京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『ベイマックス(吹替版)』

2014-12-26 00:12:26 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「ベイマックス
□監督 ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ
□脚本 ロバート・L・ベアード、ダニエル・ガーソン、ジョーダン・ロバーツ
□キャスト(声の出演) 川島得愛、小泉孝太郎、菅野美穂、本城雄太郎、金田明夫

■鑑賞日 12月23日(火)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  “ひとりじゃないから~ 僕が君を守るから~
  まさにAIちゃんの「Story」の歌詞どおり、残されたヒロを守り抜く。
  (でも吹替版なのだから、日本語詞のままで良かったのでは

 最先端の技術が集う都市サンフランソウキョウに暮らす14歳の少年ヒロは、
 謎の事故で唯一の肉親だった兄のタダシを亡くしてしまう。 そんなヒロの前に、
 タダシが人々の心と体の健康を守るために開発したケアロボットのベイマックスが
 現れる。 献身的なベイマックスにより、心を閉ざしていたヒロは少しずつ元気を
 取り戻していき、やがて兄の死の裏に潜む巨悪の存在に気付く。
 ヒロは兄のためにも戦う決意をする。

 ディズニーならではのこのベイマックスのキャラがユニークだ
 あの前売券だけで100万枚を売ったという怪物『妖怪ウォッチ』を選択せずに
 こちらを選んだ小さな子供たちもいたが(笑)、その子供たちにも十分理解に
 できるぐらいの内容になっていた。
 ベイマックス自体のフワフワしたその体型が、憎めないキャラに仕上がっていて、
 途中から何だかちょっと『Mr.インクレディブル』的要素も感じさえながら、
 楽しく、
飽きることもなく最後まで観られる作品だった

 ベイマックスとヒロの友情、、ヒロと友人たちとの友情、何度か出てくる母親代わりの
 キャスおばさんとの絡み、それらがしっかりと練られ作り上げられていた。
 特に、映像では日本の街並みが随所に見られ、これもクロスオーバーして楽しめた。
 お涙頂戴とまではいかなかったものの、やはりハートウォミングな作品だった。
 最後に、父との愛情確認をしたフレッドも、とてもリッチな家庭環境にある人間には
 見えなかったけど、この終わり方、もしかしたら続編もありなのかな(笑)

  ベアマックスのようなケアロポット、実家にも一台欲しいものだ。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (53)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「パンメロン」/ゴントラン ... | トップ | 「岩合光昭写真展 どうぶつ家... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Ageha)
2014-12-26 14:23:35
てっきりベイマックスとヒロのコントがメインだと思ってたんで(違)
途中からすっかりMr.インクレディブルになってしまったのがびっくりでした。
協力してもらうにしても、そこまでアクションアクションするとは。

・・・ケアロボットにこれは必要ないと思いますって
アーマーがはまらずにプニプニ体型で吹っ飛ばすシーンを予告でやってたんでてっきり生身で(え)がんばれるだけやって
ラストのラストでアーマーかとおもってたんですけどね~。

ラストにでてきたフレッドとお父さんの会話。
・・・やっぱ続編つくるんかな?
・・・ってかそもそもこのお父さんに話題が集中してるみたいやけどようわかってなかった・・・(わわわわわ)
プニプニ体型~ (cyaz)
2014-12-26 17:25:57
Agehaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>途中からすっかりMr.インクレディブルになってしまったのがびっくりでした。
そこは同様に感じましたね^^

>アーマーがはまらずにプニプニ体型で吹っ飛ばすシーンを予告でやってたんで
ま、あそこはサービスカットでんあぁ(笑)

ラストにでてきたフレッドとお父さんの会話。
・・・やっぱ続編つくるんかな?
きっと作るでしょ(笑)

>このお父さんに話題が集中してるみたいやけどようわかってなかった・・・(わわわわわ)
???
触りたい~ (NAO)
2014-12-30 01:39:02
確かに、私もMr.インクレディブルっぽいなぁ~と
思って観ていました(笑)

>お涙頂戴とまではいかなかったものの、

うんうん、私も同じです。
大泣きはしなかったけど、胸がジーンとくる作品でした。
むしろ、本編前に流れた「犬とごちろう」(そんなタイトルでしたっけ?^^;)
の方が、ホロリと来てしまいました。
プニュプニュ~ (cyaz)
2014-12-30 19:46:43
NAOサン、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>確かに、私もMr.インクレディブルっぽいなぁ~と
思って観ていました(笑)
ですよね(笑)?

>大泣きはしなかったけど、胸がジーンとくる作品でした。
ハートウォミングでした!

>むしろ、本編前に流れた「犬とごちろう」(そんなタイトルでしたっけ?^^;)の方が、ホロリと来てしまいました。
あれ、なんだか一生懸命なスタッフの心情が心打つ瞬間でもありました^^
続編必至 (atts1964)
2015-01-13 08:35:01
ラストのボーナス映像から続編は必死でしょう(^^)
次作はおそらくコテコテのヒーロー色が強いものなんでしょうね。
私はアニメは基本吹き替えで見ます。
TBお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

53 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ベイマックス/スコット・アツィット (カノンな日々)
サンフランシスコと東京を融合した架空の近未来都市を舞台に最愛の兄を失った孤独な主人公の少年と兄が遺したケアロボットが巨悪に立ち向かって行く姿を描いたディズニーが贈るア ...
ベイマックス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(招待券) 起伏に満ちたストーリーはアニメの域を超えた?
映画「ベイマックス(2D・日本語吹替版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ベイマックス(2D・日本語吹替版)』 (公式)を昨日に劇場鑑賞。採点は ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら80点にします。 ざっくりストーリー 3歳で両親を亡くした14歳の天才発明少年ヒロは、唯一の理解者で最愛の存...
ベイマックス(吹替)~色々な意味で残念感漂う (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Big Hero 6。スティーブン・T・シーグル、ダンカン・ルーロー原作のマーベルコミックのアメコミより。ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ監督。(声)本城雄太郎 ...
ベイマックス (Akira's VOICE)
こんにちは。僕はヒロ。ヒーローです。  
『ベイマックス』 (こねたみっくす)
私はベイマックス。あなたの心とカラダを守ります。 兄タダシから受け継いだ弟ヒロに注がれるベイマックスの愛に涙が止まりませんでした。 短足でおデブで表情がなくて決まったこ ...
ベイマックス (風に吹かれて)
ロボットを兵器にしないでね 公式サイト http://www.disney.co.jp/movie/baymax サンフランソウキョウに住む14歳の天才少年ヒロは、幼い頃に両親を亡くし、母親が代わりの
プニプニは心を癒すのね~。(*^_^*)~「ベイマックス・2D字幕版」~ (ペパーミントの魔術師)
むっちゃ突然ですが、ちょい前にものすごい雪がよそで降ったときに(わたしんとこはチラチラ程度でした) Twitterにあがってきた雪だるまの本気に感動してました。 ・・・1時間半もかけてつくったベイマックスのリアリティと根性。(いっしょに写ってるオラフも ちゃ...
劇場鑑賞「ベイマックス」 (日々“是”精進! ver.F)
あなたを、必ず守ります… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201412200000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【CDポイント3倍対象商品】ベイマックス オリジナルサウ...価格:2,700円(税込、送料込) 【ベイマ...
ベイマックス ★★★ (パピとママ映画のblog)
マーベルコミックスのヒット作「BIG HERO 6」を基に、ディズニーが放つアドベンチャー。架空の都市サンフランソウキョウを舞台に、並外れた頭脳を持つ少年ヒロが、生前に兄が開発したロボットのベイマックスと一緒に死の真相を暴こうとする。メガホンを取るのは、『くまの...
映画『ベイマックス』★大丈夫!ラストまでボムッとケアしてくれる♪ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について   http://cinema.pia.co.jp/title/163908/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     兄タダシが作ったのは、ケアロボットのベイマックス☆     コンセプト通り、“...
ベイマックス (Break Time)
今日は、この時期らしい天候で・・・
ベイマックス (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【BIG HERO 6】 2014/12/20公開 アメリカ 108分監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ声の出演(日本語吹替版):川島得愛、本城雄太郎、菅野美穂、小泉孝太郎 “優しさ”で世界を救えるか? 「あなたの心とカラダを守ります。」彼の名はベイマッ...
ベイマックス (そーれりぽーと)
『アナ雪』で勢いづくディズニー・アニメの最新作、『ベイマックス』を観てきました。 ★★★★ 『アナ雪』の後なのを意識したのか、姉妹の話だったのが兄弟の話に。女子が喜びそうだった話から男子が喜びそうな内容になっています。 舞台は空想上の街サンフランソウキ...
ベイマックス (ハリウッド映画 LOVE)
夏に観たら・・・暑苦しそう~
ベイマックス(日本語吹替版)  監督/ドン・ホール&クリス・ウィリアムズ  (西京極 紫の館)
【声の出演】  本城雄太郎(ヒロ)  川島得愛 (ベイマックス)   菅野美穂 (キャス)  小泉孝太郎(タダシ) 【ストーリー】 西洋と東洋の文化がマッチし、最先端技術分野の先駆者たちが数多く住んでいるサンフランソウキョウ。そこに暮らしている14歳の天才児....
ベイマックス・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
愛で、すべてを救う。 むちゃくちゃ面白い! 東京とサンフランシスコを合体させた架空の街、サンフランソウキョウを舞台に、オタク少年のヒロと亡き兄の残したロボット、ベイマックスと仲間たちが冒険を繰り広げるSFファンタジー。 監督は共にストーリー畑出身で、20...
ベイマックス (映画好きパパの鑑賞日記)
 ハートフルな予告とはまったく違う、アメコミ風戦隊ものでした。日本をリスペクトしているのも悪くないんだけど、主要キャラクターの行動倫理にいまいち共感できなかったのと、日本語版はチョイ役の菅野美穂がトップクレジットにあったのがダメでしたね。  作品情報 ...
『ベイマックス』 (2014) (相木悟の映画評)
日本情緒ただよう痛快アメコミ・ヒーロー・アニメ! 純然たるディズニーのフルCGアニメながら、アメコミヒーローものであり、日本アニメのエッセンスも色濃く香る不思議なエンタメ作品であった。 『アナと雪の女王』(13)の歴史的ヒットも記憶に新しく、今なおその....
「ベイマックス」 2D日本語吹き替え版 (NAOのピアノレッスン日記)
~“優しさ”で世界を救えるか?~ 2014年  アメリカ映画   (2014.12.20公開)配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン   上映時間:1時間48分監督:ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ脚本:ロバート・L・ベアード/ダニエル....
「ベイマックス」:戦隊アクションだったとは! (大江戸時夫の東京温度)
映画『ベイマックス』は、なんとマーヴル・コミックが原作だったんですってね。しかし
『ベイマックス』 期待される日本 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  年末に配られた冊子に、面白い一覧が載っていた。  読売新聞の購読者に配られる読売家庭版2015年1月号のディズニー映画特集だ。「時代を超えて愛され続けるディズニー長編アニメーション」と題して、長編映画第1作目の『白雪姫』から最新の54作...
『ベイマックス』(吹替版) (仲間が増えるといいなぁ・・・)
孤独な少年と心優しいロボットの絆や冒険を描いたディズニーの 長編アニメーション。 最先端の技術が集う都市サンフランソウキョウに暮らす14歳の 天才少年ヒロは、自ら開発したロボットを使い、アンダーグラ ウンドのロボット格闘技に夢中になっていた。 ヒロの良き理解....
『ベイマックス』 (beatitude)
技術分野最先端の頭脳が集まる都市サンフランソーキョーに住む14歳の少年ヒロは、たった一人の身内である兄タダシを謎の事故で失う。心を閉ざし悲しみに暮れるヒロの前に、突如ベイマックスというロボットが現れる。空気で大きくふくらみゆったりと動くベイマックスは、タ...
『ベイマックス』(2014) (【徒然なるままに・・・】)
ディズニー傘下となって以降のマーベル・スタジオ製作作品はウォルト・ディズニー・プレゼンツだが、これはマーベル・コミック作品をディズニーがアニメ化したという、いわば初のマーベルとディズニーのコラボ作品。といってもラストの超大物(爆)がカメオ出演する以外マー...
「ベイマックス」 (或る日の出来事)
日本風味の風景がよかったかな。
『ベイマックス』 (キュートなバアサンになるために)
    公式サイト  両親を亡くし、兄とふたりで叔母の家で暮らす14歳のヒロは天才少年。 その才能を持て余し違法なロボットファイトにのめり込んでしまう。 彼を心配した兄タダシは自分の大学にヒロを連れていき 大学の仲間やヒロが尊敬するロボット工学のキャラ....
ベイマックス (だらだら無気力ブログ!)
まさかの戦隊物だったとは。
「ベイマックス」思ってたのと違った (ポコアポコヤ 映画倉庫)
予備知識持たずに劇場鑑賞したら・・・3つ★半
映画「ベイマックス」 (しづのをだまき)
2014 米国 108分
『 ベイマックス 』もう大丈夫だよ (映画@見取り八段)
ベイマックス~ BIG HERO 6 ~     監督: ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ    キャスト: ライアン・ポッター、スコット・アツィット、ダニエル・ヘニー、T.J.ミラー、ジェイミー・チャン、デイモン・ウェイアンズ・Jr.、ジェネシス・ロドリゲス、マーヤ...
<ベイマックス> (夢色)
観てきました~ ←違。始まる前に「愛犬とごちそう」っていうショートムービーが流れて、途中までそんなに食べたら太ってしまうよ!ダメだよ!って、なんかバッドエンドになるのかと思ってヒヤヒヤしたでも途中で「くぅ~ん」ってなってるワンちゃんが、飼い主の...
ベイマックス (atts1964の映像雑記)
2014年作品、ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ監督、声の出演: 本城雄太郎、 川島得愛。   ロボット同士が戦う、ロボットファイト、これは違法である。 今勝った男に挑戦を挑んだ少年がいた。 何とも弱そうなロボットだが、掛け金を払えばファイトは可能...
ベイマックス (映画的・絵画的・音楽的)
 『ベイマックス』(2D日本語吹替版)をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)ディズニーのアニメながら、評判がいいので映画館に行ってきました。  平日の昼間でしたが冬休み中ということで、映画館は子供たちで満席状態でした。  本作(注1)の初めでは、都市の上空か....
映画「ベイマックス」(●?●)を観ました☆ (windy's note)
映画「ベイマックス」(原題:Big Hero 6)を、子どもと一緒に観てきました。誰もが経験する可能性のある、悲しく辛い出来事への対処方法が、ケアロボット「ベイマックス」と映画全体を通して描かれている
ベイマックス (近未来二番館)
1月14日横浜ブルク13にて鑑賞。 これ、いっぱい笑った! そしていっぱい泣いたんだ。 ベイマックスは本当に可愛いよ。 そして癒される。 ポヨヨン ポヨヨンと言うあのお腹にも、なんか共鳴するものが……って、そこは(涙)。 時間の都合で、2...
ベイマックス (映画と本の『たんぽぽ館』)
このお正月は、“餅マックス”が流行りだったそうで * * * * * * * * * * 「アナと雪の女王」に次ぐディズニーアニメ。 私は純然たるファンタジーよりも、むしろ現代感覚あふれる本作の方が好みなので、 こちらはちゃんと劇場で見ました。 でも、...
「ベイマックス」 Big Hero 6 (2014 ディズニー) (事務職員へのこの1冊)
原題はBig Hero 6。すんげーヒーロー6人組、ぐらいの意味だろうか。マーベルの地味なコミックが原作らしい。このタイトルには、実は主人公の名前がうっすらしこんである。その少年の名はヒロ(Hiro)。住んでいるのはサンフランソウキョウという、サンフランシスコと東....
ベイマックス [Big Hero 6] (2014USA) (エンタメ ウェブロッジ SunHero)
1年で2作も大ヒット映画(アニメ)を生み出すディズニーって、一体どうしちゃったの?「アナ雪」に続いて、公開前から大ヒットが確実視されていただけに、ヒネクレ者のSunHeroはトレーラー(予告編)を見ても、騙されたと馬鹿を見るだけだろうと高を括っていた。むしろ、...
「ベイマックス」 ぷにぷに、ふわふわ (はらやんの映画徒然草)
ロボットが人を守るっていうと、その力(パワー)でっていうイメージがありますね。
「ベイマックス」 (ゆっくり歩こ。)
ベイマックスほしい~! ギュ~っとしてポンポンしてほしいです ベイマックスのキャラクターがよかったですね 本人、いたって真面目なんですがボケになってるところが ウケた箇所多数 サイエンスな感じがするところがたくさんあって興味津々になりました おそ....
泣いてもいいんだよ。~『ベイマックス』 【2D・吹替え版】 (真紅のthinkingdays)
 BIG HERO 6  近未来の架空都市、サンフランソウキョウ(奏京)。14歳のヒロは3歳で両親 を亡くし、大学生の兄タダシと共に叔母の元で暮らしていた。13歳で高校を卒 業した天才少年であるにも関わらず、ロボットファイトで賞金稼ぎに耽るヒロ。 ...
ベイマックスの愛くるしさよ (笑う社会人の生活)
25日のことですが、映画「ベイマックス」を鑑賞しました。 14歳の天才児ヒロは兄のタダシを亡くし深い悲しみに沈む そんな時 タダシが開発した風船のように膨らみのあるロボット、ベイマックスが現れる 苦しんでいる人々を回復させるケアロボット・ベイマックスの優しさ...
ベイマックス 日本の配給元の宣伝戦略に疑義ありながら、でも、いい映画やった! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~)
【55 うち試写会5】本日は自分の派遣元の仕事納めなので、単組と会社に年末のご挨拶、その後、ごく限られたメンバーで、1年の愚痴の総ざらいをしてもらうための忘年会。 一軒の居酒屋さんに6時間ちょっと居座っての大デトックス~、基本的に聞き役に徹しました~(爆) ...
ベイマックス 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
アメリカのコミック会社マーベルから刊行されている コミックを原作としたディズニーのアニメ作品 『ベイマックス』が公開、『アナと雪の女王』に 続くディズニーアニメのヒット作となり、ロングラン を果たしていました。 しかし3月にもなるとさすがに終わりに近づき字...
ベイマックス (銀幕大帝α)
BIG HERO 6 2014年 アメリカ 102分 アドベンチャー/コメディ/ファミリー 劇場公開(2014/12/20) 監督: ドン・ホール クリス・ウィリアムズ 製作総指揮: ジョン・ラセター 声の出演: スコット・アツィット:ベイマックス ライアン・ポッター:ヒロ T・J...
ベイマックス (いやいやえん)
【概略】 幼い頃に両親を亡くし、謎の大爆発で兄を失ってしまった少年・ヒロの前に突然、ロボットの“ベイマックス”が現れる。 アニメ かけがえのない大切な人を失った時、ぽっかりと胸にあいた穴はどう治せばよいのだろうか…最愛の兄タダシを失い心に深い傷を...
ベイマックス (のほほん便り)
シンプルに、とても面白かったです。楽しめました。笑いあり、涙あり、友情あり、なのが素敵。なるほど、第87回アカデミー賞で長編アニメーション賞を受賞も納得です。随所にユーモア満載の活劇で、ベイマックスの愛らしさもグッド。舞台となった、サンフランソウキョウの...
ベイマックス  BIG HERO 6 (映画の話でコーヒーブレイク)
昨年末、私の誕生日公開!と知り、随分前からまだかまだかと楽しみにしていたのに…、 なんだかんだとタイミングが合わずとうとう上映終了~ DVD発売は思ったより早かったですね。そして…やっと鑑賞 映画館で観なくてよかったです。 2か所で滂沱の涙 DVDを止め、ティッシ...
ベイマックス (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ 出演:スコット・アツィット、ライアン・ポッター、T・J・ミラー、ジェイミー・チャン、デイモン・ウェイアンズ・Jr、ジェネシス・ロドリゲス、ダニエル・ヘニー、マーヤ・ルドルフ、ジェームズ・クロムウェル、アラン・テュデ...
ベイマックス / 愛犬とごちそう (チケット持って、おさんぽ行こう)
1月14日吹替、 1月18日字幕鑑賞。
ベイマックス (Big Hero 6) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ドン・ホール/クリス・ウィリアムズ 主演 スコット・アツィット(声) 2014年 アメリカ映画 102分 アニメ 採点★★★ ブログタイトルの脇に「“泣ける”イコール“いい映画”なの?」なんてのを掲げちゃってるせいか、泣ける映画を全否定してると思われがち...
映画評「ベイマックス」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年アメリカ映画 監督ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ ネタバレあり