京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『一枚のめぐり逢い』

2012-06-23 00:06:23 | 洋画

 

 


□作品オフィシャルサイト 「一枚のめぐり逢い
□監督 スコット・ヒックス
□脚本 ウィル・フェッターズ

□原作 ニコラス・スパークス
□キャスト ザック・エフロン、テイラー・シリング、ブライス・ダナー、ライリー・トーマス・スチュワート、ジェイ・R・ファーガソン

■鑑賞日 6月16日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5)

<感想>

  ニコラス・スパークスの描く映像化された作品はどれも一様に見える。
  それは決して悪い意味ではなくて。 『きみに読む物語』、『メッセージ・イン・ア・ボトル』、
  『ウォーク・トゥ・リメンバー』、 『最後の初恋』等を観たときもそう感じだ。

 もしかしたら敵の攻撃で命を落としていたかもしれない。
 それは、色をなくし廃墟化した戦地に輝いた一枚の女性の写真を拾ったことで
 命拾いをし、イラクから帰還した後、その写真に写る彼女を探す旅に出る。

 アメリカ海軍軍曹のローガン(ザック・エフロン)は、イラクから帰還後、ベス(テイラー・シリング)を
 探す旅に出る。 探し続けているうちに、彼女の所在を知るに至り、ローガンは彼女の家まで
 会いに行き、そこでバイトを始める。
 ベスは彼女の母親と一人息子と共に生活をしている。 元ダンナは町の有力者の倅で、
 警察官。 未だに元ダンナはベスに未練を残している。

 働き出したローガンはベスの回りを近く離れず、元ダンナはそれを良しとしない。
 ベスの息子は次第にローガンを受け入れるようになる。
 そんなローガンとベスの距離が少しずつ縮まって来る様子を、
 観る側は歯痒さを感じつつ、いつしか二人の愛の行方を応援するようになる。

 この映画でのザック・エフロンは、今までと違った渋い演技を観ることが出来るし、
 テイラー・シリングも揺れ動く女心を上手く演じていた。
 でも二人の出逢いは、互いの心を強くしていったし、その絆を深めていた。

 でも、キーになったのはベスの祖母役のブライス・ダナーだ。
 最初の登場シーンで、一瞬スーザン・サランドンかと思ったが、それは違った(笑)
 あまり彼女の作品を観た記憶がないのだが、過去『ミート・ザ・ペアレンツ』で
 デ・ニーロの奥さん役だったんだ。 さらに彼女、実生活ではグウィネス・パルトローの
 お母さんだったんだ(笑)

 静かに流れる時間の中で、二人の距離が近づいたり離れたり。
 そん様に一喜一憂しているそんな時間がありました。
 もう少し、音楽に拘って欲しかったような気もしましたが・・・。
 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 光則寺/鎌倉(2012初夏) | トップ | 「BEAT TAKESHI KITANO 絵描... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBを・・・ (Julien(徒然草))
2012-06-27 05:53:13
ありがとうございました。
そうだったのですか。ブライス・ダナーの話は・・・。彼女の出演作品をみていませんでしたので・・・。
この作品は、ちょっと出来過ぎた話だと思いますがが、ラブストリーとしては、まあよくまとまっている方ではないでしょうか。
テイラー・シリングが、思ったよりいい感じでした。
ブライス・ダナー~ (cyaz)
2012-06-27 08:20:52
Julien(徒然草)さん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>そうだったのですか。ブライス・ダナーの話は・・・。彼女の出演作品をみていませんでしたので・・・。
僕もなんですよ(汗)
でも、彼女いい味出していましたね!

>ラブストリーとしては、まあよくまとまっている方ではないでしょうか。
そうでしたね^^

>テイラー・シリングが、思ったよりいい感じでした。
飛び抜けて綺麗ではないですが、
でもいい女優さんですね^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『一枚のめぐり逢い』 2012年5月3日 日テレホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『一枚のめぐり逢い』 を試写会で鑑賞しました。 この映画は良かった 女優のテイラー・シリングって人が奇麗です 【ストーリー】  アメリカ海軍軍曹のローガン(ザック・エフロン)は、イラクで3度目となる職務を無事に終了し、ついに祖国の土を踏む。そのとき彼が手...
一枚のめぐり逢い (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(13) 本作のMVPは、物語りに緊張感を与えていた女性の
一枚のめぐり逢い (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Lucky One。ニコラス・スパークス原作、スコット・ヒックス監督、ザック・エフロン、テイラー・シリング、ブライス・ダナー、ライリー・トーマス・スチュワート ...
一枚のめぐり逢い (あーうぃ だにぇっと)
一枚のめぐり逢い@日テレホール
幸運な男/ザック・エフロンよ、何処へ行く? ~『一枚のめぐり逢い』 (真紅のthinkingdays)
 THE LUCKY ONE  イラク戦争に従軍していた海兵隊員のローガン(ザック・エフロン)は、戦地で 一枚の写真を拾ったことで爆撃を避けられ、生還する。写真には美しい一人の 女性が映って...
一枚のめぐり逢い/ザック・エフロン (カノンな日々)
『きみに読む物語』の原作者であるニコラス・スパークスのベストセラー小説『ザ・ラッキー・ワン』を『幸せのレシピ』のスコット・ヒックスが映画化した純愛ストーリーです。主演 ...
一枚のめぐり逢い/The Lucky One (LOVE Cinemas 調布)
『きみに読む物語』の原作小説を書いた人気作家ニコラス・スパークスの「ザ・ラッキー・ワン」を映画化。偶然拾った一枚の写真に命を救われ続けたイラクからの帰還兵が、その写真の主の女性を捜し出し恋に落ちる。主演は『きみがくれた未来』のザック・エフロン、共演にテ...
一枚のめぐり逢い (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
The Lucky Oneクチコミを見るニコラス・スパーク原作のラブ・ストーリー「一枚のめぐり逢い」。出逢いの不思議さと自分で選択する運命が絡み合う。米海兵隊三等軍曹ローガンは、イラク ...
一枚のめぐり逢い (とりあえず、コメントです)
『きみに読む物語』のニコラス・スパークス著の同名小説を映画化した作品です。 ザック・エフロンが暗そうな顔をしている予告編を観て、どんな話だろうと気になっていました(^^ゞ 写真に導かれるように出会った二人の運命に、最後まで目が離せないような物語でした。
一枚のめぐり逢い (心のままに映画の風景)
海兵隊のローガン・ティーボウ(ザック・エフロン)は、戦場で一枚の写真を拾ったことで、奇跡的にイラク派遣から生還する。 命の恩人と感じたローガンは、写真に写る女性を探すためルイジアナへと向かう...
一枚のめぐり逢い (ハリウッド映画 LOVE)
原題:The Lucky One監督:スコット・ヒックス出演:サック・エフロン、テイラーシリング、ブライス・ダナー、ライリー・トーマス・スチュワート、ジェイ・R・ファーガソン
『一枚のめぐり逢い』・・・戦場で見つけた写真に導かれて (SOARのパストラーレ♪)
イラク戦争に派遣された海兵隊の青年が戦場で一枚の写真を拾ったことで奇跡的に生還し、帰国後写真に写る女性を訪ねていくというベストセラーの映画化。ラブストーリーとして悪くはなかったが、正直期待したほどの作品ではなかった。
[映画『一枚のめぐり逢い』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆実は、『愛と誠』の三観目にチャレンジしようと思ったんだけど、時間が合わず、こちらを見ました^^   →   予告編で、大体の話の流れも、結末も分かっていた。  ・・・戦争中、おそらく戦死したらしい同軍兵士の落としたと思われる美しい女性の写真に、精神的...
「一枚のめぐり逢い」 (みんなシネマいいのに!)
 イラク戦争の戦場で、見知らぬ女性が写った一枚の写真のおかげで命を救われた兵士が
一枚のめぐり逢い (風に吹かれて)
ザックを堪能 [E:heart04]公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/theluckyone原作: 一枚のめぐり逢い (ニコラス・スパークス著/ソフトバンク文庫)監
一枚のめぐり逢い     評価★★★65点 (パピとママ映画のblog)
イラク戦争の最中、見知らぬ女性が写った一枚の写真のおかげで命を救われた軍曹が、任務終了後にその女性を探しに行き恋に落ちるが、ある事情により二人の間が引き裂かれるラブストーリー。「きみに読む物語」の原作者で知られるニコラス・スパークスのベストセラー『ザ・...
映画評「一枚のめぐり逢い」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督スコット・ヒックス ネタバレあり