毘沙門天の招福相場塾

のんびり、バランス投資のすすめ! HappyLifeの道

リバンド狙い

2017-04-22 11:31:04 | 株式
「毘沙門天の招福相場塾」 リバウンド狙い  2017.4.22
■相場展望 
日経平均、今週は6週間ぶりに反発し、引けは18,620円で引けました。4月のオプションSQ値18,613円をようやく超えました。円相場は109円前半で推移。4月第2週の売買動向では外人投資家の買いが2週連続で買い越しになっています。

来週は25日の北朝鮮動向、フランス大統領選の行方 トランプ大統領の減税策発表と外部要因で波乱はありそうです。国内では3月決算発表がピークを迎えます。

チャート及びテクニカル指標からは戻りを試す展開が予想され、来週は最近売り込まれたセクターを中心にリバウド狙いが期待されます。週末は小型株が少し動き出していました。4月17日の18,224円が目先底の可能性があります。RSI46.94 騰落レシオ78.49  ボリジャーバンド -σ(18,490円)を上回ってきました。
日足


週足



日経平均5日移動平均 18,451円 25日移動平均 18,831円 75日移動平均 19,111円
為替109円10銭近辺 米国10年債 2.253%  WTI原油49.61ドル

来週はリバンド狙いの買いのタイミングかと考えます。日経平均は18,400円~19100
円を想定。底と天井は後からわかるものです。予想するのも勉強かと思います。


次回は仮想通貨について少し記載してみます。

亜土ネット
キラリ成城
ヨクスルショップ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高まる緊張感

2017-04-15 10:26:17 | 株式
「毘沙門天の招福相場塾」高まる緊張感 2017.4.15
相場展望
今週の株式市場は、地政学リスクと円高を警戒する売りに押され、日経平均株価は連日で年初来安値を更新し、底値を探る展開となりました。前週比329円(1.76%)安の1万8335円と5週続落して取引を終えました。円相場は円高に向かい108円円台を付け、米国金利は2.3%を割り込みした。
週末の4月オプションSQは18,613円でしたが、引けはこれを下回って引けました下値模索の動きは来週も続きそうです。

北朝鮮と米国間の緊張感は高まりまさにチキンレースの様相です。核実験の停止有無が問題になっています。中国も航空便の停止等北朝鮮に自制を働きかけており、北朝鮮の動き次第で予想ができない状態です。この動きが相場に悪影響を与えており、企業業績の順調にもかかわらず、ダラダラ下げています。この問題が長引けば、相場への下落は当分続くのもやむをえません。

26週平均は18,790円。当面の下値目途は窓のある近辺17,800円です。
高値安値から下値を探ると昨年安値 14,864円から高値19,618円の1/3押しが18,017円 半値押しは17,266円がひとつの下値めどになります。

日経平均日足



日経平均週足





●今後の対応
相場格言に「まだはもうなり、もうはまだなり」という格言があります。
タイミングはなかなか難しいものです。今回は底打ちのタイミングをじっくり見極めて、売り込まれた銘柄の中で有望度の高いものそれを買い戻す作戦に徹しましょう。

我慢するのも相場です。日柄整理と値幅整理を経て反発するのが相場です。60日程度の余裕をもって相場を眺めましょう。但し反発のタイミングは絶対に逃さぬことです。そのためには逆指値の買い指定を候補銘柄にはいれておくことをお勧めします。

亜土オィス
キラリ成城
ヨクスルショップ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

地政学リスクへの対応

2017-04-12 18:14:20 | 株式
「毘沙門天の招福相場塾」地政学リスクの対応  2017.4.12
●本日の相場
地政学リスクで相場は崩れ日経平均の引けは18552円で引けました。北朝鮮問題が緊迫化し、本来は有事に備えたドル買いのはずが、近隣国の円が買われる不思議な展開。109円台に突入しました。本日の特徴は1.日経株価は続落。一時18500円を割り込む。(18,460円)2.先物主導の売りが下げを主導。3.防衛関連株は続伸するも輸出関連金融株は売られる。
RSIは25,騰落レシオは76.27 乖離は-0.76 es@4^egyパラボリックイは下降。WTI原油は53ドル 





トランプ相場はひと区切りついたようです。戻りは北朝鮮・米国間の対立の行方次第であり、相場はしばらく静観が賢明です。大きく下げた好業績株のチェクはしてください。下値の目途は17,800円程度を覚悟しておくことです。大きな下髭の出現と為替相場の動向に注視しましょう。

相場格言 
「戦争で株価が下がったら俄然と買い迎え」                  
「不時には向かうべし」


亜土ネット
キラリ成城
ヨクスルショップ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下値模索続く

2017-04-08 11:09:59 | 株式
「毘沙門天の招福相場塾」下値模索続く  2017.4.8

■相場展望
年初からのボックス相場下放れ、地政学リスクと円高で売り優勢となりました。
米国の 10年国際利回り2.3%の動きを横に見て、為替相場は110円から111円台で推移。週末は突如のシリア空爆等地政学リスクが相場に影響しました。日経平均は18,664円で引けています。CME日経先物18770円で帰ってきています。米中会談は波乱なく終了した模様です。

投資部門別売買動向としては外国人の7週連続売り越しに対し、個人が3週連続で買い受ける (3月第5週)展開、ここのところ、から売り比率が45%を超えてきており、プットオプションも増えています。相場は下値不安の弱気が増えているようです。

今回の下げ相場の下値を見極めることが買い出動のチャンスです。自律綾戻しか本格的反発かよく見極めたいところです。今月20日ごろまでに大きな下げがあれば買いのチャンス到来です。セクターと銘柄選択の準備に取り掛かりましょう。ダラダラ下げる単会の場合は要注意です。

●チヤート分析

週足チャート

日足チャート

日足と週足掲載。
日足では 5日移動平均 18、783円 25日移動平均 19,217円 75日移動平均 19227円です。 いずれも下に乖離し移動平均線は下向きです。
週足 13週移動平均は19,214円 26週移動平均18,733円
大きく下げれば下髭をつけます。その後多分反発になりそこが今年の第一回の買場かと思います。目安は17800円どころか。一目均衡表の基準線が大体その位置です。時間と下げのスビートに注目しましょう。長い下髭が出るまでは少し我慢です。
ちなみに昨年の下値は2/12 14,865円 6/24 14,864円きれいな2点底を形成しています。

テクニカル指標
騰落レシオ(25日) 78.41 RSI(11日) 36 ボリュームレシオ(12日)47.71
ボリジャーバンド -3σ 18456円

亜土ネット
キラリ成城
ヨクスルショップ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本のAI投資は儲かるか

2017-04-05 15:34:29 | 株式
「毘沙門天の招福相場塾」日本のAI投資は儲かるか 2017.4.5

■AIと株式投資
急拡大する「AI投資」、人工知能は日本で儲かるのでしょうか・
本場米国機関投資家間では、AI投資は普及しています。我国でも個人投資家向けのサービスが続々登場しています。具体的にはロボットアドバイザーによる投資信託等が発売されています。
マネックス証券(MSVLIFE)楽天証券(楽ラップ) お金のデザイン(THEO) ウェルスナビ(Wealth Navi)など今話題になっていますね。
AIによる運営成果は実績がまだ乏しく評価はできませんが、初心者には貯蓄から投資の流れの入門編として、面白いかもしれません。
しかし、一般の個人投資家としては、直接AI関連銘柄個に投資をした方がより効率な気がします。

●AI関連株について
今年多くの銘柄が人気化しました。大手と新興企業について少し列挙してみます。

ソニー(6758) ソフトバンクグループ(9984) 富士通(6702) CYBERDYNE(7779)
テクノスジャパン(3666)  メタップス(6172)等

AIのキーワードとして「ディープランニング」が話題になっています。データを分類しようというアイデアに基づくアルゴリズムです。
人工知能(AI)は今後自動運転・IoT・フィンテックなど様々な次世代テクノロジー分野と融合する可能性が強いです。どう利用するかが人間の知恵です。







●相場格言タイミングに関わる格言集めてみました。今の相場をどう見るかそうして、どう対処するか参考にしていただければ幸いです。

「相場はタイミングに始まり、タイミングに終わる」

「下がり鼻を売り、上がり鼻を買う」

「株式投資はババ抜きや椅子取りゲームに似た遊戯である。」

「持合い放れにつけ」

「初押しは買い、初戻りは売り」

亜土ネット
キラリ成城
YOKUSURU SHOP

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キラリ成城 地域情報サイト

2017.1 成城の情報ポータルサイトオープン予定。