』の松たか子。共演に『重力ピエロ』の岡田将生と『キラー・...
告白 (Akira's VOICE)
命を知るための課外授業。  
映画「告白」@ニッショーホール (masalaの辛口映画館)
 客入りはほぼ満席、女性客が多い。    映画の話 とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わ...
告白 (to Heart)
製作年度 2010年 上映時間 106分 映倫 R15+ 原作 湊かなえ 脚本 中島哲也 監督 中島哲也 出演 松たか子//岡田将生/木村佳乃 2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを中島哲也監督が映画化。...
『告白』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:日本映画、中島哲也監督&脚本、湊かなえ原作、松たか子、岡田将生、木村佳乃共演。
告白 (花ごよみ)
湊かなえ原作の同名小説の映画化。 主役は松たか子、 木村佳乃、岡田将生らが共演。 監督は中島哲也。 原作となる小説、 ベストセラー小説なので、 かなり多くの人に読まれていて、 既読者はおおよそのあらすじを知っています。 その人達が映画を見たときも 緊張感を...
告白 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
苦手な分野の話だと踏んで、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえさんの原作は未読。映画もノーチェックで観る気はなかったが、評判がいいようなので、悩みに悩んだ挙句恐る恐る観に行ってみた―【story】とある中学校の1年B組、終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(...
★「告白」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目。 松たか子はなーー、声のトーンがイマイチ、ひらりんに合わず、 ヴィヨンの妻もHEROの検事の助手も良かったけど・・・。 今回は原作の評判が良かったのと、 予告編見てたら、ドッカーーンと爆発するシーンがあったので、 こりゃまた、中島哲...
『告白』・・・“なーんてね” (SOARのパストラーレ♪)
2009年本屋大賞を受賞した湊かなえの原作を、今年4月の文庫化と同時に手にし数時間で読了した。・・・最悪の読後感だった。何の救いもなく、歪みきった登場人物の誰一人として共感できる者もなく・・・。
『告白』 はじけたのは何か? (映画のブログ)
 「私には判っている。」  『告白』の登場人物たちが、何度か口にするセリフだ。  「私には判っている。」  そう云いながら、判ってい...
映画 「告白」 (ちょっとひとことええでっかぁ―♪)
原作小説は本屋大賞を受賞しているのは知っていましたが未読。 劇場予告編を観て気になっていましたがようやく観に行くことが出来ました。
告白(2010) (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。中島哲也監督、松たか子、岡田将生、木村佳乃。終業式の日のホームルームで突然生徒たちに告白する先生悠子(松たか子)。冒頭でネタバレしているように見えるけれど、実はこの告白が始まりでの仕掛け。「告白が、あなたの命につきささる」というキャッチコピ...
『告白』 (四つ葉のクローバーを探して)
みてきました・・。 原作読んでいて。 これが映画になるっていうのがまずどうなんだ??って思っていたので。 ただ今回は邦画に全く興味がないボスが、 珍しく「行こう」と・・・。 「娘はこのクラスの生徒の殺されたのです」 淡々とこの言葉を発した松たか子さん。 ...
「告白」 人間の本質は自己中心性 (はらやんの映画徒然草)
ほんとすごい作品だと思う。 本作に登場する登場人物は子供から大人までほとんどが自
『告白』 (ラムの大通り)
----ニャに。この変なハート? 「超話題の映画『告白』の試写でいただいたもの。 あまりに緊張感がスゴイので、これを握って…ってことらしい。 実はこの映画、 ずいぶん前に、とある仕事の関係で その内容を調べてみたことがあったんだけど、 どこにもストーリーが紹介さ...
告白 13歳ってこえ~っノォオオオオオ!! な~んてねっ。 (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=24 -9-】 映画の予告編を映画館で観るようになって、是非見たいと思ったこの「告白」だけど、ちょうどそのころ、母が読み終えた本をいつもながら何冊かあったので、なんだか解らずにしばらく読み進めていたら、なんと偶然、この映画の原作の「告白 (双葉文...
告白 (映画鑑賞★日記・・・)
2010/06/05公開 日本 R15+ 106分監督:中島哲也出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃告白が、あなたの命につきささる。ある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は...
劇場鑑賞「告白」 (日々“是”精進!)
告白「告白」を鑑賞してきました2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也監督が映画化した戦慄のエンタテイ...
告白 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 本を先に読んだので、流れはわかります。ポスターが何しろ強烈で
告白 (だめ男のだめ日記)
「告白」監督中島哲也原作湊かなえ出演*松たか子(森口悠子)*岡田将生(寺田良輝)*木村佳乃(犯人Bの母)内容とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に...
『告白』 (めでぃあみっくす)
蝕む、潜伏期間、発症。HIVウィルス、イジメ、復讐。「な~んてね」という一言に救いを見出すか、それとも悪魔を見出すか。 ここまで鳥肌が立つほど恐ろしく、そして人間心理の闇に目を背けない映画は初めてです。やはり中島哲也監督の「ぜんざいに塩を入れる」ような...
映画『告白』(お薦め度★★★★) (erabu)
監督・脚本、中島哲也。原作、湊かなえ。2010年日本。R15 指定。ヒューマンサ
「告白」 (俺の明日はどっちだ)
・ う~ん、参りました。 中島哲也監督のこれまでの作品を観て、そのカラフルでけれんみたっぷりな演出にばかり目を奪われていたけれど、この作品を通してそうした見た目の小手先の先にある人物描写の真摯なる姿勢が、考え抜かれたカメラワークやカット割り、そして的確な...
告白 (心のままに映画の風景)
とある中学校の1年B組。 終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。 「わたしの娘が死にました。警察は事故...
告白 (C note)
湊かなえさんの小説は『告白』『贖罪』と読みましたが、どちらもイッキ読みせずにはい
告白 (ふじーの。)
監督:中島哲也 出演:松たか子、木村佳乃、西井幸人、藤原薫、橋本愛、岡田将生ほか 公開中→「告白」公式サイト 《あらすじ》 ある中学校の一年生の教室。終業式の日に担任の女教師は自分の辞任を告げる。辞任の前に子供たちに命についての問いかけをしていく...
映画「告白」の試写会に行って来ちゃいました♪ (モコモコ雲を探しに♪)
映画「告白」の試写会に行って来ちゃいました♪ 【題名】      「告白」   【出演者】  松たか子 、 岡田将生 、 木村佳乃 、 芦田愛菜 【監督・脚本】 中島哲也 【原作】 湊かなえ 【あらすじ】とある中学校の1年B組、終業式後の雑...
これが私の復讐です~『告白』 (真紅のthinkingdays)
 ある中学校。終業式当日の教室で、1年B組の担任教師・森口悠子(松たか子) が告白を始める。  「娘の愛美は事故死などではなく、この...
告白 (And This Is Not Elf Land)
映画『告白』… 非常に面白かったです。 真理なんて、どこにもない世界… すべてが「な~んてネ」
『告白』 ('10初鑑賞81・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆★ (10段階評価で 9) 6月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:10の回を鑑賞。
告白 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★☆【2,5点】 変わった映画を観させてもらいました。
【告白】 (MINT ROOM )
★★★★……★は5個で満点。☆は半分。ネタバレ有りなのでご注意。 【物語】とある中学校。終業式後のホームルームで、1年B組の担任・森口悠子(松たか子)は、37人の生徒を前に語...
2010-15『告白』 を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2010-15『告白』(更新:2010/06/06) 評価:★★★★☆ この原作もこんな構成だったのね。 面白かったけど、非常に重い内容だ。 もし、自分がどちらかの立場だったらとか考えることはない。 いや...
告白・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
中島哲也の才気が大爆発した様な一本である。 一人の女性教師の「告白」から始まる壮絶な復讐劇。 人間の心が抱える負の情念を、これほどス...
映像化の成功例 (笑う学生の生活)
15日のことだが、映画「告白」を鑑賞しました。 本屋大賞を受賞した原作 教師の娘の死をめぐるそれぞれの告白 いやー、久しぶりガツーンくる衝撃 原作を読ん...
告白 (HEAVEN INSITE's Blog)
 「面白い度× 好き度×」  告白します。この映画は・・・うわ~超つまらねえ・・・!  この映画、観客動員数現在一位で、評論家も映画ブロガーも大絶賛の期待作だったのですが
映画 「告白」 (ようこそMr.G)
映画 「告白」
「告白」えげつない…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[告白] ブログ村キーワード  「下妻物語」「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也 監督最新作。「告白」(東宝)。公開前から『かなりの問題作』って声が聞こえてましたが、なるほどこれは、予想された以上に“衝撃の問題作”でございましたよ。  とあ...
愛情から生まれた欲望の数々。『告白』 (水曜日のシネマ日記)
教え子に幼い一人娘を殺された中学校教師の告白から様々な人間模様を描いた作品です。
「告白」娘を殺され復讐した先にみた少年法に守られた犯人の簡単に軽く考えた許されない難しく重い凶悪事件 (オールマイティにコメンテート)
6月5日公開の映画「告白」R15+指定を観賞した。 この映画は2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの 同名ベストセラー小説を映画化した作品で、 シングルマザーの女性教師が教え子に娘を殺され、 1年の終業式で衝撃的な告白をし、 犯人はこの中にいますと告げて教壇...
映画レビュー「告白」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
告白 オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆淡々としたモノローグに戦慄を覚える異色ミステリー。レディオヘッドの音楽がレクイエムに聞こえる。 【70点】 とある中学校の終業式の日。1年B組の教室で担任の森口悠子は「私の娘・愛美が死にました。警察は事故...
告白 (そーれりぽーと)
『嫌われ松子の一生』では重い原作からキラキラポップな大泣き映画を生み出した中島哲也監督。 今度も問題作をどう料理するのか、『告白』を観てきました。 あ、原作は未読です。 ★★★★★ 怪傑作!! とある中学校、三学期の最終日、騒がしい教室。 進級を前にこのク...
告白 (だらだら無気力ブログ)
2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを基に、愛する娘が 自分の教え子に殺された中学校の女性教師がその教え子に復讐する様を 描いたサスペンスドラマ。 『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』の松たか子を主演に迎え、『パコと 魔法の絵本』の中島哲也監...
【映画評】<!-- こくはく -->告白 (未完の映画評)
中島哲也監督が松たか子主演で淡々と描く、幼い娘を生徒に殺された女教師の復讐劇。
『告白』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督・脚本:中島哲也原作:湊かなえ出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃公式サイトはこちら。<Story>女教師・森口悠子(松たか子)の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する...
告白 (ルナのシネマ缶)
ほとんど原作通りに 作られていました! 松たか子の森口先生は、 クールな冷酷さで怖かったです。 岡田将生のKY熱血教師は 滑稽なだけに、なんだか 可哀想だったかなぁ~。 思った以上に生徒役の若者たちが 良かったです。 終業式後の雑然としたホームルームで...
告白 (単館系)
中島哲也監督といえば下妻物語や嫌われ松子の一生ですよね。 この2作品は作りがよく似ていたのでああ、同じ監督だとすぐわかる映画のはずな...
「告白」 (みんなシネマいいのに!)
 最近観た2本の東宝の映画。 これからその2本をAとBと呼ぶことにします。 Aは
告白 (近未来二番館)
告白 - goo 映画 映画の予告編が衝撃的だったので、原作を読もうと本を買い映画はスルーの予定でした。が、あまりに見に行った人の評判が良く...
映画 ” 告白 ” (華やぐ時間)
 この原作が本屋大賞をもらったことも知らず あらすじもほとんど知らないまま  松たか子が主演するというだけで 観に行った  普段から 本とそれを映画化した作品は別のものだと 思っている  この原作の内容は  読んだら きっと おぞましさ むごさだけを想...
★映画「告白」・・・見ました! (スナフキン・レポート♪)
◆映画「告白」見ました!・・・公式ページはコチラ原作読み終わって「面白いよ!」って、スナJr.に回したのは去年お正月映画化が発表されたときから今の菅さん並に?期待値が高かった映画で・・・      ちなみに、その時の日記(コチラ観終わ...
映画 「告白」 (SEA side)
 2009年の本屋大賞を受賞した湊かなえの小説が原作。中島哲也監督の重量級力作だ。  ほぼ原作どおり、複数の登場人物の「告白」によって構成されている。ただ原作とまったく印象が違うのは、クラスの騒々しさだ。  教師・松たか子の告白を、生徒たちはシーンとした雰...
告白(映画2010年) 【印象度:89】 (蚊も無視する・・・そんなブログ)
会社を早めに切り上げて、池袋テアトルダイヤの レイトショー(21:15~)で鑑賞してきました。原作は未読です。 この劇場は初めてでしたが、スクリーンが小さめです。 公開して間がないため、遅い時間ですが、結構入っていました。 中学校を舞台にしたミステリィ作...
告白(映画)覚えのある残酷さ (漢方薬剤師の日々&映画)
私が行った劇場は若い人が多かったです。 『君らはどんなふうに感じてんだろう』って、ちょっぴり心配しながら画面を観てました。 そして十分年齢を重ねた私でさえ、それぞれの『告白』にかなり同調してました。 それほど、ごく身近にあり得る事柄で、た...
告白 (迷宮映画館)
試写会にて鑑賞。見せる力は圧巻。
映画 「告白」 (塩ひとつまみ)
湊かなえさん原作の映画「告白」。 見に行ってきました。 以下、感想です。
映画「告白」**ネタバレあり** (monta’s diary)
「告白」は以前文庫本が平積みされていてかなり注目作品のようだったけど 裏表紙の解説を読んで何だか怖くて買いませんでした。{/face_ase1/} でも、映画は気になっていて色んなレビューを読むとかなり良いようなので観に行きました。{/kaeru_en4/} 邦画はかなり久し振り...
告白 (りらの感想日記♪)
【告白】 ★★★★★ 映画(33)ストーリー とある中学校の終業日。1年B組の担任・森口悠子(松 たか子)は、ある告白を始める。数ヵ月前、シ
「告白」 (しぇんて的風来坊ブログ)
中島哲也監督のR15+作品。復讐が描かれる。「嫌われ松子の一生」で、「親切なクムジャさん」と同じ庭と感想を書いたわたし。そう、煌びやかで個性的な演出とちょっと残酷な話であっても相当ユーモアも織り交ぜてしまう。そういう印象があって、中島哲也監督で復讐となると...
「告白」【映画】 (サナダ虫 ~解体中~)
中島哲也監督作品、松たか子主演の、 映画 「告白」を観た。 娘を殺された女教師の、命の授業がはじまる (原作批評はこちら) 感想。 ?教室、うるせー。(席についているだけマシか) ?少年Aと少年B、カブる。(外見が) ?えっ、鼻血!? 見所。 ?色彩。 ...
『告白』します。この映画は‥‥‥ (再出発日記)
オランダVSデンマーク戦が終わりました。カメルーン戦が始まるまで急いで書かせてもらいます。昨日の日曜は月一回の映画サークルの『語る会』でした。時間の半分は、元スポーツ実況...
映画を観た~告白~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
『告白』 (beatitude)
小説の雰囲気そのままでした。いや、映像がある分倍増しか!観終わって心が苦しい印象は小説と同様。テンポもよく、引き込まれます。曲がりなりにも自分も人の子の親、誰が怖いかといえば先生か&hellip;いや、何...
【告白】悪夢の教室 (映画@見取り八段)
告白 監督: 中島哲也    出演: 松たか子、岡田将生、木村佳乃、橋本愛、西井幸人、芦田愛菜 公開: 2010年6月 中島哲也監督は、...
「告白」 (H20)
・あらすじ  とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内...
告白 (2010) 106分 (極私的映画論+α)
 4ヶ月ぶりの映画鑑賞に、これを選びました。
告白 (Simple*Life ドラマ感)
告白 オリジナル・サウンドトラック渋谷慶一郎 劇場にて鑑賞。 いやぁ。。。この原作本を読んでおられる方の感想を 見てみると大抵が、救いようのないラストとか 憤りを感じる。とか書かれていて、なので覚悟はしていったのですけど まぁ。重いっていうかまたもや少年...
告白 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://kokuhaku-shimasu.jp/ 原作は未読。 いつものように映画の内容を...
告白 (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞告白 2010年/日本/106分 監督: 中島哲也 出演: 松たか子/岡田将生/木村佳乃 2010年06月05日公開 公式サイト 「私の娘が...
「告白」 (てんびんthe LIFE)
「告白」TOHOシネマズ日劇で観賞 中島哲也監督の華やかな世界が結構お気に入りで、おどろおどろしいといわれていたこの作品も、そんなに暗い作品だとは思っていませんでした。 確かに話の内容が復習だとか恨みだとかなので恐いといえば恐いですが、絶対に華やかな部分...
「告白」は一つだけではなかった (美容師は見た…)
最後まで引き込まれ、あっと言う間の106分。エンドロール中は放心状態でした。これが『告白』なのかぁ。。。「これが私の復讐です」想像も出来なかったラスト。強烈でしたわぁ。。。多くの方の感想が、「考えさせられる」、「言葉では伝えられない」など、衝撃を受けた感...
「告白」:白河バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}この建物は? {/kaeru_en4/}学校経営支援センター。 {/hiyo_en2/}最近は学校でもいろいろなことが起こるから、こういう施設の重要性も高まっているのかしらね。 {/kaeru_en4/}「告白」みたいな事件も起こっているのかな。 {/hiyo_en2/}もちろん中島哲也監督...
告白 (いい加減社長の映画日記)
ちょっと重い感じがして、先送りにしてたんだけど。 みなさん、かなり気になってるようで、観ておこうかなと思い、「告白」を鑑賞。「UCとしまえん」は、金曜日の夕方にしては多いのかなぁ。 「告白」は、大きめのスクリーンで、2~3割。 【ストーリー】 女教師・森口...
告白 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
告白’10:日本 ◆監督:中島哲也「嫌われ松子の一生」「下妻物語」◆出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃◆STORY◆女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私...
中島哲也監督 「告白」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
告白 - goo 映画 公式サイト⇒http://kokuhaku-shimasu.jp/index.html 【あらすじ】 女教師・森口悠子の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見。 森口は終業式後のホームルームにて「私の娘はこの1年B組生徒二人に殺されたのです」と衝撃の...
『告白』 (つれづれなるままに)
HBCシネマ倶楽部 『告白』の試写会に行ってきました。 いゃ~、重い映画でした.
[映画] 告白 (霞の気まぐれ日記)
TVで予告を見てから、すごく見たかった作品。 雑誌などを読んでみても、すごく好評価で、 「早くも今年一番」というような意見も目にしていたので。 内容が暗いのは覚悟で行きました&#63915; 土屋アンナさんが、中島監督に対して、 「暗くね?」と言っているのも見て...
告白 (じゅぼん隊がゆく)
みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。 13:00~美容院で予約だったので、空いた午前中に観た映画をご紹介♪ 映画「告白」HP←クリック♪ 教師:森口悠子が担任している中1のクラスの3学期の終業式に告白する所から始まります。 「私の娘は、...
[映画『告白』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆仕事を定時で終え、近所のプールに行き、サウナに入り、イオンモールに行き、フードコートで食事をして、レイトショーで映画を観てくるという充実した一日でした。  明日も仕事があるので、このレビューは短信でごめんなさい。  でも、みんなに評価の高いこの作品だ...
映画 『告白』 (ぷくの日記)
【あらすじ】とある中学校。終業式後のホームルームで、1年B組の担任・森口悠子(松たか子)は、37人の生徒を前に語り出す。私の娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです……。一瞬、静寂に...
告白 (Diarydiary! )
《告白》 2010年 日本映画 シングルマザーで教師の森口の一人娘が亡くなった、
告白 (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★★ 今日はみなさんにイジメをしてもらいます 娘を殺された女教師の、他人の心理を巧みに操る復讐劇。 犯人である生徒のトラ...
「告白」 (NAOのピアノレッスン日記)
~先生の娘を殺したのは、誰?~2010年 日本   上映時間:106分  R15+指定  (10.6.5公開)配給:東宝監督・脚本:中島哲也主題歌:Radiohead「Last Flowers」原作:湊かなえ 「告白」(双葉社刊) 出演:松たか子・・・・・・・・・森口悠子 (中学...
告白 (おやぢタイプ)
「娘はこのクラスの生徒に殺されたんです。」と松たか子が演じる女教師が語る映画『告白』のTV CM。 かなりインパクトのあるCMで気になっていた。 原作は2009年の本屋大賞を受賞した湊かなえの同名小説。 監督は『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』の中島哲也、主...
■映画『告白』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
久しぶりに、映画を観て息詰まるような感覚を覚えました。 中島哲也監督の最新作である映画『告白』は、今までとは打って変わった演出手法で、観る者に衝撃を与えます。 主演の松たか子の演技も、凄まじいの一言。 2010年度のキネマ旬報ベスト10、主演女優賞は彼女が受...
【告白】 (日々のつぶやき)
監督:中島哲也 出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃   先生の娘を殺したのは、誰? 「ある中学の1年B組、終業式の騒がしいホームルームで担任教師の守口が語り始めた。 自分の小さな娘愛美が死んだのは事故ではなかったこと。そして犯人はこのクラスの生徒だ...
映画「告白」(ネタバレ注意) (MAGI☆の日記)
映画「告白」を見てきました。同じシーンを違う視点で繰り返すことによってどうして犯罪が起こったのか、なぜ少年は殺人を犯したのかなどの動機が明らかになっていったので個人的に...
告白 (松たか子さん) (yanajun)
映画『告白』は、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』などで有名な中島哲也監督が、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえ氏の同名小説にほれ込んで映画化した作品です。 松たか子さんは、主演の教師・森口悠子 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ...
強烈なインパクト「告白」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
ホームルームで、教師の森口悠子がし始めた告白。それは「私の娘はこの1年B組の生徒二人に殺されたのです」という衝撃的なものだった…… 監...
告白 (ぷち てんてん)
これはすごい・・・中島監督!まあもちろん原作もすごかったからね~。それにしてもそれをこういう形で映像化できたのは、中島監督だからでしょう。☆告白☆(2010)中島哲也監督湊...
告白 (えいがの感想文)
2010年 監督:中島哲也 出演:松たか子    木村佳乃    岡田将生 へー、日本てこんな映画作れたりするんだー。 松たか子演じる教師の復讐、 途中は空しさを感じ、やり遂げて勝ったわけでもなかった。 自分を消耗してでもやりたかったところに...
1.告白 (4週目) (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 266土日/23日間動員: 21万888人/165万9055
告白 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:告白 制作:2010年・日本 監督:中島哲也 出演:松たか子、岡田将生、木村佳乃 あらすじ:とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は...
オーケストラ! ◆ Le Concert (■■たんたんたぬきの映画箱)
? 旧ソ連時代に天才指揮者と謳われながら、国の指導者による偏見からその地位を追われ、劇場の清掃員をしている熟年男。偶然手にした一枚のFAXから奇想天外な計画を思いつき、花のパリ、シャトレ劇場で復活コンサートを画策するというあらすじのフランス映画。?  冒...
「告白」 (Con Gas, Sin Hielo)
過酷という種類のエンタテインメント。 「嫌われ松子の一生」が06年2位。「パコの魔法の絵本」が08年1位。 競馬予想で言えば連対率10割、本命ぐりぐり二重丸の中島哲也監督作品と来たら、期待しないわけがない。 しかし果たして、その大きな期待を決して裏切らない、...
告白 第152回映画レビュー 後味悪すぎ痛快爽快 (うまい棒めんたい味の如く映画を語る)
いやあ、すごいなあ・・・。 すごすぎたなあ・・・。 この作品、もう本当に後味が悪い。 一筋の光もない、ただただ真っ暗な映画。 救...
告白 (愛猫レオンとシネマな毎日)
湊かなえ原作の同名小説の映画化です。 監督は「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督です。 前3作品で、にぎやかなビジュアルで知られてますが、 今作では、暗く無機質、全く違う作風でした。 とある中学校、終業式後のホームルーム。 担任の女教師、森口先生の”告白”...
【映画】告白 (新!やさぐれ日記)
▼動機 バカにしに ▼感想 驚くほど良く出来た映画化 ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故...
告白(日本) (映画でココロの筋トレ)
劇場予告で気になったので「告白」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:松たか子、木村佳乃、岡田将生 上映時間:106分  中1のあるクラスの終業式後のホームルーム。 担任教師がたんたんと語ったのは、「わたしの娘が死にました。警察は事故死...
■22. 告白 (レザボアCATs)
'10年、日本監督・脚本:中島哲也プロデューサー:石田雄治、鈴木ゆ たか、窪田義弘原作:湊かなえ撮影:阿藤正一、尾澤 篤史照明:高倉進美術:桑島十和子松たか子  森口悠子岡田将生  寺田先生(ウェルテル)木村佳乃  犯人Bの母日本の中で、一番病んでいて、一番不...
503: 告白 (さくらの映画スイッチ)
臨場感のある演出のおかげで、殺人に繋がる因果関係の種になるとはいえ、物語としては陳腐に感じるような一つ一つのエピソードの裏表を、しらけないで受け入れる事ができた。
2.告白 #kokuhaku (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 266土日/30日間動員: 15万961人/209万1255
映画「告白」 (またり、すばるくん。)
映画「告白」を観ました。
告白 (メルブロ)
告白 320本目 2010-24 上映時間 1時間46分 監督 中島哲也 出演 松たか子(森口悠子) 、 木村佳乃(下村優子(直樹の母))      岡田将生(寺田良輝(ウェルテル)) 、 西井幸人(渡辺修哉)      藤原薫(下村直樹) 、 橋本愛(北原美月) 会場 ...
告白 (Peaceナ、ワタシ!)
先生の娘を殺したのは、誰? 『告白』を観ました! 原作は、湊かなえさんの同名小説。この方、2009年の本屋大賞を受賞して以来大人気ですけれど、実は私は読んだことがなく…映画化に伴って、原作本が本屋で平積みになっていたのでパラパラと見てみたのですが、その場では...
告白 (2010) (肩ログ)
日本 監督:中島哲也 原作: 湊かなえ 『告白』 出演:松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、藤原薫、橋本愛、他 かなり前から期待していた作品です ・・・やってくれました とある中学校の終業日。1年B組の担任・森口悠子は、ある告白を始める。数ヵ月前、シ...
告白 (映画的・絵画的・音楽的)
大評判の『告白』をTOHOシネマズ日劇で見てきました。 (1)この映画の原作本である湊さかえ氏の同名の小説は、一昨年の『週刊文春』の「ミステリーベスト10」で第1位であり、また本屋大賞をも受賞していますから、いつもだったらとっくに読んでいるところなのですが、なぜ...
『告白』@テアトルダイヤ (映画な日々。読書な日々。)
とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」教室内は一瞬にして静まりかえり、この...
想像と衝動 (僕らのドラマ)
映画『告白』/forever with you
映画「告白」は正真正銘のジャパニーズホラー (わかりやすさとストーリー )
これは中学生の話ではない。正真正銘のジャパニーズホラーだ。なぜ人気なのか? なぜ衝撃的なのか? 予想外の方向から押し寄せる共感の波とは?
映画「告白」 (Andre's Review)
告白 日本 2010 2010年6月公開 劇場鑑賞 原作を読んだときに、文庫の巻末に収録されていた監督インタビューがとても面白く、映画版も是非観てみたいと思ったので劇場鑑賞してきました。(原作の感想) 舞台はとある中学校。理科教師の森口(松たか子)は終業式の日に...
告白 (活動写真放浪家人生)
 <シネプレックス小倉>  びっくりするようなお話しだけど、これまでの作風からすれば地味な社会派ドラ
映画「告白」 (itchy1976の日記)
映画「告白」公式サイト 映画「告白」映画情報(eiga.com) ○作品情報(eiga.comより) 監督・脚本:中島哲也 プロデューサー:石田雄治、鈴木ゆたか、窪田義弘 原作:湊かなえ 撮影:阿藤正一、尾澤篤史 照明:高倉進 美術:桑島十和子 製作国:2010年日本映画 上映時間:1...
「告白」(日本 2010年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
13歳の殺人犯。 3歳の被害者。
告白 (零細投資家映画記録)
鑑賞映画館:TOHOシネマズ梅田 シアター3 鑑賞日時:6月7日 評価:A+ 原題:告白 製作:2010年 日本 監督:中島哲也 出演:松たか子 芦田愛菜 山口馬木也 西井幸人 藤原薫 木村佳乃 岡田将生 橋本愛 映画生活 goo映画 映画 「 告白 」 予告編 最新long版 松たか子 ...
命の重さを知りなさい~「告白」 (ひょうたんからこまッ・Part2)
『告白』 (2010年・日本/106分) 公式サイト いつから人の命はこんなに軽くなったんだろう。 社会が...
映画告白 (なりゆき散策日記)
【メール便対応】湊かなえのデビュー作!!【告白】(文庫)  日比谷シャンテで六月から公開され高い興行収入で話題となっている「告白」をみた。 ハリウッドからリメイクの打...
告白 レビュー(ネタバレあり) (無限回廊幻想記譚 別宅)
 【ストーリー】 市立中学校1年B組の3学期の終業式の日、担任の森口悠子(松たか
●『告白』 (Wonderful Everydays)
先日、松たか子主演の『告白』を観てきました。 公開間近までは全く気にならなかったのに、直近のCMの「ドッカ~ンってね!」 という台詞と爆発シーンに一気に興味がそそられて。 原作は湊かなえの同名ベストセラー小説ですが、私は読んでないので、 映画だけ
『告白』 (2010) (よーじっくのここちいい空間)
とても面白い映画でした。作品に引き込まれました。テンポも良くて、あっという間に終わってしまった感じです。
告白 (銀幕大帝α)
10年/日本/106分/学園サスペンス・ドラマ/R15+/劇場公開 監督:中島哲也 原作:湊かなえ『告白』 脚本:中島哲也 主題歌:レディオヘッド『Last Flowers』 出演:松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、藤原薫、橋本愛 <ストーリー> 「生徒に娘を殺され....
「告白」小説<映画でした (ポコアポコヤ 映画倉庫)
原作→忘れた頃映画 という順番で見ました。 いやぁ~凄かったです。原作よりも映画の方が・・・。4つ★半
告白 ()
【中島哲也監督】告白【松たか子主演】 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1257178423/ 1 :名無シネマ@上映中:2010/06/06(日) 07:19:13 ID:w5gzD5iy 監督・脚本:中島哲也 原作:湊かなえ「告白」(双葉社刊) ...
『告白』 @TOHOシネマズ二条('10/06/11) (The 近況報告!~今度は多摩川のほとりから )
{%足跡(テンテンテン)hdeco%}2010年の思い出{%足跡(テンテンテン)hdeco%}
『告白』(2010) (【徒然なるままに・・・】)
とある中学の終業式。今月で教師を辞めるという担任の女教師が、淡々と「告白」を始める。 私の娘が死にました。 警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではありません。 このクラスの生徒に殺されたのです――。 湊かなえのベストセラー小説を映像化。...
映画評「告白」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・中島哲也 ネタバレあり
告白 (miaのmovie★DIARY)
告白 【DVD特別価格版】 [DVD](2011/01/28)松たか子、岡田将生 他商品詳細を見る 【告白】 2010年 日本 ある中学校、雑然とした教室。終業式後のホームルーム。 1年B組、37人の13歳。教壇に立つ担任・...
告白 (FG映画批評 100点満点 記憶で採点)
告白 ☆☆☆★★ 72点
告白 (のほほん便り)
「(いい意味で)2度と見たくない作品」って評価、とてもよく分かる気がしました。結末も「やはり、そうきたか」と予測が当たり、思わずドキドキ。 ミタで松嶋菜々子が「大切な人を失い、無表情になってしまった」怖い役を演じる前に、松たか子が、こういう役(鬼気迫...