山形建築研究所-BLOG-休憩室

ここは建築設計事務所-山形建築研究所の休憩室です。
・・・・・・・ちょっとひと休みしていきませんか?

百日紅

2020年09月13日 | 雑感
今朝の散歩道から百日紅。

漢字で書く「百日紅(ヒャクジツコウ)」は、開花期が長いことからつけられた名前。初夏から秋までほぼ3カ月間、ほぼ100日間も咲き続けるとのこと。
百日紅とかいてサルスベリとも読みますが、樹皮がツルツルしていて猿ですら滑り落ちてしまいそうなので「猿滑(サルスベリ)」

サルスベリの花には形の違う2種類のオシベがあるって、皆さんご存じでしたか?

真ん中の黄色いモニャモニャとその周辺からウニョウニョと伸びているもの、両方ともオシベなのです。
なんでも虫たちが黄色い花粉を夢中で食べているうちにウニョウニョのオシベが「スキあり!」ってな感じで
背後から虫たちに花粉を擦り付けるんだとか・・・なかなかのツワモノです。(^^
黄色く目立つオシベは花粉は出すものの染色体を持たない見せかけ倒しのニセの花粉。
どうやら黄色い色のオシベに虫たちは引き寄せられるようです。

赤提灯に引き寄せられるように、紅く咲いた花に引き寄せられ、じっと写真を撮っている僕は、ヤブ蚊に刺されて・・・痒い! 


-山形建築研究所-ウエブサイト

コメント   この記事についてブログを書く
« お初 | トップ | 秋のアサガオ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事