京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

「告白」/湊かなえ

2010-04-28 08:29:00 | Book

「告白」/湊かなえ(双葉文庫刊)

 

 

 

今までにないタッチの文体と進行。
ただただ一人称の世界が、“娘”というキーワードの下に
あまりに淡々と語らせて、どんどん深みに落ち込んでいく。
嫌がおうにも次のページを捲っている自分に気付く・・・。

文庫本になったので、かみさんが買って来てくれたのだが、
ページを開くと、びっちり埋められた漢字練習帳のように
余白が殆どないページに、恐れることなく溺れていく。
ほぼ一人称の世界で綴られていくこの作品は
摩訶不思議なテンポと浮遊感を感じながら、
まるで底なしの泥沼に腰までずっぽり嵌まりぬけられないまま
他人の心を覗き見たい野次馬な自分と対峙する。

“娘”というキーワードの奥に、
例えばTVで残虐なニュースを見たときのような、
客観的洞察ではない直接的感情移入が始まる。

一つの事件には加害者と被害者。
その中心になる人物像を互いの目から別々にこの事件を見て
話が進行する様は、まるで謎解きを楽しんでいるかのよう。

作家と言うのは恐ろしいものだと感じるのは、
まるで自身が主人公で同じ体験をしたように書けること。

悲惨な事件が起こったあとに、当事者が、
二度とこういう悲惨な事件が起こらないように・・・だとか、
もう娘は戻って来ないのだから・・・とか、
異口同音のインタビューを目にする。

だけど・・・
本心はこの本の中に語られているような気がする。
この物語のクライマックスがその“本心”そのもの。



巻末にこの小説を映画化する中島監督へのインタビューがあった。
何故、主人公森口悠子が松たか子だったのかが語られている。
そう、この森口悠子こそが映画の軸になるわけで、
非常に難しい役だけれど、彼女の女優としての器量と、
映画、TV、舞台、音楽とマルチな才能を発揮する彼女の
新たな女優として、“人間”しての一面を見せてくれることを期待したい。

中島監督っ、
この森口悠子役に中谷美紀を選ばなかったのは正解です(by 松子)。


『本』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チューリップまつり/横浜公園2010 | トップ | 『オーケストラ!』 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (SOAR)
2010-04-29 15:29:09
一日20分程度の読書時間を持つように努めていますが、これは読み始めたとたん止まらなくなってしまいました。
複数人物たちそれぞれが一人称で語っていく形態ですが、手紙もあれば電話もありで読み応えがありますね。
中島監督がこの作品を撮ったことに何より興味を感じてます。あとは松たか子が森口教諭をどう演じるか、これも注目ですね。
映画化 (NAO)
2010-04-29 17:17:43
こんにちは~cyazさん。
私は、これハード本で出たと同時に買い、一気に読んでしまいました。
びっしり書いてあるのにも関わらず、気になってとまらない・・・。^^;
それぞれの視点から「娘」というキーワードで
話が進む構成はおもしろいですよね。
最後のあの終わり方は、ほんとショッキングでした。
この森口教諭を演技派で今ノッている松たか子さんがどう演じるか、注目&期待したいです。
森口像~ (cyaz)
2010-04-30 08:51:42
SOARさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>一日20分程度の読書時間を持つように努めていますが、これは読み始めたとたん止まらなくなってしまいました。
ホント、先が読みたくて読みたくて仕方がなかったです^^

>複数人物たちそれぞれが一人称で語っていく形態ですが、手紙もあれば電話もありで読み応えがありますね。
でしたね! 登場人物も限られていてその分感情移入しやすかったです。

>中島監督がこの作品を撮ったことに何より興味を感じてます。あとは松たか子が森口教諭をどう演じるか、これも注目ですね。
映画、楽しみです!
特に松たか子がどんな森口像を仕上げるのかが^^
ワクワク~ (cyaz)
2010-04-30 08:54:38
NAOさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>私は、これハード本で出たと同時に買い、一気に読んでしまいました。びっしり書いてあるのにも関わらず、気になってとまらない・・・。^^;
ホント、ワクワクドキドキでしたね^^

>それぞれの視点から「娘」というキーワードで話が進む構成はおもしろいですよね。
最後のあの終わり方は、ほんとショッキングでした。
あの立場に立たされた人間の持つ本心が如実に描かれていたように思います。
ゆえに湊かなえさんは恐ろしい(笑)

>この森口教諭を演技派で今ノッている松たか子さんがどう演じるか、注目&期待したいです。
ホントホント^^
ご覧になられたらまた感想待ってますね~♪
持ってます♪ (じゅぼん)
2010-05-03 23:25:37
この本、ハードカバーで買って読みました。
夜勤中に読んで正解でした。
あまりの衝撃のラストに、水道から滴り落ちる水滴の音に過剰に反応。
それくらい鳥肌も立って、興奮してしまいました。
自宅なら眠れない夜を脅えながら過ごした所でした。

この作品から彼女の作品は全て買って読んでます。
毎度毎度、色んな意味で驚かされます。

映画6/5~公開ですね。絶対に観に行きます!
ミートゥ~ (cyaz)
2010-05-09 09:49:34
じゅぼんさん、コメントありがとうございますm(__)m

>あまりの衝撃のラストに、水道から滴り落ちる水滴の音に過剰に反応。それくらい鳥肌も立って、興奮してしまいました。
ショッキングでしたよねぇ~

>自宅なら眠れない夜を脅えながら過ごした所でした。
そうかもしれませんね・・・。一人だと。

>この作品から彼女の作品は全て買って読んでます。毎度毎度、色んな意味で驚かされます。
僕はまだこれだけなんですよ。

>映画6/5~公開ですね。絶対に観に行きます!
ミートゥーです(笑)
Unknown (Ageha)
2010-05-12 00:36:36
金八先生だったり、夜回り先生だったり
ヤンキー先生だったり・・・
幾分シニカルにそれっぽいのが出てきて苦笑。
第一章の展開というか、先生の語りは
鳥肌もんでした。
ワタシはココが一番面白かったかな。

面白いという表現が不謹慎な小説ではありますが。

実は一番コワイのは先生だったような・・・。


先生という職業にどうも聖職者を求めがちですが
先生だって迷える人間で
人の子の親で
こうあるべき姿と本音のジレンマをかかえて
子供と接しているはずで
どうしようもない保護者と向き合っているはずで。
・・・フツウなら見ることの出来ない内面を
むっちゃむき出しにしてくれた気がしました。
こんだけ皮肉に淡々としゃべられると
ゾワゾワっとします。

スタッフブログのほうでも書きましたが
もともとはここまでで終わるはずだった短編だったそうです・・・。
それはそれで読者の想像にまかせる結末になったと思いますがどうですか?
イマジネーション~ (cyaz)
2010-05-12 12:37:58
Agehaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>第一章の展開というか、先生の語りは鳥肌もんでした。ワタシはココが一番面白かったかな。
確かにこの件は凄かったっ!!

>面白いという表現が不謹慎な小説ではありますが。
それも言える。

>先生という職業にどうも聖職者を求めがちですが先生だって迷える人間で人の子の親で
こうあるべき姿と本音のジレンマをかかえて
子供と接しているはずでどうしようもない保護者と向き合っているはずで。
今は保護者が何より怖いと現在中学の校長をしている友人が言ってました(笑)
(だから薄くなったのか、おまえは・・・。)

>フツウなら見ることの出来ない内面をむっちゃむき出しにしてくれた気がしました。こんだけ皮肉に淡々としゃべられるとゾワゾワっとします。
まさしく小説らしい小説でしょうね!

>スタッフブログのほうでも書きましたがもともとはここまでで終わるはずだった短編だったそうです・・・。それはそれで読者の想像にまかせる結末になったと思いますがどうですか?
でもあのオチは他でも類似したものがあったので、
安易に想像できる内容ではないかと。
想像にまかせると危ない(何がっ)?!
怖い! (kino)
2010-06-05 00:40:54
TBありがとうございました!
文庫になった!と楽しみに読みましたが
怖い小説でした・・・。
再読したくないくらいです。
でも、映画のCMを観ると中島監督っぽくて
観てみたい気もします。怖いけど。
映画の感想、楽しみにしています。
怖くて暗い~ (cyaz)
2010-06-05 12:40:45
kinoさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>文庫になった!と楽しみに読みましたが
怖い小説でした・・・。
確かにそうですね^^
でもなぜかのめり込む物語でした。

>でも、映画のCMを観ると中島監督っぽくて
観てみたい気もします。怖いけど。
どんな感じに仕上がっているのか楽しみです。
でも結構暗いとか(笑)?!
こんにちは~♪ (由香)
2010-09-01 17:33:49
お邪魔します♪

映画にかなりの衝撃を受けたので読んでみました~
・・・かなり読むのに躊躇したのですが(笑)だって怖いというか嫌な話なんですもの・・・

原作は松さん、木村さんを思い浮かべながら読みましたが、今更ながらお二人はハマり役だったなぁ~って思いました。
そして、読んでいて怖かったなぁ~
cyazさんも仰っていますが、まるで体験したように書いている湊さん・・・凄いですよね。人が隠している奥底の気持ちなんかもしっかりと見抜いていそう・・・ぶるぶる(笑)
恐ろしい~ (cyaz)
2010-09-01 22:24:27
由香さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>映画にかなりの衝撃を受けたので読んでみました~・・・かなり読むのに躊躇したのですが(笑)だって怖いというか嫌な話なんですもの・・・
確かに、映像が先だと先入観が(笑)

>原作は松さん、木村さんを思い浮かべながら読みましたが、今更ながらお二人はハマり役だったなぁ~って思いました。
なるほど^^
松さんは頭にあったのですが、木村さんは頭になかったので、
原作のイメージに近い状態で読み進めました!

>まるで体験したように書いている湊さん・・・凄いですよね。人が隠している奥底の気持ちなんかもしっかりと見抜いていそう・・・ぶるぶる(笑)
なんか疑似体験があるというか、体現してなくて
この奥深さは・・・
ちょっと恐ろしい部類の人かも(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

41 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
告白 (Akira's VOICE)
湊かなえ 著 
◎「告白」 湊かなえ 双葉社 1470円 2008/8 (「本のことども」by聖月)
 間違いなく今年のこのミスにランクインしてくる作品。そして、巷の噂に違わず、新人デビュー作品としては、相当に完成されたミステリーである。  ただ、難をあげれば、全部で6章の告白からなる作品なのだが、第1章の完成度が群を抜いて高く、章が進むにつれて、緊...
「告白」 (月灯りの舞)
久しぶりに一気読みしてしまったスゴイ本。 ミステリ要素と人間の愛が凝縮された 読み応えたっぷりの話題の本。 「告白」 湊 かなえ:著 双葉社/2008.8.5/1400円 愛美は事故で死んだのではありません。 このクラスの生徒に殺されたのです。     ...
湊かなえ『告白』 (itchy1976の日記)
告白湊 かなえ双葉社このアイテムの詳細を見る 今回は、湊かなえ『告白』を紹介します。デビュー作の割には読ませる文章力があるし、第1章の衝撃の告白「愛美は事故で死んだのではなく、このクラスの生徒に殺されたのです。」以降どうなるのかなと思いながら読むことがで...
告白 (湊かなえ) (花ごよみ)
第一章 聖職者 終業式、退職を控えた、 中学の女性教師が クラスの生徒を前にしての一人語り。 愛する一人娘を失った原因となる 教え子を告発。 その少年に対する復讐。 衝撃的な第一章の幕開け、 最初から、引き込まれます。 感情を交えないで語る、 女性教師がこわ...
本「告白」 (<花>の本と映画の感想)
告白 湊かなえ 双葉社 2008年8月 教師森口悠子は、終業式の日、HRで、生徒たちに、今月いっぱいで教師を辞めるという話をする。そして、娘愛美は事故ではなく、二人の犯人がいることを話すが・・・・・ 語り口が、森口悠子から、犯人の...
「告白」湊かなえ (ナナメモ)
告白 湊 かなえ JUGEMテーマ:読書 我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。 『「愛美は事故で死んだのではありません。この...
「告白」湊かなえ (日々のつぶやき)
あちこちで目にするこの「告白」ですが、読後感がよくないというのも耳にしていたので覚悟して読みました。 「幼い娘を亡くした女性教師が終業式で語った言葉。愛美はこのクラスの生徒に殺された。 そしてその衝撃よりも大きな告白、犯人二人を裁いた方法とは・・」
告白・湊かなえ (TSUTAYA×枚方駅前)
ハイ、Agehaです。 GWの間に読んだ本がコレ。(若干病んでます?) まずは公式サイトから。 http://kokuhaku-shimasu.jp/index.html 担当ジャンルのダントツ1位。 去年本屋大賞を取ったばかりの文芸書が たった1年で、文庫化。まさかの映画化。...
それぞれの告白 (笑う学生の生活)
小説「告白」を読みました。 著書は 湊 かなえ やっと読めました、 その後の「贖罪」、
「告白」湊 かなえ (ルナのシネマ缶)
なかなか衝撃的でした! それに、あのラスト! 先が気になり一気に 読んでしまいましたが 読んだ後の、後味の悪さも かなりのものです。 「愛美は死にました。しかし事故ではありません。 このクラスの生徒に殺されたのです」 我が子を校内で亡くした中学校の...
読書・湊かなえ「告白」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
            「告白」 ミステリーというものを、初めて読んだ(アガサ・クリスティがミステリーだとすればそれ以来だ)。 この作品は六つの章からできている。 聖職者、殉教者、慈愛者、求道者、信奉者、伝道者。 中...
『告白』/湊かなえ ◎ (蒼のほとりで書に溺れ。)
前評判がすごかった、この『告白』、確かにスゴイ。 「事故だったはずの自分の娘の死は、本当はこのクラスの生徒に殺されたのだ」と女性教師が語り始めるという、インパクトのある序章、その後5章にわたって、事件と事件その後について、事件関係者とその周辺の人物が語...
『告白』湊かなえ (ふるちんの「頭の中は魑魅魍魎」)
「告白」湊かなえ 双葉社 2008年 今年最大の収穫だとか、とにかくやたらと評判がいい(モノに限ってロクなモノがないことよく知っている)信頼できる腐女子兼本読みのB子が「これは面白いよ!読んだ方がいいよ!」と言うので読んでみた。 中学1年の終業式の後の教室...
告白 (どくしょ。るーむ。)
著者:湊 かなえ 出版社:双葉社 感想: 今年の話題作「告白」。年末に発表されるランキング系雑誌でもランクインされていた人気作品です。 さて、感想は……。怖かったです。背筋が凍るほど。 第一章は女性教師の一人語りで始まります。子供を殺された教師が、教室で生...
「贖罪」「告白」湊 かなえ  (ポコアポコヤ)
読んでいる最中は、結構夢中になれます。引き込まれて一気読みせずにはおれません。この筆力は凄いと思う。 ただ、残念なことに、いつも後半~最後の展開で、がっかりしてしまう様です・・。
「告白」湊かなえ (しんちゃんの買い物帳)
告白(2008/08/05)湊 かなえ商品詳細を見る 中学校終業式の日。一年B組のHRで女性教師が淡々と語りだす。教師を辞職すること。教師になった理由。...
「告白」湊かなえ (本のある生活)
告白クチコミを見る 話題になっていたので、ずっと気になってたのです。やっと予約の列が途切れたようで、図書館の書架に戻ってきたところを借りることができました。 読んでみてその人気も納得。おもしろくて読み始めたら止まらなくなってしまいました。いえ、おもし...
『告白』を読む (雑記帳+)
告白/湊かなえ 著 今年映画化もされるし、そうなるんだったらハズレることはないだ
告白 / 湊かなえ (いつも読書人 )
告白著者:湊 かなえ販売元:双葉社発売日:2008-08-05おすすめ度:クチコミを見る教壇から生徒に語りかけて始まる、徹底した1人称の文体は新鮮でゾクゾクもさせてくれる。先ほど知ったのですが《2009年本屋大賞》湊かなえさん【告白】受賞されたそうで。さっき読み...
「告白」 湊かなえ (目の中のリンゴ)
2009年度の”本屋大賞”ということで タイトルと評判は聞いてました。 「告白」(湊かなえ 双葉文庫) このたび映画化。 (6月公開・中島哲也監督・主演松たか子) それに伴って文庫化というのは嬉しいですね。 映画館で提示すれば割引になるそうです。 巻末には中島監...
告白 (本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館])
 第6回(2009年) 本屋大賞の受賞作で、松たか子主演で映画化もされた「告白」( 湊かなえ:双葉社)。読み終ったらイヤな気持になるミステリーを指す「イヤミス」としても評判の作品だ。  物語は、S中学校の1年B組の終業式の場面から始まった。クラスの担任...
湊かなえ 『告白』 (映画な日々。読書な日々。)
告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)/湊 かなえ ¥650 Amazon.co.jp 我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。選考委員全員...
告白 (ろーれるの本(読書)ブログ)
ブログネタ:夜7時 何してる? 参加中 本文はここから 判定:★★★★☆(銀星) 告白/湊 かなえ ¥1,470
『告白』 湊かなえ (【徒然なるままに・・・】)
「私の娘は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。」 終業式のホームルーム、退職するという女性教師の告白から始まる、章ごとに語り手が変わるモノローグで構成されるドラマ。犯人、犯人の家族、クラスメートと様々な視点から事件が綴られ...
湊かなえ『告白』  ★★★★ (book diary)
告白 湊 かなえ  我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相に迫る。選考委員全員を唸らせた新人離れした圧倒的な筆力と、伏線が鏤められた...
それぞれの事情と言い訳『告白』【小説】 (やっほっほ~)
告白 湊かなえさんの作品 第29回小説推理新人賞受賞 「愛美は事故で死んだのではありません。このクラスの生徒に殺されたのです。」 わが子を亡くした女性教師が、終...
告白(湊かなえ) (Bookworm)
第29回小説推理新人賞受賞作。
「告白」 湊かなえ (俺の明日はどっちだ)
・ 発売当初からあちこちで評判になっていて、2008年度の『週刊文春ミステリーベスト10』で第1位に選ばれたほか、『このミステリーがすごい!』で4位にランクイン、そして2009年の『本屋大賞』まで受賞してしまった湊かなえのデビュー作。 ある少女の死亡事件に関わった...
告白/湊かなえ (Monologue - Cinemaな夜に -)
市立S中学校1年B組、3学期の終業式の日愛娘が学校のプールで事故死した担任・森口
湊かなえ/「告白」/双葉社刊 (ミステリ読書録)
湊かなえさんの「告白」。 終業式の日、幼い我が子を失った女教師はHRの場で生徒に告白する――'''『愛美は事故で死んだ''' '''のではなく、このクラスの生徒にころされたのです』'''。じわじわと、女...
『告白』 (みゆみゆの徒然日記)
湊かなえ/著  松たか子主演で映画化されるというので書店でかなり宣伝されていて面白そうだなと思って、手にとってみました。こちらもサクサク読めました。  題材が少年犯罪だけあって、とても重かった・・・。確かにサクサク読み進めるし、それぞれの章が登場人物たち...
『告白』(湊かなえ) (Todo Bem ?)
「世界不思議発見」ミステリーハンターの宮地眞理子さんがブログで紹介しているのをみて読んでみました.
【本】告白 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
         『告白』            湊かなえ            双葉社【comment】2009年本屋大賞第1位の本作は、中島哲也監督、松たか子主演により映画化され、かなり話題を呼んで大ヒットした。  映画『告白』の感想はコチラ私は、この映画に物...
告白 / 湊かなえ (ただの映画好き日記)
我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。
告白 (みるき~うぇい)
双葉社より¥1470で発売中 第29回小説推理新人賞受賞 本屋大賞2009受賞 <あらすじ> 我が子を校内で亡くした女性教師が、終業式のHRで犯人である少年を指し示す。ひとつの事件をモノローグ形式で「級友」「犯人」「犯人の家族」から、それぞれ語らせ真相...
本 「告白」 (はらやんの映画徒然草)
中島哲也監督の映画版もすごいと思いましたが、原作本もさすが本屋大賞をとるだけのこ
映画告白 (なりゆき散策日記)
【メール便対応】湊かなえのデビュー作!!【告白】(文庫)  日比谷シャンテで六月から公開され高い興行収入で話題となっている「告白」をみた。 ハリウッドからリメイクの打...
告白 / 湊かなえ (ねこやま)
抜粋 愛美は事故で死んだのではありません。 このクラスの生徒に殺されたのです。 我が子を校内で亡くした女性教師が、 終業式のHRで犯人である少年を指し示す。 ひとつの事件をモノローグ形式で 「級友」「犯人」「犯人の家族」から、 それぞれ語らせ真相に迫....
告白 湊かなえ著 (まてぃの徒然映画+雑記)
松たか子の演技が昨年注目を集めた映画の原作で、本屋大賞受賞作です。文庫本特典として、映画化した中島哲也監督のインタビューがついています。 各章が登場人物の一人称独白という不思議なスタイルで進行していきます。その語り口に吸い込まれるように、一気に読ませ....
デビュー作の極端さが出ている:告白 (本読みの記録)
告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)作者: 湊 かなえ出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2010/04/08メディア: 文庫 本屋大賞の受賞、映画化と話題になった一冊。 面白いし、読みやすい。グイグイと引き込まれていく内容だ。 だが……