★成功への扉★ 毘沙門天の招福相場塾 

のんびり、バランス投資のすすめ! HappyLifeの道  勝率75%の手法

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

個別物色相場へ

2018-08-05 10:23:51 | 株式
「毘沙門天の招福相場塾」個別物色相場へ 2018.8.5
先週の株式市場は、日銀金融政策決定会合は波乱なく通過したものの、米中貿易戦争激化への警戒感が再び強まり、
日経平均株価は4週ぶりに反落しました。世界的に金利上昇の流れは確認されたようです。
引けは22,525円 RSIは43.30 騰落レシオ100.14
日経225日足

●今週は決算プレーがピークを越え、米中貿易戦争が実際に現実感としてクローズアップされてくるものと思われます。
日経平均22500円を底に円相場の動きに左右される動きが予想されます。

●個別企業の好決算にかかわらず、その反応はまちまちであり相場の難しさを改めて感じています。
ポイントは市場予想が想定外かどうか 持続性があるかですね。相場環境は常に変化することを
前提に考えると、短期勝負が正解のようです。

●アップル好決算1兆ドル超えから半導体産業を考える
あらゆるものをオンライン化するIoT社会が到来、そして人工知能(AI)が我々の日常に浸透し、ビッグデータの普及が
さらにそれを加速させていきます。まさにパラダイムシフト(産業構造の転換)が現在進行形で進むなか、その根幹を
支える半導体関連は再び脚光を浴びるでしょう。想定以上の好業績を発表したアドバンテスト 6857 に注目です。

●その他注目銘柄  順張り 6758ソニー
PlayStationの利益は前年比5倍増、事業モデルの進化を期待、ゴールドマンが「買い(CL)」再強調・目標株価7500円→7600円
逆張り 3003ヒューリック 12月決算 株主優待あり 好業績 

※9月から当ブログも少し内容 形態を手直し、より実益的な編集に変更予定です。
コメント

日銀政策の思惑が台頭

2018-07-28 10:48:53 | 株式
「毘沙門天の招福相場塾」 日銀政策の思惑が台頭 2018.7.28
■相場展望
週末の27日は米通商問題の懸念後退で前日のNYダウが3日続伸したことを受けて終始買い優勢の展開でした。円安基調
や前日売られた値がさ株の買い戻しもあって日経平均は反発しました。
 日銀の金融政策見直し観測で日経平均はほぼ横這いだったものの、TOPIXは1.76%高と上昇。中小型株への物色意欲
も旺盛で全体相場は薄商いながらも堅調でした。週間の値幅は375円と、前週の407円から縮小しました。
引けの日経平均は22712円 円為替は111円3銭 RSIは69.10  騰落レシオ 107.37
週末NYダウとナスダックが下落した影響から週末のCME日経先物は22605円で帰ってきています。


各国での金融政策の引き締めの流れから、いずれ我が国でもの思惑が浮上。
基本的には金融緩和策は維持ながら、ETFの購入基準見直しが話題になりNT倍率から
TOPIX銘柄が買われたようです。

来週は第一四半期の決算発表が本格化します。今のところは順調な数字が出ており来週も引き続きくものと予想。
週初めには日銀会合があり、週末にかけ中小小型株で好進捗好決算予想修正銘柄の買いが進むものと考えられ、相場は
2万3000円を目指し強含みに推移するものと予想されます。

●投資部門別の売買状況(東証集計)※カッコ内は前週の動向
 ──────────
7月第3週(7月17日~20日、日経平均100円上昇・週間)

個人投資家 - 863億円(-2459億円) 2週連続売り越し
海外投資家 + 319億円(+3248億円) 2週連続買い越し
事業法人  + 181億円(+ 383億円) 3週連続買い越し
信託銀行  + 301億円(-  21億円) 2週ぶり買い越し

参考【大幅】に上方修正した銘柄(サプライズ順)
   アートスパークホールディングス <3663> [東証2] 今期経常を8.2倍上方修正
   東邦チタニウム <5727>     上期経常を43%上方修正、通期も増額
   三社電機製作所 <6882> [東証2] 上期経常を20%上方修正
   アルプス電気 <6770>      上期経常を39%上方修正、通期も増額
   ニッキ <6042> [東証2]     上期経常を33%上方修正
   アクモス <6888> [JQ]     前期経常を28%上方修正

●注目銘柄 東海カーボン 5301
  アドバンテスト 6857
コメント

円安が追い風に!

2018-07-14 09:47:00 | 株式

「毘沙門天の招福相場塾」 円安が追い風に!  2018.7.14
■相場展望
日経平均は先週約516円下げて、今週は809円高・4週ぶり急反発、海外株高と円安で買い戻し加速しました。
円相場は112円台半ばを付け今年の安値113円台を狙う動きになっています。
75日線や25日線、26週線、13週線など、主要な節目を上に抜け、一目均衡表では日足、週足ともに雲の中から
上に浮上しており、テクニカルも一気に好転しました。
週末の日経平均は22,597円で引けており  RSI 56.26 騰落レシオは80.73  週末のオプションSQ値 
は22,452円でした。
 日経平均週足


今週はソフトバンクやソニー等強い株が買われた傾向があります。銘柄は変わるかもしれませんが
来週も相場好調の動きは継続 貿易摩擦の影響には一時目をつぶった動きが予想され 日経平均まずは
23000円台目指す動きが想定されます。

投資主体別の動向については12日 東証発表 タイムラグがあり参考までに
3週連続で海外勢の売りに対し、信託銀と個人が買い受ける構図続く (7月第1週)
海外投資家 信託銀行 個人合計 [  現金  信用 ] 日経平均 ( 前週比 )
7月第1週  ▲313  997   633 [   798  ▲165 ] 21,788円 ( -516 円)

今週のセクター別の動きは1.情報通信業2.石油.石炭業3.精密機器 4.電気機器
の順に動きがよく。好業績の銘柄ではストップ高新高値も見られました。一時に比べ
新安値銘柄の数が減ってきています。

指数的には日経平均に比べてTOPIX指数が出遅れておりに注目です。
コメント

7月後半までは体力温存

2018-06-30 14:12:52 | 株式
「毘沙門天の招福相場塾」 7月後半まで体力温存 2018.6.30
今年も半年が終わり来週から7月相場が始まります。皆様の今年前半のパフォーマンスは如何でしたか? 年後半のより良い
パフォーマンスを目指し楽しんで株式相場の経験積んでいきましょう。

さて、貿易摩擦問題原油高等で目下の相場は膠着状態が続いています.資金的には配当金の還流で強気の声が聞こえますが、
企業の第一クォーターの決算発表が始まるまでは様子見の相場が続きそうです。週末の日経平均は22,304円で引けています。
RSIは31.16 騰落レシオは86.25 CME日系先物は22,255円で帰ってきています、円為替は110円70銭 WTI原油74ドル台 
参考ですが、週末のメルカリの株価は4,535円でした。

日経225日足チャート

日経225週足チャート

決算プレーで上下する銘柄に今から照準を絞り機敏な対応を心掛けたいものです。業種セクターを見てもバラツキがあります。
日経225の高値2万4000円は当面厳しく日足チャートでは23,000円でダブルトップを形成.チャート的に21.000~22,500円
レンジを想定。なんでも買えば儲かる相場ではありません。
選別の必要が重要です。個別物色狙いにシフト。 ①チャート的に大幅に下がった銘柄 ② 小型株で想定外の業績予想up
銘柄定 例えば期初為替レート予想の修正してきた銘柄③アナリストのレーティングup銘柄には細心のチェクを怠らないでください。
以前と違い4半期決算となってからクォーター決算により企業の株価も上下するようになりました。

山崎パン2212 豊田合成7282レーティングUPと目標価格に注目。
果たして株価は動くかどうか注目です。
コメント

来週はメルカリに注目!

2018-06-16 18:58:13 | 株式
「毘沙門天の招福相場塾」 来週はメルカリに注目 2018.6.16
■相場展望
今週は様々なイベントに一進一退も、週を通しては堅調となりました。米朝首脳会談は終始円満ムード
で進み、地政学リスクの後退を期待した買いが入りました。6月FOMCでは政策金利が0.25%引き上げられ、
年内の利上げ予測は3回から4回に引き上げられました。ただ、ほぼ織り込み済みの内容で、米長期金利
の上昇は抑えられ、為替は円高に振れたことから、FOMCを受けた株価の反応は売りとなりました。6月の
メジャーSQ値は22,825円でした。現在円相場は110,66円 週末の日経平均は22,851円で引けており、
RSI 74.41 騰落レシオ91.72 CME日経先物は22,755円で帰ってきています。
日経225日足


マザーズ週足

来週は19日にメルカリがマザーズに上場します。今年最大のIPOとして前人気が高く動向が注目されて
います。日経ダウ225市場は目先23000円が頭をおさえており、一方マザーズ市場はこのところ低迷して
いました。これを機会に人気が大型株から新興市場に移りそうです。
●業種銘柄の動き
 鉄道等の陸運株は強含み。半導体メーカーが弱含みです。6月決算の優待株銘柄の動き
は強含みです。(すかいらーく JT  マクドナルド)
逆張りでETFとして1357 日経ダブルインバースに人気が出ています。
コメント

キラリ成城 地域情報サイト

2017.1 成城の情報ポータルサイトオープン予定。