★成功への扉★ 毘沙門天の招福相場塾 

のんびり、バランス投資のすすめ! HappyLifeの道  勝率75%の手法

膠着相場続く

2018-02-24 20:33:41 | 株式
「毘沙門天の招福相場塾」膠着相場続く 2018.2.24
■相場展望
今週の株式市場は、日経平均株価が小幅続伸。全般は方向感に乏しい展開だったものの、中小型株の物色人気は続きました。
引けは21,892円 RSI50.04 騰落レシオ95.87

日経225週足

23日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は347.51ドル高の25309.99、ナスダックは127.31ポイント高の7337.39で取引を終了した。
セントルイス連銀総裁が年4回の利上げに懐疑的な見方を示したことを受けて、長期金利の上昇が一服し、買いが先行。
CME日経先物は22030円で帰ってきています。

来週も主力株が手掛けづらく方向感に乏しい展開が想定されます。ただ、個人を中心に物色意欲が強い中小型株の人気は続きそうです。

●気になる動き
売買動向
2月第2週は個人の買いが相場の下支え要因に。大幅な買い越し850億が続いています。4週連続買い越し。
一方海外投資家は362億円と前週より売り越し額は減少しましたが、6週連続の売り越しです。

米国長期金利(2.86%) 日米株価 円為替相場(106円台)の不思議な関係 VIX指数の落ち着(16.9)

REITに一部注目か 利回りの高い割安銘柄のREITにファンドが注目

●方針 内需の中小型株に標準を。主力の戻りは弱い。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

期末迄は不安定な相場に

2018-02-12 13:05:12 | 株式
「毘沙門天の招福相場塾」期末迄は不安定な相場に  2018.2.11
先週から米国市場の下落波乱の影響が日本市場にも波及。大幅な下落となりました。今後の対応に最大の関心事が
集まるところですね。前回のブログでは下落予想を記載しました。この記事を参考にうまくリスクを避けて頂いて
いたら幸いです。

今回の米国市場の下落原因は長期金利の上昇 2.88%  原油価格の下落 60ドル割れ FRB新任議長への交代時期
 等か最高値圏にあった市場はプログラム売買とAIが絡らみで一気に暴落となった次第です。

この動きが日本市場に影響円相場が108円の円高に傾き売買高は増えたものの外人売りが増加それを個人信託銀行等
が買うも、2月オプション取引と絡み大幅な下落の後少し戻して引けました。日経平均の金曜日の引けは21,382円
でした。週末のNYダウは乱高下し引けは上げて終わりました。CME日経先物は一時20,550円を付け12日現在23550円を
付けています。とりあえず問題は今日のNYダウの動きに注目です。参考2月オプションSQ値21,190円


基本的には下げ相場に入っており下値目途と期間の問題です。まず調整は期末一杯かかりそうです。下値は20550円 
円相場は105円を見ておいた方が賢明です。目先上値は5月に22500円程度と予想しています。

これからの下値は業績のいい内需関連で大きく下げた銘柄を拾うことをお勧めします。下げ相場の中間反騰ととらえ
銘柄選択をジックリ行ってください。チャートを見て判断することをお勧めします。為替次第で従来の主力業種の動向に
も注意い払いましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

相場崩れる

2018-02-03 11:32:30 | 株式
「毘沙門天の招福相場塾」相場崩れる 2018.2.3
■相場展望
今週の株式市場は、米株変調や円高でリスク回避の売りが優勢となり、日経平均株価が2万4000円を上値の壁とする3週間にわたる
レンジ相場から下振れしました。週末は23,274円で引けました。また週末のNYダウは金利上昇により665ドル安
の急落となり25,520ドルで引けました。
来週以降下値を探る動きとなりそうです。現在RSI36.26 騰落レシオ100.90 ボリジャーバドは-1σと-2σの間に位置
しています。25日移動移動平均を割り込んだ状態です。売買金額は4日連続で3兆円声を記録





空売り指数も増加。変動率も日米同時に上昇。オブション取引で22,000円プットが膨らんでいます。ちなみにCME日経平均は
22,945円で帰ってきています。
日柄 値幅調整が必要でもあり 一応下値目途は2万3000絵馬ん円を割り込み22,000~22,500円程度と予想。週初めは下落して
始まることでしょう。

空売りが増えているので底を打つと反発の可能性あります。2月相場は安いアノマリーもあり、仕込み場かもしれません。
下げる途中でなく反発過程を狙いましょう。主役銘柄を定めジックリ引き付けて買いを入れてください。
逆張り派にはチャンスです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

円高の影響!

2018-01-27 11:08:04 | 株式
「毘沙門天の招福相場塾」円高の影響 2018.1.27
■相場展望
23日は終値ベースで約26年ぶりに2万4000円の大台を回復し24,214円を付けました。しかし24日は為替が円高方向に大きく
振れたことで輸出関連を中心に利益確定売りに押され4日ぶりに反落。週末は続落し23631円で引けました。
日経平均チャート


TOPIXチャート



CME日経先物は23710円で帰ってきています。RSIは49.18 騰落レシオは107

円相場は昨年9月以来の高値となる108円半ばを付けました。週末のNY市場はNYダウを含む3指数数は最高値を付けています。
米国長期金利は2,66%
来週の想定レンジは23,400円から24,000円。25日移動平均は23453円程度に位置しています。円相場の動きとともに本格化
する昨年10-12月決算が決め手と来週は注目です。
投資家別売買動向として
海外勢が再び売りを急拡大、自己売買が一手買い (1月第3週)の状況です。



●為替動向に注目
現在は世界的に低金利の下、経済は好況下にあります。先行した米国は低金利から利上げの方向に舵を切り。
EUも出口戦略が話題になり、ユーロ相場もその影響を受けています。いずれ日本も出口戦略について議論される
日も近いと思います。
ここのところの急激な円高については政治が影響しているようです。米国は中間選挙を前にしてドル安の方がいいと
要人発言があり、トランプ大統領の意向もその辺にあります。流れとしては中間選挙までは基本的に円高方向とすると
企業業績に当然影響を及ぼしてきます。
当面企業業績は順調ですが、円高が数カ月続くと業績の下方修正がなされます。一時的というより中間
選挙まで円高基調が続けば当然株価は上に行くより下に行きます。この辺最大の注目事項です。外人動向と裁定残
にも目配りしておきましょう。

当方WEBクールジャパンnaviでは浮世絵ルネッサンスの一環として浮世絵検定を行います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上値の重い展開当分続く

2018-01-20 15:40:04 | 株式
「毘沙門天の招福相場塾」 上値の重い展開当分続く 2018.1.20
■相場展望
今週は反発、外国人買いで一時2万4000円突破も上値重い展開でした。引けは23,808円でRSI64
騰落レシオ105.09 CME日経先物は23,850円で帰ってきています。米穀長期金利は2.63% 
円為替は110円後半 原油WTI価格は63.57$ CME日経先物は23,850円で帰ってきています。




ここ2週間は26年ぶりの高値圏でのもみ合いが続いていますが、来週も25日から本格化する決算発表を
控えて様子見ムードから一進一退の展開になりそうです。

潜在的な売り圧力である裁定買い残は12日時点で2兆8670億円に上る。3兆円を超えていた前週から
は消化が進んだものの、水準は依然として高く前年同時期よりも1兆円近く多い。このことからも、上値を
追いにくい状況とみられるます。更に日銀の出口戦略を懸念し円相場は円高傾向にあります。これらのこと
から目先上値の重い展開は続きそうです。

1月第2週の売買動向は日経平均が高値圏でもみ合う中、自己売買と海外投資家の売りに対して個人投資家が
ほぼ一手で買いに回る展開でした。

●そろそろ確定申告の時期が来ますね。この時期税金に関心が集まってきます。
・仮想通貨の儲けは雑所得
雑所得とは国民年金、厚生年金、公務員の共済年金、恩給などの所得
原稿料や講演料、生命保険の年金など他の所得に当てはまらない所得
業(事業規模を除く)として行う、先物取引に係る所得公社債の償還差益のうち、一定の
割引債の償還差益などの所得を言います。
 
雑所得が年間20万以上になると、確定申告をする必要があります
この場合総合課税になります。人によっては思った以上に税金がかかる場合があります。

●個別株乱高下の相場に注意
予想外の材料に少し過剰反応の動きが見られます。理由を分析対応に工夫を凝らすことも大切です。予想外の
好業績予想が相場時間外にわかると寄り付きからストップ高の小型株が連日見受けられます。材料を確認 
迷っていると買えませんのでリスクテイクの姿勢から最小単位だけとりあえず成り行き入れておくことです。
但し今の相場では短期が条件です。
相場時間中に大幅安する銘柄もあります。理由は予想外の業績悪化か高値圏の利食い売りです。前者の場合
持ち株は成り行き売り。後者の場合はじっと我慢し底を確認後買い増すかもしくは成り行き売りの対応で
リズムに乗ることも大切です。

「相場は常に正しい」 「相場に逆らうべからず 」という格言があります。
自分の予測どおりに相場が動かなくても、間違っているのは自分の考えであり、相場の動きが常に正しいと
考える必要があり、自分が正しく相場は間違っていると思って相場に逆らった取引をしてしまうとその先には
破滅が待つだけであるという意味の格言。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キラリ成城 地域情報サイト

2017.1 成城の情報ポータルサイトオープン予定。