旧学生自動車評論家

引っ越しました。新しいURLはhttp://kurumahyouron.blogspot.com/です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お知らせ!

2010年10月30日 | 日記
この度、
学生自動車評論家は
移転することにしました。
gooブログでは色々支障が出てきたもので…
使い勝手も新しいブログの方が全然良いんです!
新しい学生自動車評論家のURLは↓
http://kurumahyouron.blogspot.com
となっております。
お手間かと思いますが、リンクされている方はリンク先の変更をしていただけると助かります。
よろしくお願いします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Compact Renaissance ZERO

2010年10月23日 | スポーツ・スペシャリティ
最近、やたらとCR-Zを道端で見かけます。その度におぉカッコいいなぁ~と。僕はハッチバックが大好きなんですが、こういう2ドアハッチバックは特に好きです。VWシロッコやC4クーぺなんか最高。しかし、このCR-Zは冗談抜きにこのクラスで一番にカッコいいと言えるクルマだと思います。機能云々より直感的にカッコいいスポーツカーだなぁってワクワクさせてくれます。ホンダのクルマでそんな気持ちになるなんて珍しい…かも?

エコカー免税のおかげか?スポーツカーという異質で売れにくいキャラクターのクルマにしては、随分売れたようです。まぁスポーツカーというよりはホットハッチと言った方が適当かな。でも、250万する2ドアの車なんだから結構贅沢品でしょ。フィットやインサイトにも似たデザイン理念が取り入れられてはいるものの、CR-Zはインサイトみたいに他社製品のパクリっぽくもなければ、フィットみたいに不協和にもなっていない。後輪の張り出し感が強調されていて、変に凝ってなくて割とさっぱりしたデザインなのがいい。CR-Xにはそんなに思い入れは無かったけど、それを懐かしむ人はいるんだろうな。とにかく、ここ数年のホンダのクルマの中で、デザインで欲しいと思えるのは珍しいですね。雰囲気もガチガチのスポーツじゃないところがまた良い。これくらいの距離感でスポーツカーと付き合いたいって人は少なくないんでしょうね。ふだんをデザインするハイブリッドと言うだけのことはあります。


インテリアは相変わらず整然としていない。ホンダらしいといえばホンダらしいけど、こんなにスイッチ類が散在しているインテリアってなかなか見ない(あ、イヤミですよ)。継ぎ接ぎだらけみたいで、複雑。なんか、ガレージで作った試作車がそのまま製品化されてしまったみたいな感じがしてなりません。これもホンダの味といえば、味なのかな。全般的にデザインの意匠がバラバラなのもそう。ホンダは機能のパッケージングも含めてデザイナーの仕事になっているとはいうけれど、もう少し何とかならないだろうか。確かに、ドライバー視点から見るとハンドル周りにスイッチ類を集中させて、操作性をよくしているつもりなんだろうなぁって思う。しかし、具体的に言うと、モードスイッチよりドライバーサイドにエアコンのスイッチがあるというのはおかしいでしょ?CR-Zは違うけど、メーターフードがハンドルの外と中で2つもある車っていうのもおかしいと思う。クルマの使われ方わかってんのかなぁって思ってしまう。カーデザイナーが芸術品を作ってるようなことをコマーシャルで言っちゃうメーカーもどうかと思うけど、その会社のインテリアデザインの方が使い勝手が良いと思うことが多いのは事実。
機能面でも見た目の面でも、ホンダはこういう方針なんだ!っていうのが定まっていないし、一応定めてもすぐにコロコロ変わる。ホンダなりに理念を決めたらどの車もその理念で作って、ホンダはこういう考えで車を作ってるんだ!っていう統一された意思が感じられるものであって欲しいですね。その理念に賛同出来る人はずっとホンダの車を乗り継いでいくだろうし、そうやって会社の色というかイメージができ上がっていくんだと思う。まぁ国産ではマツダぐらいしか統一された意思みたいなものは感じられないけど。



ハイブリッドという異なる動力を併せて使うことで、メリットを引き出すのがハイブリッドテクノロジーならば、プリウスは燃費のためのハイブリッド。CR-Zはハイパフォーマンスを成立させるためのハイブリッドということになるはず。ハイブリッドという言葉はあくまで”混成”という意味であって、決してハイブリッド=エコではないのだから。CR-Zの言い分としては、ハイブリッドによってその特性をエコにもスポーツにも振れるってことでエコとスポーツの両立が出来ると謳っているんだろう。でも、それで免税だなんてなんか笑っちゃう。
ハイブリッドなんだから、電気モーターのアシストによってMT操作でエンジンを吹かす必要がなくなるとか、モーターの応答性を活かしてローンチコントロールするとか、ハイブリッドだからこそ味わえるパフォーマンスが欲しい。現状のCR-Zなら、モーター、バッテリーレスで欧州シビックタイプRのエンジンでも積んでくれたら本当に欲しいと思ってしまう。要は外面だけほしいってことなんだけどね。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

あ~あ、ホントに出しちゃったよ。

2010年10月10日 | ハッチバック
フィットがマイナーチェンジとともにハイブリッドを追加しました。値段は159万円~。ハイブリッドカーでこの価格は破格でしょう。だって単純に計算しても、三十数万円でモーターとバッテリーがついてくるんだから。まだホンダの社長が福井さんだった頃から話にはなっていましたが、まさか本当に売るとは…これでホンダのハイブリッドカーはインサイトにシビックハイブリッドにCR-Z、そしてフィットハイブリッドで計4台になりました。
注目の燃費はなんと!10・15モードで30km/L…?ベースが同じであるインサイトと同じ燃費を叩き出します。もう少し日産マーチ(26km/L)が頑張れば出せそうな燃費のような気もしなくはないですが…僕が思うに問題はインサイトと同じ燃費だということでしょう。同じ燃費なら安くて後部座席も広々としたフィットの方がイイに決まってます。インサイトの商品としての魅力が相対的に劣り、フィットがインサイト食ってしまうような気も…まぁかといって30km/Lを下回ってしまうようではハイブリッドしている意味が無くなりますからねぇ~。難しい所なのかな?でも、インサイトよりモーターアシスト量・領域を増やし、なおかつ重量は60kgも軽い。これで同じ燃費なの…?
注目なのはプリウスやインサイトのようなハイブリッド専用車という売り方ではないという点。シビックハイブリッドのような顛末になるのか?ノーマルモデルと併せて月間販売台数トップに返り咲く存在になるのか?市場の反応が気になります。
僕は基本的にこの手のハイブリッドカーは嫌いです。というかエコカーなのか?実態がはっきりしていないのにエコカーとしてすっかりもてはやされていることが嫌なのでしょう。
それでも、プリウスはまだ高等な事をしているクルマという点で素晴らしいと思います。もちろんエンジンとモーターというまるで特性の違う動力源を制御するという技術を持っていること自体、フツーのクルマには無い高等なことではあるのですが、プリウスの燃費に対する徹底ぶりを見てしまうと、ホンダのハイブリッドカーが性能で劣っているのは明らかなわけで。CMで盛んに謳っているけど、シンプルだろうと軽かろうとハイブリッドにしてまで獲得した燃費が30km/Lというのはどうなのでしょう?イニシャルコストが安いので元は取れそうな燃費ではありますが、ライフサイクルアセスメントの視点からこの燃費が良いといえるものなのか?そこがはっきりしてくれればスッキリと受け入れられるような気がします。正直、もともと燃費のよいフィットであるがゆえ、そんなに驚くような燃費には聞こえないんですよね。30km/Lっていう値は。こうしてみると逆にインサイトやプリウスからモーターとバッテリーを取り去っても意外なほど燃費は良いのかもしれません。
フィット自体に話を移しましょう。ぶっちゃけ、フィットは現行型にフルモデルチェンジしてそのデザインにまとまりが無くなり、インテリアは何ともスッキリしてなくて、燃料タンクを前席下に配したパッケージングは確かにスゴいんだけど、そこまで売れる見た目でもないだろ~と思ってました。だって明らかに変なんだもん、このエクステリアは。いやもう、本当に。ホンダのデザイン部門が使っているコンピュータが古くて曲線が出せなかったとかそういうことでもなけりゃ納得がいかない、もっとシャッキリしてほしい!ってね。その辺は今回のマイナーチェンジでも相変わらずのようです。
マイナーチェンジ前に軽く乗った時の事を綴っておくと(マイチェン前かよ!)乗り味は若干ヒョコヒョコするような気もするものの、スムーズに走ってくれました。シートはゆったりと座らせてくれて、初代モデルの毛が立ったような変に服が引っかかる材質では無くなったのも良かった。ドアミラーも小さい気がしていたのですが、現行型からはデカデカとしたミラーでこれも好印象。前方視界も広くパノラミックルーフが用意されているのも良い。総じて良く出来てるんですけど、このデザインが…ねぇ。
ライフでおなじみの半自動パーキングアシスト(トヨタのような全自動ではないという意味で)がフィットにも採用されたところをみると、僕はこんなのつけるヤツなんかいない!と思っていたんですが、つける人が結構いるんでしょうね。
先ほど例にも出した通り、マーチがもう少し頑張れば例えハイブリッドカーのフィットでも追いつけるのではないか?と言いましたが、日産はVWに負けじとガソリン3リッターで100km走るマーチの開発をやっているそうです。マツダも高圧縮比の直噴ガソリンエンジンでFSIの独壇場となりつつある直噴+過給エンジンに攻勢をかけるようです。最近つくづく思うのはエンジン屋のホンダはどうなってしまったのか?という事です。ホンダのエンジンといえば、高回転型で元気よく回るというイメージが強い。もちろんそれだけがエンジンに求められることではありませんし、時代のニーズからすれば、いかにエコロジーなエンジンを開発するか?が求められています。近頃のホンダはすっかりエンジンで話題にのぼらなくなったような気がします。ホンダの今後のビジョンがどんなものなのか?それに伴う方針としてエンジンはどうなっていくのか?日産やマツダのような明確な提示はされていませんが、エンジンでも驚かせて欲しいです。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

JEEP EXPERIENCE CARAVAN 2010 in 群馬

2010年09月28日 | レポート
ジープエクスペリンスキャラバン2010に行ってきました。ホームページによると、日本各地で行われているそうで、基本的に大型商業施設の駐車場を会場とした、内容はジープのオフロード性能を体感しよう!という家族向けのイベントでした。東京モーターショーでも、ジープのクルマは見る事すらできなかったので、ジープのみならず、ダッジやクライスラーなども存分に見てきました。

なんといっても、目玉はジープによるオフロードコースの試乗。試乗コースはある程度の技能が要求されるということで、ドライバーによる運転に同乗するというものでした。38°のバンクやコブ、互い違いのギャップなどの金属製コースを通過します。ちなみにバンクはチェロキーだと45°までいけるそうですよ。
4輪が接地する事は殆どなく、ほぼ3輪。むしろ2輪の瞬間すらあるというのに、こともなげに通過していきます。接地していないタイヤが空転して接地してるかどうかを読んでいる様子やギャップに対してたっぷりとしたストロークでしっかりとギャップに対応する脚回りで通過する様子を見ていると、まるで生き物のような印象すらあります。急がなければ、どんな所でも行けそうでしたね。そして、ちょっとやそっとの傾きではびくともしない安定性を持っていて、ドライバーの方はわざと大きな揺れが起こるような運転をしたりするのですが、不安定な印象は全くありませんでした。あまりの角度に乗ってる方はビックリはしますけどね。
意外だったのは、毒キノコことフェンダーミラーが無かったこと。代わりにドアミラー下部に仕込んだカメラを助手席側のドアの液晶画面に常に投影することで視界を確保する。というアメ車らしからぬ、きめ細やかな装備が標準化されていました。
それから、ジープに限らず、クライスラーグループのクルマが展示されていたので、軽く見てみました。
ミニバンのグランドボイジャーははっきり言って大した事無かったですね。シートはこれだけ大きなクルマでありながら、ちっともたっぷりしていないし、ぶっちゃけ不出来な代物。デザインも良いとは思えないし、最近よく乗る2つ前のオデッセイの方がよく出来てると思います。まぁ運転したわけでは無いのでなんともいえない部分はありますが、こんなクルマで日本の激戦区であるミニバン市場に勝負をかけようだなんてナメてるの?ってくらいでした。PTクルーザーは良くも悪くもあのデザインが決め手ですね。古いけどまぁ面白いデザインだからこういうのが好きならいいんじゃないの?といった感じでした。
色んなクルマがありましたが、一番驚いたのはダッジチャージャー。600万円~のいわば高級車の部類でありながら、左ハンドルでメーターはマイル表記、エアコンは華氏表記、リバースランプは後付け、チルトテレスコピックは手動、インテリアは全般的にチープ。こんな車をよくもまぁ売ってるなと思いました。ただ、このスポーツカーのようなデザインはホントにカッコいい。安っぽいインテリアも含めて個性ですよといわんばかりで、いかにもアメ車って感じでした。まぁこの車を欲する人はインテリアのクオリティなんてどうでもよくて、このデザインとパワーとアメ車としての雰囲気が決め手なんでしょうね。クオリティを買うのではなく、文化を買うといった感じなのかも。ある意味、文化みたいなものでクルマが売れるのは日本車には出来ないことですね。
家族向けのイベントということもあって、来場客層はやはり家族連れが多かったです。クルマの試乗がアトラクションのようにできるのはある意味ジープならではで非常に面白かったですね。こういう体験型のイベントの方が印象にも残るし、日本のメーカーも積極的にやってほしいです。こういうところでお客と広く接点とっていくことも若者のクルマ離れを抑える一つの術なのかなと思います。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

能登旅行

2010年09月16日 | ドライブ
先日、能登まで旅行に行ってきました。
足はもちろんクルマ。マツダのアクセラスポーツを借りていってきました。
残念ながら、借りる事が出来たのが旧型アクセラで、アクセラ自体は以前にセダンに乗った時と同じような印象でした。おまけに、状態があまりよろしくない物で、高速走行時に異音がする、ワイパーはうまく拭き取らない、ボディは細かいキズだらけという有様でした。改めて乗ってみるとこの手のステアリングはパッセンジャーに気を使って走りにくいなと思いましたね。急な挙動の変化が起き易い気がしました。自分一人で乗るならスポーティで楽しいんですが。
能登といえば、水曜どうでしょう試験に出る石川県・富山県の舞台。ということでどうでしょうがらみの観光スポットも巡ってきました。
ルートとしては上信越自動車道で長野→新潟を経由し、富山県へ。
夜中に出発したので能登にて朝を迎えました。
能登半島の先端を目指し、海岸線をひた走ると至る所に風光明媚な風景が広がります。なんでもここは日本三大聖域なんだとか。
義経の船隠しは本当に船が隠せそうな、断崖絶壁でフェンス一つないので肝が冷える思いでした。
飯は海鮮丼!このブログで食べ物に触れたのはこれが初めてかも…マジでおいしかったです。海なし県では味わえないものでした。
白山スーパー林道は実に素晴らしかった。石川県から岐阜県に繋がる白山の道で、もう風景はもののけ姫のようでした。
走るには実に気持ちのイイ道でグランツーリスモに収録されているコース、アイガーみたいな感じでした。風景に気を取られて走りに集中出来ないかも…
そして、世界遺産を見に白川郷の合掌造り集落をみてきました。世界遺産ということだけあって、平日でも観光客が沢山訪れていましたね。ただ、その集落は観光スポットとして開発されたものではあるものの、集落なのでそこで生活している人たちはもちろんいる訳で。世界遺産に選ばれる事が本当に良い事なのかなぁ~?なんて思ったりして。
残念だったのが、なぎさドライブウェーが強風で通行止めだったこと…まぁ天気なので仕方がありませんがね。いずれリベンジしたいと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加