お母さんピアノを弾いてください

優しい母が認知症、強制入院。介護で体を壊し退職。弟とのメールのやりとり、詩や短歌で介護の現実を紹介していきます。

去りゆく母

2017-11-12 13:04:35 | Weblog




2017年10月14日(土)午前7時30分 母が他界しました。享年94歳でした。

 10月6日、特別養護老人ホームから電話があり、「見取り介護」に入る旨を伝えられました。
治療を施すことなく、静かに世を去っていきました。

 個室に移り、一日中好きな音楽、母の場合讃美歌ですが、それを流し続けていました。
酸素飽和度の上がり下がりを見ているので神経がまいりそうでした。

 自宅で自営業故、離れることもなかなかできずそれでも早め早めにアルバイトをお願いし、亡くなった日はすでにアルバイトさんに頼んでおいた日でした。

 亡くなる前日、教会の牧師から葬儀のことなど打ち合わせしたのですがその翌日のことでした。
日曜日は礼拝があるので、もし亡くなった場合は月曜日に少しでも家に帰したいので自宅で前夜式(通夜のこと)を行い、
翌日教会で告別式をしたいと話したばかりでしたが、その通りになりました。

母が亡くなって30分後私たちは到着しました。
不思議な感覚が襲ってきました。

「母は私の中にいる」

体内のDNAが母の諸々に反応してるかのようでした。

母の命、これを継がなくてはとの思いでした。

19歳の時、母が危篤になったことがありました、病室に兄弟3人が呼ばれ私には母がこう言いました。

「神様を信じなさい、弟を頼みます。学校に行きなさい。」

やがて父が亡くなった時今度は

「仕事に行きなさい。」

小学校の低学年の頃、私は肺の病気で血を吐き学校に行けませんでした、成績はオール1だったのです。
その後東京に出てから一時期荒れていたので母は勉強ができない私を心配していたのでしょう。

きっと「立ち止まらないで前に進みなさい」という意味だったのでしょう。

母が亡くなりこのブログもどうしようかと考えています。

介護をめぐる弟とのリアルなメールのやりとり、生々しい記述もあります。恨みつらみも沢山書いてあります。
周囲の無理解に憤っていた頃、理不尽な仕打ち、恥ずかしいことなど沢山書いてあります。

介護を始め、療休、早期退職、起業、そして母の死と、一連の歴史です。

一時全国で50番目まで来たことがあります。これから介護を始める人に少しでも役に立つのであればと想いあえて残していきたいと思います。

介護のマニュアル通りに実際には行きませんでした。母を通院させた時、通所させた時、措置入院させた時、全て母をだましていました。

被介護者が素直に通院、通所、入院などする訳ではありません。

認知症の母が無くした通帳を再発行する時、銀行はすぐに再発行などしてくれません。

すべてその場でマニュアルにないことを行って解決していきました。

最後に母が11年間いた特別養護老人ホームを去る時、職員と入所者全員でお別れをしてくれました。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

私は父と母の子に生まれ幸いでした。
























にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
.blogmura.com/setagaya_ku/">にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かつて我が家に住んでいたフランス人ジョエルさんからの年賀状を見る母

2017-01-30 10:06:02 | Weblog
かつて我が家に住んでいたフランス人ジョエルさんからの年賀状を見る母




2017/01/29 に公開

天野家は昭和37年から年間200人以上海外の人を無料で宿泊させていました。中には気に入って共に住んでいた人たちもいました。その中の一人、フランス人ジョエルさんと母は親しく、母は日本文化、特に茶道を教えていた。ジョエルさんはパリ大学を出てのちにフランスの文科省の件共助に勤め、論文を書いた。天野家での生活を体験から、日本の産業の発展に家庭教育が重要な役割を果たしていたと。母は認知症で癌である。ジョエルさんは少しでも母が昔のことを思い出してくれるように昔の写真をニューイヤーズカードにしてメールで送ってくれた。極めて個人的に内容ですが、少しでも今の母のことかつての母がずっと主席で数か国語を話した人であったことを残しておきたいのです。でも母は少しも高慢なところはありませんでした。



スミマセン、目が悪くスペル間違えてます。sorry I mistook spell taught is right.

にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
.blogmura.com/setagaya_ku/">にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母誕生日1まきびとの歌

2017-01-30 09:58:14 | Weblog
母誕生日1まきびとの歌



2016年12月11日、母の誕生日、教会の人が誕生祝とクリスマスソング、ハッピーバースデーを歌いに来てくれた。

家族にとって自分たちだけで母の相手をするのはとても心がおれるものです.

お礼のごあいさつで私は「何十年ぶりで母はハッピーバースデーを聞いた。」と話していたら涙があふれて止まらなくなった。

放蕩息子ができることはこんなことくらいであるから。




その時の動画です。




にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
.blogmura.com/setagaya_ku/">にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お母さん歌を聞いてください

2016-07-24 20:44:13 | Weblog

認知症になった母、奴と教会の人が賛美歌を歌いに来てくれた。

母の認知症で私は療休早期退職、無職から起業。

早くに来て歌を聞かせてほしかった。


介護をしている家族に「お元気そうですね」と言う。

これほど家族に苦痛を与える言葉は無いです。

それは理解してほしいです。



https://youtu.be/YngCr6mPOFA




にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の日の母、母の日を知らず

2016-05-08 13:33:54 | Weblog

母の人は母は分からないけれど

弟は毎年花を母にあげる

私や弟がどういう人なのかも分からない

自分にとって大事だった人の一人

老いとはどういう感覚何だろう











にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の顔

2016-04-19 10:02:59 | Weblog

母は今どのような心境なのだろう

私はどのように見えるのだろう

補聴器は全然使えないから話していることは良く聞こえていない

唇も良く動かないし自分の話している音も聞こえていないから何を話しているのか分からない


ただ、悲しい顔、嬉しそうな顔、嫌がってる顔をはする

話しかけられると、そうそう、うんうん、そうだよ、と答えてあげる。

否定されたり、聞きなおされるのが嫌なのだろうから


介護は家庭で、、それは理想です。

立派な介護施設はいらないから、人材を沢山確保して、職員の待遇をよくすることが大事だと思う。


良い介護は、親密な介護だもの、それは目の届く介護だもの

癌宣告から3年目、血尿が出ても治療は一切しない、それで長生きしてる。


嘘でもいいから母に結婚式の様子を見せたい







にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母のいる特養へ聖歌隊を

2016-04-16 15:28:11 | Weblog
母のこと諸々あって教会へは足を運ばなくなった。

教会内の分裂時、母は婦人会長をしていた時だったから、母が苦労し心を悩ましていたことを知っている。

母は誰も敵にすることはしない、それを良いことに言いたい方だった。

それなのに母が認知症になった後その人たちは母を訪ねることもなく、母のことを皆の前で語ろとすると、そのような

ことには我慢できなかった。

それから十数年、一度も歌など歌いに来たこともない、、、、。

牧師が代わり、私も年を取り、母が生きているうちにもう一度讃美歌を聞かせたいその思いが強くなった。

新しい牧師にその話をしたら全員は無理であるが何人か行くという、それもやむを得ない。

他の教会だとクリスチャンで無い人のところにも、家族が教会に来ているからと毎週訪ねたりしているところもあるのに。

でももう争うのも嫌なので、その日を待っている。







にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母は今では最長入居者に

2016-04-09 11:09:48 | Weblog
母を特別養護老人ホームに入れて、十数年。
6年間、2000人待ちでの入所だった。
その間に2000人亡くなったってことでもある。

いつの間にか、母は古い方から10番以内の入居者になってしまいました。

最初からお世話になった施設の方とも10年以上のお付き合い、ここで異動、ご一緒に記念写真を撮っていただきました。

母にはここが家です。









にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

讃美歌を聞き

2016-04-08 13:56:34 | Weblog
久々のブログ更新、一時全国で50番以内まで入ったことがありましたが。

母の介護をめぐり私と弟とのメールを紹介していたので、それが終わった後、やり終えた感があり、更新もままならなくなっていました。

少しでも介護をしている人の参考になればと思って始めたものですもの。


今母は癌です。大正11年生まれですから、癌宣告から3年も生きているのは不思議です。

母にスマホで讃美歌やショパンの曲を聞かせています。

あの年の女性で、ピアノを弾きこなし簡単な曲なら採譜してしまうのは珍しいでしょう。


スマホから流れるメロディーにかすかに指を動かし、口ずさむような母。

それしか親孝行できないもどかしさもあります。


血尿が出たというので心配で特養に行きました。

検査するだけで体に負担になり、死期を早めるというので、治療はしないと決めたのは3年前、

それでも心は動揺しないわけでもない、自分がひどく残酷で無責任のようにも思ったりします。


もはや母に子も妻も見せられる年ではないのですが、それでもその夢を果たしたい思いは消えません。




にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昔の知人が母を訪ねた、

2014-01-27 22:05:09 | Weblog






母を訪ねた。
父と母を慕う、父のお弟子さん二人を特養に連れて行った。

ずっと昔、毎週のように家を訪ね、父のすすめていた国際交流のお手伝いをしていた。
母はもう認証が進んで誰が何のために来たことすら分からない。
でも何か親切にしてくれているんだろうということは理解する。

年賀状で母が癌であることを知らせた、それが今回の訪問になった。

「もっと早くお尋ねすればよかった。」

でもその言葉が嬉しかった。


私たち子どもは出来の悪い不肖の息子、両親には恥ずかしい存在。

それ故に両親を知っている数少ない人たち。

その方たちに訪問していただいたのは、母へのせめてもの孝行だ。

この気持ちは、誰にも理解されないだろう。

私たちのように

5か国語を話す父
特許を7つ持っていた父

3か国語を話す母
曲を聞くとすぐに採譜する母

年間200人の外国人が泊まって行った家庭

その家庭で育つも、学校にいけずに両親に恥をかかせ続けた自分

自分は誰なのか
何者なのか悩みに悩んだ自分


このブログは消えゆくものの足跡だ





にほんブログ村 教育ブログ 塾・予備校教育へ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 世田谷区情報へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お母さんピアノを弾いてください

タイトルとなった「お母さんピアノをひいてください」は抒情文芸平成13年春季号に掲載されたものです。 オリジナルモジュールで設置したので、常に上に来てしまうのですが、詩の形が崩れてしまいます。 妄想の中に一日いて おびえ閉じこもる母よ 死ぬほど私は辛いのです 小学生から大学まで首席の母 数カ国語を話し、独学で弾くピアノ 簡単なメロディーはすぐに採譜してしまう母私には できすぎた母だった 高等文官の娘に生まれ 私にも明治流の武士の作法を教えた母 母よ、あなたは私には重かった 父が浮気症でなかったら あなたはもっと幸せでおおらかに私を育てたろうに 悲しみとやり場のない怒り 私はもう子供じゃない 母には私はまだ十五の子供に見えるらしい 二度目の童子となった母 母を悲しませまいと自分を殺して生きてきた少年時 代、青年時代 母よ時には恨みもあるのです 私は普通の人なのです、あなたの家族のようなエリ ートにはなれません それもあなたの悲しみの一つです 私は独りです、それもあなたには悲しみですか 両親の不仲が私を学習に集中させなくなったほとん ど上の空の授業、とうとう不安神経症になった私 荒れた少年時代、机も椅子もよく投げた 立ち直らせてくれたのはあなただった 母よそのあなたが目の前で狂ってく なぜ、なぜ、なぜと叫ばずにおられない 心優しき弟はけなげに母をいたわり料理を作る 他の親族は己の主義に走り、以来家には無関心 挙げ句の果てに「お前達でやれ」とはそれがあなた の主義が出した正義ですか 私だって弱いのだ、いや本当に私は弱いのだでも仕 事でも、家でも強い自分を演じてきたそうしなきゃ 誰があなたをはげませたでしょう 私の救いはどこにある 私を慰める人はどこにいる 二度目の童子となった母 もう一度ピアノを弾いてください 私は歌うから、、、、、、。