まんじゅうのつぶやき

まんじゅうです。司書をしている一女の母です。
読んだ本の感想や日々のつぶやきを。
鶏頭なので忘備録を兼ねています。

「僕だけがいない街」Another Record

2017-06-27 23:02:54 | 読書のすすめ
きょうもくもりでしたね。

さて 三部けい原案 一肇[著] 「僕だけがいない街 Another Record」を読みました。
僕だけがいない街 Another Record (角川書店単行本)
三部 けい
KADOKAWA / 角川書店


これは 三部けいによる漫画が 2016年1月よりアニメ化され
さらに 実写映画化もされたものを別視点選り描いたものです。

人とは異なる能力をもつ主人公が ずっと後悔していた過去を全力で変えるという物語。
主人公 藤沼悟は 何か理不尽な事が周囲で起きると(例えば居眠り運転による交通事故) 
その直前まで 何度もタイムリープし その過去をいいように書き換えなければ 
例えば 事故で人が死なないように助けなければ また何度でもそこに戻されてしまうという
特殊能力を持っている。(作中では”リバイバル”と読んでいる)

悟は 小学生のころ北海道に住んでいて 当時世間を騒がせていた連続児童殺害事件で
友達と同級生を二人喪っている。
そして そのことをとても後悔している。

現在は売れない漫画家をしながら ピザ宅配でアルバイトする毎日。
そんななか同僚の少女がストーカーに殺害されるのを 阻止しようとして
逆にその犯人として 警察に逮捕されそうになる。
その際中 リバイバルが起きて 悟が戻ったのは あの小学生時代だった。


と言う感じのストーリーなのだが とてもよく練られていて
キャラクターも極立っていて 放映当時 かなり楽しみにしていた番組だった。

この本は その漫画原作者原案で 連続児童殺人の犯人の手記が主となる小説である。
つまり 実に37人を殺害している連続殺人犯の視点で描かれたアナザーストーリーと言うわけだ。

この手記が見つかったために、精神鑑定が行われ、1審の死刑判決に対し、2審は、逆転無罪が言い渡されてしまった。
そして迎える最高裁。連続殺人犯八代学の 援護を引き受けるのは、
小学生の時、連続殺人犯矢代学をリバイバルしてきた悟と一緒に阻止した同級生で、今は弁護士の小林賢也。

同じ事件を別の視点で見るというのは ともかく興味深かった。
でもオリジナル漫画もしくはアニメをご覧になっていないとわけがわからないかもしれまえん。

普通人の皮を被っていた八代学が、どうしてこんなことをするようになったのか?
あまりにも自己中な言い訳なれど腑に落ちます。
そして原作で悟たちが負けなかったこと。

まずは原作漫画またはアニメを是非読んで見ていただきたいけれど、ほんとうに面白いです。
おすすめです。

いがぐりおは リバイバルしたことある?
いがぐりおをクリックしていただけると嬉しいです。いつもありがとうございます。^^/
人気ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

宮下奈都「たった、それだけ」

2017-06-24 17:41:42 | 読書のすすめ
今日も暑かったですね。
取水制限も出だしたようです。
そろそろ雨が欲しいですね。

さて 宮下奈都の「たった、それだけ」を読みました。

たった、それだけ (双葉文庫)
宮下 奈都
双葉社


大手商社に勤める”望月さん”は、会社がらみの大きな贈賄事件の関係者で、
組織ぐるみのスケープゴートにされる。
優しさや気遣いが上手い望月さんは職場で何人もの女性とそういう関係。
その一人である夏目の訴えで逃げることを選択し行方をくらます。

四十過ぎの望月さんには、家族がいた。
妻と九か月になる娘ルイ(涙)。

そんな夏目、望月の妻加南子、望月の姉、成長したルイの担任、ルイ、そして大橋君という
6人の目線で語られる短編集。


最後にでてくる大橋君の話が特にがいいなあと思った。
高校を中退して介護の仕事をしている大橋君は
自分のことを無知でバカだと感じている。
そんな大橋君は 同じ施設で働き
どんな介護相手もにも動じず穏やかに接することができる益田さんを尊敬している。
そこである日聞いてみる。
「俺、ばかだから、すごく失礼なことを言ったりやったりしてるんじゃないかと気になります。」
それは大橋君にとってすごく正直な気持ちで言いながら鼻の奥がツンとなってしまう。
すると益田さんが言う。
「大橋くん、それは違います。」

実はいい年してなんですが、本当に自分の機転の利かなさに辟易する毎日で
しかも鶏頭により、さらに拍車がかかり
毎日毎日 大橋くんと全く同じ気持ちで過ごしている。

人を傷つけてしまっていないか?
不用意にそんな行動や発言をしてしまったのではないか?

だから 益田さんのその後の発言にはちょっとホッとしました。
間違っているのかもしれないけれど それくらいでちょうどいいのかも・・・
私もこれを書いていて鼻の奥がツンとしてしまいました。


最後の大橋君だけ 一体誰よ?
と思いながら読んでいたが 最後の最後でつながる。

たった、それだけ。
お勧めです。

いがぐりおは 鼻の奥がツンとしたことある?
いがぐりおをクリックしていただけると嬉しいです。いつもありがとうございます。^^/
人気ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

初試乗

2017-06-17 07:46:21 | 
今日も暑くなりそうですね。
とは言っても 夏ほどではないか。。。

さて この春 娘が 世界の皆様にとってはとても恐ろしいことに 運転免許を取得した。
普段別々に住んでいるので 車を持っていない娘に運転の機会はない。

しかし 群馬に帰ったときくらい運転させないと
ペーパードライバーになってしまいそう。

そこで 覚悟して 先日帰省した娘の助手席に・・・

あれ?
横で キャーキャー言っているけど 割と普通。

左折するときキープレフトすぎて 怖いとか
右折してお店に入るとき 
焦り過ぎて アクセルをブーンと吹かすとか
そういうときもあったけれど
まあ あとは普通だった。
【ふ・・普通なのかよう分からんが・・・^^;)

当たり前か・・・
一応教習所卒業してるんだものなあ。

同乗したら もっと ずっと怖いと思っていたけれども
娘は 中高時代 自転車で走り回っていて道を覚えている上に
ドライバーの皆様が ほぼ急いでいない群馬では 普通に運転できました!

よかった。よかった。

ちなみに 群馬の皆様がどれほど急いでいないかと言うと
エスカレーター2列で 乗っていて 全く誰も文句言わず
のんびり乗っています。

都会ではいつの間にやら(大分前から?) 止まっている人は右か左によって
片側を慌ただしくかけのぼったり 降りたりするのが普通じゃないですか。
グンマーは(高崎前橋の人は知らんが) 昔通り普通に乗ってます。

熊谷に娘を迎えに行ったとき エスカレーターで娘の横に乗ろうとして
「ちょっとお!」
と小突かれ 娘も都会に揉まれたなと感じました。^^;

今度は 私の車も運転してもらうかな?いがぐりおをクリックしていただけると嬉しいです。いつもありがとうございます。^^/

いがぐりおは 車の運転得意?
いがぐりおをクリックしていただけると嬉しいです。いつもありがとうございます。^^/
人気ブログランキングへ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

最近の読書

2017-06-11 07:32:45 | 愛車
今日も暑くなりそうですね。
お仕事行ってきます。

さて 最近の読書ご紹介します。

小松エメルの「うわん」第二巻。
うわんは相変わらず姿も何考えているか分からないところも不気味ですが・・
主人公の淡い恋。妖怪うわん・・・この先どうなるのか?

うわん: 流れ医師と黒魔の影 (光文社時代小説文庫)
小松 エメル
光文社



書評で拝見して読んでみました。
タハール・ベン・ジェルーンの「娘に語る人種差別」

娘に語る人種差別
松葉祥一
青土社


高里椎奈「うちの執事に願ったならば」
9巻まで出ている「うちの執事の言うことには」の続編です。
普通に話は続いていますし 作風も変わらずミステリー仕立てです。
何故にここでタイトル変えたのかな?
 
うちの執事に願ったならば<うちの執事に願ったならば> (角川文庫)
高里 椎奈
KADOKAWA / 角川書店



三上延「ビブリア古書堂の事件手帖」の第7巻
ビブリアは 巻を重ねるごとに面白くなってきている気がします。
もどかしい主人公二人の間も 事件をきっかけに大進展します!

ビブリア古書堂の事件手帖7 ~栞子さんと果てない舞台~ (メディアワークス文庫)
三上 延
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス



そして現在読んでいるのが 森絵都の「みかづき」。
分厚い上に字が小さく なにより主人公に共感できず なかなか読み進めずにいます。
後ろにも長い列ができているので 読まなくてはなんですが・・・

みかづき
森 絵都
集英社




いがぐりおは どの本が好き?
いがぐりおをクリックしていただけると嬉しいです。いつもありがとうございます。^^/
人気ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

探し物は何ですか?

2017-06-08 07:44:10 | 鶏頭
土日は暑くなるみたいですね。

さて 鶏頭の初期は 人の名前が出てこなかったり 自分がしにきたことを忘れてしまったりですが
さらに進むと ともかく ものをどこかに おいてきます。

これが無意識でやっているんです。
ボールペンは 図書館でもくれるのですが 人と同じのを使っていると
失くした時に見分けがつかないので 戒めもこめて そこそこ高いボールペンを使っています。

昨日は いつも作成文書を入れているUSBを見失いました。

家では 眼鏡がないのは日常茶飯事。
お風呂に入るときに もってきたはずの新しい下着を うっかり洗濯機に入れて洗ってしまったり
前の日に準備しておいたはずの 服が見つからなかったり・・・・

調味料がなかったり 具材が見つからなかったり
鍋が見つからなかったり・・・

そんなもので 私は今 1日の半分くらいは何かを探している気がします。
この無駄な時間がなければ 仕事だって早く済むのに・・・・という後悔もありますが
こればっかりは 鶏頭のなせる技なので どう仕様もありません。

何度か探して見つからないとき 頭の中をこだまするのは

「探しものはなんですか?見つけにくいものですか?
 机の中もカバンの中も探したけれど見つからないのに
 まだまだ探す気ですか?」

で始まる 井上陽水の「夢の中へ」です。

あのネバーエンディングな感じが 探しものにピッタリ・・・・

皆さんも探し物の時は「夢の中へ」がお勧めです。

いがぐりおは なにか探している?
いがぐりおをクリックしていただけると嬉しいです。いつもありがとうございます。^^/
人気ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加