一口馬主ゴンザレスの日記

社台・サンデー・G1・キャロットの出資馬を中心に競馬の話題あれこれ

愛馬の近況

ステファノス 牡7 11/1(木)NFしがらき放牧
トゥルーウインド 牡6 10/13(土)山元トレセン放牧
ジャストコーズ セ5 10/20(土)グリーンウッド放牧
サーベラージュ セ4 7/25(水)山元トレセン放牧
アロマドゥルセ 牝4 11/24(土)の京都競馬(高雄特別・芝2,400)に出走予定
タイムフライヤー 牡3 10/27(土)山元トレセン放牧
リビングマイライフ 牝3 8/11(土)山元トレセン放牧
ブルーメンクローネ 牝3 8/11(土)NF空港へ移動
ケイデンスコール 牡2 8/31(金)NFしがらき放牧
ラプリュベル 牝2 10/18(金)栗東トレセン入厩 11/1(木)ゲート試験合格
リャスナ 牝2 11/9(金)栗東トレセン入厩
グルヴェイグの17 牝1 NF早来で育成中
ローガンサファイアの17 牡1 NF空港で育成中

ステファノス、帰厩に備えて乗り込み

2018年11月13日 18時04分26秒 | ステファノス
2018/11/13 NFしがらき
----------
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も坂路と角馬場を併用して乗り込んでいます。日によっては15-15近いペースも交えて調整を行っているのですが、引き続き反動で疲れが出ることもありません。こちらではいつ声が掛かってもいいように、このまま緩めずに動かしていきたいと思います」(NFしがらき担当者)
----------
【キャロットクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


もし香港を使うのであれば、今週帰厩しないと間に合わないと思います。例年のスケジュールでは、日本で追い切りを数本消化して、11月末or12月頭に香港へ移動という流れです。まあ、そもそも今年の成績で選ばれるのかという疑問がありますが。招待状は大体11月頭~中旬に届くはず。そろそろ今後のローテが明らかになるでしょう。選ばれなかったら、どこを目指すんだろう。
コメント

ジャストコーズ、順調にペースアップ

2018年11月12日 18時05分48秒 | ジャストコーズ
2018/11/12 グリーンW
----------
この中間は調教量をさらにアップしており、周回コース3周と坂路コース1本をハロン17秒ペースで乗っています。捌きに少し硬さがうかがえますが、元からこういう歩様ですので特に心配ありません。今後は様子を見てハロン15秒ペースの速め調教も織り交ぜていきます。現在の馬体重は531kgです。----------
【社台サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


この調子であれば、今月中には帰厩できると思います。年内に一つ使えるかな。馬体減りや疲労をあまり気にする必要のない馬で、それが一番の強みです。デビューは遅かったですが、4歳5歳とコンスタントに走ってくれます。このまま6歳、7歳と頑張って、目指せ40戦ですね。
コメント

リャスナ、再入厩

2018年11月09日 18時27分18秒 | リャスナ
リャスナが本日栗東トレセンに入厩しました。前回は、9/1(土)に入厩して、9/2(日)の登坂で故障発症、9/6(木)にNFしがらきに戻されるという早業をやってのけましたが、今度は何事もなく進みますように。まずはゲート試験です。今月中に合格して、一旦放牧を挟むのも良いでしょう。血統的にも期待の大きい馬だけに、今度こそはスムーズに行くことを願っています。ステファノスの引退が近付いているので、妹に入れ替わりで頑張ってもらいたいものです。
コメント

アロマドゥルセ、11/24(土)高雄特別へ

2018年11月08日 21時36分20秒 | アロマドゥルセ
2018/11/8 音無厩舎
----------
7日は栗東坂路で追い切りました(53秒1-38秒8-25秒3-12秒8)。8日は軽めの調整を行いました。「京都の4週目に芝2400mの番組があるということで、そこを目標に先週帰厩させました。いかにも休み明けという感じでちょっとトモの踏み込みなど物足りない感じはしていたのですが、乗り出して徐々に前後肢の連動もスムーズになってきました。水曜日は坂路で併せて追い切っていますが、この馬としてはかなり頑張って動いてくれたので、これでまた良くなってくると思います。夏場と比べると良化がスローな印象はあるので、体調を含めてしっかりとコンディションを整えていきたいですね」(林助手)24日の京都競馬(高雄特別・芝2400m)に出走を予定しています。
----------
【キャロットクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


先週土曜に帰厩したアロマですが、復帰目標は11/24(土)高雄特別とアナウンスされました。距離的にもピッタリですし、ここは勝ちたいですね。1,000万クラスで2着続き、そろそろ決めましょう。まずはレース当日まで順調に進むことを願っています。できれば相性の良いミルコに乗って欲しいなぁ。
コメント

ブルーメンクローネ、またペースダウン?

2018年11月08日 21時25分29秒 | ブルーメンクローネ
2018/11/8 NF空港
----------
この中間は週2日、屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。「この中間も変わりなく乗り込めていましたが、左飛節の状態を更に良くしておきたいという思惑がありましたので、重点的にケアを施しています。いったんペースを緩めることにはなりますが、折を見て乗り出す予定ですし、このまま進められるようであれば年内の移動を目指したいです」(空港担当者)
----------
【キャロットクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


ん?またペースを落とすの?うーん、これはちょっとアカン気がします。ここまでの経緯からしても、とてもまともにレースを使えるようになるとは思えないんですよね。5月のデビュー戦までも辿り着くかどうか分かりませんでしたが、その後ずっと乗ることすらできなかったですから。やっと乗り始めたのが10月終わり。2~3週間乗って、またペースダウン。競走馬として厳しいでしょう。こうなった原因が本質的なものか、2歳時の怪我の影響か分かりませんが。血統は筋が通っているので、繁殖入りの決断をすべき時のような気がしますけどねぇ。
コメント

ラプリュベル、デビューに向けて初時計

2018年11月07日 18時40分30秒 | ラプリュベル
2018/11/7 栗東TC
----------
11月7日(水)にPコースで速めを行いました。ゲート試験合格後はスクミは出ておらず順調で、このまま厩舎で進めながらデビューの目途を立てていくことにします。
----------
【社台サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


先週ゲート試験に合格し、デビューまで進めて行けるかどうか、今日速いところを追ってみての感触で決めようという感じだったと思います。初時計は、ポリトラックコースを馬ナリで67.1-53.0-39.6-12.3 エバークリア(新馬)馬ナリの外を1.1秒追走4F併同入という内容。映像もないし分かりませんが、僚馬を追い掛ける形だったようですし、無事に初時計をマークできて何よりです。ウッドコースではなくポリというところに体質の弱さに対する懸念と慎重さが滲みますが、このままデビューまで進めるようですし、引き続き順調にいくことを願っています。
コメント

リャスナ、近日中に再入厩へ

2018年11月06日 20時56分18秒 | リャスナ
2018/11/6 NFしがらき
----------
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間からは15-15近い調教も取り入れて、少し負荷を強めているところです。脚元を含めて特に反動が出ることはなく順調に動かせていますし、引き続き近々の移動を視野に入れてしっかりと動かしていきます」(NFしがらき担当者)
----------
【キャロットクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


そろそろ再入厩の声が掛かりそうですね。入厩翌日に脚部不安を発症して2ヶ月、これだけトントン拍子で再び入厩できるとは思っていませんでした。大きな頓挫にならなくて良かった。今回こそは順調に進むことを願っています。ホントオネガイ。
コメント (2)

ステファノス、軽めの乗り出し再開

2018年11月06日 20時47分26秒 | ステファノス
2018/11/6 NFしがらき
----------
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週こちらへ到着しており、馬体に異常がないことを確認してから坂路と角馬場で軽めに乗り出しています。反動などがないようならば短期間で戻す予定と聞いていますので、緩めない程度に動かしながらリフレッシュさせていきます」(NFしがらき担当者)
----------
【キャロットクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


香港目標で短期放牧になりそうですが、馬は天皇賞(秋)のダメージもなく元気そうです。往年のパフォーマンスを望むのは厳しい現状での香港遠征には賛否両論ですが、個人的にはアリかなと思っています。正式なアナウンスはありませんが、年齢的にもラストランになる可能性が高いような気がします。最後は思い出の香港で走って締め括るのも流れとしては良いんじゃないかと。まあ、その前にこの成績で選出されるかどうかが問題です。大丈夫なのかな?
コメント

ケイデンスコール、NFしがらき見学(2018年11月3日)

2018年11月03日 20時40分00秒 | 募集馬見学ツアー・牧場見学
初めてNFしがらきの見学に行ってきました。NFしがらきは金曜日か祝日の見学受付ですが、なかなか平日は難しいですし、思い立って文化の日の今日、見学に行くことにしました。新名神の信楽インターを降りて10kmほど。道端は信楽焼のたぬきだらけです。田舎で道も空いていますし、道中はスムーズ。



おっ、間もなく到着ですかね。



ようやく入り口に到着。ゴルフ場の入り口の雰囲気に似てる気がします。



到着すると、事務所の2Fに通されて暫し待機。ここからは坂路や周回コースが一望できます。山の中を切り開いて凄いモノを作ったもんだ。部屋にあるテレビはグリーンチャンネルが付いていて、ここでちょうどオジュウチョウサンが出走する東京9R南武特別の出走時間でした。なかなか骨っぽいメンバーがいるのに、あの競馬で勝つとはやるなぁ。

さて、今回は一緒に見学する会員さんと団体行動で、皆さんの出資馬を順番に見学しました。普段は見れないであろう馬を見れるのもラッキーです。ということで、順番が進んで、ケイデンスコールが出てきました。夏の新潟以来の再会ですね。



馬体重は490kg、順調に乗り込んでおり、脚元、体調、何の不安もありませんよ、とのこと。



普段は午後は馬房でゆっくりと休んでいる時間帯。そんな時に外に出されたもんだからご機嫌斜めだったらしく、ややテンション高めでした。



朝日杯FSの1ヶ月前あたりに帰厩することになりそう。既に速いところも取り入れているようで、更に仕上げを進めていくとのことでした。



あまり長く外にいると更にご機嫌が悪くなりそうなので、そろそろ自分のお部屋へお帰り。



2歳馬にしては馬体もシッカリしていますし、馬は元気そのもの。このまま順調に乗り込んで、良い状態で帰厩できればと思います。朝日杯FSには同じクラブから怪物牝馬が出走を予定しており、厳しい戦いになりますが、「ここから先、楽は相手はいませんよ」って、そりゃそーだ。ケイデンスコール自身、まだ未完成で緩さが感じられるようで、血統的にも完成は古馬になってからだと思いますが、まずは朝日杯FS、頑張って欲しいものです。

その後は厩舎から事務所まで戻りがてらNFしがらきの施設を紹介してもらいました。ウォーキングマシン、トレッドミル、北海道と同じように設備が整っています。こちらは800mの坂路コース。NFしがらきは、坂路コース、周回コース、いずれもポリだそうです。ウッドを使いたい場合には、NF天栄に放牧に出すこともあるみたい。



ということで、事務所に戻って見学終了。社台グループの外厩は、山元トレセンには何度も見学に行ったことがありますが、これでNFしがらきも行ったので、あとはNF天栄とグリーンウッドだ。また機会があればぜひ行ってみたいと思います。
コメント (2)

ケイデンスコール、帰厩に向け順調に乗り込み

2018年11月02日 12時21分22秒 | ケイデンスコール
2018/11/2 NFしがらき
----------
週5日は周回コース1800~2700mをハロン23秒、うち4日はそのあと坂路コース(800m)をハロン15~17秒の調教メニューを消化しています。順調に乗り込まれており、状態面にも変わりありません。入厩までに調子を上げていきたいところです。現在の馬体重は490kgです。
----------
【サンデーサラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


朝日杯FSから逆算すると、あと1~2週間ほどで帰厩になると思われます。乗り込みも順調に消化しており、このままコンスタントに調教を重ねて行けば態勢は整うでしょう。490kgと夏に競馬に使った頃と比べて大きくなっていますが、成長分もあるはず。良い流れで帰厩に繋げて欲しいと思います。
コメント

グルヴェイグの17、近況レポート(2018/11/2)

2018年11月02日 10時11分15秒 | グルヴェイグの17
2018/11/2 NF早来
----------
現在は週6日は周回コースでハッキングキャンター1800mを消化しています。前脚の出の素軽さ、背中の動きの柔らかさは素晴らしく、何も言うことはありません。馬体は小柄ですが、華奢な感じや非力さは感じさせず、品のよさ、奥の深さを感じさせる馬体になってきました。気性面では落ち着きがあり、馬群の先頭で走るなど精神的な強さを感じます。今月中旬から坂路調教を開始する予定です。現在の馬体重は408kgです。
----------
【サンデーサラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


先月から馬体重が増えていませんが、現時点の感触としては上々ですね。この時期に褒められるのは話半分で信用していませんが、ポジティブに捉えています。サイズについては募集時から懸念はありましたが、それよりもこの馬の柔軟性やバネ感に惹かれて出資したので、その長所をそのままに、少しずつ成長していってくれたら嬉しいです。

2018/10/17 NF早来
コメント

10頭/11頭

2018年11月01日 18時12分01秒 | クラブライフ
秋のG1シーズン真っ只中。競馬が一番盛り上がる時期ですが、出資馬たちは大半が放牧中で淋しい日々です。現在のラインナップは、7歳1頭、6歳1頭、5歳1頭、4歳2頭、3歳3頭、2歳3頭となっており、2歳以上で総勢11頭。うち、10頭が放牧中だもの。唯一の在厩はラプリュベルで、今日ゲート試験に合格した2歳馬です。2歳勢はさておき、3歳以上の馬はバリバリ走って欲しいんですが、何ともモドカシイ。G1を使うようなトップホースは出走するレース数が少なくなるのは仕方ありませんが、条件馬はコンスタントに走らなきゃ。ジャストコーズのように年間10走とは言いませんが、7~8走はして欲しいよねぇ。サーベラージュが3走で7月以降お休み、リビングマイライフが5走で8月以降お休み、ブルーメンクローネは5月に1走しただけで北海道へ逆戻り。この辺りの面々に奮起してもらいたいところです。ジャストコーズ、アロマドゥルセ、ケイデンスコールの3頭はそろそろ帰厩できそうで、年内に走れるかな。今日から11月、気付けば今年もあと2ヶ月です。出走数は伸びそうにありませんが、1走1走を大事に応援していこうと思います。
コメント

ラプリュベル、ゲート試験合格

2018年11月01日 17時38分41秒 | ラプリュベル
2018/11/1 栗東TC
----------
11月1日(木)にゲート試験を受験して無事合格しました。このままデビューに向けて進めていくかどうかは、もうしばらく厩舎で様子を見ながら判断していくことにします。
----------
【社台サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


無事に合格できたようで何より。体力的に問題がなければ、このままデビューまで進めるでしょうし、不安があればムリする必要はありません。スクミやすい馬ですし、放牧を挟んでジックリと進めた方が良さそうな気がしますけどね。週末に軽く時計を出してみて、様子を見る感じかも。さて、どうなるかな。
コメント

ブルーメンクローネ、坂路調教を継続

2018年11月01日 17時29分46秒 | ブルーメンクローネ
2018/11/1 NF空港
----------
この中間は週2日、屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。「引き続き、坂路で乗り進めていますが、ここまでは変わらず対応してくれています。何とかこのまま状態を上げて送り出すことができればと思います。馬体重は538キロです」(空港担当者)
----------
【キャロットクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


5ヶ月掛かりましたが、先週から坂路調教を再開し、今週も継続して乗られています。レポートの文章からもおっかなびっくり感が出ていますし、そもそも5ヶ月も乗れない時点で置かれている状況は察しがつきます。この調子でレースを使うところまで行けるかどうか。これだけ体質が弱いと厳しいですねぇ。
コメント

ラプリュベル、明日ゲート受検予定

2018年10月31日 17時52分45秒 | ラプリュベル
2018/10/31 栗東TC
----------
この中間も馬場入りしながらゲート練習中心の調整です。ややテンションが上がる時がありますが、練習を兼ねて明日11月1日(木)にゲート試験を受けてみるつもりです。
----------
【社台サラブレッドクラブより、公式HPの近況レポート等の転載につき、許可を受けています。】


入厩して2週間が経ち、ゲート試験を受けるところまできました。新馬のゲートへの取り組みは厩舎によって色んなパターンがあり、できるだけスピーディーにクリアしようと1週間ちょっとで合格させる厩舎もありますし、一方でストレスを与えないようにジックリと進めて合格まで1ヶ月以上をかける厩舎もあります。入厩から2週間くらいでゲート試験まで進めるケースが一般的だと思いますが、今回のラプリュベルもそんな流れですかね。明日一発で合格することができるかな。
コメント