京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『結婚しようよ』

2008-03-03 12:49:12 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「結婚しようよ
□監督 佐々部 清
□脚本 佐々部 清、寺崎かなめ、市倉久至
□キャスト 三宅裕司、真野響子、AYAKO、藤澤恵麻、金井勇太、岩城滉一、モト冬樹、入江若葉、松方弘樹、田山涼成 、中ノ森BAND(YUCCO、CHEETA、SHINAMON)、ガガガ SP 

■鑑賞日 2月24日(日)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)


<感想>

 佐々部監督が拓郎の大ファンであるそうだが、拙者とてお主に負けず劣らず好きであるぞ(笑)

 劇中、吉田拓郎の楽曲が流れ、その時代を背景にある家族を中心に、様々な人間模様が描かれていく。

 佐々部監督は好きな監督さんで、さて拓郎の楽曲をどうインサートしながら、ストーリーを進めていくのだろうと楽しみにしていたら、やっぱりやってくれましたねぇ~ しっかりしっとり泣かせて戴きました(笑)

 まあ、いまどき毎日家族そろって一家団欒。 夕食は必ず家族そろって食べることが規則なんて昭和以前の時代の決まりみたいだけど(笑)、決して頑固オヤジではなく、されどそうそううだつは上がらない、だけど一生懸命な親父卓役に三宅裕司。 このキャスティングはなかなか良かったのではのないだろうか。 “笑い”を心得え、しかも彼自身も昔はギターに凝っていた(僕の記憶ではベンチャーズや加山雄三とランチャーズなど)し、今は亡き伝説のイカ天の司会者でもあったし(笑)

 そしてその妻役に真野響子。 天真爛漫で物怖じしない彼女があればこそ、目立たないけどしっかりこの映画の隠れた軸ではなかっただろうか。

 あの特異な拓郎の歌を、劇中バンドで歌う娘役をAYAKO(中ノ森BAND)が演じている。 正直それまで彼女たちの歌を真剣に聴いたことはないが、しかしまず拓郎の楽曲を女性がカヴァーするなんてどうなのと思っていた注意していたが、これがなかなか結構イケてる。 拓郎ワールドを彼女たちなりに消化しているところが凄い そして彼女が上手く家族の潤滑剤でありクッション役にもなっていた。 特にAYAKOは歌だけでなく役者としてもそこらのヘタな新人より余程上手かった

 卓が帰り道、駅前の広場で拓郎のコピーをやってるバンドと一緒に歌うシーンも、われながら共感があったなぁ。 そのバンドはガガガSPだが、なかなかヴォーカルが拓郎の声質に似ていたので新鮮だった。  ちなみに恥ずかしながら、全編こっそり(他のお客さんに迷惑かからない程度に)僕も歌っていたのは間違いない(笑)

 娘(藤澤恵麻)の恋愛模様や、団塊世代の顧客(松方弘樹・入江若葉)の家族模様、青春時代を過ごしたバンド仲間(岩城滉一・モト冬樹)との再会。 因果なのだろうか、娘がその仲間の一人である岩城滉一の店で歌う。 隠された縁に導かれて、知った振りして生きて来た男が、決めた規則に家族が夕食を囲まなくなると頃、別の違った生き方を模索する。 家族のためにはやはり自分が楽しめなくては家族も楽しめないと言う簡単な方程式を、規則に拘らないところで解いていく。

 いくら喧嘩をしていても、何かが原因で離れ離れになったとしても、やはり家族は家族なんである。
 最後に用意された娘たちからのプレゼントは何よりも家族の愛情の一端ではなかっただろうか。 そして拓郎とかぐや姫のあの30年ぶりのつま恋コンサートは今でも時々観ている。

 捨てておいてと言われ、でも大切な想い出を捨ててしまうわけにはいかないと取っておいたギター。 押入れのしまいこんでいたギターを娘が使う。 な、なんとそれはギブソンのJ200 う~ん、僕も青春の想い出のつまったギブソン(ダブ)のギターが押入れで眠っている ここは一番、消えた青春の火を再び灯すキッカケにしなければいけないのかなぁ(笑)

 しかし、しかしだ 文句をつけるとしたら、せっかく全編拓郎の楽曲を使うならば(カヴァーの中ノ森BAND、ガガガSPは別にして)、「襟裳岬」も拓郎の歌で聴きたかったよ。 森進一のを使うことはないでしょう、佐々部監督(笑)


 余談ですが、拓郎の歌に「ペニーレインでバーボンを」というのがある。 実は若かりし頃、この歌に影響されてバーボンばかり飲んでいる時代があった。 つい最近読んだ重松清氏の「オヤジの細道」(講談社文庫)に面白いことが書いてあった。 原宿ペニーレイン復活で、重松清氏とあの荻原浩氏がド素人ながらペニーレインでライブをやったそうな。 もちろん関係者だけで。 これってお金払ってもちょっと見たい気しませんか(笑) 
 先日、原宿に行ったときちょっとペニーレインに寄ってみました。 昼間だったのでバーボンは飲みませんでしたが(笑)

 

    

 

 余談ついでに、大学生のときのゼミ合宿で修善寺に行ったとき、その勢いで東京に1週間ぐらい居た。 友人と原宿のパレフランスで当時まだ結婚前だったと思うのですが、拓郎と浅田美代子を見掛けた。 拓郎やはりデカかった(笑)

 さらに、重松氏のライヴの話を書いたが、そのとき意外なゲストが現れたそうな。 若い方にはわからないでしょうが、あの六文銭の及川恒平氏だったそうな。 最近六文銭も「まるで六文銭のように」というユニットでまた活動を始めているようで、実はそこにいた“おけい”こと四角(よすみ)佳子さんは拓郎の最初の夫人である。

 あ~、なんだかバーボン飲みたくなってきたなぁ~



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小梅ぐみ | トップ | 梅/池上梅園 »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
R45 (gajumaru)
2008-03-03 23:48:36
お久しぶりでございます。

「結婚しようよ」がアップされないので???と思ってたんですが,やはり^^
cyazさんが書かないわけないと思ってました。

佐々部監督の拓郎さんへの愛が感じられましたね。

<ちなみに恥ずかしながら、全編こっそり(他のお客さんに迷惑かからない程度に)僕も歌っていたのは間違いない(笑)

私もしっかり歌ってました^^;
なんと言っても拓郎さんの地元(広島)ですからね,私が鑑賞した日は金曜日の夕方にもかかわらず仕事帰りのおっさんが席を埋めていました。そのおっさんたちも後ろから見てるとリズムとってるようでしたので,間違いなく歌ってましたね。

映画の後,サントラないかと探してたら,「吉田拓郎トリビュート」があったので,思わず買ってしまいました。

地元の映画サークルの方のBlogで記事を書きましたので,そちらの方をTBさせてくださいね。


バーボン♪ (kira)
2008-03-04 00:20:21
こんばんは!
特にタクローファンでもなく、そのど真ん中世代ではないですが、
なんか良かったですよねー
キャストもみんな好感が持てました!
まぁ、私が娘だったら、いくら美味しくてもああ毎日湯豆腐だとイヤですが(笑)
最後の拓郎にはぐっときました。
拓郎の快復を願わずにはいられないですよね
TBありがとうございました (MIYAUCHI)
2008-03-04 06:21:22
こんにちは。
TBありがとうございました。
この作品は昨年の地元での映画祭で上映されました。
今の時代忘れられた物を描いており、またフォーク世代の私にとりましては、大変素晴らしい作品でした。
上映が終わった後、何と拍手が起こった程、観る物に感動を与えていました。
佐々部監督は地元出身の監督さんではありますが、「夕凪、、」から「ぐっ」と作品が良くなったな~と感じています。
あ~それが青春~ (cyaz)
2008-03-04 08:37:14
gajumaruさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>お久ですね~^^

>「結婚しようよ」がアップされないので???と思ってたんですが,やはり^^ cyazさんが書かないわけないと思ってました。
もちろん、わが青春時代ですからね(笑)

>佐々部監督の拓郎さんへの愛が感じられましたね。
同じジェネレーション、地域愛ですかね、監督は(笑)

>私もしっかり歌ってました^^;
やっぱね(笑)

>なんと言っても拓郎さんの地元(広島)ですからね,私が鑑賞した日は金曜日の夕方にもかかわらず仕事帰りのおっさんが席を埋めていました。そのおっさんたちも後ろから見てるとリズムとってるようでしたので,間違いなく歌ってましたね。
あのつま恋の会場のような客層でしたが、意外にみんな静かでした(笑)

>映画の後,サントラないかと探してたら,「吉田拓郎トリビュート」があったので,思わず買ってしまいました。
最近トリビュート盤が増えましたねぇ^^
でも本当に影響を受けてるのかお前らは と言う人たちもいたりして(笑)
快復祈願~ (cyaz)
2008-03-04 08:39:21
kiraさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>特にタクローファンでもなく、そのど真ん中世代ではないですが、なんか良かったですよねー
そですか^^ それは良かった!

>まぁ、私が娘だったら、いくら美味しくてもああ毎日湯豆腐だとイヤですが(笑)
ま、確かに(笑)

>拓郎の快復を願わずにはいられないですよね
そうですね^^
歌い続けてほしいものですね!
拍手~ (cyaz)
2008-03-04 08:41:30
MIYAUCHIさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>今の時代忘れられた物を描いており、またフォーク世代の私にとりましては、大変素晴らしい作品でした。上映が終わった後、何と拍手が起こった程、観る物に感動を与えていました。
もし僕がその場にいたらやはり拍手喝采だったと思いますよ^^

>佐々部監督は地元出身の監督さんではありますが、「夕凪、、」から「ぐっ」と作品が良くなったな~と感じています。
そうですか、僕は結構『チルソク~』のあたりもいいと思いますが。
俺の青春を返せ (ちょい悪おやじ)
2008-03-04 20:16:58
皆さん青春の思い出が押入れに残っていていいですね。私は鬼嫁に思い出のギターを粗大ゴミで捨てられてしまいました。でも結婚しようよをみてもう一度ギターを買おうと思いました。最後のシーンはこの映画の為に嬬恋コンサートが行われたのかと錯覚するほどのにくい演出でしたね。中ノ森バンドの拓郎のカバー曲は新鮮な感じでよかったですね。ぜひともサントラ盤の発売を期待しましょう。
トリビュート~ (cyaz)
2008-03-04 21:10:55
ちょい悪おやじさん、コメントありがとうございますm(__)m

>私は鬼嫁に思い出のギターを粗大ゴミで捨てられてしまいました。
あらら、それはショックですね~

>でも結婚しようよをみてもう一度ギターを買おうと思いました。
いいことです^^

>最後のシーンはこの映画の為に嬬恋コンサートが行われたのかと錯覚するほどのにくい演出でしたね。
あれにはやられました^^

>中ノ森バンドの拓郎のカバー曲は新鮮な感じでよかったですね。ぜひともサントラ盤の発売を期待しましょう。
そうですね^^
トリビュートアルバムが出てますよ!ぜひぜひ~
「結婚しようよ」 (shobun)
2008-03-05 21:49:06
初めまして、shobunといいます。

TBありがとうございました。
こちらもTBさせて頂きました、宜しくお願いします。

「結婚しようよ」良かったですねー♪
僕も口ずさんで見てました。

先日のニッポン放送で拓郎さん本人はまだ観ていないとのことだったんで、
早く本人にも見てもらいたいです。

拓郎関係ちょこちょこ書いてますので、良かったらまた遊びにいらして下さい。


ではでは。。。


おはつです~ (cyaz)
2008-03-05 23:19:22
shobunさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>「結婚しようよ」良かったですねー♪ 僕も口ずさんで見てました。
ですよね^^

>先日のニッポン放送で拓郎さん本人はまだ観ていないとのことだったんで、早く本人にも見てもらいたいです。
また元気になって僕らの前で歌ってほしいですね^^
あのつま恋のステージのように!
はじめまして (poko)
2008-03-05 23:39:46
TBありがとうございます。

この映画のおかげで、今ではすっかり拓郎さんの曲にはまっています。
また、拓郎さんの声ではないけれど、オフィシャルサイトの中で、三宅さんがギターを弾きながら、縁側に座って、恵麻ちゃんと一緒に歌っている「結婚しようよ」が大好きです。

*また遊びにこさせてくださいね。よろしくお願いします。
おはつです~ (cyaz)
2008-03-06 08:33:04
pokoさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>この映画のおかげで、今ではすっかり拓郎さんの曲にはまっています。
お~、それは良かった!劇中で使われていない拓郎の楽曲にもまだまだ素晴らしいものがありますから^^

>また、拓郎さんの声ではないけれど、オフィシャルサイトの中で、三宅さんがギターを弾きながら、縁側に座って、恵麻ちゃんと一緒に歌っている「結婚しようよ」が大好きです。
このテーマを表しているかのようなシーンでしたね^^ 娘たちからのプレゼントは最高でした!

>また遊びにこさせてくださいね。よろしくお願いします。
こちらこそ、よろしくお願い致します。
はじめまして♪ (noko)
2008-03-06 22:05:49
TBありがとうございます。
拓郎ファンの方とこうして出会えたこと、
とても嬉しいです!
『結婚しようよ』ほんとに良かったですね。
拓郎の曲だけ聴けたらいいなーなんて思っていましたが、
ストーリーにもすっかりはまってしまいました。
DVDが発売になったら絶対に買っちゃいます♪
ちなみに、私も若かりし頃、バーボンばかり飲んでました(笑)
おはつです~ (cyaz)
2008-03-06 23:01:41
nokoさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>拓郎ファンの方とこうして出会えたこと、とても嬉しいです!
こちらこそ^^

>拓郎の曲だけ聴けたらいいなーなんて思っていましたが、ストーリーにもすっかりはまってしまいました。DVDが発売になったら絶対に買っちゃいます♪
本人は最後のつま恋のフィルムだけでしたが、でも良かったですね!

>ちなみに、私も若かりし頃、バーボンばかり飲んでました(笑)
あらら、おんなじですね^^
僕はミナミで飲んでましたよ(笑)
TBありがとうございました・・ (みく)
2008-03-08 01:23:22
cyazさま、こんばんは!
二度目のTBいただきましたが、覚えていらっしゃらないでしょうね、沢山ですから。
私は覚えています、”花のじゅうたん”で。私の場合は三田でしたけれど。
TB欄に京の昼寝~♪の文字、とても懐かしく、なのにすぐにお邪魔出来ずにすみませんでした。

gooさんの鑑賞券ネット応募で当たったので、公開間もなく主人と難波パークスへ行ってきました。
私たち夫婦の年代にはなお更心に響くほんわかな感触で涙をもらったいい映画でした。
父親のギブソン、娘がバンドで・・それがかっての自分の仲間との再会、
素敵でしたね、もう三人の子供が所帯を持ち、家庭作りが出来上がろうとしています、
母がそう生きてきてくれたように”家族の和”をつとめて来た私です。
この映画の家庭、夫婦、親子、しみじみと考えさせられるものがありました。
キャスト・・良かったですね、みなさんぴったりなお役。
吉田拓郎の歌の数々、ほんとすごくちっちゃい声で口ずさんでしまいました。
ドラムの拍子までとったりして。 今はいいですね、座席もゆったりで楽しめて。

中ノ森BANDOのAYAKOとSINAMONが先月24日天王寺で屋外ライヴ、
聞きに行って「風になりたい」発売でCDにサインしてもらい握手してもらいました。
映画を見て歌を聞いていっぺんに好きになったおばちゃんです。
すごく歌うまいですね。 以来あちこちで耳にするようになりました。

長くなりましたが、以前寄せていただいたとき堂島ロールをえらく
絶賛しておられましたので、頭から離れられませんでした。
1月17日!ついに手にすることが出来ました。北堀江意外と近かった!んです。
通るたびに行列何なんだろうと・・4年前から!
美味しかったです。 ぱくぱくいけますね!
本当にありがとうございました。 んじゃ私もTBささていただきますね。
こちらこそ~ (cyaz)
2008-03-09 11:14:27
みくさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>TB欄に京の昼寝~♪の文字、とても懐かしく、なのにすぐにお邪魔出来ずにすみませんでした。
いえいえ、こちらこそ^^ TB貼り逃げですみませんm(__)m

>私たち夫婦の年代にはなお更心に響くほんわかな感触で涙をもらったいい映画でした。
拓郎の歌で盛り上がった層にはたまらないですよね^^

>母がそう生きてきてくれたように”家族の和”をつとめて来た私です。この映画の家庭、夫婦、親子、しみじみと考えさせられるものがありました。
デフォルメされていますが、しっかりと軸ははずさない映画でありストーリーでした!

>中ノ森BANDOのAYAKOとSINAMONが先月24日天王寺で屋外ライヴ、聞きに行って「風になりたい」発売でCDにサインしてもらい握手してもらいました。
お~それは良かったですね^^ 特にAYAKOは自然な演技と拓郎の世界をしっかり歌い上げてくれました^^

>長くなりましたが、以前寄せていただいたとき堂島ロールをえらく絶賛しておられましたので、頭から離れられませんでした。1月17日!ついに手にすることが出来ました。北堀江意外と近かった!んです。
通るたびに行列何なんだろうと・・4年前から!
美味しかったです。 ぱくぱくいけますね!
お~それは重ねて良かったですね^^
堂島ロール、我が家では定番になっていますが、あちこちまた浮気しながらスイーツも楽しんでいます(笑)
拓郎ってやっぱり良いわ~♪ (メル)
2008-09-01 10:25:28
ほんとに懐かしかったです~♪
中学時代の親友が大大大拓郎ファンだったので
彼女に付き合って、一緒に聞いたり、レコードを
貸してもらったりしたなぁ、と懐かしく思い出したりしました。
あのお店が”マークII"だったのも、感激でした♪
こんなに次々と拓郎の曲が流れるとは思ってなかったので、余計に感激しちゃいました♪

でも~(^^ゞあの長女さんの作り笑いっぽい笑いが
どうも鼻に付いちゃって、一回気になりだすと
どうもそこばかり目が行って(^^;;) さらに50代の
お父さんの台詞も、わぁ~と赤面しちゃうようなものがあったりして、気恥ずかしくて~(笑)
それとあのルールもきっとなにか特別な意味があるんだろうと思ってたけど(勿論それ自体にすごく意味のある事なんだけど、なにかもっとこう秘密みたいなことがあるのかな、と思ってたんです(^^;;) )結局なかったので、そのあたりも今ひとつと感じてしまった原因かも(^^ゞ

あ、そうそう、あのラストの襟裳岬は、私も
森進一のじゃなくて、拓郎のが聞きたかったです~!
がくぅ~、としちゃった(笑)
ですよね~ (cyaz)
2008-09-01 12:49:57
メルさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>中学時代の親友が大大大拓郎ファンだったので彼女に付き合って、一緒に聞いたり、レコードを貸してもらったりしたなぁ、と懐かしく思い出したりしました。
ほほう、では僕と多分同世代なんでしょうね、メルさんは(笑)?

>こんなに次々と拓郎の曲が流れるとは思ってなかったので、余計に感激しちゃいました♪
そこだけでも儲けものでした^^

>でも~(^^ゞあの長女さんの作り笑いっぽい笑いが
どうも鼻に付いちゃって、一回気になりだすと
どうもそこばかり目が行って(^^;;)
そうでしたか、僕はあまり気にならなかったですね(笑)

>さらに50代のお父さんの台詞も、わぁ~と赤面しちゃうようなものがあったりして、気恥ずかしくて~(笑)
確かに(笑)

>それとあのルールもきっとなにか特別な意味があるんだろうと思ってたけど(勿論それ自体にすごく意味のある事なんだけど、なにかもっとこう秘密みたいなことがあるのかな、と思ってたんです(^^;;) )結局なかったので、そのあたりも今ひとつと感じてしまった原因かも(^^ゞ
あまり意味もなく威厳を持ち続けたいあの頃のオヤジを象徴したかったのでは(笑)?

>あ、そうそう、あのラストの襟裳岬は、私も森進一のじゃなくて、拓郎のが聞きたかったです~!がくぅ~、としちゃった(笑)
ですよねですよね~
あれは監督のミスですよ、絶対!!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
結婚しようよ (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
佐々部清監督、三宅裕司、真野響子主演。吉田拓郎20曲を散りばめたタイムループ映画。このライブハウスの店主岩城滉一がループのつなぎ役。最後はここに行き着く。
結婚しようよ (♪あなたに逢いたくて)
先日観た映画 映画の券があり、KIDSを観ようと行ったけれど ちょっと早く着き これを選んだわけだけど、なんかほんといまだ余韻おさまらず 最近の{/down/}{/down/}{/down/}気分もちょっと{/up/} この映画も、つきあってくれたお友達もどうもありがとう{/dogeza/} ほぼお...
結婚しようよ/三宅裕司、真野響子 (カノンな日々)
映画のプロモーションでは、三宅裕司さん、岩城滉一さん、モト冬樹さんの3人が目立って活動していたこともあって、私はてっきりフォーク全盛の70年代に青春時代を送ったオヤジたちの再びの青春模様を描く物語かとばかり思っていたんだけど、ちょっと違ってました。ちょっ...
「結婚しようよ」結婚する娘からプレゼントされた最高のウエディングソング (オールマイティにコメンテート)
「結婚しようよ」は吉田拓郎の楽曲が全編を彩る、団塊世代感涙のホームドラマである日路上ライブで吉田拓郎の曲を歌っていた中年男性とそば職人の若者が意気投合して自宅に招く事で長女と交際する事になり、家族の形を変えながら家族愛が深まっていくストーリーである。今...
結婚しようよ (呉映画サークル)
冒頭,ガガガSPの「落陽」で三宅裕司と同様,口ずさむ(もちろん心の中で)自分がいました。 佐々部清監督最新作は,吉田拓郎への愛がた...
結婚しようよ 79点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
うちの父ちゃんはサラリーマン 満員電車が我が人生 公式サイト 言わずと知れた吉田拓郎の名曲『結婚しようよ』を筆頭に全編を拓郎ソングで溢れさせ、現代日本を舞台としながら昭和ノスタルジーに満ちた作品とした、佐々部清監督作品。 "結婚"を主軸とし、主人公(...
結婚しようよ (to Heart)
       オレの夢は        消えていない。        それは、家族のなかに        生きている 製作年度 2007年 上映時間 120分 監督 佐々部清 脚本 寺崎かなめ,市倉久至,佐々部清 出演 三宅裕司/真野響子/藤澤恵麻/AYAKO(中ノ森BAND)/金井...
結婚しようよ (to Heart)
       オレの夢は        消えていない。        それは、家族のなかに        生きている 製作年度 2007年 上映時間 120分 監督 佐々部清 脚本 寺崎かなめ,市倉久至,佐々部清 出演 三宅裕司/真野響子/藤澤恵麻/AYAKO(中ノ森BAND)/金井...
「結婚しようよ」 全編に溢れる家族愛、そして拓郎 (明日へのヒント by シキシマ博士)
大の吉田拓郎ファンだという佐々部清監督が、熱い思いを込めて完成させたのが、この映画「結婚しようよ」です。 でも、拓郎ファンにしか受け入れられない映画では決してありません。
結婚しようよ (八ちゃんの日常空間)
史上初のR-45指定…嘘です。R-45推奨(笑)まぁ、タイトルからしてズバリそのままでしょう。団塊の世代、いや拓郎世代の人のための映画のようなものですから…。とは言っても昭和のあの頃のノスタルジーでも青春の回想でもなく、現代の話です。つまりは年頃の娘を持つお父...
映画「結婚しようよ」を観ました!!(2007-25) (馬球1964)
映画「結婚しようよ」を観ました!!2007年の25作目です。この映画は拓郎ファンにはたまりません。全国では2/2公開となっています!!
★★ 『結婚しようよ』 (映画の感想文日記)
2007年。松竹。「結婚しようよ」フィルム・パートナーズ。    佐々部清監督。  吉田拓郎のヒット曲が全編に流れる人情喜劇だということは知っていたものの、吉田拓郎には何の興味も持っていなくて、中ノ森BANDという1970年代ロックっぽい音を...
結婚しようよ (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
吉田拓郎の歌のみで構成した監督自己満足度全開の1本。家族揃っての夕食が楽しみの父親が娘たちの自立によって揺れる姿を描く。抜群にいいのは中の森BANDのAYAKOちゃん。劇中の歌の魅力はもちろん、はつらつとした演技はこの物語がただの郷愁にひたるのを救い、現代へと...
『結婚しようよ』 (ラムの大通り)
----『結婚しようよ』って吉田拓郎の歌だよね。 このビジュアルとはイメージが合わないけど、 どんな映画になってたのかニャ? 「いやあ。なんというか珍作だったね。 ていうか、いろんなこと考えちゃった」 ----ん?どういうこと。 「少し長くなるけど、いいかな。 吉田...
『 結婚しようよ 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『 結婚しようよ 』 [試写会鑑賞] 日本【2008年2月2日公開】[ 上映劇場 ] 監督:佐々部清 脚本:寺崎かなめ 市倉久央 佐々部清 【キャスト】 三宅裕司 真野響子 藤澤恵麻 AYAKO(中ノ森BAND) 金井勇太 中ノ森BAND(YUCCO・CHEETA・SH...
結婚しようよ (たまりんの気ままなPC日記)
久しぶりに映画を見てきました。 ”結婚しようよ”・・・・・・ 私が拓郎好きは、ブログ友の皆さんは御存知でしょうか?? たぶん御存知でしたよね。 でも、あまりブログネタには出てこないんですよ。 そんな私が、これは見ておくべきかな??って思い行って来まし...
結婚しようよ (Art- Mill  あーとみる)
結婚しようよHP http://www.kekkon-movie.com/ 適役好演とはこのことかと思います。私たちがよく知っている役者さんが私たちのイメージ通りに演じてくれた映画です。あまりある安定感にた
『結婚しようよ』 (風のように)
「結婚しようよ」をやっと観た。 お父さん(三宅裕司)は、結婚以来ずっと家族揃って夕食を食べることを ルールにしていた。 けれど、娘二人は彼ができたり、バンド活動があったりして ルールが守れなくなった。 そういう時に長女に結婚話が起こる。 全体的にコメ...
『結婚しようよ』を観るべし! (少年トッパのブログ)
 現在公開中の『結婚しようよ』、オススメです。僕の感想を読む前に、とりあえず観るべし!  正直言って、佐々部清監督の映画なので不安な気持ちの方が大きかった。ほら、『カーテンコール』や『半落ち』、『夕凪の街 桜の国』をご覧になった方なら分かるよね? どれ...
「結婚しようよ」 (みんなシネマいいのに!)
 吉田拓郎のようなフォーク歌手を目指していた団塊世代のサラリーマンが主人公のホー
「結婚しようよ」 (日々是愉快♪)
全編吉田拓郎の曲が流れる映画「結婚しようよ」。 物語後半は涙流れっぱなしでした。 ひたすら拓郎の曲ですが、ちっとも嫌味になりません。 ストーリーと相まって自然と同化してる感じ。 佐々部清監督が大学生の頃から作りたかったという作品らしいです。 監督の吉田拓...
『結婚しようよ』 @東劇 (映画な日々。読書な日々。)
香取家の主人・卓は、不動産会社に勤める平凡なサラリーマン。専業主婦の妻・幸子、大学生の長女・詩織、バンド活動に情熱をそそぐ次女・歌織の一家4人で、卓の決めた「晩ご飯は必ず全員揃って食べる」というルールを守って暮らしてきた。だが詩織は想いを寄せる苦労人の...
結婚しようよ♪ (Dear...)
この前の水曜日に、映画『結婚しようよ』を観てきました。(公式HP http://
* 結婚しようよ・・ * (日々雑感 ~写真と思い~)
gooさんの映画鑑賞券応募で当たった『結婚しようよ』2日ロードショー、会社帰りの夫と待ち合わせ。信号待ちの角のお花屋さんの店先のサイネリアの花、パシャ。今日たった一枚の写真。 【サイネリア】 キク科  花言葉:常に快活・望みある悩み・いつも喜んで今にな...
真・映画日記『結婚しようよ』 (          )
JUGEMテーマ:映画 2月4日(月)◆705日目◆ 午後6時前に終業。 これなら池袋でも映画が間に合う。 神谷町から日比谷線~丸の内線と移動し池袋へ。 「シネマロサ」で『結婚しようよ』を見る。 吉田拓朗+家族劇。 現代を舞台にし、恋愛と家族とノスタ...
今日までそして明日から (CINECHANの映画感想)
42「結婚しようよ」(日本)  不動産会社に勤める香取卓は平凡なサラリーマン。専業主婦の妻、幸子、大学生の長女、詩織、同じく大学生でバンド活動に情熱を注ぐ次女、歌織の4人で、卓が決めた「夕食は必ず全員で食べる」というルールを守って暮らしてきた。その夕食...
みんな結婚ってどうしてるんだろ? (結婚って気になりませんか?)
【ジュエリー・宝石アクセサリー・誕生日・結婚記念日・クリスマスプレゼントに最適】...
結婚しようよ (asterisk 3.2)
公開終了が今週だったりするのですが 「結婚しようよ」を東劇で観てきました。 http://www.kekkon-movie.com/ (音が出ますよ) そこそこ観客が入っていたのにはびっくり。 東劇というと「いつもガラガラ」のイメージだからなあ。 いまどき家族で夕食を囲...
結婚しようよ (活動写真放浪家人生)
 <下関スカラ座 シアターゼロ2>  未明から雪が降りはじめ、わずか1時間半で積もった。夜が明けても
結婚しようよ (夫婦でシネマ)
吉田拓郎のヒットナンバーが全編に散りばめられた、『団塊の世代』の父親たちに送るホームドラマ。監督は、「夕凪の街・桜の国」の佐々部清監督です。
結婚しようよ (ネタバレ映画館)
イカ天司会者vs.クールスvs.ビジーフォー
結婚しようよ (現実逃避ING)
吉田拓郎のヒット曲に乗せて、家族の暖かさが伝わってくる。 出だしの、駅前で出会った青年が“我が青春のフォークソング”を知っていたというだけで気に入り、一家団欒の夕食を信じないというだけで家に連れて帰るのはやや行き過ぎな感じがした。しかし、そんな気前の良...
結婚情報先取り! (結婚式プロカメラマンのブログ)
便利な一括資料請求のご紹介!◆━━◇ ALL結婚情報比較で真面目な出会い! ◆━━◇大手結婚相談所┏┓┃┃┏┓┃┃┃┃┃┗┛┗┓社の比較、一括資料請求が可能!┗━┓┏┛無料サービスです! ┗┛プライバシーマーク取得サイトなので安心です。http://smaf.jp/135005...
結婚しようよ (男と女の結婚観)
いくつ思いつく?いくつ思いつく?少年少女向けのアニメまたはコミックをどのくらい思いつく。ただし、**個は無しね。タイトルをちゃんと書いてね。(続きを読む) 『結婚しようよ』□作品オフィシャルサイト 「結婚しようよ」□監督 佐々部 清 □脚本 佐々部 清、寺崎か...
「結婚しようよ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
不動産会社に勤める平凡なサラリーマン、香取卓(三宅裕司)の家庭は、専業主婦の妻・ 幸子(真野響子)、大学4年生の長女・詩織(藤澤恵麻)、バンド活動に夢中の次女・歌織 (AYAKO)の4人家族。かつては吉田拓郎に憧れ、自分もフォーク歌手を目指したこともある 卓だ...
結婚の歌 (Akira's VOICE)
「歓喜の歌」 「結婚しようよ」 
結婚しようよ (ひめの映画おぼえがき)
結婚しようよ [DVD] 監督:佐々部清 出演:三宅裕司、真野響子、藤澤恵麻、AYAKO、金井勇太、中ノ森BAND、ガガガSP、田山涼成、岩城滉一、モト冬...