ブラックアウト

写真とお出かけ。山歩き。お酒とビール。ときどき甘いもの。

Garmin eTrex30ファームウェアアップデート。

2015-08-10 | ガーミン eTrex 20/30

Garmin eTrex、英語版を使っているのなら、最新のファームウェアを利用できることが一つのメリットです。

 

Garmin eTrex30のファームウェアをアップデートしました。

バージョンは、4.30(July 14, 2015)です。

 

4.20からの修正点は、

  • Improved 'Save Portion' track feature. When saving a portion, the device now remembers that position in the track log so it can be used as a track segment for future portion saving.
  • Fixed possible erroneous track point on power on.
  • Fixed formatting issue with certain map names in the map information list.

 

アップデートに必要な情報一覧。

GARMIN…»eTrex 20/30 (Webupdater) » Updates & Downloads

GMapTool »eTrex

JNX Raster MapsFirmwarePatcher (latest version is 3.40, released on 2015/08/05)※eTrex 20x/30xに対応。

 

__

JNX形式の地図を利用するために、
アップデート用ファームウェアを入手して、
eTrex本体にファイルをセットしアップデートする方法で行います。
正規のファームウェアファイルのままでは、JNX形式の地図が認識されないのでパッチを当てます。

以下のファイルを作成します(詳しい作成方法は割愛)
「eTrex20_30_Webupdater__430_Patched.gcd」
このファイルを「gupdate.gcd」という名前に変更。

eTrex30をPCにUSB接続して、eTrex30本体の「GARMIN」フォルダに「gupdate.gcd」をコピーします。
PCとの接続を外し、eTrex30の電源を入れます。
Software Update Started...という文字が表示され、ソフトウェアのアップデートが始まります。
 5分くらいで起動。

[設定]-[その他...]または英語表示なら[Setup]-[About]で現在のファームウェアバージョンが表示されます。
Patched Version 4.30が確認できて終了になります。

__ 

アップデート後、

PCへのデータ転送時のエラー(フリーズ)が改善された気がします…経過観察中。

アップデートは、手順を間違えなければ、日本語化などはやり直す必要はないです。

 

・・

Garmin eTrex30xが発売されました。

eTrex30より画面解像度が大きいです。

ディスプレイのサイズ(2.2インチ)は変わらないですが、

画面解像度は、eTrex30(176×220)に対して、eTrex30x(240×320)。

そして、内蔵メモリは1.7GBから3.7GBに増加。

 

地図を確認するので、画面解像度は大きいに越したことはなく、

やはり、これから購入するならeTrex30xですね。

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雄飛の滝、滝壺への道(スッ... | トップ | 夏子物語 特別純米酒。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ガーミン eTrex 20/30」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事