京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

坂木 司著/3作品

2011-03-04 00:03:04 | Book

坂木 司著/3作品


どなたかのブログの読書感想でこの著者のことを知り読んでみました。
とても読みやすく、無駄のない文章と物語の流れが好きになり、
とっかかりは「ワーキング・ホリデー」でしたが、続けて3冊読破となりました。
こういう小説は、不快な通勤電車での中ではひと時の“快感”となりますね

 

「ワーキング・ホリデー」 (文藝春秋刊)



「ひと夏の経験」って言うと山口百恵の歌を思い出してしまうかもしれないが、
別居していた父と子の、夏休みの間の親子再構築物語。
ホストを辞め、配送業に転進したヤマト(父)と一人で何でもできる進(息子)の、
互いがそれぞれを理解し、父親としての威厳と、男として敬えるようになる息子の、
そして彼らの回りに居る人間たちの動向と、様々な人間関係を通して、
人としての成長を小刻みに描き出すとても楽しい作品だ。
二人の関係が羨ましくも、微笑ましくも感じた作品だ
これ、映画化か、ドラマ化しても十分楽しめるんじゃないかなぁ(笑)
二人の夏休みは終わったけど、続編「冬休み」バージョンが出ないかなぁ~

  
 

「シンデレラ・ティース」 (光文社刊)   




 
 幼児体験で歯医者が極度に怖くなってしまったサキ(咲子)が、母親に騙されて
なんと夏休みのアルバイトで歯科クリニックの受付嬢に(笑)
歯科クリニックを舞台に繰り広げられる歯医者嫌い克服、
さらにこのバイトを通して、人間を見る目を養い成長を遂げるというヒューマンドラマ。
「ワーキング・ホリデー』、そして「ホテル・ジューシー」同様、夏休みの間の
期間限定ドラマなので、読者としては統一感のある同じ空気感を体感できた。
ちょうど今歯医者に通っている(もう半年位の常連さん)ので、
この小説とオーバーラップして楽しく読み切ることが出来た。
このサキが次に読んだ「ホテルジューシー」のヒロとリンクしているから
続けて読むと2倍楽しめる
歯の痛みが絶頂になるまでなかなか行かない歯医者だけど、
キーンと歯を削るあの音さえ緩和されれば、そんなに怖いところではないのになぁ(笑)
麻酔の技術も進んでいるし、その注射も痛くなくなってきていることだし(笑)




「ホテルジューシー」(角川書店刊)  



 サキは大嫌いな歯医者でバイト。 一方友人のヒロ(柿生浩美)は
楽天的性格から遠く沖縄の宿でバケーションを加えたバイト。
東京とはかなり違う沖縄の人たちとの触れ合いを通して、
こちらもひと夏ながら、人間としてのの大きな成長を成し遂げる。
特にいい加減なオーナー代理や双子の清掃員のばあちゃんたちとの
様々な日常のエピソードが笑いを誘う。
違う環境に身を置いたことで、自分自身を外から観察できる目も持ち、
宿泊客のそれぞれ持つ人間性に触れ、人間を見る目を育てていくところは、
先に読んだサキと共通するところだ。
ただサキよりこのヒロのほうがかなり社交的でポジティヴなイメージを持っていただけに
やや「シンデレラ・ティース」よりは満足感が得られなかったのは残念だ
やはりあまり先入観を持つことは良くないのかなぁ(笑)

それにしてもこの3作品は通勤電車の中で笑いを堪える部分も多かったので、
最近読んだ作品の中ではお気に入りの3作品となった


『小説』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「三井家のおひなさま」展/三... | トップ | 『英国王のスピーチ』 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オススメですっ (talofa)
2011-03-04 13:51:47
 坂本司さん、大好きです。
心がほんわかする作風ですね~
 一番のオススメは『ひきこもり探偵シリーズ(三部作)』です。
 文庫化されていますので 通勤電車で気軽に読めます
もしかして~ (cyaz)
2011-03-05 08:46:23
talofaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>坂本司さん、大好きです。 心がほんわかする作風ですね~
あれ~、もしかしたらtalofaさんのブログ記事で読んでみようと思ったのかも(大汗)?!

>一番のオススメは『ひきこもり探偵シリーズ(三部作)』です。  文庫化されていますので 通勤電車で気軽に読めます
お~、それはありがとうございます^^
今『悪人』を読んでいて、待機している本を読んでから、
ぜひ読んでみようと思います!
色々まとめて^^ (latifa)
2011-04-10 08:45:12
cyazさん、こんにちは!
桜いよいよ、本格的シーズンですね♪
いつもながら、色々写真撮影行かれてますね。
TVでも最近言ってますが、何でも自粛自粛じゃ、経済がダメになっちゃいますよね。

ところで、岡本太郎美術館に行かれた記事も見せて頂きました。先日NHKで、太郎の奥さんになった人にスポットをあて、瀬戸内じゃくちょう(漢字出ず・・)さんがナビゲーターだったのですが、とても興味が沸いたところに、cyazさんの記事があったので^^ 是非私も行ってみたいなぁ~。

あと「悪人」再見の記事アップされましたね!
私もラストのシーンは、そうあって欲しいです。

やっと本についてですが(^^ゞ
「シンデレラ・ティース」って本の存在を知らずにいました。歯医者通い辛いですよね、私も歯医者恐怖症なので、すんごいソソられる内容です。私もcyazさん同様、数ヶ月通っています。ホテルジューシーの登場人物がリンクしているみたいで、今度是非読んでみようと思いました。
ぜひぜひ~ (cyaz)
2011-04-10 08:56:41
latifaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>いつもながら、色々写真撮影行かれてますね。 TVでも最近言ってますが、何でも自粛自粛じゃ、経済がダメになっちゃいますよね。
その通りです。
今朝も東北の酒造メーカーが、花見自粛という中で酒が売れず
出荷できないというニュースを見ました。
自粛すべきものと自粛すべきでないものとしっかり判断すべきですね!

>ところで、岡本太郎美術館に行かれた記事も見せて頂きました。
先日NHKで、太郎の奥さんになった人にスポットをあて、瀬戸内じゃくちょう(漢字出ず・・)さんがナビゲーターだったのですが、とても興味が沸いたところに、cyazさんの記事があったので^^ 是非私も行ってみたいなぁ~。
広くはないのですが、何か岡本太郎の少し生活感が感じられて良かったです!
近所の根津美術館にも行きたかったのですが(笑)

>あと「悪人」再見の記事アップされましたね!
私もラストのシーンは、そうあって欲しいです。
“愛”もまた究極では紙一重の感情なのですねぇ・・・。

>「シンデレラ・ティース」って本の存在を知らずにいました。
あらら、そうでしたか(笑)?

>歯医者通い辛いですよね、私も歯医者恐怖症なので、すんごいソソられる内容です。
面白いですよ^^
これ読んで歯医者に行くと楽しいかも(笑)

>私もcyazさん同様、数ヶ月通っています。ホテルジューシーの登場人物がリンクしているみたいで、今度是非読んでみようと思いました。
ぜひぜひ^^
感想、お待ちしてます!
こんばんは (kazu)
2012-11-17 19:26:04
TBありがとうございました。

続けて3冊読破されたんですね。
結構気に入られたようで…
ワーキング・ホリデー」だけしか
読んでいませんが、
他のもかなり面白そうですね。
楽しい気分になれるのがいいですね。
オススメ~ (cyaz)
2012-11-18 07:49:22
kazuさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>続けて3冊読破されたんですね。 結構気に入られたようで…
そう、結構気に入りました^^

>他のもかなり面白そうですね。楽しい気分になれるのがいいですね。
他の2冊もオススメですのでぜひ^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ホテルジューシー 」「 ホームレス中学生」感想 (ポコアポコヤ)
2冊とも、表紙からして、つい手に取りたくなるオーラを出してる(^O^)
「ホテルジューシー」坂木司 (しんちゃんの買い物帳)
ホテルジューシー(2007/09)坂木 司商品詳細を見る 大学の卒業旅行に備えてまとまったお金を手に入れたい柿生浩美ことヒロちゃんは、友人のサキちゃんと、大学の図書館でアルバイト情報紙とにらめっこしながら...
ワーキング・ホリデー (どくしょ。るーむ。)
著者:坂木 司 出版社:文藝春秋 紹介文: 父と息子の、つかの間の夏休み――。 この設定だけで、すでに楽しそうですよね。 元ヤン・ホストのヤマトは、父としての自覚を持とう ...
ホテルジューシー (ぼちぼち)
JUGEMテーマ:読書 柿生浩美20歳。しっかり者ですが、それが何か? 職場は沖縄C級ホテル、冷暖房一応完備、掃除アバウト、朝食激うま、そして・・・・・・ 注目の覆面作家がおくる、ひと夏の青春&ミステリ 路地裏ホテルの名物は、がんばる女子と日常の謎!! ...
ワーキング・ホリデー (ぼちぼち)
息子と過ごすために、ホストから「ハチさん便」ドライバーへ。正義感の強い元ヤンキー父とおばちゃん臭い少年のハートフルな物語 夏のある日、ホストクラブで働く元ヤン・沖田大和のもとに、突然、息子と名乗る小学五年生の進がやってきた! 息子の教育上ホストはよ...
ワーキング・ホリデー 坂木 司  (花ごよみ)
ワーキング・ホリデー (文春文庫) 主人公は元ヤンキーで、 現在はホストの沖田大和。 大和と息子の進、夏休み限定の、 親子の心の交流を描いています。 小学生の進が、 大和の息子として突然出現。 その息子はしっかり者で、 家事までこなす、 大和にとっては、 勿...