みやこはおのがこころのありやうにあり。

2017-06-22 11:50:21 | 浮世見聞記
東京都港区東麻布一丁目にて、ふと東京タワーを見上げると、上空に薄くながら光輪が現れてゐた。 どこへ行っても同じ景色が続ひてゐるやうに見へる東京だが、ちょゐと目線と爪先を転じるだけで、また違った“顔”に、出逢へる。 もっともそれは、どこへ行っても同じこと。 手元のオモチャにばかり熱中して歩ゐている人は、あとは電柱に頭をぶつけるだけの、フナ侍。 . . . 本文を読む
コメント

はうがんどののゆくえ。

2017-06-21 18:41:33 | 浮世見聞記
黒澤明の初時代劇作品「虎の尾を踏む男達」(1945年)の廉価版DVDを見つけたので、購入する。 画質も音質もそれなりではあるが、十年ほど前、渋谷Bunkamuraでのリバイバル上映で初めて観たときの鮮烈な印象を、けっして損なふものではなゐ。 大河内傅次郎演じる弁慶に、初めて「勧進帳」らしゐ弁慶を見たこと、エノケンこと榎本健一扮する強力の、ともすれば重苦しくなりがちな空気を絶妙なタイミングで中和 . . . 本文を読む
コメント

よものうみみなはらからとおもふよになどなみかぜのたちさわぐらむ。

2017-06-19 12:44:14 | 浮世見聞記
京浜急行線「横須賀中央駅」の裏手にそびえる山には、階段路地の続く住宅地が広がる。 小さな子を連れた若ゐ母親が、ビニールの買ひ物袋を提げて、階段を踏みしめるやうに上がって行き、自転車に乗った中学生くらいの少年が、そのままガタガタと階段を下って行く。 海へ向かふと、そこには“記念艦”と称した軍艦と、軍人の銅像がおかれてゐた。 はて、記念艦とは何を記念してゐるのだらう? かつて、大勢の . . . 本文を読む
コメント

ニッポン徘徊─二十三区内最高峰

2017-06-16 15:45:43 | 浮世見聞記
そばに新道が整備され、ガラス張りの高層ビルがそびゑし東京都港区愛宕には、東京二十三区内最高峰、二十六㍍の愛宕山がおわします。 徳川家光の時代、讃岐丸亀藩士の誉れを伝へる「男坂」と云ひし急勾配の石段をのぼり、 その頂の、都会の中心とは思へぬ深ゐ緑に包まれて鎮座まします愛宕神社を、参拝せり。 境内の池には数多の鯉あり。 我が近づくと、一斉に口を開き集まりたる人ズレせし有様、 . . . 本文を読む
コメント

かおかたちとおこころもち。

2017-06-10 22:51:54 | 浮世見聞記
上野広小路亭で、雷門助六の落語を聴く。 今日の噺は先代譲りの「長短」。 サゲは、「継ぎの裂(きれ)じゃ」。 それは上方男が江戸男の仕立ての着物を褒めたあと、端布(ハギレ)があるかを訊ねる件りに掛かってゐるわけだが、今日の口演では、そこがスッポリ抜けてゐたやうに思ふ。 だから初めてこの噺を聴ゐた人は、サゲの意味がわからなかったはずだ。 録音や録画放送では出くわせなゐ、生の寄席ならではのこと . . . 本文を読む
コメント

ばんぶつはひとしゐ。

2017-06-05 12:12:47 | 浮世見聞記
横浜市中区の日本新聞博物館“ニュースパーク”の写真展、「日本の海岸線をゆく」展を見る。 人類は地球上の生物の一部にすぎず、決して万物の上に君臨するものではなゐ。 人類は自然の力に恐れをなすとき、おのれの無力を思ひ知らさるる。 しかし、そこから新しゐ文化を創り上げてきたところに、人類の人類たる所以がある。 営みとは、 生きる知恵を、 育むことでもあるか。 . . . 本文を読む
コメント

おなじにしておなじにあらず。

2017-05-23 18:09:42 | 浮世見聞記
横浜開港資料館の「横浜・地図にない場所」展を見る。 閑かな半農半漁の村だった横濱が、幕末の開港、関東大震災、第二次大戦後の高度経済成長と、“時代”といふ押し寄せる三つの大きな波によって港湾都市ヨコハマへと変貌していく様、そしてその波に吞まれるやうにして消ゑてゐった場所を、残された地図や古写真などで紹介した企画展。 埋め立てられ、商工業地帯化した場所が、かつては風光明媚な景勝地であったなど、あま . . . 本文を読む
コメント

てつみちがゆく─“東京さくらトラム”

2017-05-22 18:06:35 | てつみちがゆく
来る六月初旬の7022号車引退をもって全廃となる都電荒川線7000形へ逢ひに、荒川車庫まで出かける。 かつて7514号車が留置されてゐた線に、冷房化された7002号車、そのすぐ後ろには四月末日で引退した7001号車、 そして引退まであと半月ほどに迫った7022号車が、この日は運行日ではなかったためその後ろに留置されており、 ご縁があってか、三つのカラーバリエーションの7000形を . . . 本文を読む
コメント

たしかにうんもじつりょくのうちか。

2017-05-21 08:55:31 | 浮世見聞記
新橋古本まつりを覗きに行くと、付近の新橋ビル脇で大盤将棋大会をやってゐた。 観光地のお土産屋などに売っている通行手形のやうな特大駒でさす様子は、豪快といふよりコントを見てゐるやうであった。 夜は上野広小路亭で、快楽亭ブラックの“毒”演会を覗ゐてみる。 かつては立川談志一門で、百年以上昔に存在した外国人噺家の芸名を二代目として継ひでゐる彼は、アメリカ人とのハーフらしゐ。 なかなか破天 . . . 本文を読む
コメント

たちさりがたきふぜいこそ。

2017-05-15 17:01:23 | 浮世見聞記
金沢文庫の特別展「国宝 金沢文庫展」を見る。 昨年夏、金沢文庫が管理する称名寺伝来の古文書類約二万点が、国宝に指定されたことを記念した展示会。 さりながら、目的は金沢北条氏四代の肖像画を見ることにあり。 実時によって確立した金沢北条氏は、二代顕時の子、三代貞顕が執権となって全盛期を迎へるが、ほどなく子息の四代貞将もろとも、鎌倉幕府滅亡と運命を共にする─ 幕府が風前の灯火のなか、幕府の能吏と . . . 本文を読む
コメント

じだいをみつめてとりのこさるる。

2017-05-08 21:27:29 | 浮世見聞記
新宿の末廣亭で、昼席の主任(トリ)をつとめる雷門助六の落語を聴く。 噺は「鼻欲しい」。 吉原で梅毒をもらって鼻の欠けてしまった寺子屋師匠の武士が、川崎大師へ参詣する途次に、馬子に狂歌で鼻を嗤われるはなし。 現代では煤煙霞む京浜国道となった大師への道も、助六師が口演する馬子のゆったりとした話しっぷりによって、たちまち長閑な街道だった頃へと、時間が戻って行く。 ちなみに、過去の病気になりつつ . . . 本文を読む
コメント

てつみちがゆく─出揃った都電7700形

2017-04-24 19:20:15 | てつみちがゆく
都電7000形を更新した“7700形”が登場して、そろそろ一年。 残り七両の更新も完了し、全八両が、すでに第一線で活躍中だ。 車体の色はみどりの他、 あお、 ゑんじの、合せて三色。 そして、二両だけ残った“原形”の7000形は、そろそろ引退を迎へやうとしてゐる。 昭和49年に27系統、32系統が統合して“荒川線”となった三年後の昭和52年、ワンマン化に伴ひそれまでの7000 . . . 本文を読む
コメント

びめうなきどせん。

2017-04-23 22:00:35 | 浮世見聞記
浅草演芸ホールで、雷門助六の落語を聴く。 演題は、相撲の見物席をスケッチした「相撲風景」。 シモがかったところがいかにも上方系の噺だが、品よくまろやかに聴かせたところが腕。 さりながら、楽しみにしてゐた踊りをやらなかったのが、残念。 主任(トリ)は桂歌助で、 五代目古今亭今輔が昭和39年に初演した新作落語の「ラーメン屋」。 子宝に恵まれなかったラーメン屋台の老夫婦と、確信犯的食ひ逃げ男 . . . 本文を読む
コメント

ときをつげる。

2017-04-21 06:42:35 | 浮世見聞記
都内某所の花壇で、藤が満開の花をつけてゐた。 花は、季節の道しるべ。 春が過ぎ、 初夏がきて、 それから来る梅雨のことはすっ飛ばして、 夏の計画を思ふ季節が、 今年もそろそろ、 やって来た。 . . . 本文を読む
コメント

にんげんのやること。

2017-04-18 19:40:42 | 浮世見聞記
明治大学博物館のコラム展「帳外」を見る。 江戸時代、その土地におゐて素行が悪く、また改善の見込みも無ゐ者は、家族もろとも現在の戸籍にあたる人別帳から名前を削除する措置がとられてゐた。 これを「帳外」“ちょうはずれ”とゐった。 この時代は連帯責任が原則であったため、その一人が犯した罪は地域の人全体の罪となった。 つまり帳外とは、自分たちにまで害が及ぶのを防ぐ目的があったわけである。 . . . 本文を読む
コメント