愛讃窯のじょんならんわ

このブログに訪問して頂きありがとうございます
自然から採取した土や岩で焼きものをしたり、たわいもない日常を綴っています

情熱のビニール張り〜!!後編

2017-12-10 04:01:09 | 窯ハウス作り
12月10日 日曜日 今はー8℃と暖かいさ

〜続き〜
あまりの強風で吹き飛ばされそうになり
下は雪が凍ってるから絶対落ちられない…フ〜ッフ〜ッ(*_*;

ここのとこ かおっさんにずっと手伝って貰っていたが
今日は一人で出来ると言い放って出て来たものの…
そんな事いってられない状況…(@o@;)

お家にいる かおっさんに大声で叫んで来てもらい紐を引っ張ってもらいました

た..助かった…(~O~;)

てっぺんをよく見て紐を掛けれなかった原因を探り…

どうやら下地のビニールを保護するビニールがピンピンに張られたていたため
紐を掛けようにも掛けれず滑っていたようだった

仕方がないので、紐に全身の体重を掛けて反対側に移り、てっぺんを無理クリひしゃげさせ(体重緩めると元に戻って紐がすべる)
ビルから降りるレスキューのように紐に全体重を預けて下まで下り1本の紐を上手く結べれた(~O~;)

続けざまにまた上に上がり同じように紐を上げては反対側にレスキューで下ろして結ぶ
これを何度も繰り返してようやく
前側がコケずにしっかり止まった!!(^w^)

が、しかし…残念ながら強風の次の日見ると、また紐の位置がズレていた(*_*;)

くっ…この斜め掛けは やはりダメなのかっ!?(@_@;)
どうも紐を真っ直ぐ降ろさないとズレてコケちまうのかもなぁ〜

ここまで来ると腹に据えかねるモノもあるが…(_ _;)
もう一度上に上がって前面の紐を全力で無理クリ元の位置にもどし…(#`Д ´;)

今度は下紐の どうしても斜めになる所を無理やり木を当て紐ごと力ずくで寄せて止めた

これでもう大丈夫だろう〜!(~O~;)

そのまま続けて後ろ側に移行
後ろは急角度で低いからハシゴからの紐掛け

後ろ側も鬼のように縛り上げた

次の日
この日、大雪の予報であったため
テストとして様子を見ることにしました

ふぅ〜む、30センチ以上の厚みは乗ってるなぁ…(-_-)

この雪がズレ落ちて紐がコケなかったら完了としよう…

二日後…

むっ前面やよし!!(^o^)

サイドもよし!!(^_^)

後ろも激しくよろしい!!(^w^)

そうして細かいビニール張りを何日か掛けて仕上げ

とうとう今日、ビニール張り完了〜!!! (ToT)

いや〜ここまでずいぶん掛かったなぁ〜(笑)

1年と8ヵ月ほどでしょうか
まぁ冬は出来なかった、てのもありましたが
どうにか外観は出来ました!!(^_^)

ここまでで色んな人々から手助けを頂いていますのでここに感謝しておきます

場所を提供して頂いている 大家さん

ビニールを下さり鉄パイプを仲介して下さった近所の農家さん ありくらさん

ビニールの上部半分は以前頂いた道東の野間田農場の のまけん君

鉄パイプを頂いた 近所の農家さん Uさん

木の廃材を譲ってく頂いた 松下音次郎さん

手を貸してくれた かおっさん

皆さんありがとうございます本当に助かりましたm(_ _)m
また時間が掛かろうとも応援して下さる方々も本当にありがとうございますm(_ _)m

手間は掛かりすぎかもしれませんが(笑)
お陰様で、この規模の大きさでありながら
これまでに掛かった経費は約5万円ほどで、ほとんどは釘と番線でしょうか

ビニールを張った内部の様子はこんな感じ…
後ろ側から前側を見る感じ
煙突タワー

外側もデカイけど内部は前の窯ハウスからすると桁違いにデカイ!!(^w^)

元の窯ハウスをのけたらキャッチボールできるよ〜(笑)

ふぅ〜む、あとは内側の補助ですねぇ〜(^_^)

まだ掛かりはしますが
一つ一つの完成を味わいながらゆっくり進めていこう
そう思ったビニール張り完了の日でありました。


かおっさんブログ

Photo is Oneself

もしよろしければ
こぉりゃゃゃっ!(# ゚Д゚)ノ と下のボタンを押して頂けますと
大変嬉しゅうございますm(_ _)m

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

情熱のビニール張り〜!!前編

2017-12-10 03:28:10 | 窯ハウス作り
12月10日 日曜日



ようやくビニール張りの下準備を終え
ビニールを張っていく段階

ここ鷹栖も台風みたいな荒れがしょっちゅうあるから
機を見計らい一気に張る

いい流れだ今日は無風(^_^)
まずは横のサイド張りから
ビニールを張り、かおっさんと呼吸を合わせ木の板でバンバン止めてく
サイド完了

次の日
今日は微風、上張りするには持ってこいだ!!(^w^)
ビニールちょ〜なげぇ〜(笑)


そうしてビニールをかけてみたところ…

どうにかサイドに上からのビニールが届いちゃいるが余白が全然ない!?(@_@;)

つまり…上張りのビニールを止められない!!

急遽、一枚余っていた長いビニールを出してみたが縦は同じ長さでも横幅は今のよりも短かった!?

もた付いてる暇は無い!(汗)
風でビニール全体が浮きまくって何度も身体が吹き飛ばされそうになる

むぅぅおぉぉ〜閃けぇぇぇオレェェェ ( ` Д ´;)
むっ!?きた!よし!!
2つのビニールで半分づつ張っていこう!!

考えずに一気にいく!!(#`Д´;)ノ

縦長のビニール二枚を縦に重ねてサイドに伸ばした
(天井に掛かったビニールは向こう面のビニール

どうにかビニール止めのパッカーで押さえ込みながら
止めとなる紐をサイドから投げてバンバン止めてく
正面

後ろ

ふぅぅ〜どうにか切り抜けたがぁぁ〜!(~O~;)

次の日

パッカーで仮止めしていたのを今度は板で止めてく

屋根に張り付いてよじ登って後ろの櫓の板止め
ここは細工をしてるから時間がとても掛かった(*_*;

前面
中間入口
後ろ 左側に後ろ入口

櫓の上は写せなかったけど屋根を開閉するため、上に掛かったビニールを四角い屋根形に切って板で止めた

うん!後ろはまだ紐掛けれてないけど ある程度完成〜!!(^_^)

そう思った次の日
暴風の大荒れが到来…(*_*;)

よほど風がキツかったのか張ったビニールが風船のようにギュンギュンに膨らみまくっていた…

大荒れは手出ししようがないので祈るだけにしました(> 人 <;)

2日後
どうにか大荒れを乗り切りビニールも破けることなくしのいでいた(^o^;

ただ、ビニールがパンパンに膨らんでいたので全部の紐がユルくなって
中央はどうにか止まっていたものの
斜めになった前側の紐が全てコケてはずれていた!!

あれだけミッチリ紐締めたはずなのに?
なにかがおかしい…(-_-;)

案の定、紐を掛け直しても次の日はズレている(~_~;)

う〜ん…紐掛けないとビニールの負担が大きすぎるしなぁ〜
これは…登って止めるしかないなぁ…(¯―¯٥)

くぉぉおっ!登るぞぉぉ〜!!ヽ(`Д´#)ノ

想像つくだろうか…
張られたビニールは もうパッツンパッツンに伸ばされていて

手で握れる場所は一つまみ(~_~;)
足の踏み場はバレリーナのつま先立ち…
おまけに、雪でビニールが極限のツルツル状態(~O~;)

そこへたまに突風がやってくる
つおぉぉぉ!強烈な風がぁぁぁあ
吹っ飛んじまぅぅぅジーザスゥゥゥ(@Д@;)

虫のように、どうにか窯ハウスにへばり付いて耐えしのぎ
生ききる気持ちで上へ上へと目指し( ` Д ´;)
縛り紐を口にくわえながら どうにか天ペンまでやって来たが…

後編へ続く…

かおっさんブログ
Photo is Oneself

もしよろしければ
おぎゃゃゃっ!(# ゚Д゚)ノと下のボタンを押して頂けますと
大変嬉しゅうございますm(_ _)m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あれからの窯ハウス!!

2017-12-02 00:47:47 | 窯ハウス作り
12月1日 金曜日 雪 寒い日



あれからどれだけ経ったろう
どうやら1ヶ月半ほどブログも書けてないようだ

雪が降り始めて沢山の やらなければならいことに手を掛けはじめ書いてる時間がなくなった

また作業する中では
気付けば携帯も凍り水につかりっぱなしになって画面が真っ黒になって壊れたり(~O~;)
でも携帯ショップに行くのだけは絶対ヤダっ!となり

動かぬ携帯に目を見やり元々眠っていたネット離れに火が付き
これを加速させた…
早い話しがコンピュータ マジめんどくせぇ〜(_ _;)

そうして放っておいた携帯が勝手に元に戻ったものの中々ブログを書けれず
今、ようやく書いておる次第でございますm(_ _)m

長らくお待たせしました
この1ヶ月の窯ハウスの作業をザッと写真で追っていきましょう!!(^o^)

外に張るビニールをパイプで傷付けないための保護用ビニール張り &
ビニールテープ巻 の頃…
ビニール持ち上げてるとこケッコー重いよ
横に保護を入れた
てっぺんから見たとこね
下から見たとこね

後ろ
前ね
第一次 ビニール保護完了!

さてここから難儀がいった
煙突タワー上部解体 & 櫓リホーム

まず上部解体
(煙突タワー内部)
内部破壊任務完了!
骨をのけて あらわになった煙突部(゚Д゚)

ここからハートを焦がした突貫の櫓の五日間







櫓と私

やっと櫓骨が出来た〜イエスッ!!(#`Д ´)ノ

屋根上部を開閉式にするためのアイデアを盛り込んだフタ作り

基本、現場で当てがって合わせ切り(笑)

雨漏りさせない開閉式にするためピッシリとフタにビニールを巻く
完成ビニールふた
屋根に合わせた四枚のフタを内側からビスで止めて屋根完成!!

バッチリ合って止めてるから雨も漏れない!!(^w^)
屋根の垂木流し
お先に屋根周りのビニール張り
櫓屋根を上から見たとこね

そろそろビニール張りに移るかと思ったが総点検中まだまだやることが…(-_-;)
エークッス!!(笑)

全周 筋交い 完了

そうして続 第二次ビニール保護
垂木へのビニール保護の始まり


そうしてついにビニール張り下準備全完了!!(^o^)

ここまで来たら雪なんざ怖かねぇ〜(^w^)
あとはビニールを張るだけだ!!

しかし、ここからが強烈だった…

続く

長らくブログをお待ち頂いた皆さま、本当にありがとうございますm(_ _)m
今後もゆっくり書いてきます。

かおっさんブログ
Photo is Oneself

もしよろしければ
ヨイシょ〜!(#`Д ´)ノと下のボタンを押して頂けますと
大変嬉しゅうございますm(_ _)m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まぁ〜だだよ〜ん!!

2017-10-14 21:34:56 | 窯ハウス作り
10月14日 サたデぇ〜 晴れだけど風冷たいよ



さて、煙突タワーに取り掛かりますか

ふぅ〜む、最終的に煙突タワーの上に屋根を組みクミしなきゃねぇ〜(^_^)

と、その前に、タワーの支えを入れていこう!
ほぼ単独で建っているから 強風吹くと上は多少揺れまくるっス(笑)

ということで後ろ門とタワーを固定に掛かりました

まず道板の長デカイのを縦に半分にして支え材を沢山作り

さぁ、じゃじゃっと止めていきましょう(^_^)

煙突タワー と 門をガッチリ固定

写真だと〜何がなんやら、 どの部分かさえも分かりませんよねぇ〜?
大丈夫…僕が見てもよく分かりませんアッハハ!(^w^)

まさしく複雑怪奇なアートなり〜(笑)

よし、タワーの支え完了!!(^_^)

休憩中

ん?あれ?
ちょっとまてよ、ビニールを張るのには …う〜ん…(-_-;)

まだまだやらなきゃならないことがあることに
今になって気付いてしまった…(¯―¯٥)

う〜む…こりゃ〜完全に忘れてましたねぇ〜(笑)

まぁ唸っても仕方ないので手を動かすことにしました

ということで
ビニールを張った時に傷付けないよう
出っ張った部分のトリミング
並びに保護用のビニールテープを張りまくり、その他もろもろです(笑)

まず前門の支えに移行

適当に完了!!

お次にビニール入れて止めれないのでは困るので

ビニール止め用の横板張り!

これにはアイデアが盛り込まれてて

柱のヒカエとなる芋虫の脚からビスで板を貼れるようしてます(^w^)

つーことでビニール止め用の横板張り全周完成!!

まだまだこっからじゃ!
かかってこいや〜(#`Д´)ノ

お次は鉄パイプの穴を開けたときやバイス噛まして叩いた傷痕のバリ取り & つなぎ目の保護ビニールテープ巻き

ヤスリでゴリゴリ

テープでぐるぐるビビビッ…

くっ疲れで耳が遠くなってきやがった…(~_~;)

そんな時に、かおっさんの手助けが入りました!

お〜!じょんならんほど ありがてぇ〜!!(^w^)

ここから二人でゴリゴリのテープ巻きまきで攻めまくり

ふぅ〜む、こうやって人と対比すると窯ハウスやたら大きいねぇ〜( ̄ー ̄)

高さ 5.5メートル(タワー除く)
横幅 8.5メートル
長さ 14メートル

デカイのちょ〜大好きっス!!(笑)

二人で手早く上部以外のところまで終わらせることが出来ました〜(^w^)
ありがとうござんした!

ビニール張るのは まだもうちょっと掛かりそうですねぇ〜
ふぅ〜む、まぁのんびりいきましょ〜(^_^)

この何日かの作業を終えることにしました。



かおっさんブログ
Photo is Oneself


もしよろしければ
ツォりゃゃゃっ!(#`Д ´)ノと下のボタンを押して頂けますと
大変嬉しゅうございますm(_ _)m

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

3つの出入り口作り と パイプの水抜き!!

2017-10-03 19:35:36 | 窯ハウス作り
10月3日 ちゅうズでー 曇って晴れて風寒い



いや〜大雪山も白い冠かぶっちゃいましたねぇ〜(*_*)

むぅぅぅまだ降るんじゃねぇ〜
まだ降るんじゃねぇ〜ぞぉ〜( ` Д ´;)
と、お空に願を飛ばして作業に掛かることにしました

前回は前後の門を完成させたので今回は出入り口の門作り

と、その前に 雪がいつ降るか分からない状況になってきたため

建てたパイプの 水溜りを抜くことを 優先することにしました

そもそも、鉄パイプが氷裂(氷が膨張して裂ける)したのも地面にさしたパイプの中の水が地面にはけることなく溜まり放題でパイプが裂けた(ToT)

この下の土地は300万年前まで湖だったところへ噴火した大雪山の火山がなだれ込み火山灰土の粘土層になってる
(※この土は僕は器の土には使わない、釉薬がいいとこの土)

つまりメチャクチャ水はけが悪い(*_*)
なので対策として

地面に近いパイプの所をドリルで穴を開けて
ジャーっと溜まった水を出しまくり!!(笑)

雪が降るまでに他にも急ぐ作業が多かったので
かおっさんに水抜きの穴開けをお願いして

出入り口の作業に取り掛かることにしましたが
最終的な形を全然考えてなかったので(笑)

とりあえず適当に木を吊って合わせていき
地面の荒れを整地して

土台が腐らないよう岩を並べた上に木を置いて

両サイドの柱をハンマーで叩いて入れて

止を入れれば…

後ろの入り口完成!(^w^)

お次に中間入り口


同じようにと思ったものの

パイプと木との隙間が生まれて問題に…
(ぴっちりしないとパイプの重みが分散しない)

上に木を無理クリ差し込んで何とかクリア〜(^_^)
まぁ適当です(笑)

最後の前面の入り口

前門は出来ているので

下の台と
上に木をはめて…うんしょうんしょ

よっしゃ〜!3つの出入り口完成〜!!\(^o^)/

かおっさんも全穴を開けてくれました!(^_^)
助かったっス!おつかれさんした

いや〜どうにかここまできました〜
後は難関の煙突タワーだけすればビニールを貼れるぜぇ〜!!(ToT)

ちょっとづつ ちょっとづつ続けてきた作業を思い出しながら
今日の作業を終えることにしました。


かおっさんブログPhoto is Oneself

もしよろしければ…
ドンドンがばがばチョっ!と下のボタンを押して頂きますれば
大変嬉しゅうございますm(_ _)m
コメント
この記事をはてなブックマークに追加