京の昼寝〜♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『トイレット』

2010-09-01 00:09:01 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「トイレット
□監督・脚本 荻上直子
□キャスト もたいまさこ、アレックス・ハウス、タチアナ・マズラニー、デビッド・レンドル、サチ・パーカー

■鑑賞日 8月28日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  ばーちゃんのトイレの後のあのため息はなんだったんだろうか


 
いつもながら、荻上直子監督独特の空気感がこの映画でも存在していた。
 
 「
かもめ食堂」はヘルシンキ、そして「めがね」は沖縄。 今作はカナダのトロント。
 でも、前2作と大きく違うのは、日本人のキャストがもたいまさこだけの世界。
 『
バーバー吉野』以来、荻上作品には欠かせないもたいまさこだが、今度はどんな演技を観せてくれるかが楽しみだった。
 それも言葉の通じないカナダという設定で、相手の役者は英語で演技、
 さて、彼らを相手にどこまで“もたい風”を出してくれるのだろうか。

 今作も実に摩訶不思議な人間関係がさらりと描かれ、言葉の障壁を超えて、互いを理解しようとする力、
 本来ある家族の絆とつながりを坦々と描き出していく。
 しかしながらそんな中にも同じ血が流れる人間同士の“性”を浮き彫りにしているところは秀逸だ。 
 
 登場人物もほぼ、プラモデルオタクで真面目なレイ(アレックス・ハウス)、
 引き籠ったままの何年も外に出たことのないピアニストの兄・モーリー(デイヴィッド・レンドル)、
 エアギターを生きがいとする女子大生の妹・リサ(タチアナ・マズラニー)の3人兄弟のみ。
 その家族の中に、母親の死をきっかけに家にやってきたナゾの祖母だという“ばーちゃん”。
 本当に母親の母親なのかどうかも疑いつつ、実はあとでDNA鑑定が意外な事実を明らかにしたりして(笑)

 何も見ていないようで、実はしっかりと言葉の通じない子供たちを温かく見守る“ばーちゃん”。
 核家族になってしまい、老人の智恵は活かされなくなってしまった現代、荻上監督はそこに
 静かなメッセージも織り込んでいるような映画だった。
 これが日本を舞台にした日本人ばかりの環境で描いたなら、少しグレーな映画になってしまうところだが、
 トロントという異国だからこそ成立した話だろう。

 “ミルキーはママの味〜”ではなく、きっと「“餃子”はママの味〜」だったのだろうなぁ。
 だからこそ会話の無いばーちゃんがママが自分たちの母親と間違いないと3人は確信したんだろう。
 どこの国のどんな人種であれ、母親の味は忘れないもの。
 それはどんな高級料理よりも確実に美味しいもの。
 今回の料理のフードスタイリストも飯島奈美さんで荻上映画では必要不可欠な存在だ。

 ただあのバス亭の、謎の上から目線の別バーチャン(サチ・パーカー)は一体何だったのだろう・・・。

  そしてあの怪しいインド人が描いてくれた絵にあったトイレのうち、
  ばーちゃんのため息の原因は「和式」にあったのか、それとも「洗浄機付き」


 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「つけ麺屋 銀四郎」その2/蒲田... | トップ | 林檎のシブースト/ハーゲンダッツ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
しゃべってほしかったな〜…。 (Ageha)
2010-09-07 17:44:17
もたいさんというと「かもめ食堂」で、アル中(じゃなかったかな)のご夫人を家まで送ったときに、さっぱり言葉わからへんくせに慰めちゃうわ仲良くなるわっていう摩訶不思議なことをやってのけたから、今回もそうかと思いきや、ピアノのオーディションシーンの一言だけ。
まあ、そこまで無言やからそこが生きてくるのか…

こじんまりまとまって、いい作品だったとは思うんだけど、タメイキの理由はわからずじまいだし、サチパーカーをどうしたかったのかもわからんかったのが消化不良(T_T)
クール〜 (cyaz)
2010-09-07 18:15:02
Agehaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>もたいさんというと「かもめ食堂」で、アル中(じゃなかったかな)のご夫人を家まで送ったときに、さっぱり言葉わからへんくせに慰めちゃうわ仲良くなるわっていう摩訶不思議なことをやってのけたから、今回もそうかと思いきや
どちらかと『バーバー吉野』のときも口うるさい店主だったけど、
やはり彼女の独特の雰囲気はもっと伝えたいですよね^^

>ピアノのオーディションシーンの一言だけ。
モーリー、COOL!

>まあ、そこまで無言やからそこが生きてくるのか…
そやね(笑)

>こじんまりまとまって、いい作品だったとは思うんだけど、タメイキの理由はわからずじまいだし、サチパーカーをどうしたかったのかもわからんかったのが消化不良(T_T)
和式かウォシュレットか
・・・そこが問題なのだ(笑)
餃子〜♪ (ヤマト)
2012-06-28 09:21:11
cyazさん、おはようございます!

お久しぶりです!

TB返しとコメントどうもありがとうございました☆

餃子、美味しそうでしたね、
飯島奈美さんってすごいなあ。

ばーちゃんのDNAは明かされないままでしたが、
餃子の味・・・なるほどです。
「味」って重要ですよね、「手作りの味」。

ため息の原因は「ウォッシュレットナシ」
だったのかもしれませんね(笑)

しかしアメリカってウォッシュレット
一般的ではないとは聞いていましたが、
私も無いといや派です!

サチ・パーカー、謎でしたね。
西の魔女・・・。



謎〜 (cyaz)
2012-06-28 12:31:09
ヤマトさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>餃子、美味しそうでしたね、飯島奈美さんってすごいなあ。
そうですね^^

>ばーちゃんのDNAは明かされないままでしたが、餃子の味・・・なるほどです。
「味」って重要ですよね、「手作りの味」。
そうですよね^^
オフクロの味ですよね(笑)

>ため息の原因は「ウォッシュレットナシ」
だったのかもしれませんね(笑)
あっそうか(笑) そうかもしれません。

>しかしアメリカってウォッシュレット一般的ではないとは聞いていましたが、私も無いといや派です!
僕はあっても使ってないですね(笑)

>サチ・パーカー、謎でしたね。西の魔女・・・。
あはは(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
トイレット (LOVE Cinemas 調布)
『かもめ食堂』『めがね』の荻上直子監督のオリジナル脚本により最新作。今回は全編カナダロケで、言葉も英語となっている。バラバラな3兄妹がばーちゃんとの共同生活の中で徐々に絆を取り戻していく様子を描く。ばーちゃん役にもたいまさこ、謎の女性役に『西の魔女は死...
映画「トイレット」@京橋テアトル試写室 (masalaの辛口映画館)
 試写会の主権はyahoo!映画さん、客入りはほぼ満席。映画上映終了後に荻上直子監督と観客のティーチインが行われた。   【送料無料】映画「トイレット」オリジナルサウン...
トイレット(2010) (銅版画制作の日々)
「みんな、ホントウの自分で、おやんなさい」 この日も前半の上映は満席だったようだ。それにしても荻上監督作品、人気あります。特に本作に固執していたわけではないが、、、、。でもこの人気はやっぱり普通じゃあないものね。ということで、観ることにしました。それで...
『トイレット』 ('10初鑑賞116・劇場)  (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 8月28日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 14:25の回を鑑賞。
「トイレット」みた。 (たいむのひとりごと)
「欲求に理由を付けるのは無意味だ」うん、あまりにもそのとおりで名言だよなーって思う。できるかぎり欲求に正直に生きられたらとは思っていたけれど、そのためにも欲求に理由を付けたがっていた自分だったように思
『トイレット』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督・脚本:荻上直子出演:アレックス・ハウス、タチアナ・マズラニー、デイヴィッド・レンドル、サチ・パーカー、もたいまさこ試写会場 : 京橋テアトル試写室公式サイトはこち...
トイレット (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
マイペースでばらばらに生きてきた兄弟3人。長男のモーリーは引きこもりで4年間、家の外に出ていません。次男のレイは、ガンダムオタクの研究員。末っ子で長女のリサは、生意気盛りの高校生。3人の母が突然なくなり、母が生前に日本から呼び寄せた"ばーちゃん"(...
トイレット・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「かもめ食堂」 「めがね」に続く荻上直子監督の最新作は、「トイレット」というこれまた奇妙なタイトルの作品だ。 資本的には日本映画だが...
TOTOの映画広告?〜かもめ食堂の萩山直子監督toilet(トイレット) (ライフスタイルをデザインする Akatuki Design)
今日は午前中打合せを行い、その後自宅のワックス掛けを行いました。 娘が帰ってくる前にヨダレバリアを作っておきたかったんですね〜 その為、乾燥させる間何も出来ないので(といういい訳ですが・・・) 映画のハシゴをしきました。 だって今日は映画の日ですもの。。...
トイレット (だらだら無気力ブログ)
『かもめ食堂』『めがね』の荻上直子監督が実に構想5年の歳月をかけて 前作から3年ぶりに手掛けた感動作。 荻上監督のミューズであるもたいまさこを主演に、ばらばらで問題だらけの 三兄妹と母親が死ぬ前に呼び寄せた祖母との奇妙な同居生活を経ながら、 家族の愛情と...
映画レビュー「トイレット」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
映画「トイレット」オリジナルサウンドトラック◆プチレビュー◆不器用な3兄妹の成長と家族の絆が少ない言葉で語られる。ベタつかない家族愛が心地よい。 【70点】 プラモデルオタクの青年レイは、母の死後、やむなく実家に戻る。そこには、引きこもりの兄モーリーと...
トイレット (そーれりぽーと)
『かもめ食堂』『めがね』に続く荻上直子監督作『トイレット』を観てきました。 ★★★★ 荻上直子監督が去った後も『かもめ食堂』『めがね』を彷彿とする映画を創り続けるPasco提供とは違い、当の監督自身は今回大冒険してくれました。 想像していたのとは全く違う雰囲...
「トイレット」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「トイレット」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:デヴィッド・レンドル、アレックス・ハウス、タチアナ・マズラニー、サチ・パーカー、もたいまさこ、他 *監督:荻上直子 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラック...
トイレット (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。荻上直子監督、アレックス・ハウス、タチアナ・マズラニー、デイヴィッド・レンドル、サチ・パーカー、もたいまさこ。バーチャン(もたいまさこ)の無表情、無言劇は今に始まったことじゃない。「プール」だってひたすらプールサイドで居眠りしていた記憶しか...
トイレット (あーうぃ だにぇっと)
7月23日(金)@京橋テアトル試写室で鑑賞。 京橋テアトル試写室は2回目。 どうも位置関係がつかみにくい場所にある試写室だ。 このあたりは、似たようなビルが立ち並んで空間把握が難しい。
『トイレット』 (2010) (よーじっくのここちいい空間)
 ドカ〜ンとくるわけではない、しみじみとした作品です。外人さんばっかなのに、しみじみしちゃうって、なんか、とっても不思議なんだけれど、それが魅力の、好感の持てる映画になっています。
映画『トイレット』 (健康への長い道)
 仕事が溜まってきているので、よほど休日出勤しようか・・・と悶々としましたが、「休むことも大事」と己に言い聞かせて、シネ・リーブル神戸で『かもめ食堂』『めがね』の荻上直子監督の新作『トイレット』。 Story ロボット・プラモデル・オタクのレイ(アレックス...
トイレット (とりあえず、コメントです)
『かもめ食堂』の荻上直子監督が家族をテーマに描いたヒューマンドラマです。 予告編で観た、もたいまさこさんの独特の表情に惹かれていました。 ひとつの家族を見つめる視線が優しく感じられるような作品でした(^^ゞ
ばーちゃん、クール!〜『トイレット』 (真紅のthinkingdays)
 今日、ママが死んだ。そう大きくない家と、猫のセンセーと、日本から来たばー ちゃんを遺して・・・。  スローで、ロハスで、クールな...
『トイレット』:雰囲気だけの映画かと思っていたら @ロードショウ・シネコン (りゃんひさ MyBlog〜映画レビューなど)
『かもめ食堂』『めがね』の監督最新作なので、実のところ「雰囲気だけの映画ではありますまいか」なんて思っていました。 まぁ、『かもめ食堂』も『めがね』も、その雰囲気が好きだったんだけれども。
『トイレット』 (キュートなバアサンになるために)
公式サイト  なんとケッタイな題名だろう!と思ったのですが・・・{/face_ase1/} 監督が荻上直子監督、日本人唯一の出演者がもたいまさこさん・・・これは観なくては!!と思っていたら もう上映回数がグっと減っていたので 大慌てで観に行きました。  ママが亡く...
『トイレット』 (beatitude)
荻上直子監督作品はWOWOWで放送した『めがね』を見たことがあるだけ。大スクリーンで観なくてもいいかぁと思い、なかなか足を運ばなかったんですが、『めがね』を見てこの空気感はいいなぁ、こんな風に時間が流れたらい...
「トイレット」 (★ Shaberiba )
初日のせいか満員でした!!「もたいさん人気」おそるべし!?
トイレット (えいがの感想文)
2010年/日本=カナダ 監督:荻上直子 出演:もたいまさこ    デヴィッド・レンドル    アレックス・ハウス    タチアナ・マズラニー もたいまさこ演じる、ばーちゃん。 そのキャラクターは、「かもめ食堂」「めがね」から更に輪をかけて、 強烈な...
トイレット (Diarydiary! )
《トイレット》 2010年 日本/カナダ映画 ママが残してくれたもの、引きこもり
トイレット☆独り言 (黒猫のうたた寝)
もたいまさこのばーちゃんとアメリカ人の3人の孫兄モーリーは引きこもりのピアニスト妹リサは勝気な女子大生そしてぼくレイはロボットオタクの研究者バラバラだった兄弟がやむなく同居し英語の話せないばーちゃんと暮らし始める。やがて、レイはばーちゃんがトイレから出...
「トイレット」 自分らしく生きたほうがいいんじゃない? (はらやんの映画徒然草)
荻上監督の「かもめ食堂」のスマッシュヒット以来、邦画では同じようなテイストの言わ
映画 「トイレット」 (SEA side)
 荻上直子監督の新作。二つの死を挟んで三兄妹の成長が綴られる癒し系コメディ。  カナダが舞台だが日本人俳優はもたいまさこのみで全編英語の台詞。しかももたいの「ばあちゃん」は英語が話せないという設定なので、ただ1回、2語の台詞を除いてほとんど無言の演技だ...
高価なお寿司よりも手作りの餃子。『トイレット』 (水曜日のシネマ日記)
日本人の母親を亡くしたカナダに住む3人兄弟妹と日本から来た祖母の物語です。
トイレット (映画的・絵画的・音楽的)
 荻上直子監督の前2作はお気に入りなので、3作目もと思って『トイレット』を見に銀座テアトルシネマに行ってきました。 (1)物語は、アメリカのある町の墓地における母親の葬儀の場面から始まります。日本人の母親が突然亡くなって、3人の兄妹が取り残されますが、もう一...
トイレット (メルブロ)
トイレット 330本目 2010-34 上映時間 1時間49分 監督 荻上直子 出演 アレックス・ハウス(次男レイ) 、 タチアナ・マズラニー(長女リサ)     デヴィッド・レンドル(長男モーリー) 、 サチ・パーカー(謎の女性)     もたいまさこ(ばーちゃん) ...
トイレット (5125年映画の旅)
オタクのレイ、人を見下すリサ、引き篭もりのモーリーの3人兄弟。母親が死んで、兄弟に残されたのは家と猫と母親が死の直前に連れてきた「ばーちゃん」だった。4人と1匹のぎこちない共同生活の中で、兄弟たちは大事なものを少しずつ取り戻していく。   『かもめ...
トイレット (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
独特な雰囲気の映画です。同じ監督の「かもめ食堂」「めがね」は未見です。(観たいとは思っているのですが・・・)とある企業の研究員でロボット・オタクのレイの母親が亡くなった...
トイレット (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
トイレット’10:日本◆監督:荻上直子「めがね」「かもめ食堂」◆出演:アレックス・ハウス、タチアナ・マズラニー、デイヴィッド・レンドル、サチ・パーカー、もたいまさこ◆STORY◆とある企業の実験室に勤務するレイは、家族から離れて一人で暮らし、誰とも深く関...
トイレット (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
トイレット’10:日本◆監督:荻上直子「めがね」「かもめ食堂」◆出演:アレックス・ハウス、タチアナ・マズラニー、デイヴィッド・レンドル、サチ・パーカー、もたいまさこ◆STORY◆とある企業の実験室に勤務するレイは、家族から離れて一人で暮らし、誰とも深く関...
「トイレット」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 「かもめ食堂」「めがね」の荻上直子監督最新作。性格も考えもバラバラな3兄妹の、亡き母が残した家での「バーチャン」と猫の「センセー」との奇妙な同居生活を描く。 必要最小...
映画[ トイレット ]事件は会議室で起こってるんじゃない、トイレで起こってるんだ! (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ トイレット ]を銀座で鑑賞。 [ ハーバー吉野 ](03)[ かもめ食堂 ](06)の荻上直子監督が構想5年で自ら書き下ろした最新作。今年のベストファイブに入るほどのイチオシの作品です。ほんと、面白いですよ。 ブログランキングに参加中!! 参...
トイレット ()
トイレット! http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1283137176/ 1 名前:名無シネマ@上映中 [2010/08/30(月) 11:59:36 ID:PrNFF9Iq] 提供:TOTO
トイレット (とつぜんブログ)
監督 荻上直子 出演 アレックス・ハウス、タチアナ・マズラニー、ディビット・レンドル、    もたいまさこ  日本映画でありながら、舞台は北米。出演者ももたい以外全員カナダ人。ただ1人の日本人出演者のもたいまさこは、荻上映画の常連だが、回を追うに従って妖...
トイレにハナミズキ (Akira's VOICE)
「トイレット」 「ハナミズキ」 
mini review 11523「トイレット」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
人生に退屈し、自分の世界に閉じこもって生きる三兄妹が、心を開いて家族のきずなを深めるまでを描く感動ドラマ。『かもめ食堂』『めがね』の荻上直子監督が、海外で自分のオリジナル脚本の映画を撮るという念願の企画を実現。三兄妹と触れ合うばーちゃん役に荻上作品の常...
映画 「トイレット」 (Roko's Favorite Things)
 お母さんが亡くなって、残されたのは兄妹3人と、猫の「センセー」と、母親の母親で
トイレット (ルナのシネマ缶)
普通に過ごしていると 気づかないけど、日本って トイレに気を使っているよね〜。 ウォッシュレットや、 自動で上がるカバー、 立てば自動で流れる水・・・ 海外から見ればすごい事 なんですよねぇー。 プラモデルオタクのレイ(アレックス・ハウス)、 引き...
《トイレット》 (日々のつぶやき)
トイレット [DVD]/もたいまさこ,アレックス・ハウス,タチアナ・マズラニー ¥4,935 Amazon.co.jp 監督:荻上直子 出演:もたいまさこ、アレックス・ハウス、サチ・パーカー   みんな、ホントウのじぶんでおやんなさい。 「母親が亡くなり久しぶりに...
トイレット (A Day In The Life)
DVDにて観賞 解説 人生に退屈し、自分の世界に閉じこもって生きる三兄妹が、心を開いて家族のきずなを深める までを描く感動ドラマ。 『かもめ食堂』『めがね』の荻上直子監督が、海外で自分のオリジナル脚本の映画を撮ると いう念願の企画を実現。 三兄妹と触れ...
トイレット (いやいやえん)
トイレが異常に長くて、外に出てくる度に深いため息をつくなんて、アレしかないでしょ、ほらアレアレ!(笑) 引きこもりになったピアニストの長男モーリー、ロボットオタクの次男レイ、大学生の末っ子リサとが、日本人の「ばあちゃん(もたいまさこさん)」と過ごす...
トイレット (こんな映画見ました〜)
『トイレット』2010年(日本/カナダ )監督:荻上直子出演:アレックス・ハウス 、タチアナ・マズラニー、デヴィッド・レンドル、サチ・パーカー 、もたいまさこ「かもめ食堂」「めがね」の荻上直子監督が“家族”をテーマに手掛けたドラマ。 ...
映画評「トイレット」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年日本=カナダ映画 監督・荻上直子 ネタバレあり
トイレット (ただの映画好き日記)
引きこもりになったピアニストの長男モーリー、ロボットオタクの次男レイ、大学生の末っ子リサ。そして、生前母親が日本から呼んだ祖母=“ばーちゃん"。
観ました、「トイレット」 (オヨヨ千感ヤマト)
仕事をクビになってからというもの、原稿書きの仕事がないときは、育児と家事だけの生