鹿沼市デジタル・コミュニティ推進協議会
“花と緑と笑顔のあふれる地域づくり”を目指して、身近な地域や生活に密着した情報を発信します。




平成29年3月13日(月)に、北押原地区福祉活動推進協議会主催による

 

友愛のつどい(1人暮らし高齢者招待事業)が開催されました。

 

参加してくださった人は66名!

 

昨年までは北押原コミュニティセンターで開催していましたが、今年は心機一転!

会場を西茂呂にある「そば割烹 日晃」さんへと移しての開催となりました

 

当日は、民生委員さんが中心となり、会場の飾りつけ、受付、ご案内をしてくださいました

 

それでは、開会です!

 

山内恵美子副会長の開会の言葉でスタートです

続いて鈴木章元会長によるごあいさつ

いよいよみなさんお待ちかねのステージイベントです

北押原と言えば!

さといもバンド

「春が来た」や「花」、「高原列車は行く」など、懐かしの名曲の数々を生演奏で披露していただきました。

続いては・・・

プリティけいこさんによる、腹話術&マジックショー

楽しいショーのあとで、みなさんおなかも空いたことでしょう

自治会長さんも一緒にテーブルを囲み、たのしいおしゃべりをしながらおいしいお昼を食べながら

休憩の後は、お待ちかねのカラオケ大会です!(写真がなくてゴメンナサイ)

各町内から数名の精鋭による、美しい歌声で癒されましたね

 

楽しかったイベントも、いよいよ終わりが近づき・・・

最後は、鹿沼市高齢福祉課、運動指導士の鈴木先生による

「かんたん!楽しい!みんなで体操しよう!」のコーナーです

簡単にできるのに、体だけでなく頭の体操も一緒にできるというハイブリッド体操です

これなら家でも出来そう!と皆さん楽しそうにしておられました

 

いよいよ閉幕です。

戸張副会長による閉会の言葉で、(またまたお写真がなくてゴメンナサイ)

今年の友愛のつどいは無事閉幕となりました。

また来年もお楽しみに!

ご協力いただきました自治会長さん、民生委員児童委員の皆さん、本当にありがとうございました



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




3月19日の日曜日、紅梅が満開の口粟野城山公園に集まった180人の皆さん。

粟野地区コミュニティ推進協議会、ふるさとあわのづくり協議会、そして粟野中学校の生徒や先生も。

年度末恒例の、城山公園オー!そうじです。

ふるさとあわのづくり協議会の井戸会長からあいさつのあと、

市長も参加して

鉄柵を壊して侵入したイノシシによって、無残に掘られてしまったツツジの根本へ、約1,000個の土のうを運んで埋め戻したり、遊歩道やすべり台の周りに落ちているごみを拾い集めたりしました。

作業は大人と中学生の混成で10班に分かれて行い、2時間の予定でしたが、手際よく早めに終えることができました。

 

コミュニティ推進協議会の樽見会長から閉会のあいさつで、今年のオー!そうじを無事終了しました。

2万本のツツジが咲き誇る「城山つつじまつり」は4月23日(日)から。みなさまお誘い合わせてお出かけください。

ではまた。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




下野三十三観音札所巡りの第三十番札所となっている深岩観音は

弘法大師が開基したと伝わる歴史ある観音堂です。

20日、例大祭が行われました。

深岩山の東方堂口の前から杉木立の間を進みました。

百数十段の急な石段を登ると岩盤を背にした満照寺の朱塗りの観音堂があり、

地元の方々がお囃子で迎えてくれました。

堂内には、本尊聖観音や十一面観音の木像が祀られ本尊は弘法大師の作と伝えられています。

洞窟内は暗く神秘的です。

堂内には、観音像、出世大黒天、三十三観音が祭られてます。

現在は、この歴史ある深岩観音は地元深岩自治会の方々の手により守られています。

 

 

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




東部台地区コミュニティ推進協議会では、「第12回 東部台ふれあい さくらまつり」を4月8日・9日に開催します。

初日の4月8日には、西茂呂さつき大通りで、午前10時から好評の“ お花見人力車運行 ”、

午後1時から“PRパレード”が行われます。


2日目の4月9日は、栄町1丁目ふれあい公園で、

午前10時からの「式典」に始まり、ステージショーや模擬店、ゲームや各種展示など楽しいイベント盛り沢山です。

今回、ステージショーに特別ゲストとして、

テレビ東京「THEカラオケ☆バトル」6冠の堀優衣さんが出演します。


天才歌姫の圧巻の歌声をぜひ堪能ください。

 

 

詳細は鹿沼市HP→http://www.city.kanuma.tochigi.jp/0108/info-0000003348-0.html

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




板荷中学校卒業式

 

  3月9日(木)市内10校で、平成28年度卒業証書授与式が挙行されました。

  ここ板荷でも、第70回の卒業証書授与式がしめやかに行われました。

 

  今年は、昨年までと少し形態が変わり、卒業生は舞台の上からの入場でした。

  舞台の幕が開くと3年前からでは、とても大きく成長した3年生11名が立派な姿で

  登場です。

 

 

 

【卒業証書授与】

    

 

 

 【学校長式辞】

  式辞の中で大塚校長先生からは、卒業生ひとりひとりに心温まるお言葉がありました。

 

 

 

  【教育委員会 卒業生に贈ることば】

   山崎文化課長が代読

  

 

  【来賓祝辞】

   佐藤市長、船生市議会議員、渡辺明恵PTA会長から祝辞をいただきました。

 

 

 

【卒業生に贈る言葉】

  在校生からは、お世話になった先輩の卒業生ひとりひとりに思い出そしてお礼の言葉がありました。

 

【卒業生別れの言葉】

  卒業生全員が、それぞれにご家族や先生がた、そして地域の皆さまに対し、感謝の気持ちを述べました。

 

【式歌合唱・校歌斉唱】

  皆さん感動のあまり声を詰まらせてしまい、なかなか歌えない生徒さんがたくさんいました。

 

 

  

    

 

 

 

    校庭でのお別れは、みなさん笑顔いっぱいでした。

    本当におめでとうございます。

    未来へ はばたけ!!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




穏やかに晴れた3月17日、粟野小学校でも卒業式が行われました。

まだ手の甲が半分隠れるくらいの、ま新しい中学校の制服に袖をとおした卒業生31人、緊張の面持ちで式に臨みます。

一人ひとり呼名され、校長先生から卒業証書を受け取りました。みんなピシッとして立派でしたよ。

 

別れのことばをかわすシーンは、いつも感動させられてしまいます。

思えばこの子たちが入学したのは東日本大震災の直後、校舎も旧校舎でした。それから6年、旧粟野高校校舎に間借りする期間を経て、まだ木の香りがする新しい校舎からの旅立ち、いろんな思い出ができたことでしょう。

ではまた。中学校の入学式でね

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 3月5日は二十四節気の啓蟄。

 2月24日に春の気配を探して撮った写真を掲載しました。その後、啓蟄を過ぎて随分春め

いてきましたので、様子を見てきました。

 3月15日  水曜日、梅の花が良く咲いていますが、山を見ると高い所は白く雪化粧を

していました。暖かくなってきたと思っても春分の日を過ぎるまではこんな日もありますね。

 3月16日  木曜日、雑木山も少し白くなってきたような気がします。

 

 

 下永野にあるコミュニティ公園の桜です。

 つぼみも膨らみ、色も緑がかってきました。

 開花が待ち遠しいです。

 

 

 河川沿い道路に植えられたスイセンもきれいな黄色い花を咲かせました。

 この場所は開花が早い方で、他の場所のスイセンはこれからどんどん開花するでしょう。

幹線農道と河川道路沿いに植えられたスイセンが全部開花すると見ごたえあると思います。

 

 こちらはコミセン周りで見つけた花です。

 タンポポなどの花があちらこちらに咲いていました。

 

 永野ではスイセンや桜など見事な花が楽しめます。

 これから少しずつ暖かくなりますので、どうぞ足を運んでいただき、地元のおいしいおそばと

 併せて楽しんでください。 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




3月14日(火)、菊沢地区老人クラブ連絡協議会による交流事業が千渡自治会館でおこなわれました。

  午前10時、会長のあいさつで開始                       それから・・・「ラジオ体操第1」

  

準備運動の後は、室内では「輪投げ」、屋外では「グランドゴルフ」 と、2種目に分かれて競技開始。すべて個人戦です

    輪投げの様子・・・・・

  

投げる輪は、赤色3個、青色3個、黄色3個の9本です。点数のつけ方を知っていますか?

輪が入っていた下の数字が得点となります。投げた輪が数字の9に全部入ると、最高得点の91点となります。

ちなみに輪投げ台の数字は、たて、よこ、ななめ3個を足すとすべて「15」になっています。例えば、上段の場合は、2+9+4=15です。

 

 

こちらは・・・・グランドゴルフの様子 

  

グランドゴルフの点数については、ホールインワンするとそのラウンドのスコアから3を引くことができるのを知っていますか

熱戦が終わり、  パンパカパーン 表彰です   おめでとうございます

  

やっと昼食の時間です  みんなでおしゃべりをしながらの食事は楽しそうですね。

 

眠くならないように、カラオケの開始です  カラオケの係の人も忙しそうです

  

「きよしのズンドコ節」にあわせての踊りも披露

まだまだ歌いたい人もいましたが、午後2時に閉会となりました。

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 好天気に恵まれた土曜日、地区内60歳以上の方々を対象に、第25回リフレッシュ講座を開催しました。

最初に『健康づくり講座 からだ編』と題して、保健福祉部健康課の出前講座を行いました。

参加された皆さんは、職員からの講話を熱心に聞き入っていました。  ウ~ン  なるほど・・・  

   

      間もなく始まります。              主催者の会長あいさつです。

  

                                    講話をしていただきました担当課の職員です。

   

 

  

    グー・チョキ・パー                    大人、赤ちゃんの体の細胞のお話・・・

 

 

 

   休憩時間を挟んで ”みんなで楽しく歌いましょう” カラオケでは、懐かしい曲が流れて皆さん

で歌いました。

  

【北空港】 デュエットです。      ばっちり   【二人は若い】いつでも若くいてください。 

 【青い山脈、高校三年生(声は高校三年生かなと思われたほど若い)、  

旅の夜風、南国土佐を後にして、東京のバスガール、憧れのハワイ航路、…港町十三番地、

リンゴの唄、北国の春、いつでも夢を、】  いつでも夢を持って元気に過ごしてください。

  

  調理室では婦人団体が、早くから調理に携わっていただきました。 約70食分はあるのかな? 

  

    間もなく出来上がりです。                寿司は仕出しですが、おいしいそう!! 

  

けんちん汁とほうれんそうのごま和えは手作りです。  『ふれあい昼食会』 全員でいただきま~す。おいしい~。

関係者の方々は、朝早くからお疲れ様でした。参加された方々も、体操、歌って、笑って、食べて、    

楽しんでいただいたことと思います。ありがとうございました。         

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




お知らせです

 

3月20日(日)、深岩聖観世音大例祭が行われます。

深岩観音は、弘法大師が開基したと伝わる歴史ある観音堂で、現在は地元 深岩自治会の方々の手により守られています

観音堂には、石幢(せきどう)があり、岩肌にはやさしいお顔の磨崖仏(まがいぶつ)も残っています。

洞窟の中に入ると、三十三観世音、大日如来などが祀られているのを観ることもできます。

ぜひお越しください。

 

  日 時   平成29年3月20日(日) 午前10時~

  場 所   満照寺 (鹿沼市深岩)

  問合せ   090-1663-3662(大嶋)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




3月11日(土)第6回給食サービスを行いました

今年度最後となる給食サービス
調理を担当してくれるのは、農村生活研究グループのみなさんです
朝早くからお世話になります。

どんなお弁当ができあがるか楽しみです
どうぞよろしくお願いします。

藤原郁子会長から作業の説明を受けると、みなさんさっと持ち場に移動し調理開始です
まずは、お米とぎからスタート

今回の献立は、
モロのしょうが煮
煮物(大根・人参・こんにゃく・さつまあげ・しいたけ)
ヘルシー炒め(糸こんにゃく・水菜・もやし・人参)
鶏肉だんご
サラダ(りんご・みかん・ハム・きゅうり)
ゆでたまご

ちなみにこの献立、毎回調理を担当してくれる団体のみなさんが考えてくれています
栄養のバランス、食材の食べやすさ、彩り等、高齢者の方が喜んでくれるメニュー作りに余念がありません
すばらしい

手慣れた様子で、どんどんお料理ができあがっていきます。
 
 

 

調理室は、煮物のいい匂いで溢れています
 

 


手際よくテキパキ調理が進み、あっと言う間に見本のお弁当の完成です
彩りもよく、おいしそうですね

料理ができあがったところで、南摩中ボランティアのみなさんが到着
今回は、女子バドミントン部の1~2年生7名、男子テニス部の1年生2名、合計9名が参加してくれました
引率は、川田美由紀先生です

まずは、整列して元気にごあいさつ。


藤原会長からは、『みなさんの元気をお年寄りに届けてきてください。』とお言葉をいただきましたよ

着替えを済ませたら、まずはテーブルを並べて会場の準備。
 

準備が整ったら、できあがったお料理を見本通りにお弁当パックに詰めていきます。
ご飯の量も、きちんと量ります


今回の南摩中ボランティアのみなさんは、今年度2回目の参加の方が多く、作業の流れをよく覚えていてくれました
いつも以上に、作業を分担しみんなが協力し合いながら手際よく進めることができました

 
 
 

今回のお弁当希望者は26名。
丁寧に心を込めて、お弁当を仕上げます。
詰め終わった後は、包装紙でくるんで、配達地区ごとに袋に詰め込みます
 


配達を担当してくれるのは、いつものように自治会長さんと民生委員さんです。
9名の中学生が6台の車に分かれてお弁当を配達します。
おいしい手作りお弁当を、元気な中学生が高齢者の方に届けに行ってきま~す
気を付けて、行ってらっしゃい
 


配達後は、みなさんでお昼をいただきます
今日は、3月11日
東日本大震災から6年が経ちました。
あの日のことを忘れずに、当たり前のようにご飯が食べられることに感謝をしなくてはと、民生児童委員協議会の髙野会長からお話がありました
みなさん真剣に耳を傾け、感謝をしていただきますのごあいさつをしました。
 
 

さぁ、召し上がれ
どれもおいしいそうですね~。
終始、和やかな雰囲気で、ますますご飯がおいしく感じます
 

みんな残さずきれいに食べて、ごちそうさま。
おかわりも、たくさんしてくれましたよ~
 


ごちそうさまの後は、最後にみんなでお片づけ
和室の掃除機かけも、調理室での洗い物も、みんなで協力したおかげで一気に終わりました
 
 

最後に、調理を担当してくれた、農村生活研究グループのみなさんにご挨拶をして終了です
 

みなさん、お疲れ様でした。

おいしいお弁当を作ってくださった農村生活研究グループのみなさん、配達を担当してくださった自治会長、民生委員のみなさん、
お弁当の盛り付けや配達で大活躍の南摩中ボランティアみなさん、引率の川田先生、ご協力ありがとうございました

今年度の給食サービスは、今回で終了です
来年度は、10月からまた始まります。
首を長くして待っていてくださいね

春がもうそこまできています
皆さまお元気でお過ごしください

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 3月13日(月)、加蘇地区福祉活動推進協議会主催の高齢者ふれあい招待事業が「そば処 久我」にて行われました

この事業は、主にひとり暮らしの高齢者を「そば処 久我」に招待して、保健師、加園駐在員等の講話後、食事会をして健康増進や地域交流を目的としています

毎年、地域内のおじいちゃん、おばあちゃんが集まって、お蕎麦を食べながらおしゃべりして交流を深めています

今日の参加者は52名です

まずはじめに、小林俊明自治会協議会長のあいさつ

次に、湯澤正福祉活動推進協議会長のあいさつです

そして、「そば処 久我」の、神山恵美子運営委員長のあいさつ

加園駐在所立柳巡査長による「交通安全」と「振り込め詐欺」の講話が始まりました

特に「振り込め詐欺」の被害は増えていて、「電話がかかってきたら、まず疑ってください!」とのことです

「折り返しかけます」や、電話を切ってしまうのも有効だそうです

みなさん気をつけましょう

次に濱口保健師による「介護予防」の話です

加蘇地区は高齢化率が市内17地区のうち4位と、結構高めとなっています

自立して健康に暮らせる期間「健康寿命」をできるだけ長くのばせるよういくつかのポイントを教わりました

口腔機能をアップする体操ですテープの音声に合わせて「カカカカカ・・・・・・・」

「むすんでひらいて」を歌わずに口を動かします

これが結構疲れます

みなさん、一生懸命口を動かしていました

軽く運動「つま先あげ」や「かかとあげ」も行いました

保健師と普通のジャンケンの他、負けるジャンケン、左手は勝って、右手はその左手に勝って・・・

など、いろいろなジャンケンをしました

かなり脳力がアップしたのではないでしょうか

簡単な動作なので、お家でも毎日少しずつやっていただければと思います

そして、お待ちかねのお食事タイム

「そば処 久我」のお蕎麦は、本当に美味しいですよね~

ワイワイおしゃべりしながら、みなさん美味しいお蕎麦に舌鼓を打っていました

みなさんとてもいい笑顔で、楽しいひと時を過ごされたようです



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




天和元年(1681年)、夢に出た神のお告げにより伊勢神宮に詣で、許しを得て建立された岩戸神社の例祭が

3月12日(日)行われました。

この由緒ある長い歴史の神社と、これを長い間守り続けている方に感銘を受けました。

引田囃子連の五段囃子も奉納され、お迎えしてくれました。

93段ある石段を登り始めると、チェーンソーアーチスト小林哲二さん作の「狛犬」がありました。

ゆっくり登りましたが、途中疲れました。

岩窟に祭られた本殿の風景は厳かで圧巻です。

岩戸神社は、「引田の大神宮さま」として広く信仰を集めてきました。

今日も大勢の参拝者でいっぱいです。

御札をいただき、お参りを終え神社入り口に戻ると、お赤飯や「チャリ鍋」のごちそうをいただきました。

「チャリ鍋」とは、「チャリ(自転車)」と「鍋(コミュニケーションと言えば!)」を組み合わせた造語。だそうです。

きめ細かな心遣いを感じ美味しくいただきました。

自転車で集まった方も含めて大勢の方で賑わい、鍋を囲んで語りあいました。

地元の方々とも交流を深めることができ、楽しい1日となりました。

岩戸神社があるこの引田地区は山間部でありながら、活気と情緒にあふれ、思いやりのある心優しい地区だと感じました。

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 平成29年3月8日午前9時30分から「そば処 久我」で、グラウンドゴルフ大会に併せて高齢者の交通安全教室が開かれました

交通安全協会加蘇支部 小林俊明支部長のごあいさつです

小林朝一会長からグラウンドゴルフのプレーの説明です

さあ、いよいよプレー開始です

私も今回初めてプレーしましたが、、、

力加減が難しく、ボールが思ったところで止まってくれません

慣れている参加者の方は、ホールポストの近くまでボールを寄せます

さすがですね~

あちこちで「ホールインワン!」の声も聞こえてきます

 

2ラウンドが終わって、休憩です

ここで、加園駐在所の立柳巡査長から「交通安全」と「振り込め詐欺」についての講話がありました

最近、アクセルとブレーキの踏み間違いによる事故や、「医療費が戻る」という詐欺が増えているそうです

みなさん、真剣に耳を傾けていました

講話終了後、残り2ラウンドをプレーし競技終了

合計打数を出して表彰式です

優勝者に賞状と賞品の贈呈です

おめでとうございます

その他、「ホールインワン賞」や、「参加賞」、「飛び賞(8位、18位、28位)」などもありました

当日は天気が良く(風がとても強かったですが)、皆さん和気あいあいと楽しそうにプレーをされていました

これからも交通事故や詐欺にも注意してくださいね



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




3月7日(火)の雨の降る中、板荷小学校の5年生達が、集めたペットボトルのキャップを板荷コミセンまで歩いて持ってきてくれました

 

 

環境とボランティアの学習の一環として1年前から集め始めて、全部で12,418個も集まったそうです

 

『エコキャップ運動』とは、ペットボトルのキャップをリサイクルメーカーへ売却し、その収益で発展途上国の子ども達にワクチンを届けるという取り組みです

キャップ800個で1人の子どもの命が救えると言われています

 

持ってきてくれたキャップはクリーンセンターへ届けます

みなさん、本当にありがとうございました

 

5年生達は雨にも負けず、元気よく小学校へ戻っていきました

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ