まんじゅうのつぶやき

まんじゅうです。司書をしている一女の母です。
読んだ本の感想や日々のつぶやきを。
鶏頭なので忘備録を兼ねています。

小野不由美「悪夢の棲む家」

2018-01-05 18:35:20 | 読書のすすめ
今日も寒かったです。
図書館は久々の開館で未曾有の混み具合でした。
(私たちは昨日から仕事でしたが。。。)

さて 小野不由美の「悪夢の棲む家」を読みました。

小野不由美のティーンズ向けベストセラー「ゴーストハント」シリーズの最終編です。

小野不由美と言えば「屍鬼」とか「残穢」とかホラーというイメージですが
多分 初期のころに書いたのが この「ゴーストハント」もとい「悪霊シリーズ」。

中学校の図書室のおばさんお姉さんだったころ 
常連ちゃんの一人が 
「先生 ゴーストハント入れてよ!」
と 嘆願してきたので 学期末に入れたら 
図書費が一気になくなり 他の常連君の本を期内にいれてあげられなかった思い出が。
高いのよ リライト版。
常連君は事情を話したら 4月まで待ってくれましたが・・・

当時入れたのは久々に出たリライト版。
実際の悪霊シリーズは 1989年から1994年までの間に出されたもので
携帯電話のケの字もない時代。
公衆電話やカセットテープがバリバリに現役だった時代。

その後 漫画になり アニメになったりしたが 
ちょうど私は 本から少し離れていた時代。
読む機会がなかった。

時代の流れは 感じるものの 若者を惹きつけてやまないゴーストハント。
すごいな小野不由美と思い さらに「十二国記」を読む機会を与えてもらった。
常連ちゃんに感謝しています。

現在私は このゴーストハントシリーズリライト版を自分で買って 持っています。
怖くて一人の時読めないんだけど・・・

大分前に職場の先輩とゴーストハントの話になり
「続きあるの知ってます?」
と言われ リライト版が 最後のこの「悪夢が棲む家」をカバーしてないことを知った。

なんてこと~。
と思ったら 先輩が貸してくださった。

前置き長くて済みません。

ゴーストハントシリーズは 高校生の女の子麻衣が主人公。
麻衣が通う学校の旧校舎は取り壊そうとする度 事故が起きる。
その調査依頼に訪れた渋谷サイキックリサーチ所長 ナル。
怪しいお祓い集団も現れて・・・・
と ゴーストハントファミリーが集うわけである。

そのゴーストハントシリーズは さまざまな怪事件解決した後
消息不明だったナルの兄 ユージンの遺体が見つかることで一旦終止符が打たれる。
その先が この「悪魔が棲む家」。

母と翠が二人で移り住んだ家は 光が入る窓が一切ない一軒家だった。
窓の先ほとんどに 隣家の壁が迫っていて
そうでない窓には 鏡がはめ込まれている。

そのうち 母 礼子の様子がどんどんおかしくなってくる。
うわごとのように 「帰ってきちゃだめ」を繰り返し日に日に衰えていく母。
翠自身も 風呂桶に血のような水が溜まったり 鉈をふる男性を見たり
不気味な体験を繰り返すうちに 渋谷サイキックリサーチに調査を依頼するが・・・


いつも思うが 小野不由美の怪談は本当に怖い。

ファンのくせに怖くて 「屍鬼」も「残穢」も読めない。
「残穢」は今年読もうとしたが 急にリビングの蛍光灯が切れたり(本体交換となった)
ラップ音が半端なかったりと 怪現象が続いたため 読むのを断念した。

だって 本当に怖いんだもん。

大丈夫な方は 是非このゴーストハントシリーズを読破して
「屍鬼」とか「残穢」に行ってください。

私の屍を乗り越えて行ってくれ~TT

私が過去に書いたゴーストハントの感想はこちら。
「1巻」   「4巻」 よろしければ ご覧ください。)

ゴーストハント1 旧校舎怪談 (幽BOOKS)
小野 不由美
メディアファクトリー


ゴーストハント4 死霊遊戯 (幽BOOKS)
いなだ 詩穂
メディアファクトリー


なんと この「悪魔が棲む家」には女子大好き(なはず)の兄ユージンが出てくるのですよ!
必見です。


いがぐりお 怖い話大丈夫!?
いがぐりおをクリックしていただけると幸いです。
人気ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

成人の日

2018-01-03 18:02:54 | 
今日は都心に出かけました。
都心も寒かったけれども帰って来たら 群馬はさらに寒い。
北風吹き過ぎでしょ?

さて 9日で娘が二十歳になります。
生まれて来てくれたのが ついこのあいだのような気がします。

年末年始バイトだった娘がようやく帰ってきました。

なんと 二十歳の記念にといって こんなものをプレゼントしてくれました。

ALINCO(アルインコ) クッションマッサージ めぐり ブラウン MCR8116T
ALINCO(アルインコ)
ALINCO(アルインコ)


椅子に座りながら寄りかかるタイプのマッサージ器。
自分には強すぎたけれど 私にはちょうど良いのかなと思って
店員さんを巻き込んで さんざん悩んでくれたようです。
その気持ちが何より嬉しい!
そしてとても気持ちいいでです。)^o^(

私が二十歳になった時は 親にプレゼントなんて考えもしませんでした。

やるなあ。
普段母の日も誕生日もスルーなので 予想外の出来事でした。

いつも なんくるないさ〜のいい加減な母の子とは思えません。(T . T)
(注:沖縄の方がいい加減と思っているわけではありません!)

この後娘がどのような人生を歩んでいくのかはわかりませんが
幸多かれと祈るばかりです。



いがぐりおも一緒にお祝いしてあげてね!
いがぐりおをクリックしていただけると幸いです。
人気ブログランキングへ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

おめでとうございます

2018-01-01 16:03:15 | 群馬の日々
今日も北風吹き荒れる晴天の群馬より

新年明けましておめでとうございます🎊



今年もよろしくお願いいたします。

毎年恒例のニューイヤー駅伝の応援に行って来ました。
選手の皆様お疲れ様でした。

新年早々 頑張る選手さん達に 声援を送るのが楽しみです。

今年も沿道の声援に ラストスパートをかける選手さんたちを見て
一年分の元気をもらい清々しい気持ちになれました。

今年は4車線の道の反対側からの応援となり
結構大声出しました。
一年で一番大声出してるかも?

年末ジャンボは 末等が2枚当たりました。^_^
今年もいつも通りの年明けです。


いがぐりおもいい年にしようね!
いがぐりおをクリックしていただけると幸いです。
人気ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

晦日ですね

2017-12-30 23:46:14 | 群馬の日々
今日も風が強かった群馬。
皆様のお住まいの地域はいかがでしたでしょうか。

さて 早いもので今年ももう晦日ですね。
余すところあと1日。

実はこの期に及んで スマホデビューを果たしました。
「スマホにせねば いつかきっと恐ろしいことが起きるぞよ。」
と散々娘に脅かされ続けて 決意しました。

言っていいですか。
スマホは画面が小さすぎる。((((;゚Д゚)))))))

読むのはまあいいんです。
選択したりする時 必ず隣かその隣を選んでしまう。
さすが 不器用は続く〜よ ど〜こまでも〜🎶(線路は続くよのメロディでどうぞ)
泣きたい。(T-T)

iPadを使って一年近くたつのでなんとなくはわかるんですが。。。

機能を使いこなす自信がない。

そんな年末です。

今年 応援してくださった皆さま 本当にどうもありがとうございました。
来年もどうかよろしくお願いいたします。
皆様にとって素敵な年となりますよう
心よりお祈りいたします。


いがぐりおもいい年にしようね!
いがぐりおをクリックしていただけると幸いです。
人気ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

烏賊

2017-12-27 00:16:43 | グルメ
今日も寒かったですね。
でも明日はもっともっと寒いらしい。
皆さまお体をお大事になさってください。

さて 私は烏賊(イカ)が 好きである。

愛していると言ってもいい。

以前 牛蒡への愛を切々とつづったが 
烏賊への愛に目覚めたのも 割合最近である。

実家の母が 烏賊の刺身が大好きであった。
このため お刺身 手巻きずしとなると必ず烏賊の細切りがお出ましした。

しかし 何とはなしに 好きじゃなかった。
食べろと言われて 食べて苦痛と言うわけではない。
とはいえ 自分から箸を伸ばすほどでなかった。

近所の鮮魚コーナーに ヤリイカが並ぶ。
親指大くらいのサイズから 並びだし
今は まあちょっと小ぶりの普通の烏賊くらいになっている。

烏賊と言えば 前処理が面倒という意識があるが
それほどでもない。

牛蒡のササガキと一緒で 美味しい烏賊を食べるためなら苦労を厭わないからである。

烏賊を前処理して ホールトマトの缶とオリーブと煮込む。
キノコがあれば キノコをいれ
甘めがいいなあと思ったら ケチャップを入れる。

後は煮込むだけ。

簡単である。

そして 烏賊の出汁が出ていてすごくおいしい。

オリーブの実も アクセントになって美味しい。

このところ 毎週のように食べている気がする。

先日やや小ぶりのイカに成長したヤリイカ君たちを下処理していたら
烏賊のお腹からたいして大きさの変わらない魚がそのまま出てきた。
おそらく鯵?

今年の結構ビックリ事件である。

正体不明の魚は食べずに、烏賊本体は調理した。

烏賊って魚食べるのですね。

因みに何故烏賊という字を当てるかと言うと

襲ってきたカラスを襲い返すとういう噂かららしい。
事実なら怖い。

さすが。。。烏賊。
愛を通り越してリスペクト対象である。

そんなこんなで今週の烏賊とオリーブのトマト煮、美味しくいただきました。^_^

いがぐりおは烏賊好き?
いがぐりおをクリックしていただけると幸いです。
人気ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加