635とオトモダチ

ヤギヤ店主の趣味と(ちょっとだけ)仕事の生活をご紹介。コンサート、バイク、お酒、アート、伝統工芸などなど。

コンサート クララとロベルト ある日の語らい

2016年12月04日 22時00分00秒 | コンサート

12月4日。今日は山田ゆかりさんのピアノリサイタルでした。

今回はゲストに根来かなうさん(旧姓 坪倉)を迎えてのリサイタルとなりました。

たくさんのお客様がいらしてるなかで、まずは山田ゆかりさんのピアノソロ。

ロベルト・シューマンが作曲した「子どもの情景」

続けて、クララ・シューマンが作曲した「4つの束の間の小品」

前半は山田ゆかりさんの奏でるピアノの音色を堪能しました~

 

そして、後半は山田ゆかりさんと根来かなうさんのヴァイオリンでモーツァルトのソナタを。

 

みなさんも二人の演奏に聴き入っていましたよ~

来年も二人の活躍が楽しみです(^^)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬眠するかと思ったら

2016年11月21日 22時00分00秒 | バイク

寒くなってきたのでもうバイクは冬眠かと思ったら、ときどき暖かい日になったりしています。

少しだけ走ってみようとバイクを引っ張り出しました。

バッテリーは充電していたのでセルは調子よく回るのですが、一か月くらいエンジンをかけてなかったらちょっとかかりにくくなってました。

三回目くらいでエンジンがかかりましたよ。

ちなみに、これまでは一回でエンジンがかかってました(^^)

 

比較的暖かい日といはいえ、バイクで走ると寒いので近くを少しだけ走ってきました。

まずは犀川の上流へ。

紅葉がすっかり進んで、枯れ葉になる寸前です(笑)

それでも日が当たると綺麗に見えるから不思議です。

 

熊走から湯涌を抜けて、キゴ山へ。

金沢市街がかすんで見えます。

天気がいいからか他にも見物に来ている人たちがいました。

(バイクで走ってなければ)外も暖かくて気持ちいいですからね~

青空も出て気持ちいい~

 

11月でも意外と走れるんですね。

もしかして暖冬?

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンサート 夢かと思うほど苦い 廣瀬大悟の濃すぎない生活2

2016年11月20日 22時00分00秒 | コンサート

11月20日、今日はトロンボーン奏者の広瀬大悟さんと垣田文子さんの朗読を北林多香子さんのピアノで楽しもうというコンサートでした。

始まってみると、演奏会というより舞台で演劇を見ているような感覚でした。

廣瀬大悟さんの語り口もとてもおもしろく、会場からは笑いが(笑)

垣田文子さんの朗読も素晴らしくて、会場の皆さんが引き込まれていきました。

そして、語りとトロンボーン。ピアノとトロンボーンなどいろいろな組み合わせでの演奏もよかったです。

すごく楽しい会だったので、あっという間に時間がたってしまいました。

また見たいです。ぜひ次のストーリーも考えて再演お願いします(^^)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ティータイムコンサート 中山知子

2016年11月20日 21時00分00秒 | コンサート

11月20日。今日のティータイムコンサートは中山知子さんのピアノ演奏でした。

ハンガリーで勉強したという中山さんのしっかりした演奏はいつも楽しみにしています。

これからもどんどん出演してほしいですね~

 

中山さんの演奏はピアノが好きな人がたくさん聴きに来られてましたよ(^^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

VTR250 冬支度

2016年11月16日 17時08分41秒 | バイク

寒くなってきました。

もともと寒いのが苦手なのですが、この季節にバイクで走ると体感温度がますます下がるのでとても辛いです。

なのでそろそろバイクの冬眠準備をしなくては。

走行距離は少ないのでオイルは春に交換するとして、問題はバッテリー。

自動車を冬の間乗らなかったらバッテリーが空になってしまった、という経験がありますがバイクのバッテリーはそんな目に合わせたくない。

なによりバイクのバッテリーって小さい割には高価なのです(^^;

 

以前、トリクル充電器というものがあるという話を聞いていたので、ネットで探してみました。

いろいろ見つかったのですが、あまりに安いものはすぐに壊れてしまいそうなのでソコソコのものを選んでみました。

今回選んだ充電器がこちら。

セルスター DRC-300

 

以前、四苦八苦していたPA機材と同じようによくわかんないけど買ってしまったという製品です(笑)

購入の決め手は「とにかく簡単に使えそう」ってところですか。

充電しっぱなしでも使えそうだし、面倒なのが嫌いなのでちょうどいいかも。

 

例によって、箱の中身を確認すると、

本体以外は説明書と短いケーブルが入ってるくらい。

 

この短いケーブルは、バイクのバッテリーにつけっぱなしにしておくと充電器にワンタッチで接続できるというものらしいです。

 

都度接続するクリップはこんな感じ。

けっこうしっかりしています。

製品によっては小さなクリップで不便な製品もあるらしいので、このくらいのサイズだと安心ですね。

 

本体にはいろいろ書かれていますが、操作ボタンは「設定」のみ。

簡単そうな気配がします(笑)

 

ついでに裏面も。

大切なことは意外と裏に書かれていることが多いので写真を載せてみました。

 

バッテリーのサイズ(容量)によって充電電流を変えないといけないみたいです。

VTR250は6Ahだったから、0.8Aかな?

充電は大きな電流で早くするよりも小さな電流でゆっくりしたほうがいいって話もありますしね。

 

さて、次回は実際に充電してみましょう。

まだ新しいバッテリーなんだけど、充電する必要あるのかな??

コメント
この記事をはてなブックマークに追加