京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『英国王のスピーチ』

2011-03-05 00:03:05 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「英国王のスピーチ
□監督 トム・フーパー
□脚本 デヴィッド・サイドラー
□キャスト コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、
       デレク・ジャコビ、ジェニファー・イーリー、マイケル・ガンボン

■鑑賞日 2月27日(日)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  決してアカデミー賞を獲ったから言うわけではないが・・・。


 既にご存知のようにこの作品、先日の第83回アカデミー賞で
 作品賞、監督賞、主演男優賞、脚本賞の4部門を受賞したことは言うまでもない
 もちろんこの作品、アカデミー賞が決まる前に鑑賞していたが、たまたまPCの異常終了で
 PC初期化というアクシデントにみまわれアップが遅れてしまった。

 事細かに説明するのはこの映画に関し、その必要ははないだろう。
 久しぶりにアカデミー会員が正当な評価を下した実によく出来た映画であると共に、
 この脚本に答えるべく、役者の力量が不可欠となる映画だった。
 ともすれば暗く重たい作品がお好みのアカデミー賞だけど、この作品は実に軸がしっかりしていて、
 素晴らしい脚本に答えるべく、二人の役者、
コリン・ファースとジェフリー・ラッシュの
 素晴らしい演技が光った、後世にぜひ残したい作品の1本だ

 実話だとは言え、永い間のロイヤル・ファミリーの知られざる実態の1ページを紐解いたこの感じ。
 最近はウィリアム王子とケイト・ミドルトンさんの結婚の話題が世間を賑わしているものの、
 やはり印象に強く残るのはプリンセス・ダイアナの悲惨で謎めいた死。
 一般人には計り知れない何かが潜んでいるのだろうが、この映画は吃音に悩む英国王ジョージ6世(コリン・ファース)が
 妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)が探し出したスピーチ矯正の専門家ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)や
 彼らの周囲の力を借りながら吃音を克服し、国民に愛される国王になるまでを克明にまた滑稽に描き出していく。

 もうこの映画(この脚本)はこの二人のために用意されたと思えるほど、二人の演技にまさに魅了されてしまった。
 特にコリン・ファースはジョージ6世の演技に対し、相当な努力と工夫のあとが見て取れた。
 ジョージ6世の真面目で誠実な人柄と、周りに支えながらも吃音を直すための努力や葛藤が丁寧にかつ、温かく描かれています。
 そしてこのあまり聞いたことのないスピーチ矯正という仕事。
 確かに僕が子供の頃は結構吃音の人がいて、その人は周りからからかわれていた記憶はありますが
 (但し、今のような陰湿なイジメはなかった)、それを矯正する職業があったかどうかは記憶にありません。
 そのスピーチ矯正の専門家とライオネルを演じるジェフリー・ラッシュ。 言うまでもなく名優です。
 ジョージ6世と対峙した彼のウィットに富んだ会話や、型破りなその治療法には観ていて声を出して笑ってしまうほど。
 そして何よりも大事なところは、ジョージ6世の心の病まで癒してしまうこと。
 最初から上手くいったわけではなく、治療を繰り返しながら、二人がぶつかり、
 何度も衝突や試行錯誤を繰り返しながら、そこには一国の国王と一般人の境界を超えた
 素晴らしい“友情”に発展していったのです。

 妻役のヘレナ・ボナム=カーターも地味で地道ながら好演
 ただアップになると、どうもあの“赤の女王”(『アリス・イン・ワンダーランド』)の顔を思い出して笑ってしまうが、
 思えばジェフリー・ラッシュも『パイ・カリ』シリーズのバルボッサ、共にジョニデ繋がりだなぁ(関係ないかっ)。

 それは、エンドロールの最後で、この二人がその後ずっと友人のままでいたと言うメッセージが出たとき、
 涙が出たのと同時に、なんとも言えない幸福感がおとずれた気分でした。


  願わくば、ジェフリー・ラッシュに助演男優賞をあげたかったなぁ~
  クリスチャン・ベールが『ファイター(3/26公開予定)』でどんな演技を見せたかは、
  もうすぐ公開されるのでわからないが、ベールはまだ37歳と若いので、
  ここは過去『シャイン』で主演男優賞を獲っているラッシュ(59歳)だが、ぜひ助演男優賞をあげてほしかったなぁ(笑)
  きっと、この映画をすでに観た方はきっと僕が言っていることに賛同していただけるのではないかな~
  

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (138)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 坂木 司著/3作品 | トップ | 『恋とニュースのつくり方』 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
淡々とした中に (KGR)
2011-03-05 16:22:32
細かい抑揚で感情の変化を際立たせてました。

あの王の椅子のシーンとかカット割りもよかったです。

惜しむらくは、年月のキャプションをもう少し大きく出してもらえたら、
勘違いしないで済んだのに。
こんばんは。 (ryoko)
2011-03-05 21:18:36
コリン・ファースが主演男優賞獲得し、ファンとしてはうれしい限りです。
吃音がストレスからくるものだとは知りませんでした。吃音を抱えながら突然転がり込んだ国王の座、増してや戦時に国民の気持ちを一つにするため期待のかかったスピーチ。とんでもないプレッシャーを乗り越えやり遂げた王の姿に、私も涙がこぼれました。
やっぱりプレッシャーが王の命を短めたのでしょうかね?
見事~ (cyaz)
2011-03-07 08:09:22
KGRさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>細かい抑揚で感情の変化を際立たせてました。
本当に見事でしたね!

>あの王の椅子のシーンとかカット割りもよかったです。
細かいところまで工夫がされていました^^

>惜しむらくは、年月のキャプションをもう少し大きく出してもらえたら、勘違いしないで済んだのに。
それは仰る通りかもしれません。
古くはモノトーンでもよかったかも。
当然の結果~ (cyaz)
2011-03-07 08:13:18
ryokoさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>コリン・ファースが主演男優賞獲得し、ファンとしてはうれしい限りです。
今回は対抗馬も弱かったですし、彼が獲るのが当然の結果でした^^

>吃音がストレスからくるものだとは知りませんでした。
今でなら考えられる事象かもしれませんね。

>吃音を抱えながら突然転がり込んだ国王の座、増してや戦時に国民の気持ちを一つにするため期待のかかったスピーチ。とんでもないプレッシャーを乗り越えやり遂げた王の姿に、私も涙がこぼれました。
多少美化されている面もありましたが、とにかく二人の役者のやり取りに感服しました!

>やっぱりプレッシャーが王の命を短めたのでしょうかね?
心労は本当に生命に異常を来たしますよね><
Unknown (ほし★ママ)
2011-03-08 08:20:56
私も、ラッシュさんに賞を取って欲しかったです。
夫なんか、どっちが主役でもいいと言ってたくらいでした。
現女王のお父さまのお話となると、プレッシャーもあったでしょうが
王室の方たちも、きっと納得と思える素晴らしい作品でした。
トラバを送らせて下さい。
サー~ (cyaz)
2011-03-08 08:33:38
ほし★ママさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>私も、ラッシュさんに賞を取って欲しかったです。
ですよね~♪

>夫なんか、どっちが主役でもいいと言ってたくらいでした。 現女王のお父さまのお話となると、プレッシャーもあったでしょうが王室の方たちも、きっと納得と思える素晴らしい作品でした。
コリン・ファースに“サー”の称号を与えるかどうかで
検討に入っているというニュースを聞きました。
TB有難うございました (シムウナ)
2011-03-09 20:46:37
不覚にも1時間近く、観賞中に爆睡
してしまいました(笑)
せっかく楽しみにしていたのに…
アカデミー賞を獲得する良質な
作品であることは感じました。
夫婦で見ることをお勧めしたいです。
最後まで~ (cyaz)
2011-03-10 08:10:59
シムウナさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>不覚にも1時間近く、観賞中に爆睡してしまいました(笑)
1日3本目の鑑賞作品としては、少し選択を間違ったかもしれませんね(笑)?
1本目がよかったかも^^

>アカデミー賞を獲得する良質な作品であることは感じました。 夫婦で見ることをお勧めしたいです。
そうですね^^
シムウナさんももう一度しっかり最後までどうぞ^^
こんにちは! (愛知女子)
2011-04-04 18:05:06
拙ブログにTBとコメント賜りましてありがとうございます。こちらこそご無沙汰してしまいましたのに、お声を掛けてくださり嬉しいです!<(_ _)>
cyazさんもお元気そうで何よりです。

ジョージ6世は幼少から吃音だけでなく左利きやX脚矯正など陰で色々克服の連続だったのですね。
幸せそうに見えて裏で大変苦労しているとは。
今回の映画でイギリス王室と日本の皇室の繋がりも色々知るきっかけになりました。

しかし、アカデミー賞4部門獲得とは…!!
こんな温かい王室映画は初めてです。
良かった~ (cyaz)
2011-04-05 08:44:54
愛知女子さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ジョージ6世は幼少から吃音だけでなく左利きやX脚矯正など陰で色々克服の連続だったのですね。
なかなか内情を知ることは一般人には難しいこともロイヤルファミリーにはあるようですが、
様々な憶測もあるなか、こういった史実が映画として取り上げられることは色んな知識を得ることができます。

>幸せそうに見えて裏で大変苦労しているとは。今回の映画でイギリス王室と日本の皇室の繋がりも色々知るきっかけになりました。
確かにそうですね^^

>しかし、アカデミー賞4部門獲得とは…!!
こんな温かい王室映画は初めてです。
オスカーに値する映画だと思います!
本当に良かったです^^
TBありがとうございます。 (tak)
2011-04-13 23:53:50
頑張る人には必ずよき理解者がいる。国王もライオネルも素晴らしかったけど、彼らを支える二人の妻の存在感がいいですよね。ヘレナ・ボナム・カーターは、誰かさんのせいで変な役が多かっただけに、久々にいい仕事。

皇太后?を演じていた女優さんがチャップリンの「ライムライト」の相手役クレア・ブルームというのも映画ファンとしては嬉しいところでした。ティモシー・スポールのチャーチルには思わず笑ってしまいました。
ロイヤル・ファミリー~ (cyaz)
2011-04-14 08:07:52
takさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>頑張る人には必ずよき理解者がいる。国王もライオネルも素晴らしかったけど、彼らを支える二人の妻の存在感がいいですよね。ヘレナ・ボナム・カーターは、誰かさんのせいで変な役が多かっただけに、久々にいい仕事。
そうかもしれませんね^^
その昔は結構シリアスな演技をして、感動をくれた彼女でしたから^^

>皇太后?を演じていた女優さんがチャップリンの「ライムライト」の相手役クレア・ブルームというのも映画ファンとしては嬉しいところでした。ティモシー・スポールのチャーチルには思わず笑ってしまいました。
そうでしたねぇ^^
そういう意味ではイギリスのロイヤル・ファミリーでしたね(笑)?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

138 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
英国王のスピーチ (LOVE Cinemas 調布)
後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターと言った...
*『英国王のスピーチ』* ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:イギリス+オーストラリア合作映画、トム・フーパー監督、コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール出演。
トム・フーパー監督 「英国王のスピーチ」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
作品賞は『英国王のスピーチ』!監督賞、脚本賞、主演男優賞と4冠を獲得!イギリスの歴史劇がアメリカの現代劇を下す! - シネマトゥデイ ↑アカデミー賞、取りましたね。 今日(3月1日)の映画の日は朝一から混んでました。 私も仕事明けで一睡もしてませんが、観て...
英国王のスピーチ (西湘ケチおばRIN)
&nbsp;  「英国王のスピーチ」、見てきました。 アカデミー賞、「英国王のスピーチ」が作品賞など4冠(トムソンロイター) - goo ニュース よかったです。 &nbsp; &nbsp; それ以上、書きにくいわけは&hellip;。 gooブログの入力画面が変わったか...
英国王のスピーチ (シネマDVD・映画情報館)
英国王のスピーチ 子供の頃から悩む吃音のために無口で内気な、現エリザベス女王の父、ジョージ6世。しかしヒトラーの率いるナチスドイツとの開戦に揺れる国民は、王の言葉を待ち望んでいた。型破りのセラピスト、ライオネルの友情と妻の愛情に支えられ、渾身の......
英国王のスピーチ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
現イギリス女王エリザベス2世の父にして、この度婚約発表をして世界中の話題をさらっているウィリアム王子の曽祖父に当たるジョージ6世が主人公の歴史ドラマ。吃音症を抱えた内気 ...
英国王のスピーチ (そーれりぽーと)
怪優たちの共演、『英国王のスピーチ』を観てきました。 ★★★★★ 吃音症に悩む次期国王ヨーク公ジョージ6世を中心に、第二次世界大戦前夜のロイヤルファミリーと彼らに関わる人々を描く本作、何と言っても主要な役を全員いわゆる“怪優”と言われている役者が演じてい...
劇場鑑賞「英国王のスピーチ」 (日々“是”精進!)
「英国王のスピーチ」を鑑賞してきました「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ...
英国王のスピーチ (だめ男のだめ日記)
「英国王のスピーチ」監督トム・フーパー出演*コリン・ファース(ジョージ6世)*ジェフリー・ラッシュ(ライオネル・ローグ)*ヘレナ・ボナム=カーター(エリザベス)*ガイ・ピア...
英国王のスピーチ (あーうぃ だにぇっと)
2月14日(月)@よみうりホール。 この作品も結構気合を入れて応募したがゲットできず。 そのうちギンレイホールでかかるだろ!とあきらめ。 そうしたら、またまた美女様から嬉しいお誘いが... ヴァレンタインデーの試写会。 チョコは妻と娘以外無かったけど試...
英国王のスピーチ (to Heart)
英国史上、 もっとも内気な王。 原題 THE KING'S SPEECH 製作年度 2010年 製作国・地域 イギリス/オーストラリア 上映時間 118分 脚本 デヴィッド・サイドラー 監督 トム・フーパー 音楽 アレクサンドル・デスプラ 出演 コリン・ファース・ジェフリー/ラッシ...
★ 『英国王のスピーチ』 (映画の感想文日記)
2010年。イギリス/オーストラリア。"THE KING'S SPEECH".   トム・フーパー監督。  セットや美術は一見すると豪華だが、全体の雰囲気が何となくB級映画っぽい。
「英国王のスピーチ」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
面白かったです。実話の映画って、どんな内容でもやっぱり重みがありますねー。
試写会「英国王のスピーチ」2回目 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
同じ映画を2度見ることが少ない私ですが、試写会場が英国大使館大使公邸。 これはぜひ行かねば、と半蔵門の英国大使館まで赴く。 場所が場所だけに、いつものようにジーンズはまずいかなと思い、 あらかじめメールで確認したところ、 「ドレスコードはないが、ジーンズ....
試写会「英国王のスピーチ」  (一部訂正) (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/2/14、有楽町よみうりホール。 まずまずの入り。 話題の高い映画なので、混むのを予想してちょっと早め(と言っても開場ぎりぎり)に行く。 おかげで前の方の中央に座ることができた。 但し、よみうりホールで注意しておかないといけないのは3列目。 どこ...
*英国王のスピーチ* (Cartouche)
              ***STORY***            2010年  イギリス=オーストラリア              ジョージ6 世(コリン・ファース)は、幼い頃から吃音というコンプレックス...
英国王のスピーチ / The King's Speach (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックして&nbsp;ね &larr;please click &nbsp; 先日の第83回アカデミー賞で作品賞受賞の話題作は実話が基のストーリー。
映画「英国王のスピーチ」 (Serendipity !)
 今年のアカデミー賞・作品賞を受賞して話題になっている「英国王のスピーチ」を観に行った。  第二次大戦に突入する時代のイギリス王室が舞台で、現イギリス女王のエリザベス2世の父で、吃音を抱えたジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化し
英国王のスピーチ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The King's Speech。トム・フーパー監督、コリン・ファース、ヘレナ・ボナム=カーター、ジェフリー・ラッシュ、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャ ...
英国王のスピーチ / The King's Speech (勝手に映画評)
現女王エリザベスII世の父王ジョージVI世の物語。 ジョージVI世となれば、兄王エドワードVIII世に触れないわけには行かないでしょう。『王冠を賭けた恋』と言われたわけですが、その煽りを受けて国王になったのが、ジョージVI世と言う事になります。 この作品の深いとこ...
英国王のスピーチ (うろうろ日記)
試写会で観ました。お父さんが亡くなって次男の主人公が王様になっちゃったんだけど、
英国王のスピーチ (食はすべての源なり。)
英国王のスピーチ ★★★☆☆(★3つ) アカデミー賞作品賞受賞作品。 う~ん。。。(眠かった・・・) 主演男優は納得だけど、作品賞は、ウィリアム王子成婚の祝いか?!(ま~、面白いけど・・・。丁寧に描かれているし、セットとかコマわりとか、良いのかもしれない...
『英国王のスピーチ』 (ラムの大通り)
(原題:The King's Speech) ※ちょっと辛辣な表現もあります。 期待されている方はごめんなさい。 ----この『英国王のスピーチ』って いまスゴく騒がれているよね。 どんなお話ニャの? 「そうだね。 ゴールデン・グローブ賞に至っては最多7部門ノミネートだし...
英国王のスピーチ (Akira's VOICE)
1シリングから始まる家族と言葉の物語。   
英国王のスピーチ (花ごよみ)
監督はトム・フーパー。 第83回米アカデミー賞で作品、監督、 主演男優、脚本賞など主要部門を占めた作品。 アルバート(コリン・ファース)が主演。 史実に基づいたドラマです。 時は1930年、 イギリスではジョージ5世の統治下。 二男アルバート(コリン・ファース....
王様もひとりの人間。『英国王のスピーチ』 (水曜日のシネマ日記)
英国王ジョージ6世の実話に基づいた物語です。
ヒアアフター #15 (レザボアCATs)
’10年、アメリカ 原題:Hereafter 監督・製作:クリント・イーストウッド 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、ピーター・モーガン、ティム・ムーア 製作:キャスリーン・ケネディ、ロバート・ロレンツ 脚本:ピーター・モーガン 撮影:...
ヒアアフター #15 (レザボアCATs)
’10年、アメリカ 原題:Hereafter 監督・製作:クリント・イーストウッド 製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、フランク・マーシャル、ピーター・モーガン、ティム・ムーア 製作:キャスリーン・ケネディ、ロバート・ロレンツ 脚本:ピーター・モーガン 撮影:...
英国王のスピーチ (悠雅的生活)
‘バーティ’。1シリング。心の解放。
英国王のスピーチ (映画の話でコーヒーブレイク)
日頃行かない日曜日に映画館へ足を運びました。 やっぱり日曜日の込み具合はスゴイですねぇ。 前もってネットで席を確保していたのですが、余裕を持って25分くらい前に到着した時には 「英国王のスピーチは満席です~」のアナウンス。 アカデミー賞有力作品の呼び声が高...
英国王のスピーチ/コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ (カノンな日々)
現女王エリザベス2世の父である英国王のジョージ6世が吃音というコンプレックスを努力して克服し国民に愛される王になったという実話をモチーフに描いた作品です。監督を務めてい ...
映画「英国王のスピーチ」 (FREE TIME)
映画「英国王のスピーチ」を鑑賞。
英国王のスピーチ (紫の風)
本日発表のアカデミー賞にて 作品賞のほかに監督賞、脚本賞、主演男優賞と4冠を獲得。 丁寧な作りで、良心を感じさせる作品 文句はないのだけど・・・。 ☆☆☆☆ 今現在の世界情勢からみると大変タイムリー。 個人的には、ソーシャル・ネットワークの方に軍配かな...
英国王のスピーチ (シニカル・ヒストリー・タワー)
英国王のスピーチ、見てきました。 日曜日の朝、まだアカデミー賞が決定する前だったにもかかわらず、初回に間に合うように行ったのに次の回のチケットしか買えずにかなり長い時 ...
英国王のスピーチ (映画鑑賞★日記・・・)
【THE KING'S SPEECH】 2011/02/26公開 イギリス/オーストラリア 118分監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、テ ...
「英国王のスピーチ」 ドラマの醍醐味 (ももたろうサブライ)
監督:トム・フーパーあらすじイギリス王室のヨーク公アルバート王子(コリン・ファース)は幼いころから吃音に悩まされていた。彼は妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)が探...
「英国王のスピーチ」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
吃音の王様なんて、ユニークなところに目をつけるわね。 しかも、実在した国王。 いまのイギリス女王エリザベス2世の父、ジョージ6世。 たしかに、国王っていえば演説をするのが仕事だもんな。吃音じゃ困っちゃう。 まだまだ、映画のテーマはあるってことよね。 そこで...
映画 「英国王のスピーチ」 (英国日記)
英国大使館よりご招待頂き、 大使公邸での試写会に行って参りました!
『英国王のスピーチ』 (beatitude)
アカデミー賞、取りましたね無愛想なMr.ダーシーをやっても、ゲイの大学教授ジョージをやっても吃音の王をやってもイギリスを背負って立ってるようなコリン・ファース。カッコイイなぁ~ジョージ6 世(コリン・ファース)は、幼い頃から吃音というコンプレックスを抱えてい....
ウルフマン(2010) (銅版画制作の日々)
 今宵は満月。月が欠けるまで、悲鳴が止まらない。 連休最終日、遅まきながら本作を鑑賞して来ました。評判は今一つらしいのですが、とりあえず観ることにしました。レディスディで休日とあってほぼ満席でした。 さて感想です。せっかく豪華キャストなのに残念、、、、...
英国王のスピーチ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(14) アレって、感度良すぎ!息使いまで聴こえるマイクにはノイズフィルターを。
バーティとライオネル『英国王のスピーチ』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※注・内容、台詞に触れています。吃音(きつおん)症に悩む英国王ジョージ6世とその妻エリザベス、スピーチ矯正の専門家ローグとの実話に基づく物語『英国王のスピーチ』監督は『くたばれ!ユナイテッド - サッ
映画レビュー「英国王のスピーチ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
公式サイト◆プチレビュー◆英国王と型破りなスピーチ矯正専門家との友情を描く傑作。威厳と繊細さを同時に表現したコリン・ファースが見事。 【90点】 第二次世界大戦前夜の英 ...
重厚な感じで、じわーっときます (ゆるキャラ!?税理士の爆笑??商売繁盛記)
みなさん、こんばんは。 今日は、くもりのち晴れって感じで、だんだんとすごしやすくなりましたね。もうそろそろ、春が来そうですね。 さて、今日は昨日映画の日だったので、帰りがけにちょうど時間の良い、「英国王のスピーチ」を見ました。 英国王のスピーチ - goo ....
『英国王のスピーチ』はぼくの自己啓発セミナーだよ。 (かろうじてインターネット)
 なんだか最近やたらと文章を書く機会が多くなってきまして、このブログにかける時間が少なくなってしまいそうです。で、少し更新頻度がさがると思いますが、ご容赦ください。  今回は旬のものです『...
英国王のスピーチ The King's Speech~今、伝えるべきことがある~ (Piattの私的映画生活)
     幼い頃から吃音というコンプレックスを抱え、自分を否定しながら生きてきた男がいる。      エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世。      自らを克服し、国民に愛される本当の王になるまでを描いた感動の実話(秘話)...
英国王のスピーチ (週間ダイジェスト+)
オススメ度 ☆☆☆☆(4.0) ミドコロ やっぱスピーチじゃない? 吃音症ってただのどもりでしょ? なんて思ってましたが、この映画から私の認識不足であることを確認しました。 なるほどなぁ、公務とか大変だわなぁ。 とりあえず英国の王室のイメージがわかないので 日...
英国王のスピーチ (週間ダイジェスト+)
オススメ度 ☆☆☆☆(4.0) ミドコロ やっぱスピーチじゃない? 吃音症ってただのどもりでしょ? なんて思ってましたが、この映画から私の認識不足であることを確認しました。 なるほどなぁ、公務とか大変だわなぁ。 とりあえず英国の王室のイメージがわかないので 日...
英国王のスピーチ (晴れたらいいね~)
これは、予告を観て、観たくなった映画。明日、アカデミー賞の発表です。その前に書かなくっちゃ!でなきゃさ、どうなっても書くこと増えるしね(笑)コリン・ファースは、前から ...
英国王のスピーチ  監督/トム・フーパー (西京極 紫の館)
【出演】  コリン・ファース  ジェフリー・ラッシュ  ヘレナ・ボナム・カーター 【ストーリー】 1936年の英国。国王ジョージ5世の後継として長男のエドワード8世が即位するが、離婚歴のある米国女性と結婚するために1年もしないうちに王座を捨ててしまう。ジョージ6世...
王の声~『英国王のスピーチ』 (真紅のthinkingdays)
 THE KING'S SPEECH  1930年代の英国。吃音に悩むヨーク公(コリン・ファース)の妻エリザベス(ヘ レナ・ボナム=カーター)は、スピーチセラピストを名乗る元舞台俳優のオースト ラリア人、...
英国王のスピーチ (とりあえず、コメントです)
英国王ジョージ6世が王になるまでを描いたドラマです。 吃音に悩んだ国王の物語と聞いて、どんな展開になるのだろうと気になっていました。 悩みながらも困難に立ち向かおうとする姿を見ながら、いつの間にか頑張って!と応援していました。
英国王のスピーチ The King's Speech (映画!That' s Entertainment)
●「英国王のスピーチ The King's Speech」 2010 イギリス・オーストラリア Bedlam Productions,118min 監督:トム・フーパー 出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーターガイ・ピアース他 <第83回アカデミー賞 作品、監督、脚本...
「英国王のスピーチ」 (はぎおの「ツボ」note)
取っちゃいましたね、アカデミー賞、4部門&nbsp; 作品賞   主演男優 コリン・ファース   監督賞  トム・フーパー監督   オリジナル脚本賞 デビッド・サイドラー&nbsp; 前評判が高いし、でもイギリスの歴史は不案内だし、期待と不安が入り混じりな...
英国王のスピーチ (こんな映画見ました~)
『英国王のスピーチ』---THE KING'S SPEECH---2010年(イギリス/オーストラリア)監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、&nbsp;ジェフリー・ラッシュ、&nbsp;ヘレナ・ボナム=カーター、&nbsp;ガイ・ピアース、&nbsp;ティモシー・...
英国王のスピーチ (I am invincible !)
ヨーク公アルバート王子(コリン・ファース)は、ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男として公式の場でスピーチをすることがあったが、幼少の頃から話すことが苦手で今もまだ吃音症に悩まされていた。
『英国王のスピーチ』・・・かくして優しき善良王は誕生した (SOARのパストラーレ♪)
幼少期のトラウマによる吃音コンプレックスと内気な性格。時のヨーク公バーティ(コリン・ファース)が、一人の友と妻の愛とに支えられながらこの苦しみを克服し、ジョージ6世として国王の座に着くまでを描く物語である。
「英国王のスピーチ/King's speech」思わず拍手喝采 (ノルウェー暮らし・イン・London)
思わず涙しながら拍手をしようとしている自分がいた。 ゴールデングローブ賞でも主演男優賞を獲得したコリン・ファース。 今やコスプレもせず、カツラもヒゲもつけず、体重も変えずに、まったくの別人を完璧にこなせるのは彼しかいない!!
英国王のスピーチ (eclipse的な独り言)
今日の授賞式の前に観てきました。ちなみに妻の予想は「ソーシャルネットワーク」(こちらの方が出来がいい、と感じたそうです。)主演はファース、ポートマン。助演はクリスチャン・ベイル、エイミー・アダムスではないでしょうか?
『英国王のスピーチ』(2010)/イギリス・オース... (NiceOne!!)
原題:THEKING'SSPEECH監督:トム・フーパー出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール試写会場: よみうりホー...
英国王のスピーチ (試写会) (風に吹かれて)
演説のプレッシャー公式サイト http://kingsspeech.gaga.ne.jp子供の頃から吃音症に悩む、国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男ヨーク公アルバート(コリン・ファース)。何
英国王のスピーチ (シネマ日記)
アカデミー賞作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞を受賞した作品。作品賞はかなり有力と見られていて、ノミネートされている賞の中で最も&ldquo;アカデミー好み&rdquo;なんて言われ方をしていたけど、ワタクシはアカデミー好みであろうとなかろうと、世界最大の映...
[Review] 英国王のスピーチ (Diary of Cyber)
ジョージ6世(Albert Frederick Arthur George Windsor) 幼少より言葉が遅く、厳格な父ジョージ5世より厳しく育てられる。また左利きでX脚だったことから、半ば乱暴ともいうべき矯正の毎日を強いられ、次第に彼の心に大きな傷が出来始める。抑圧的でストレスが鬱積す...
(2)英国王のスピーチ(原題:The King's Speech,2010,英,豪) (はなこのアンテナ@無知の知)
[画像] 前評判がすこぶる高い本作を、昨日、家族で見て来た。  感想を結論から言うと、「確かに見るに値する佳作だが、期待したほどではなかった」前評判に煽られて、私が期待し過ぎたのがいけないのか、或いは、私の感性やtasteの問題なのか…  主役級の3人(コリン...
【英国王のスピーチ】 (日々のつぶやき)
監督:トム・フーパー 出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース   英国史上、もっとも内気な王。 「ジョージ5世亡き後、兄のエドワードが即位するも、離婚経験のある女性との恋でその地位を自ら捨ててしまう。
英国王のスピーチ(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
どうも、エミです(・∀・)つ 今日は旦那が仕事帰りに『マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~』を見に行くので夕飯の用意しなくていいんで.+゜*。(o´∇`*)のほほん.+゜*。:゜+ と ...
映画「英国王のスピーチ」(3月5日) (Flour of Life)
祝☆アカデミー賞受賞!おめでとうMr.ダーシー!!
『英国王のスピーチ』 (向島のつむじ風)
オスカー発表前の比較的空いている時期に観たかったが、「この映画は私も観る!」という妻の予定に合わせた結果、大混雑の中での観賞となった。(妻想いの亭主です) 第2次大戦前夜の英国王室内の史実を、厳粛かつ人間味溢れる演出で描いた作品である。
『英国王のスピーチ』 (Cinema + Sweets = ∞)
今年のアカデミー賞の有力候補と目されている『英国王のスピーチ』を試写会で観ました。 鑑賞できるのを楽しみにしていた1本です。 ******************** 『ブリジット・ジョーンズの日記』『シングルマン』のコリン・ファースが、エリザベス女王の父にして国民か...
「英国王のスピーチ」 (セレンディピティ ダイアリー)
この週末に公開された映画、「英国王のスピーチ」(原題:The King's Sp
「英国王のスピーチ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「英国王のスピーチ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニファー・イーリー、マイケル・ガンボン、他...
映画『英国王のスピーチ』劇場鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
サイドバーに「ぴあ映画生活」のベストテンを張らせてもらっています。 ここしばらく、トップは『バーレスク』(私の記事) 2
★「英国王のスピーチ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはファーストデーで映画1本1000円の日。 その2本目です。
『英国王のスピーチ』('11初鑑賞33・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 16:05の回を鑑賞。
6.英国王のスピーチ (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 107オープニング土日/月動員: 7万7710人/2万367
No.243 英国王のスピーチ (気ままな映画生活)
【ストーリー】 現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世(ファース)が、言語療法 ...
英国王のスピーチ ある意味(文字通り)王道な映画やな~ (労組書記長社労士のブログ)
【=14 -3-】 昨日は珍しく友人たちと一緒に映画鑑賞、映画を見終わって感想を言い合えるってのは楽しいが、その後、飲んだくれてしまうのが困ったこった~。 飲み会のみ参加のキャサリンが「酒は血の一滴や」って言っていたが、今朝の俺は血がすべて酒のようだった・・・...
英国王のスピーチ (★ Shaberiba )
83回アカデミー賞作品賞を含む主要4部門の受賞作品
『英国王のスピーチ』 (みゆみゆの徒然日記)
 お稽古関係のあれこれで映画等は自粛していたので(その割には出来がアレなんですが・・・)、久しぶりの映画です。実は大学時代にイギリス史を取っていたのですが、恥ずかしながらあまり記憶がない私(汗)ですが、テーマ的にも興味があったので、アカデミー云々以前に...
英国王のスピーチ (ダイターンクラッシュ!!)
2011年3月5日(土) 19:20~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(シネマイレージカード ポイント利用) パンフレット:未確認 『英国王のスピーチ』公式サイト 予告編で、かなり面白そうだと興味を持った。 アカデミー作品賞にノミネートされたと聞き、これが本命だろ...
「英国王のスピーチ」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年・英・オーストラリア/配給:ギャガ原題:The King's Speech監督・脚本:トム・フーパー脚本:デビッド・サイドラー製作:イアン・キャニング、エミール・シャーマン製作総指揮:ジェフ
『英国王のスピーチ』:風格感じる人間ドラマ、アカデミー賞も当然 @ロードショウ・シネコン (りゃんひさ MyBlog~映画レビューなど)
これはズルイ映画である。 王様という雲の上の(ような)ひとを弱点のある人間としてして描いていて、その弱点を克服していくのが主題であるのだから。
スピーチこそが (笑う学生の生活)
8日のことですが、映画「英国王のスピーチ」を鑑賞しました。 アカデミー賞作品賞をはじめ 4部門受賞した 話題作です 吃音に悩む ジョージ6世 スピーチ矯正の専門家 ライオネルに出会い、吃音を克服しようとするが・・・ まさに 作品賞にふさわしい そんな映画で 王...
■映画『英国王のスピーチ』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
誠に個人的な予想ですが、今年のアカデミー賞の監督賞、作品賞、主演男優賞はこの映画『英国王のスピーチ』ではないかと思ったりしています。 アカデミー賞では、監督賞、作品賞、主演男優賞ほか、最多12部門にてノミネートされている本作。 王室の話、というと、な...
『英国王のスピーチ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 英国王のスピーチ 』 (2010)  監  督 :トム・フーパーキャスト :コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコ...
6.英国王のスピーチ (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 107オープニング土日/月動員: 7万7710人/2万367
英国王のスピーチ (にき☆ろぐ)
さて、お久しぶりの更新です。ずいぶん間を開けてしまいましたね。とりあえずはアカデミー賞で話題になった作品です。しかし私はそれと知らずに見ました。あらすじ:幼いころから、...
英国王のスピーチ (やっぱり最終的には自分じゃないの)
ジョージ6 世(コリン・ファース)は、幼い頃から吃音というコンプレックスを抱えていたため、英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)の次男という華々しい生い立ちでありながら、人前に出ることを嫌う内気な性格となり、いつも自分に自信が持てないでいた。厳格な父はそん....
英国王のスピーチ (ルナのシネマ缶)
アカデミー賞の作品賞、監督賞、 主演男優賞、脚本賞の4冠を 達成した話題作。 アカデミーとはあまり相性が 良くない!私ですが 今回は納得の作品です。 コリン・ファースの演技も 素晴らしかったです。 幼いころから、吃音(きつおん)に悩んでいた 英国王ジ...
「英国王のスピーチ」 (映画鑑賞日記)
評価:★★★★ ストーリー(Yahoo!映画より) 幼いころから、ずっと吃音(きつおん)に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)。そのため内気な 性格だったが、厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)はそんな息子を許さず、さまざまな式典で スピーチを命...
英国王のスピーチ (再出発日記)
この作品がアカデミー作品賞監督賞脚本賞主演男優賞を獲った次の日に観に行った。なかなかの入りだったと思う。ともかくも本来は怪物的な現代を淡々と描いているだけの「ソーシャル...
映画「英国王のスピーチ、The King's Speech」(2010年、英) (富久亭日乗)
      ★★★☆☆  予期せぬことから王位に就いた King George VIの苦悩を巡る実話。  父King George V(Michael Gambon)の代理として民衆の前で 演説したPrince Albert (Colin Firth)。 生来の吃音のため、 演説は惨憺たる結果に終わる。  Prince Albert は...
英国王のスピーチ (映画的・絵画的・音楽的)
 『英国王のスピーチ』を、吉祥寺バウスシアターで見てきました。 (1)この映画に関しては、それがアカデミー賞を獲得しようがしまいが、予告編の時から見てみたいと思っていましたから、実際にアカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、それに主演男優賞の4冠を獲得したこ...
映画・英国王のスピーチ (お花と読書と散歩、映画も好き)
&nbsp; 原題 THE KING'S SPEECH 2010年 イギリス・オーストラリア &nbsp; &nbsp; ただただ良かった! これこそがアカデミー賞にふさわしい作品といえるでしょう &nbsp; 現・エリザベス女王の父君 ジョージ6世が吃音の問題を克服、心の傷....
映画『英国王のスピーチ』  (よくばりアンテナ)
アカデミー賞受賞作品ですもんね!! 観てきましたよ~(^^)v 実話ってことでしたが、時代背景とかも知らずに何の前知識もなく見始めましたが、 すんなり、ついていけました。 現在のイギリスのエリ...
英国王のスピーチ (2010) THE KING'S SPEECH 118分 (極私的映画論+α)
 大勢の前で「スピーチ」したことあります?(笑)
英国王のスピーチ (りらの感想日記♪)
【英国王のスピーチ】 ★★★★ 映画(18)ストーリー 英国王ジョージ5世の次男ジョージ6世(コリン・ファース)は、幼い頃から吃音というコン
『英国王のスピーチ』 (kuemama's_webryblog)
【THE KING'S SPEECH】 2010年/英・濠/ギャガ/118分 【オフィシャルサイト】 監督:トム・フーパー 出演: コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニファー・イーリ...
映画:英国王のスピーチ (伊八のいろいろ)
映画:英国王のスピーチ 2011-3-3(天神東宝) ストーリー:幼いころから、ずっと吃音(きつおん)に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)。そのため内気な性格だったが、厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)はそんな息子を許さず、さまざまな式典で...
英国王のスピーチ (キノ2)
★ネタバレ注意★  ついさきごろ発表された第83回アカデミー賞において、作品賞、監督賞、主演男優賞を受賞した作品です。受賞者のみなさまには、心よりお祝い申し上げます☆  とにかくですね、もう、チャァァァミング! というに尽きる、とってもチャーミング...
「英国王のスピーチ」 友が聞いている (はらやんの映画徒然草)
本作は現在のエリザベス女王の父親にあたるジョージ6世の物語。 ジョージ6世は幼い
2011-10『英国王のスピーチ』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
&#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 2011-10『英国王のスピーチ』(更新:2011/03/02) 評価:★★★☆☆ TOHOシネマズ南大沢で鑑賞です。 アカデミー賞作品賞をはじめとして脚本賞などを受賞した作品です。 しかし、面白いとかそういう...
「英国王のスピーチ」 (てんびんthe LIFE)
「英国王のスピーチ」TOHOシネマズ六本木ヒルズで観賞 2011-027 シャンテでは収容人数が少ないのでどこでやっているかと思えば六本木で上映中。 なので、レディースデーの六本木へ。 明日の「ツーリスト」のプレミアに並ぶお嬢さん方が10数人。 3月とはいえ...
英国王のスピーチ~踏み出す一歩に (Osaka-cinema-cafe)
3月1日は映画の日であり、アカデミー賞発表の後ですから、 たくさんの人で、劇場は賑わっていました。 「ソーシャル・ネットワーク」と「英国王のスピーチ」共に アカデミー賞の本命争いでしたが、偶然にも実在の人物に スポットをあてたもの。 軍配は、...
『英国王のスピーチ』 (千の天使がバスケットボールする)
俳優の中には、どんな役柄にもなりきり器用にこなせるカメレオンのようなタイプの役者もいる。そんな才能ある役者の抜群の演技力に感嘆させられることも多い。 しかし、中には向き不向きがはっきりしていて役柄が限定されてしまう俳優もいる。それは演技力うんぬんという....
英国王のスピーチ (だらだら無気力ブログ)
「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、 エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を 演じて絶賛された感動の伝記ドラマ。 吃音症に悩みながらも妻エリザベスの愛とスピーチ・セラピストのサポート で歴史的...
『英国王のスピーチ』( The King's Speech)111分 「ラストまで映画の演説のシーンに緊張)」 (愛知女子気侭日記)
【ネタバレあり】 第83回アカデミー賞作品賞受賞作品。4部門!Σ( □ ;) 脚本賞はこちら。脚色賞は「ソーシャル・ネットワーク」 イギリス王ジョージ6世(ヨーク公アルバート王子)の史実がもとです。 ...
英国王のスピーチ (ちこひろ日記)
JUGEMテーマ:映画&nbsp;ヒロのインフル感染で映画館へ行けず、「今日、観に行かなかったら、もう映画館で観られないかも・・」(給食が終了したら、個人面談に、暮らす懇談会に・・)ということで、映画館へダッシュ!ようやく観ることができました。今年度アカデミ...
英国王のスピーチ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
アカデミー賞で注目されて、受賞後の劇場は賑わってます。吃音で、思うようにしゃべれないことが悩みの種のジョージ父は英国王・・・兄は皇太子。厳格な父と社交的な兄の下でセカンド的ポジションだったから、美しい妻と2人のかわいい娘の父親で、皇太子の弟で、吃音でも...
映画「英国王のスピーチ」 (itchy1976の日記)
英国王のスピーチ - goo 映画 英国王のスピーチ(映画.com) 「英国王のスピーチ」オフィシャルサイト 英国王のスピーチ@ぴあ映画生活 英国王のスピーチ - Wikipedia ○作品データ(映画.com) 監督・脚本:トム・フーパー 脚本:デビッド・サイドラー 製作:イアン・キャニ...
話し下手ではすまない「英国王のスピーチ」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
吃音症に悩まされ内気だったジョージ6世が、スピーチを克服して国民から愛される国王となるまでの物語 監督:トム・フーパー 出演:コリン・ファース
英国王のスピーチ (Art-Millー2)
実話に基づく物語となれば、歴史の裏舞台を見ているようで、妙に感慨深いもの。演説上手なヒットラーを向こうに回して、国民を奮い立たせるスピーチをするところは感動ものでした。やはりイギリスだね。王室を題材にしてもウイット感覚が生きている。 《英国王のスピ...
国民に告ぐ (宇宙のめいぐると)
「英国王のスピーチ」
「英国王のスピーチ」 (のんびり。)
〔2010年/イギリス・オーストラリア〕   英国のジョージ6世(コリン・ファース)は、 4~5歳の頃からの吃音に悩まされ、 そのせいか、性格は内気で癇癪持ち、 本当は優しいのに、自分の気持ちを上手く他人に伝えられない。   吃音を治す為、あらゆる医者...
「英国王のスピーチ」みた。 (たいむのひとりごと)
アカデミー作品賞を受賞する前から気になっていた作品。2月の公開時に東京で見損ねてしまったため地元での公開を待ち望んでいた。いやぁ~これは好き。期待どおり笑わせてくれて、ホロリとさせられて、清々しい心地
英国王のスピーチ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
英国王のスピーチ'10:イギリス+オーストラリア◆監督: トム・フーパー「第一容疑者 姿なき犯人」(TV) ◆出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター ...
「英国王のスピーチ」 (prisoner's BLOG)
初めにことばありき、と言うが、コトバ特に話し言葉に対する信頼というのが西洋社会でいかに強いかをうかがわせる。敵であるヒットラーの大仰だが内容空虚な演説が悪い方へ人々を動かしたのも含めて。 まずはパーフェクトと思わせる脚本と演技が先に来て、演出は黒子に徹....
[映画『英国王のスピーチ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆遅ればせながらの感想です。  これまた、英国紳士的なスマートな造りの傑作ですなぁ^^  先の大戦前夜、国民の多くの期待を受けて即位せしジョージ6世・・・、英国王として、その「言葉」は大いなる力になり得るのだが、彼は幼い頃から深刻な吃音症に悩んでいた。...
英国王のスピーチ (2ちゃんねる映画ブログ)
英国王のスピーチ The King's Speechhttp://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1297482911/1 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2011/02/12(土) 12:55:11 ID:IfGP2VEq] 監督 トム・フーパー 脚本 デ...
英国王のスピーチ (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「英国王のスピーチ」監督:トム・フーパー(『エリザベス1世 ~愛と陰謀の王宮~』)出演:コリン・ファース(『シングルマン』『マンマ・ミーア!』)ジェフリー・ラッシュ(『パ ...
英国王のスピーチ [監督:トム・フーパー] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
個人的評価: ■■■■□□ [6段階評価 最高:■■■■■■、最悪:■□□□□□] あの「ソーシャル・ネットワーク」を破ってアカデミー賞とは一体どんだけ面白いのだろう・・・ というほど期待していたわけではないのだけど、さすがになかなか見応えある映画に仕上が...
「英国王のスピーチ」 (aliんち)
努力はいつか実を結ぶ・・  2010年 英豪合作 (118分)  監督/トム・フーパー  出演/コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ    ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース      1936年、英国王ジョージ5世が亡くなり、王位を継いだ兄:エドワードは、 ...
英国王のスピーチ (C note)
映画ブログらしきものをやってくうえで、去年くらいから「映画館で観た映画の感想はぜ
英国王のスピーチ (むんみーの落書き)
ずっと観たいと思っていたのですがロイヤルウェディングの後は、 また混んでしまっていい席が取れずやっと行けました。 みなさん、わかり易い。 物語は、現エリザベス女王の父が吃音を矯正して立派な国王となってゆく話。 日本では考えられない映画ですね。 私もこの映....
英国王のスピーチ (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞英国王のスピーチ/THE KING'S SPEECH 2010年/イギリス、オーストラリア/118分 監督: トム・フーパー 出演: コリン・ファース/ジェフリー・ラッシュ/ヘレ...
英国王のスピーチ☆英国史上、もっとも内気な王。  (☆お気楽♪電影生活☆)
 なぜ、あなたの話を?    伝えるべきことがある!
英国王のスピーチ (いやいやえん)
わーい、コリン・ファースさん(好き)。吃音のため話すことが苦手な国王が、国民の心を掴むためにスピーチに挑むというこの作品、実際の話なんだそうですね。軽快な言い合いやユーモラスな場面で、開戦前という時代ながら暗さをなくしているのがいいですね。 生真面...
『英国王のスピーチ』 (Rabiovsky計画)
『英国王のスピーチ』公式サイト 『英国王のスピーチ』 コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD] :Amazon 監督:トム・フーパー 出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッ ...
「英国王のスピーチ」(THE KING'S SPEECH) (シネマ・ワンダーランド)
英国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を描いた感動のヒューマン・ドラマ「英国王のスピーチ」(2010年、英豪、118分、トム・フーパー監督作品)。この映画は吃音(きつおん)症に悩みながらも妻エリザベスの愛と、セラピストのサポートにより、歴史的演説を...
英国王のスピーチ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
英国王のスピーチ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]/コリン・ファース,ジェフリー・ラッシュ,ヘレナ・ボナム=カーター ¥3,990 Amazon.co.jp 二つの世界大戦を体験した英国の"善良王"ジョージ?世に纏わる実話を映画化した作品。 ...
英国王のスピーチ (ぶっちゃけ…独り言?)
8点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 言うまでもなく、第83回アカデミー賞作品賞受賞作品で御座います。 他にも米英の数々の映画賞で数々の賞を受賞。 すなわち去年最も高く評価された映画と言えるわけで(言わせて下さい)、そりゃもうどーや....
英国王のスピーチ (Yuhiの読書日記+α)
吃音(きつおん)に悩む英国王ジョージ6世が周囲の力を借りながら克服し、国民に愛される王になるまでを描く実話に基づく感動作。監督はトム・フーパー、キャストはコリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター他。 <あらすじ> 幼いころから、ず...
『英国王のスピーチ』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2011年  制作国:イギリス・オーストラリア  上映メディア:劇場公開  上映時間:118分  原題:THE KING'S SPEECH  配給:ギャガ・コミュニケーション  監督:トム・フーパー  主演:コリン・ファース      ジェ...
「英国王のスピーチ」 (或る日の出来事)
ううむ…ソツがない。
英国王のスピーチ (pure\'s movie review)
2010年 イギリス・オーストラリア作品 118分 GAGA配給原題:THE KING'S SPEECHSTAFF監督:トム・フーパー脚本:デヴィッド・サイドラーCASTコリン・ファース ジェフリー・ラッシュ ヘレナ・ボナム=カーター マイケル・ガンボン吃音症という病を初めて知りました....
英国王のスピーチ  (のほほん便り)
なんと、第83回アカデミー賞作品賞受賞! および、主要4部門独占!!の快挙に輝いた作品、だったのですね。 シンプルなオハナシだけに、脚本とカメラワーク、役者の演技力と、控えめな音楽が際立ちました。まっすぐな友情物語で、とくにラスト。カタルシスがあっただけに...
映画評「英国王のスピーチ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2010年イギリス映画 監督トム・フーパー ネタバレあり
【映画】英国王のスピーチ…前回に引き続きダン・シモンズの話を書いて見た (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
そういえば、先日2012年6月27日(水曜日)は、職場(というか会社)の食事会でした。 お店は某食べ放題のお店…以前行った時よりなんか味が良くなっていたような気がします 以下は映画観賞記録。もうすぐ2011年分終了。 「英国王のスピーチ」 (監督:トム・フーパ...