佐藤千春ゼミ(朝日大学法学部)の活動状況(2006年から現在)

佐藤千春研究会について在学生やOBに知ってもらうための公開情報です。大学院については別にヤフーのブログを開設しています。

うれしいメールが来たよ

2017年03月15日 05時59分44秒 | Weblog

うれしいメールが来たよ。

2016/12/12 10:10
hachisuka shota


佐藤先生、ご無沙汰しております。

2001年の朝日大学卒業生の蜂須賀祥大です。
在学中は、佐藤先生のゼミで大変お世話になりました。
佐藤先生は、最近、いかがお過ごしでしょうか?

私は、現在、愛知県岡崎市内で、司法書士として、司法書士事務所を営んでいます。

佐藤先生のご都合の良い日に、佐藤先生の研究室に遊びに行ってもよろしいでしょうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

13万アクセス達成

2017年01月04日 06時05分14秒 | Weblog

 

 正月3日をもって、ゼミのホームページは13万アクセスを達成しました

 2006年開設のこのページhttp://blog.goo.ne.jp/cs120705のほか、2000年開設のゼミの基本ページhttp://www.geocities.jp/cs12070501/index-1.htmlなどを合わせれば、30万をゆうにこえるアクセスを達成しています。

 大学のゼミ活動の広報に多少は役立ったのではないか、と考えています。

 皆さんの、本年のご多幸をお祈りいたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年11月の就活報告会

2016年11月20日 16時12分15秒 | Weblog

 11月某日に2年ゼミ生と3年ゼミ生を対象に、4年ゼミ生を招いて、就活懇談会をそれぞれ開催した1310分からの2年ゼミは、K君とN君が、1455分からの3年ゼミはI君が報告者になった。

 

 K君は、「6月から就職活動を始めて、大学がお膳立てをしたMホテルにも出かけて内定をとった。さらに、マイナビやリクナビを使って、「土日が休みになる」、などキーワードで検索し、これはと思う会社を訪問し、面接試験をクリアーして、K生協、I農協、K製薬、S運輸、のほか地元の会社2社から内定を獲得し、最終的には、K製薬に決めた。就活のため、特に勉強してはいないし、問題集も買ってはいないが、自然体で対応したら内定が取れたという感じがする。ただ、会社訪問の際、社員が説明したことには注意を払い、記憶しておき、面接時には、それを繰り出し、1次面接で答えられなくても、「次の面接までに調べておきます」と答えればよく、2次の面接の直前にネットなどで調べて面接に臨んだ。例えば、農協の面接では、「TPPについてどう考えるか」聞かれて即答できなかったが、面接でははねられず、次の段階の面接へ進み、内定がとれた。内定の絞りは、「①全国転勤がないこと、②給与が比較的高いこと、③週休があること」などを基準にした自分としては満足できる活動だった。」と述べた。K君は、在学中の学費をバイトで稼ぎ出すような努力家であり、口が達者で、物怖じすることがない点が、いい結果を生んだように感じられた。 

 N君は、8月から就活をはじめ、T不動産販売会社に内定を取ったが、「農協は準公務員といえるので第一志望だったが、最終面接まで行きながら、これを落としたことが痛かった。農協では、「どんなサークル活動をしていたか、楽しかったことは何か、銀行と農協の金融活動の違いはどこにあるか」など聞かれたが、緊張感から答えられなかった点が敗因と思う。面接の準備は軽視してはならない。また8月の始動は遅すぎた。早く始めていれば、警察官にも挑戦できただろう。と述べた。 

 I君は、S県警に内定を取った警察に絞っていたので民間は受けていない。試験の準備は、4月に、1次の筆記対策として、数理処理や古文・現代文、政経、日本史、英語、などが入った警察官試験用の問題集」を購入し、何度か回した小論文はS県警は800字で「10年後の自分がどうなっているか」書かされた。O府警は、400字くらいで「最近のニュースで自分が関心を持ったことについて書きなさい」といった課題だったように思う2次の体力テストについては中高でスポーツをやってきたが、大学ではやっていなかったので1次試験のあと2次試験までの間、体力を回復するため走った。S県警は、ダッシュして何メートルまで行けるか測定するが、100メートルを超えれば、体力テストは合格だ。自分は超えた3次の面接はO府警の面接を落ちたこともあって、ネットで探したN市内の個人業者の面接トレーニング(1回で1万円程度)を受講したI君の面接状況を撮影したビデオを見ながら、姿勢や答え方など指摘を受け、質問一覧ももらったが、ここから質問が出た。高校卒業時に警察官を受けたが、この時は落ちて大学に進んだが、雪辱できてうれしい」と述べた。I君は、理数系が得意だったといっており、文系の学生にとっては鬼門になる数的処理の対応力が高かった点、また各段階の試験に対し周到な対策をしたこと勝因になったといえよう。

 報告会が円滑に流れるよう、和やかな雰囲気になるように、「さとっち」が、お菓子やお茶を準備し、気配りをした。15時過ぎに、3年ゼミ生の卒業アルバム用の個人撮影とゼミの報告会の撮影16時過ぎに4年ゼミ生が集まり、集合写真の撮影が行われ、本日のイベントは無事終了した。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12万アクセスを達成

2016年03月08日 02時34分14秒 | Weblog

 2006年1月26日に開設したゼミのホームページが2016年3月7日を以て、12万アクセスを達成した。年平均12000件。3月に入って急増しているように見えるが、どのような事情によるものか、興味が惹かれるね。(*^▽^*)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼミのOG(2009年3月卒)が剣道で気を吐いている

2015年11月29日 16時39分24秒 | Weblog

 

 第51回九州実業団大会が平成27年10月11日、 福岡市九電記念体育館において行われた。

(女子個人試合の結果)

  優勝  宮本麻由弥 西日本シティ銀行

  準優勝 江崎美樹  九 電 工

 三位  行方智美  福岡トヨペット

 三位  平松由加里 福岡トヨペット

  何年たっても、ゼミの卒業生の活躍を見るのはうれしい。 (*^▽^*)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼミにおける公務員合格者の報告会

2015年11月21日 20時21分20秒 | Weblog

 10月に役場の職員になるT君、11月に警察官になるI君が報告した。

(1)T君、I君はいずれも3年の1月から公務員試験の勉強を始めたが、役場や警察は専門試験がない。T君は、「市役所も受けたが、専門科目がある市役所や県、国家公務員を狙う場合は、1年前から準備するべきだ」と指摘した。

 また、(2)就活について、T君は、「3年の3月から銀行、信金、流通などまわり、内定を得た状態で、市役所、役場を受験し、面接段階で、自分の力がより発揮できそうな役場に絞り合格した。」と述べた。I君は、「公務員一本に絞ったが、試験日がずれている複数の警察や刑務官の受験を準備していた。一番早い警察の1次合格を受けて、他の受験を捨てて2次の準備に専念し、合格にこぎつけた。」とのべた。いずれも、就活に対し、複線的に準備をして、段階的に絞り込んで勝ちを得た。  

 (3)大学が提供する有料の「公務員講座や面接合宿」については評価が分かれた。T君は、2年の後期に独学で宅建を取るようなタイプであり、「公務員の勉強も自分が選んだ参考書や問題集を使って、毎日、この科目と決めて集中的に取り組み、それを繰り返すような方法をとった、面接合宿は型にはめられるだけで、金を捨てることになる。面接は、笑顔と声量、論理的に組み立てる話術があれば十分だ。」と述べた。I君は、「勉強が苦手で体育会系の言葉が思わず出てしまうため、いずれも参加して得るものが大きかった。」と述べた。大学のサービスがプラスになるかどうかは、本人が自己の現状を分析し判断すべきことだ、といえよう。

 (4)作文については、T君は、「町の活性化について書かされた。これは、役場へ送ればよかったので課題が出されてからネットで情報(人口減少、産業など)を調べ上げ、詰めが重要と考えて文章を推敲した。その際、作文用参考書の文章運びやまとめ方も参考にした。」と述べた。I君は、「課題を予想して何を書くか考えていた。」と述べた。作文は、ある程度は予想できるから、それに応じて準備しておくべきだ、といえよう。

 (5)面接については、T君は、「大学で何を頑張ったか聞かれたが、勉強やバイトでは差別化できない。社会奉仕、資格取得など売りとなる課外活動をやっておくほうがいい。またマイナスとなることを言わないようにすることも大切だ。民間で面接を数多くこなしたことが話術を高めることに役立った。」と述べた。I君は、「直前に部活のコーチでもある大学職員の指導を受けて、指摘されたことが役立った。警察官になぜなりたいか問われたが、社会に奉仕したいというのでは他の公務員と同じになってしまうので、犯人を捕まえたい、といった方がいい。」と述べた。面接は、質問者の意図を的確にとらえ、ミスなく答えることが大切だ、ということになろう。

 (6)最後に、T君は「大学の単位やSやAをとるのは簡単だ。情報を集めて講義をとればいい。しかし、空いた時間を自分の時間にあてて、楽しむと同時に、自分の売りを作れ。」と述べた。I君は、「試験に失敗した先輩の助言や大学を中退しながらも高卒で警察官になった友人との交流が、合格への力になった。高校での失敗を大学で雪辱し、職を得たが、目標を立てて努力しなければ、将来は開かれない。まずは、警察学校で落伍しないよう頑張りたい。」と述べた。

 報告のあと2年・3年のゼミ生と質疑、そのあと交歓会になった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16年度のゼミ募集要項を作ったよ

2015年08月04日 00時42分50秒 | Weblog

概 要

 来年度は、「スポーツと医療をめぐるトラブル」をテーマに、関連する判決を検討します。民法に関連付けて検討しますから、債権法の知識が不可欠になります。履修者は、司法裁判所の判決やスポーツ仲裁機構の仲裁裁定のリストから自分が検討したい課題を選び、判決文や評釈等の文献を熟読し、問題点を拾い上げて、判決や裁定を評価してください。発表者の報告を聞いたあと、参加者全員で質疑をいたします。発表者は、レジュメを人数分作成し配布してください。


履修上の条件及びゼミの方針

 (1)発表と質疑の状況により評価します。なお、各自の年間発表回数は30回を履修者の数で割った回数になります。(2)演習は、①教育の場であると共に②生活指導の場でもあります。したがって、就職の指導のほか、履修生が自主企画した社会見学や懇親会などがあれば協力を求めることがあります。


受講者選抜方法等

・方 法   面 接

・日 時   ①119日(月)1230分から13時まで あるいは②1112日(木)1230分から13時まで、のいずれかを 選んで受験してください。

・場 所   号館×階 研究室

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生活指導を行う

2015年01月17日 11時17分35秒 | Weblog

  1月15日、10周年記念館の中にある「花水木」でゼミの昼食会を開催した。普段は、開講時間が異なるため、顔を合わせることがない2年、3年、4年が一堂に会し、就活や勉強、クラブ活動、アルバイトなど、いろいろな問題を話し合う機会を与えた。今回は、年末年始の出来事や間近に迫っている定期試験が話題になった。そこで、「さとっち」は以下のようにアドバイスをした。

 法学部は、欠席が3分の1を超えると失格になり、定期試験を受験できなくなるまた、失格にはならなくても、病気や鉄道の遅れで定期試験を受験できず、その科目について追試の手当てが無いこともあるさらに、③受験できても不合格の評価で、その科目に再試が用意されていないこともあるそうなると、単位の取得が半年から1年先延ばしになってしまう。このため、卒業がかかる4年生に対しては、頻繁に、「単位取得状況のチェックと、いざというときのため、余分に履修申告するよう」指導しているんだ。

 もし、失格リストに名前が載った場合には、どうすればいいのかな①いさぎよく自分の非を自覚し、次年度、心を入れ替えてきちんと受講し、就活をやり直す道はあるこれが正論だが、②欠席が3分の1を超えても、「正当な理由があれば」、担当者も失格を取り消して受験を認めるかもしれない。こんな場合は、ダメもとで、交渉を試みるべきだろう。卒業が延期になっても、③担当者の了解を得て次年度の受講の仕方を変えてもらい、内定を得た会社には卒業が遅れることについて了解を貰って、アルバイト的に働き始めるといった方法もないわけではない。余分にかかる学費について、「自分のミスから起きたことだから自分が出す」といえば、親も納得してくれる可能性があるだろう。

 「トラブルに巻き込まれた時、どう対処すべきか」、という問題は、説得力の高い論理的な解決方法を考える法学の学習に連なるもののように思うね。」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

就活について4年生から話を聞く

2014年12月23日 13時18分30秒 | Weblog

  12月4日と18日のゼミの時間帯に、4年生から2・3年生を相手に話をしてもらった。4年生は全員、体育会剣道部に所属しており、2・3年には剣道のほか、ラグビーをやる体育会学生がいるので、「体育会学生の就活」という意味で参考になっただろう。   

 刑務官に合格したI君は、「大学の有料の公務員講座バイトで稼いだ金を払い込んだから、元を取るつもりでまじめに出席し、真剣に取り組んだ。1次を通った後、剣道部のコーチが面接の指導をしてくれたが、これも合格できた要因だ。」と述べた。

  警察官に合格したK君は、「高校時代の人間関係(コネ)剣道大会の成績(県大会個人2位、インターハイで16位以内)、大学に入ってから4段を取ったこと(受験者は3段が多いので4段を取ると加点がある)も、合格の有力な要因になった。10月に行われた1次試験の一般教養は過去問を繰り返した。適性検査は格別準備をしなかった。小論文は、企業や公務員用の小論文の対策本を購入して、何度か目を通し、論文の書き方を身につけた。出された課題は、「あなたが思う警察官の在り方」で、800字程度書き、自分でも満足できるような内容のものができた。11月にあった2次試験の面接は、通常30分だが、15分ほど長く、緊張を強いられた。スポーツ・剣道の経歴や体育会の活動を聞かれたが、団体行動の適性を判断したのではないか。武道は、機動隊の警察官が相手をしてくれたが、基本を押さえているか、将来性はあるか、を見たのだと思う。体力テストは、腹筋、握力、横とび、縦飛びなどであった。さらに2親等、3親等以内に犯罪者がいないか、身内調査もある。何親等以内かは、警視庁、府警、県警で多少の差がある。この点も調べて、受験したほうがいい。」と述べた。

  18日には、4年生の二人のK君も顔を出した。一人は、「親が紹介した不動産会社に幸運にも内定した。大卒採用は5名だった。さっそく不動産を売らされたが、数件売ることができ、200万のバイト料をもらった。この金は親に渡した。自分はこの道を進むつもりだ。」、もう一人は、「来年警察官に再挑戦するが、とりあえず内定をもらった企業で働くつもりだ。」と述べた。そのほか、H君は、10月に「親の会社に就職する。何をやるかは親と相談して決める」とのべていた。

  これで、当ゼミは、全員の行く先が決まったことになる。担当者(さとっち)としては、とてもうれしい。 (≡^∇^≡)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GOOのゼミのホームページが10万回アクセス達成だ

2014年11月24日 07時38分51秒 | Weblog

 ゼミのホームページ http://blog.goo.ne.jp/cs120705 が8年目で10万回のアクセスを達成したよ。

 1代前のホームページ http://www.geocities.jp/cs12070501/index-1.html も早い段階で10万を超えたが、当時は精力的に更新したので達成は速かった。


 現在のホームページは、最近は、1年で数回しか更新していない。それでも、チリが山となって、「ついに」・・・・・。  ちょっと感慨がこみ上げるね。(^∇^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015年度新2年対象・・ゼミ募集のお知らせ

2014年08月07日 12時14分06秒 | Weblog

 概 要

   「財産法をめぐるトラブル」をテーマに、関連する最高裁判決を検討します。したがって、民法のうち「総則・物権・債権」が検討の対象になります。テーマは毎年変わります。昨年は、「家族法」、一昨年は「スポーツ・医療」、をテーマにしました。判決リストは、講義の開始時に配布します。

 履修上の条件及びゼミの方針

  報告者は、担当する判決について、①学者や実務家の批評を手掛かりに、事案や法学上の論点など基本を押さえてください。次に、②判決原文にあたり、原告・被告の主張から裁判官が事実を認定し、これに法を適用し、結論を導く過程を確認してくださいさらに、③学者や実務家の批評で、(a)触れられた問題点、(b)触れられなかった問題点、(c)原告・被告の交渉や裁判を進める際に改良すべき点、(d)事前にトラブルを回避する方法、などを発表してください。報告者は討議資料であるレジュメを作り、人数分配布してください。聞き手との間で質疑を行います。(a)発表者の発表(40分)、レジュメ、質問に対する答え方(40分)、さらに、(b)聞き手の質問の出し方は、すべて、参加者の評価の対象になります

 受講者選抜方法等

 ・方 法  面 接

 ・日 時  11月10日(月) 12時30分から13時まで、11月11日(火) 12時30分から13時まで

       上記いずれか都合のいい日時に来ること

・場 所   S 研究室 (5号館3階)

 その他連絡事項

①    発表者が40分間の発表をするのはかなり準備が必要です。

②    聞き手も発表に耳を傾け、レジュメを追わないと、質問を出すことができません。

③    欠席が多い者や修学態度が不良な者は単位を取得できません

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月某日、ゼミ生を送り出した

2014年04月15日 18時13分53秒 | Weblog

 4年ゼミ生は7名だが、3名は1年から4年間付きあい、4名は2年から3年間の付きあいだった。今年の4年生は、秋学期に2年ゼミで研究報告をして、後輩にいい模範を示してくれた。

 卒業後は、①体育会活動の延長で実業団関連の会社に入る者、②在学中に取得した宅建の資格を生かして不動産会社を選んだ者、③ボランティア活動に力を入れてそれがプラスに働いて会社の就職が決まった者、④入学時の初志を貫いて消防職をゲットした者、⑤体育会中心の生活を送り、養った体力と気力を生かして警備会社に進んだ者、がいる。この一方で、4月以降、⑥郷里に帰って教員の道を目指し、あるいは、⑦警察や消防に再挑戦を期す者もいる。

 午前中の卒業式のあと、教職員と卒業生の懇親会が開催され、最後に、学生証と引き換えに、学部長から一人ひとりに卒業証書が渡された。学部長のわきに立って、学生の顔を見ていると、受験料の手持ちがないというので建て替えて受けさせたな、再試験をやらない先生に再試を頼みこんだな、必須科目を落としたが、在学中にとった資格で科目の振替が認められて卒業できたな、などなど、走馬灯のように思い出された。

 皆さんお元気で、たまには、ホームページを見に来てください。学校の近くに来たら、研究室にもちょっと寄ってください。財布は空の時が多いけれど、可能な限り、歓待しますよ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2013年秋学期前半のゼミ活動

2013年11月03日 12時16分41秒 | Weblog

 1年ゼミは、秋学期は、学生の求めに応じて相談を受けたり、指導の必要があれば、こちらから呼び出して個人指導を行っている。ゼミ生には、就活の準備として資格の取得を勧めており、秋学期はその受験勉強にあてさせている。また、今年から介護の授業(社会貢献)が必修になったため、テキストの配布も研究室で行っている。

 2年ゼミ、3年ゼミは、スポーツに関連した判例を題材に法学の視点から検討している試合中の心筋梗塞(労災補償法と民法)試合中の落雷事故(保険法と民法⑲会社の分割と預託金返還(商法と民法)団交当事者として仮の地位を定める仮処分の要否(民訴、労組法と民法)を取り上げた。

 4年ゼミは、2年や3年とは別に開講する場合もあるが、今年は、卒業論文あるいは卒業レポートの提出を選択した者を除いて、独自開講を希望した者がいなかったため、2年ゼミあるいは3年ゼミに参加してもらい、合同ゼミの形で行っている4年の就活体験はもちろん、課題について先輩として行う発表や質疑も、後輩にとって「いい意味でも」「悪い意味でも」参考にしてもらえるだろう。

 3年と4年は、11月の中旬に卒業アルバムの撮影が入っており、この日は多少の演出をするが、顔を合わせる機会の少ないメンバーが来るので、数少ない先輩後輩の交流の時間になっている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

民法、120年ぶり大改正へ=消費者保護に力点、財界から懸念も(時事ドットコム、2013/08/31-14:54)

2013年09月01日 05時47分46秒 | Weblog
  時事ドットコムに掲載された注目すべき記事だ。実務家、受験生に影響が大きく、これまでのテキストがゴミになる。

 法制審議会(法相の諮問機関)の民法部会は9月から、契約に関するルールなどを定めた条文の改正に向け、本格検討に着手する。対象は約260項目に上り、企業が消費者と契約する際に示す「約款」に関する規定を新設するなど、消費者保護に力点を置いた内容となる見通し。2015年1月までの要綱案取りまとめを目指す。法務省はこれを踏まえ、同年の通常国会に民法改正案を提出する方針。実現すれば約120年ぶりの大改正となる。

 契約ルールなど債権関係規定の大幅改正は、1896年の民法制定以来、行われていない。時代の変化に対応できなくなった条文が多いとされ、法務省は「全般的にメンテナンスが必要な時期に来ている」と指摘する。

 インターネットを通じた売買や保険加入、携帯電話の契約などで、消費者が約款をよく読まずに契約し、後で企業側とトラブルになるケースがあるが、現行民法には約款に関する規定がない。このため部会は2月にまとめた中間試案で、(1)契約当事者が約款の使用に合意(2)消費者が契約締結前に約款の内容を把握する機会の確保-の要件を明記することで、トラブルを未然に防ぐ方針を打ち出した。

 また、相手側の弱みにつけ込み、過大な利益を得る「暴利行為」については、公序良俗違反の契約は無効との判例が確立されているものの、明文化はされていない。そこで相手の困窮や経験・知識の不足を利用し、著しく過大な利益を得る法律行為は無効」との趣旨の規定を新設し、一般の人が条文を読んでも分かるようにする案が有力だ。

 消費者の権利を重視する方向で検討が進むことに対し、経済同友会は約款に関し「問題が数多く発生している状況ではない」との見解を表明。経団連は暴利行為に関し、「いかなる場合が『著しく』に該当するかの判断は困難」と指摘している。政府としては、経済界からのこうした懸念を取り除く必要があり、改正案提出までには曲折も予想される。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼミの現状

2013年07月23日 21時17分13秒 | Weblog

 法学部を出たという者が身に着けておくべき知力(2012年 私立大学情報教育協会)は、ゼミ履修者に求める基準でもある。

 1.法に関する基本的知識として、法の全体像を把握し、主要な実定法のルールおよび概念について、その意味を理解し、具体例および定義で説明できる。

2.法的問題を解決する能力として、事例問題の事実の概要を客観的に把握し、解決の根拠となる法 ルールを発見し、それを適用して、妥当な法的解決を見いだし、その理由を説明できる。

3.法の基礎にある原理を理解して、広い視野から、法を分析的に見ることができる。また、法的知識を活用して、紛争の予防および生活や社会の発展のためのプランを立案して説明することができる。

  ゼミでは、先例となる判決について、まず、①学者や実務家の批評を手掛かりに、発表事案や法学上の論点など基本を押さえさせる次に、②判決原文にあたり、原告・被告の主張から裁判官が事実を認定し、これに法を適用し、結論を導く過程を確認させる。さらに、学者や実務家の批評で、(a)触れられた問題点、(b)触れられなかった問題点、(c)原告・被告の交渉や裁判を進める際に改良すべき点はなにか、(d)事前にトラブルを回避するにはどうすればいいか、などを報告者に発表させる。報告者にはレジュメも作らせ、聞き手となった参加者の間で質疑を行っている。発表、レジュメ、質問に対する答え方、さらに質問の出し方は、評価の対象にしている。

  協会の基準は、ハードルが高いが、それに向かって、近づくべく努めているというのが、現在のゼミの状況といえるだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加